シャトルの評価集

シャトルの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

投稿日:

シャトルの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

ホンダのステーションワゴン「シャトル」は、5ナンバーサイズの扱い易いボディサイズながら広い室内空間を持つほか、ユーザー目線で考えらた便利な装備や予防安全システム「ホンダ センシング」の採用などが魅力となっています。

また、雪国在住者やウインタースポーツ愛好家などのために、全グレードに4WD車が設定されていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを徹底評価します!

シャトルの4WDグレードの価格は?

シャトルの売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は?

シャトルにはハイブリッド車と1.5Lガソリン車が用意されていますが、当サイトの調査による4WD車の売れ筋グレードは、ハイブリッドの中間グレード「X・ホンダ センシング」となっています。

同グレードの2WD車との価格差は、19万4,400円となります。

シャトルハイブリッドX ホンダセンシング 2WD 2,374,920円
シャトルハイブリッドX ホンダセンシング 4WD 2,569,320円

装備は4WD車の方が充実していますが、20万円近い価格差はやや大き過ぎるように感じられます。

シャトルの4WD車と2WD車との仕様の違いは?

シャトル4WDのボディスペック

スペック
シャトルハイブリッドX ホンダセンシング 2WDシャトルハイブリッドX ホンダセンシング 4WD
全高(mm)1,545
1,570
最低地上高(mm)130145
リア・トレッド1,4851,470
車両重量(kg)1,230
1,290

4WD車は、2WD車に対し最低地上高が15mm、全高が25mm高く設定されています。

また、リア・トレッドが10mm狭いほか、車両重量がX・ホンダ センシングの場合で60kg重くなっています。

シャトル4WDのパワートレイン&メカニズム

CVTの後退減速比が2WD車の4.842に対し、4WD車は2.533となります。

また、リア・サスペンションの形式が異なり、2WD車が車軸式でスタビライザー無しに対し、4WD車はド・ディオン式かつスタビライザー付き(トーション・バー形式)となっています。

シャトル4WDのインテリア

5名乗車時の荷室長が、2WD車の100cmに対し4WD車は96cmと若干短くなるほか、荷室形状も異なっています。

シャトル4WDの地上から荷室開口部までの高さ
※シャトル:honda.co.jp

また、地上から荷室開口部までの高さは、4WD車は2WD車よりも8cm高い62cmとなります。

シャトル4WDの装備

シャトル4WDの装備(コンフォートビューパッケージ)

4WD車には、冬場や雪の降る地方で走る事を想定して、全車に親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス+熱線入りフロントウインドウからなるコンフォートビューパッケージが標準装備されます。

一方で、2WD車に装備されるフロアアンダーカバーは備わりません。

シャトル4WDとライバル車との価格差は?

シャトル4WDの最大のライバルは?

シャトルのライバル車のカローラフィールダー

シャトルとライバル関係にあるステーションワゴンとして、同じく5ナンバーサイズとなる「トヨタ・カローラフィールダー」があげられます。

カローラフィールダー4WD車にはハイブリッドの設定が無いので、1.5Lガソリンエンジンを搭載する「1.5G W×B 4WD」を競合グレードとして取り上げます。

価格はシャトル4WDの256万9,320円に対し、カローラフィールダー4WDは229万6,080円(※北海道地区は231万3,360円)とハイブリッドでない分、25万円前後安価になっています。

4WDの仕様・装備の違いは?

パワートレインスペックは、シャトルは最高出力110ps/最大トルク13.7kgmの1.5Lガソリンエンジンと最高出力29.5ps/最大トルク16.3kgmのモーターの組み合わせなので、最高出力103ps/最大トルク13.5kgmのガソリンエンジンのみとなるカローラフィールダーよりも強力です。

スペック
シャトルハイブリッドX ホンダセンシング 4WD
カローラフィールダー1.5G W×B 4WD
最高出力(ps)110+29.5(モーター)
109
最大トルク(kgm)13.7+16.3(モーター)13.9
車両重量(kg)1,290
1,130

一方装備面では、シャトルにはカローラフィールダーではオプション扱いとなる運転席・助手席シートヒーターが標準装備されるなど、より充実したものとなっています。

シャトル4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費の差は?

