セレナのレポート

日産 セレナ購入記!セレナ値引きレポートI-ecoセレナさん

日産 セレナ購入記!セレナハイブリッド値引きレポート

セレナの購入データ

契約日
2013年5月
ネーム 年齢 性別
ecoセレナ/30代前半/男性
商談地
福井県
購入グレード
セレナ ハイウェイスター S-ハイブリッド エアロモード
メーカー
オプション
両側スライドドア
特別塗装色
ディーラー
オプション
他装備付属品
ETCセットアップ
N'FITナビゲーション(アルバイン)8インチHDD
エキゾーストフィニッシャー
LEDフォグランプ
セキュリティ&セーフティパック
ウィンドウ撥水12ヶ月(フロントドアウィンドウ1面&フロントドアガラス2面)
リア撥水(リヤドア&リヤサイドウィンドウ)
プラスチックバイザー
ルーフスポイラー
リヤバンパープロテクター
ナンバープレートリム(フロント&リア)
フロアカーペット (エクセレント)
マルチモードラゲッジオーガナイザー
5years coat
メンテプロパック54
セレナ オプション
オプション総額
837,847円
車庫証明
計上
納車費用
カット
車両本体価格
からの値引き額
369,582円セレナ 値引き額
オプションからの
値引き額
150,000円
無料サービス品名
ガソリン満タン
運転中TVフリー
LEDライト(ソケット充電式)
ウィンドウ撥水12ヶ月(バックウィンドウ)
車検時タイヤ交換無料(5年間)
約35,000円
値引き合計額
554,582円
購入総額
(下取り分含まず)
3,382,220円セレナ 乗り出し価格
下取り車
日産 スカイライン 2500cc 平成18年式 約10万km シルバー AT
下取り車の価格
263,220円
下取り車の売却先
ディーラー (45秒のオンライン無料査定)

値引き交渉レポート!

以下、時系列で、大都市版ではなく、地方版での値引き交渉例について記す

●3月末(家族会議)
現在乗っているスカイランは、7年間で約10万キロとなり、本年車検があるため、タイヤ交換や車検費、その他、備品の取替えを考えると車を乗り換えた方がよいとの考えに至る。

子供のことを考えると、ファミリーワゴンの下記3車種で決めようと妻と話す。
セレナ(エアロモード)、ボクシー(煌Ⅲ)、ステップワゴン(スパーダ)

●4月1週目(まずは各店舗の見積もりをざっくりと出す)
NETでは2,3月が一番ディーラーとも交渉しやすいと記載あったが、4月に入ってからなので、安くなるのかなと思いながら、まずは、訪問し、見積もりを日産Aに依頼する。乗り換えキャンペーン中で今なら▲7万であることを知る(これをたたき台に)

同様に、トヨタ、ホンダもまずは、1店舗ずつまわり、見積もりを作成する。
妻と子供も行き、夜、家族会議で情報まとめ。オプションはパンフをみて、随時追加をしていく方向性。車両価格50万円くらいは値引きできたらとの目標も立てる。

以降の値引き交渉は、私単独でいく。妻と子供は購入意欲の姿勢を示すため、勝負の時に登場。

●4月2週目(値引き開始)
日産B,日産Cの2店舗まわり、同時に実家の両親を通じて、埼玉日産にも見積もりを依頼しておく。
この時点で日産Bが車両価格▲30万で見積もり、日産Cにも行くと同額以下の約束をいただく。

トヨタは、ボクシー(2店舗)、ノア(1店舗)まわる。トヨタ店長さんとも交渉するが、福井では▲30万値引き以上は困難とのこと。この時点で、トヨタボクシーはなくなる。(男心をくすぐる外観や内装であり個人的には非常に残念)

●4月3週目(下取り車の見積もり&試乗:妻と子供チャイルドシート装着し走行)
値引き交渉と共に、下取りをしてもらい、その待ち時間は、試乗を行い時間の有効活用をする。
日産Bが下取り20万、車両価格▲30万。

