セレナのレポート

日産 セレナ購入記!セレナ値引きレポートI-がんばルンバおやじさん

日産 セレナ購入記!セレナハイブリッド値引きレポート

セレナの購入データ

契約日
平成25年6月
ネーム 年齢 性別
がんばルンバおやじ/50代/男性
商談地
福岡県
購入グレード
セレナ ハイウェイスター S-ハイブリッド
メーカー
オプション
キセノンヘッドランプ(\63,000)
スクラッチシールド(\42,000)
ワンタッチオートスライドドア(両側)(\63,000)
ディーラー
オプション
他装備付属品
フロアカーペット(\54,000)
5years Coat(\69,300)
ETCセットアップ(\3,150)
ドアミラー自動格納装置(\11,340)
プラスチックバイザー(\24,800)
ナンバープレートトリム×2(\4,200)
日産オリジナルナビゲーション8インチツインモニタースペシャル(\398,000)
オプション総額
565,290円
車庫証明
計上
納車費用
カット
車両本体価格
からの値引き額
436,940円セレナ 値引き額
オプションからの
値引き額
168,900円
無料サービス品名
希望ナンバー申込手続代行料
1,050円
値引き合計額
606,890円
購入総額
(下取り分含まず)
2,900,000円セレナ 乗り出し価格
下取り車
--
下取り車の価格
--
下取り車の売却先
-- (45秒のオンライン無料査定)

値引き交渉レポート!

5/18(土) 娘2人が大きくなり実母も一緒に出かけることが多いことから現在所有中のフィットでは5人乗車では窮屈となっている。また来年2月に車検がきて12年目に突入するためそろそろ買い替えようと家族で協議。

ただし具体的な車体タイプは軽、コンパクトカー以外と総額300万円以内というくらいでそれ以外決まっていない。ネットでセダン、ミニバン、SUVをピックアップして最終的に主に妻が使用するため身体の小さな(150cm程度)妻でも運転しやすく室内が広いミニバンに決定!

候補としてセレナ、ヴォクシー/ノア、ステップワゴン。尚、妻の値引き交渉時は娘達と他人の不利をしたくなるとの意見が一致するほどのツワモノ。

5/19(日) 現在のフィットを下取りとして各社正規ディーラの訪問を開始する。

(日産A店)
今までトヨタとホンダ車しか購入したことがなく、ツテがないが近くの日産P社に飛び込みで訪問。対応してくれた30代の丁寧で感じが良い担当者で展示してあったセレナの室内の開放感、広さと装備・ハイブリットによる燃費を妻が気に入り即見積を依頼。

乗り換え割7万円含めて【見積額32万円引の330万円】とネットで調べたセレナの値引き35万円に近くであるが、今回装備品の説明などの詳しく聞くことに専念。、ネットには記載していない装備品があることを知る。

(ホンダA店)
ホンダ店に訪問するがすぐには対応してもらえず、店内で見るフリードが結構大きく見えたため実物を見せてもらう。妻の運転性3列目シートは付け足し程度で5人乗車時には室内の窮屈さを感じて気に入らなかった。

またあまり対応が良くなく、売る気がないのかフリードやステップワゴンの装備について聞いても聞いたことだけ説明して後はダンマリだったので見積を作成してもらわず妻と早々に撤収。

5/25(土) 正規ディーラー訪問2回目

(マツダA店)
最近モデルチェンジしたビアンテ、スカイアクティブで燃費の向上が図られ、日産やトヨタでオプション装備が標準装備されていたり対応も良かった。

但し発売したばかりで店にまだ展示者が納車されておらず実物が見ることができなかった。【見積額15万円引の295万円】

5/26(日) 正規ディーラー訪問3回目

(トヨタA店)
以前から付き合いのあったトヨタのヴォクシーを見に行く、以前からの付き合いのある担当者は居なく、別の担当者が対応。こちらも30代の丁寧で感じが良い担当者であったが、弟もヴォクシー所有のため同じ車を妻が拒否。ただ特別仕様車の装備や支払い総額によっては候補の1台に上がってくる。

担当者より現在キャンペーン中で特別仕様車”煌Z”を薦められる。だがヴォクシーの内装やスタイル・装備の古さは否めない。【見積額29万円引きの295万円】全体的にヴォクシーの装備品は設定価格が高いので最初としてはこのくらいかな?と妻がつぶやく。

6/2(日) 正規ディーラー訪問4回目

(日産B店)
社用車として近日納入されるノートに便乗依頼して訪問。デイズのデビューフェアで店は混雑していましたが、2回目の日産店なので必要な付属品全てピックアップして見積を依頼。

【見積額30万円引き322万円】この時絶対300万円は絶対無理と言われたので交渉の余地なしとの判断。その後会社で話をするも進展なし。

(日産A店)
6/8.9商談会開催の知らせがあり、通常の値引き交渉ではありえない金額が出せますとのことで妻が値引き交渉に張り切りだす。その日、家族会議でフィットを下取りとして考えていたが、現在娘が自動車教習所に通っていて免許取得後、練習車として乗りたいとのことで下取り車なしで再交渉の旨を担当者に連絡する。

6/6(木) 日産A店から見直しの見積が届き、値引き額を見て購入の意思が傾く【見積額59万円引き265万円】見積には両側オートスライドドアがなく、低いグレードのナビがついていたため商談会の際に希望の付属品をつけた見積を再提出要望する。

6/9(日) 日産の商談会当日
商談会ははじめてで思っていた以上に会場は混雑していた。この日は妻が値引き交渉の主役で担当者に希望の付属品が記載された見積書を提示され支払い総額298万円妻納得せず、諸費用について法定手続き費用と車庫証明のみで納車費用は、歩いていけない距離ではないのでCUT。

メンテプロパックから値引きも要望。所長に確認するとのことで1回目退席後292万提示で285万円要望。

2回目退席後本部に確認、両側オートスライドドアを落としてくれれば285万円にできますとのこと。ココまで交渉すればもう買うしかないと・・・また商談成約のボードには日産A店の売り上げが伸びていないので妻はこれはいけると判断。

両側オートスライドドアは譲れないことを伝え、3回目の退出後再度本部に確認、額面ではこれ以上は無理のため付属品のナビを値引いた額で記載し、表面上値引き額を60万円強で支払い総額290万円で注文書にサインする。

その後希望ナンバー手続きはサービスでしますとのこと。若い所長が挨拶に来て景品のそうめんを頂いて帰宅。【セレナ最終契約金額290万円実質値引き67.6万円】日産のディーラーさん頑張って頂いて有難うございました。

こちらも参考に!セレナを安く買う値引きマニュアルはこちら!

-セレナのレポート
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.