シャトル4WDの燃費イメージ(メーター)

シャトルX・ホンダ センシング4WD車のカタログ燃費(JC08モード)は27.6km/Lであるのに対し、当サイトの調査による実燃費は19.3km/Lとなっています。

達成率は69.9%で、ハイブリッド車の一般的傾向どおりカタログ燃費との乖離は大きくなっています。

2WD車との実燃費の差は?

当サイトの調査によるシャトル2WD車の実燃費は21.6km/Lと比較すると、4WD車は2km/L以上劣っています。

しかし、カタログ燃費が6.4km/Lも劣っているのに対し、実燃費はそこまでの差は無いことが分かります。

ライバル車との実燃費の差は?

当サイトの調査によるカローラフィールダー1.5G W×Bの実燃費は15.5km/Lなので、シャトルの方が4km/L勝っています。

しかし、カタログ燃費では10km/Lも上回ることを考えると、この程度の差では物足りなさを感じてしまいます。

シャトル4WD車の雪道の走行性能は?

シャトルの4WDはどんなシステム?

シャトル4WDの概要

シャトルの4WDシステムは、パッシブオンデマンド型の中でもホンダ独自のデュアルポンプ式ではなく、一般的なビスカスカップリング式が採用されています。

しかしながら、ハンプと呼ばれるカップリング内プレートの金属接触による過剰トルクを抑制するとともに、小型軽量化を図ったハンプレス構造を採用する点が特徴です。

シャトル4WDの制御

シャトル4WDの制御(ビスカスカップリング&VSA)

通常は前輪駆動で走行し、雪道などの滑り易い路面で前輪に空転が生じるとビスカスカップリングを介し後輪にもトルクが伝達されます。

さらに、車両安定化制御システム「VSA」との協調制御により、スロットル開度の低減と空転の抑制を図っているため、一般的なビスカスカップリングよりも優れた特性を備えています。

また、前後輪のトルク配分は100:0~50:50の範囲で自動かつ連続的に可変します。

シャトルの雪道での実際の走行性能は?

シャトル4WDの発進・加速時

シャトル4WDの雪道での走行性能は?

一般的なビスカスカップリング式と比べ、前輪のスリップが最小限に抑えられるため、よりスムーズな発進および加速を行うことができます。

また、VSAとの協調制御のお陰でアクセルワークに過度に神経質になる必要も無く、イージーに扱えるのも好ましい点です。

シャトル4WDの登坂・降坂時

同じ銘柄のスタッドレスタイヤを履いたシャトル2WD車との比較では、登坂能力に大きな差があり、4WD車は定員乗車時や荷物を満載した時など荷重がリア寄りになった場合でも、まずスタックする心配はありません。

一方、降坂時はエンジンブレーキが前輪のみにしか効かないケースが多いため、フットブレーキを使用する場合は2WD車よりも車両重量が重い分ペダルワークに神経を使う必要があります。

車間を開けて急ブレーキを避け、余裕をもって手前から減速を開始しましょう。

シャトル4WDの通常走行時

雪面と乾燥路が交互に現れるような状況では、前輪がスリップする前に後輪にトルクを伝達するアクティブオンデマンド型と比べると、2WDから4WDに切り替わる際のタイムラグが若干気になります。

とはいえ、2WD車よりも遥かに安定した走行が可能なことは間違いありません。

シャトル4WDのまとめ

シャトル4WD車の雪道での走行性能は、ステーションワゴンとしては十分満足できる水準にあります。

最低地上高も145mmとまずまず確保されているので、「生活4駆」としての役目を十分果たしてくれることでしょう。

一方燃費性能に関しては、カタログ値の乖離は問題であるものの、絶対的には低燃費であることは間違い無く、ガソリン代を気にせずに使用できるのが嬉しい点です。

装備面なども含め全般的に大きな欠点が無いので、幅広い層におススメできます。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

シャトルの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのシャトル値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がシャトルを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のシャトルの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>新型シャトル値引き交渉マニュアル

-シャトルの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.