ホンダAは、日産からの乗り換えで下取りスカイラン35万という破格な値段をだす。
車両価格も▲30万値引き。
ホンダBは、「さらに下取り35万、車両価格も▲35万で」と力のこもったお話を頂く。

●4月4週目(下取りの相場調べ)
この時点で、以前(昨年夏頃)1度、ガリバーAにも下取りを聞いたことがあったので、再度連絡してみると下取りは15万が限界。ガリバーBではスカイラン新車400万であったが、10万キロ走ると10万円ですと厳しいお話いただく。

その他NETの無料査定で全国相場を調べるも、(年式、走行距離、4WD、カラーなど詳細条件入力可能)10万円程度であることを知る。
よって、日産、ホンダのディーラーさんの頑張り具合を再確認する。

●4月4週目週末
家族会議
セレナのECO、両側スライドドア(子供を抱いたまま、ボタンに触れればドアオープン)、シートアレンジ
ホンダの外観の重厚さ、低重心、17インチなど
総合的に判断し、気持ちはECOセレナに傾く。ディーラーさんは、日産もホンダもすごいいい人。

●GW前(GW明けには埼玉日産にも行き最終決定する意思を福井の日産に伝える)
各日産A、B、C店舗はこれまで、4回は最低見積もり交渉実施。(交渉は基本単独、試乗のみ妻、子同席)
日産Cが他の店舗の値段よりも頑張りますとの誠意を示していただいたので日産Cにしようかと思う(下取り25万、車両価格▲47万)

GW前、ふらっと寄った日産Dであったが、たまたま、対応して頂いたのが部長さん、「お互い価値的に時間をつかいたいため、日産Cの見積もりを見せてほしい」との話であったため、それをみせ、即決で、下取り26万、車両価格▲48万となる。

この時点でガソリン満タン、走行中TVナビは無料となる。
この話を日産Cにも入れておき、同条件で出来ることを確認。

●GW中(埼玉日産と福井日産)
埼玉日産もさらに下取り26万、車両価格▲51万で勝負にきた。(元々両親の車でお世話になっているデーィラーさんのため話が早い)

家族会議
今後メンテナンスをするとなると福井日産でお願いした方が、よいため、福井で購入することを日産Cデーィラーに連絡し、頑張ってほしい旨、誠実にお伝えする。

埼玉日産には福井日産での見積もり次第であると保留にする。

パンフレットを隅々見ていると、リヤバンパープロテクター(19,500円)もキズ防止のため、つけた方がよいと思うようになり、埼玉日産と福井日産Cに再度見積もり依頼。
埼玉日産は値段あげず、26万、車両価格実質▲53万との連絡がくる。埼玉に心傾く。

福井日産Cには、埼玉から帰ったら電話だけで決めるのも申し訳ないため、直接訪問し、最後決めたいと連絡する(いたちごっこで値段を下げるだけでなく、今後も長い間お世話になるため、誠意を示したかった)

●GW最終
日産C伺う。店舗は休みにも関わらず、最後の相談。
LEDライト3900円を無料、ウィンドウ撥水バック4620円を無料、車検時タイヤ交換無料(ノーマル⇔スノータイヤ メンテプロ54の間のため5年間)をサービスしていただくことになった。

下取り26万、車両価格実質▲52万
結果、390万が312万(26+52=▲78万円)で契約。

●お世話になった、日産各店舗、ホンダディーラーさんなどに1件1件、ご連絡する

●まとめ
今回、約1ヶ月の間に、各店舗を何度も通い、こちらの車購入に対する思いを示し、ディーラーさんも味方につけ、最後まで誠意を示した結果、大都市ではなく、地方でも十分値引きが出来ることがわかった。家族会議を定期的に実施し、妻と情報共有、妻要望もしっかり聞いたうえで、交渉。この繰り返し。

 

将来をみすえて、一番いい車購入が出来たと思います。大大大満足です!
ディーラーさんに感謝。新たな愛車を大事にします!!

こちらも参考に!セレナを安く買う値引きマニュアルはこちら!

-セレナのレポート
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.