日産車モデルチェンジ推移と予想

セレナ モデルチェンジ推移2011年9月7日

日産ニュースリリースより

-----

「セレナ」の特別仕様車「ハイウェイスターVセレクション」を発売

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は、「セレナ」の特別仕様車「ハイウェイスターVセレクション」を9月7日より全国一斉に発売します。

今回の特別仕様車は、「セレナ」の誕生20周年*1を記念して発売するもので、お客さまの「セレナ」へのご愛顧に感謝の意を込め、お乗りになるご家族に人気の高い装備を特別に採用しました。セレナは家族のためのミニバンとして2011年上半期もミニバン販売台数第一位*2となるなど、好評を博しています。

ハイウェイスターをベースに、ワンタッチオートスライドドア(両側、挟み込み防止機構付き)や前席と後席で設定した温度を個別に自動制御するオゾンセーフフルオートデュアルエアコン*3などを標準装備とし、ベース車であるハイウェイスターには設定のないインテリジェントエアコンシステムやリラックスモード付きヘッドレスト(セカンドシート)も特別装備として採用しました。インテリジェントエアコンシステムは高濃度プラズマクラスターイオンとビタミンフィルターによる美肌効果*4を、リラックスモード付きヘッドレスト(セカンドシート)は頭部をサポートすることで長時間のドライブでも快適な乗り心地を提供します。

「セレナ」は本特別仕様車を含む全車が「平成22年度燃費基準+25%」を達成しており、国土交通省の「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、「環境対応車普及促進税制」による減税措置に適合し、自動車取得税と自動車重量税が75%減税されます。

なお、株式会社オーテックジャパンは、セレナ「ハイウェイスターVセレクション」をベースとした、ライフケアビークル(LV)*5を設定し、同日より全国の日産販売会社にて発売します。

*1 初代モデルは1991年の発売。
*2 セレナの国内新規登録台数:2011年1月~6月 39,157台(自販連調べ) ミニバンとは3列シート国産車を示します。
*3 2WDのみ。4WDはベース車のハイウェイスターに標準装備。
*4 効果には個人差や作動条件による差があります。株式会社総合医科学研究所にて試験。イオン濃度25,000個/cm3。被験者のこめかみの肌水分量を測定。本商品にはシャープ株式会社のプラズマクラスター技術を搭載しています。プラズマクラスターマーク及びプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の商標です。
*5 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいます。
・価格(消費税込み)

2,653,350-2,887,500円

セレナ

日産 セレナのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.