日産車モデルチェンジ推移と予想

日産 セレナ モデルチェンジ推移2015年11月25日

投稿日:

日産ニュースリリースより

-----

日産セレナに新グレード「ハイウェイスター Sエディション」を追加
あわせて「20S」の仕様を一部変更し、自動ブレーキを全グレードに標準化
~人気のハイウェイスターがお求めやすい価格に~

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は25日、「セレナ」の新グレード「ハイウェイスター Sエディション」と、エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)を標準装備した「20S]を、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

「セレナ」は、広い室内空間と使い勝手の良さ、万一の際に衝突を回避、もしくは衝突時の被害を低減するエマージェンシーブレーキ、意図せず車線を逸脱しそうになった際に、ドライバーに注意を喚起するLDW(車線逸脱警報)などの先進安全装備がお客さまから大変好評を得ています。

新グレードの「ハイウェイスターSエディション」は、今回自動ブレーキを標準装備した「20S」をベースに、スタイリッシュなフォルムの「ハイウェイスター」専用エクステリアを採用するとともに、人気装備のワンタッチオートスライドドア(助手席側)や、プッシュエンジンスターター、UVカット率約99%*1のスーパーUVカットガラス(フロントドア)を採用し、高い利便性と快適性を備えながら、車両本体価格を230万円台と大変お買い求めやすい設定としました。

「セレナ」に搭載されているエマージェンシーブレーキは、フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性が高まるとメーター内の警告灯やブザーによりドライバーに回避操作を促します。万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減するシステムです。またLDWは、フロントカメラによりレーンマーカーを検知し、意図せずに走行車線から逸脱しそうな場合、メーター内の警告灯とブザーで注意を喚起し、クルマを車線内走行に戻す操作を促します。それらの先進安全技術の優れた性能が、平成27年度の予防安全性能評価において認められ、最高評価となる「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得しています*2。

今回、「20S」にエマージェンシーブレーキを標準装備したことによって、「セレナ」は全グレード自動ブレーキ標準装備となりました。

日産は、セーフティーシールド「クルマが人を守る」という、より高度で積極的な安全に考え方に基づく技術開発、ならびに予防安全技術の標準化を進めており、更なる交通事故低減を目指しています。

セレナ

-----

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:宮谷 正一)は、「セレナ」の新グレード追加・一部仕様変更にあわせ、カスタムカー「ライダー」シリーズに新グレード「ライダーSエディション」を追加するとともに、福祉車両「ライフケアビークル(LV)*1」シリーズを一部仕様変更し、日産の販売会社を通じて11月25日より全国一斉に発売すると発表しました。

<セレナ「ライダー Sエディション」>
セレナ「ライダー」は、クラスを超えた迫力と存在感をテーマに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカーとして、お客さまから大変好評を得ています。

今回発売する新グレードは、「ハイウェイスター Sエディション」と同様に「20S」をベースに、「ライダー」専用のエクステリアとインテリアを採用したほか、エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)やLDW(車線逸脱警報)を標準装備しました。また、プッシュエンジンスターター、インテリジェントキー、助手席側のワンタッチオートスライドドアなどの利便性を向上させるアイテムは標準装備しながら、車両本体価格を270万円台とすることで、幅広いお客さまにお選びいただけるバリエーションとしました。

仕様ライダー Sエディション
ベース車20S
特別装備
  • 専用フロントバンパー
  • 専用バンパーグリル
  • 専用フロントグリル
  • サイドシルプロテクター
  • 専用リヤバンパー
  • 専用スポーツマフラー<HKS製>
  • ハロゲンフォグランプ<フロントバンパー組込み>
  • 専用エンブレム(Rider/AUTECH)
  • 高輝度LEDリヤコンビネーションランプ(ハイウェイスター用)
  • 専用15インチアルミホイール & 195/65R15 91Sタイヤ
  • 専用シート地(エンボス付スエード調モケット/トリコット)
  • 本革巻3本スポークステアリング
  • 専用インストシフトフィニッシャー<シルバーカーボン調>
  • 専用パワーウインドウスイッチフィニッシャー<シルバーカーボン調>
  • ワンタッチオートスライドドア<助手席側>
  • パーソナルテーブル<セカンド・サード左右>
  • 助手席アームレスト
  • エンジンイモビライザー(国土交通省認可品)
  • プッシュエンジンスターター & インテリジェントキー

<主なオーテック扱いディーラーオプション>

  • 専用フロントプロテクター
  • 専用フロントプロテクターデカール
  • 専用LEDデイタイムランニングライト
  • 専用リヤバンパーモール
ボディカラーブリリアントホワイトパール(3P)<#QAB>(特別塗装色)
ダイヤモンドブラック(P)<#G41・スクラッチシールド>(特別塗装色)
ブリリアントシルバー(M)<#K23>

(3P)は3コートパール、(P)はパール、(M)はメタリックの略。
※内装色はブラック<G>

<セレナ「ライフケアビークル(LV)」シリーズ>
セレナ「ライフケアビークル(LV)」シリーズでは、昇降シートや乗降用ステップなどを採用し、車への乗降をサポートする「アンシャンテ」や、車いすのまま車内に乗り込める「チェアキャブ」など、「セレナ」の室内の広さや大開口スライドドアを活かして、ご家庭から福祉施設・病院まで幅広いニーズに対応するバリエーションを設定しています。

今回、「ライフケアビークル(LV)」シリーズの「20S」グレードにエマージェンシーブレーキを標準装備としました。これによって、セレナ「ライフケアビークル(LV)」シリーズ」は全グレードにおいて自動ブレーキ標準装備となりました。
*1: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいます。

・価格(消費税込み)

セレナ
2,285,280-2,679,480円

ライダー
2,735,640-3,016,440円

セレナ

-日産車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.