日産車モデルチェンジ推移と予想

セレナ モデルチェンジ推移2009年4月23日

更新日:

日産ニュースリリースより

-----

日産自動車、7車種の燃費を向上させ、減税措置適合車種を拡大
--「ティーダ」「ティーダ ラティオ」「キューブ」「ノート」の仕様を一部変更-

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は、「ティーダ」、「ティーダ ラティオ」、「キューブ」、「ノート」、「ウイングロード」、「エクストレイル」、「セレナ」の7車種の燃費を向上させ、4月23日より全国一斉に発売*1する。

今回発売する、「ティーダ」、「ティーダ ラティオ」、「キューブ」、「ノート」、「ウイングロード」のHR15DEエンジン+CVT搭載の2WD車は、エンジンとCVTの制御変更を行い、燃費意識の高いベテランドライバーのような発進・加速ができるようにした。また、減速時のオルタネーターによるエネルギー回生や停車時のCVT制御(ドライブレンジでもニュートラル状態に制御する)についても更なる改良を加えて燃費を向上させ、「平成22年度燃費基準+25%」を達成した。 また、「セレナ」の4WD車、「エクストレイル」のMR20DEエンジン搭載4WD車もCVTの制御変更等により燃費を向上させた。

これら7車種を含め、日産車全体で14車種*2が、本年4月から施行されている「環境対応車普及促進税制」による減税措置*3に適合し、自動車取得税と自動車重量税が50%あるいは75%減税される。
「エクストレイル 20GT(クリーンディーゼル車)」については、「次世代環境車」として、自動車取得税と自動車重量税が全額免除される。加えて、経済産業省のクリーンディーゼル自動車導入費補助事業において、本日より募集を開始する購入補助金*4の対象にもなっている。
日産は減税措置に適合する車種を"「Nissan ECO」(通称:ネコ)シリーズ"と総称し、軽自動車・商用車を含む本減税措置に適合する車種の幅広いラインアップをお客さまに提供し、さらなる拡販を目指していく。

また、今回初めて、カーウイングスナビゲーションシステム(地デジ内蔵・HDD方式)にエコドライブを支援するECOモード/ナビ協調制御機能を加え、「ティーダ」、「ティーダ ラティオ」のHR15DEエンジン+CVT搭載車にオプション設定した。この機能は、発進加速時に急なアクセル操作を行っても、クルマ側で丁寧なアクセル操作に補正し、実用燃費を向上させる他、カーブの大きさや料金所までの距離など、ナビゲーション情報を利用してエンジンブレーキ力を最適にコントロールし、燃料カットの頻度を高めてエコドライブをサポートするものである。操作はナビゲーション画面からECOモードのON/OFFを選択するだけである。

<セレナ 仕様・装備の主な変更点>
燃費向上(4WD車はCVTの制御変更等により「平成22年度燃費基準+15%」を達成、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、減税措置を受けることができる)

・価格(諸費税込み)

2,163,000-2,845,500円

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.