日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 セレナ モデルチェンジ推移2014年10月1日

日産ニュースリリースより

-----

「セレナ」の特別仕様車「Vセレクション+Safety」を発売
--人気のオプションをお求めやすい価格で標準装備--

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は10月1日、「セレナ」の特別仕様車「Vセレクション+Safety(プラスセーフティ)」を同日より全国一斉に発売すると発表しました。

「セレナ」は、広い室内空間と使い勝手の良さ、またクラス唯一*1の衝突回避支援システムなどの先進安全装備、そして低燃費を実現するS-HYBRIDシステムが、お客さまから大変好評を得ています。

今回発売する特別仕様車「Vセレクション+Safety」は、「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」を標準装備とした「ハイウェイスター S-HYBRID(2WD)」と「ハイウェイスター(4WD)」、そして「踏み間違い衝突防止アシスト」、「ふらつき警報」、「アラウンドビューモニター(MOD〔移動物 検知〕機能付)」を標準装備とした「ハイウェイスター S-HYBRID "アドバンスドセーフティ パッケージ"(2WD)」と「ハイウェイスター"アドバンスドセーフティ パッケージ"(4WD)」という、「セレナ」の量販グレードをベースにしています。

今回、お客さまからの人気の高い「LEDヘッドランプ」、「ワンタッチオートスライドドア〈両側〉(挟み込み防止機構付)」、「16インチアルミホイール*2」(総額22万1千円)をベース車の8万円高で標準装備し、14万1千円割安の価格設定としました(2WDの場合)。また本モデルにも、「防水シート」や「ロングアシストレール」、「バックドアインナーフック」などの機能的なアイテムを装備し好評を得ている「クロスギアパッケージ」をオプション設定しました。

「Vセレクション+Safety」シリーズは、大変お求めやすい価格設定に加え、先進機能による安全性の高さを訴求したモデルです。本シリーズは、より幅広いお客様にお求めいただけるよう、同じく10月1日に発表した「日産デイズ」にも設定し、今後は「ノート」にも設定していく予定です。

また、今回の特別仕様車の発売にあわせて、「20X S-HYBRID(2WD)」、「20X S-HYBRID "アドバンスドセーフティ パッケージ"(2WD)」、「20X(4WD)」、「20X "アドバンスドセーフティ パッケージ"(4WD)」の仕様を向上し、「スーパーUVカット断熱グリーンガラス」を標準装備としました。これにより、20Sを除く全車に「スーパーUVカット断熱グリーンガラス」が標準装備になりました。

さらに、ボディカラーを一部見直し、新たに追加した「インペリアルアンバー」を含む全9色の設定としました。

「セレナ」は、S-HYBRID全車が「平成27年度燃費基準+20%」の達成と「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定により、「エコカー減税」による減税措置に適合し、自動車取得税と自動車重量税が免税*3となります。

日産は、究極のエコカー「ゼロ・エミッション」とエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE*4」を二本柱として、CO2排出量の削減に取り組んでいます。「セレナ」もS-HYBRID(2WD)やアイドリングストップシステム(4WD)を搭載したPURE DRIVEの1モデルです。

なお、株式会社オーテックジャパンは、セレナ「Vセレクション+Safety」をベースとしたライフケアビークル(LV)*5を設定し、同日より全国の日産販売会社にて発売します。

<特別仕様車「Vセレクション+Safety」車両概要>

ベース車ハイウェイスター S-HYBRID(2WD)
ハイウェイスター(4WD)
ハイウェイスター S-HYBRID "アドバンスドセーフティ パッケージ"(2WD)
ハイウェイスター"アドバンスドセーフティ パッケージ"(4WD)
ベース車に対する
変更点
  • LEDヘッドランプ
  • ワンタッチオートスライドドア<両側>(挟み込み防止機構付)
  • 195/60R16 89Hタイヤ&16インチアルミホイール(16×6J)*2
設定ボディカラーベース車と同様

・価格(消費税込み)

2,721,600-3,051,000円

セレナ

日産 セレナのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.