シャトルの値引き

総額はいくら?シャトル ハイブリッド Xの値引きと総価格をシミュレーション

シャトルの人気グレードで売れ筋でもあるシャトルハイブリッドXの値引きを含んだ総支払額をシミュレーションしています。

また、他のグレードとの装備比較やライバル車との比較、実燃費、リセールバリューなど、シャトルハイブリッドXを購入するなら気になるポイントを紹介しているので、参考にしてみて下さい。

売れ筋人気グレードのシャトル ハイブリッド Xを他のグレードと比較

グレード名シャトル ハイブリッド Xシャトル ハイブリッド Z
価格比較2,418,900円2,607,000円
ハイブリッドZとの価格差-188,100円
装備比較フルオートエアコン(プラズマクラスター&左右独立コントロール)
シャトル ハイブリッド Xのフルオートエアコン(プラズマクラスター&左右独立コントロール)
同左
シートヒーター(運転席・助手席)
シャトル ハイブリッド Xのシートヒーター
同左
シート表皮(プライムスムース&ファブリック)
シャトル ハイブリッド Xのシート表皮
シート表皮(プライムスムース&ファブリック・ダブルステッチ付)
シャトル ハイブリッド Zのシート表皮
本革巻きステアリングホイール
シャトル ハイブリッド Xの本革巻きステアリングホイール
本革巻きステアリングホイール(スムースレザー)
シャトル ハイブリッド Zの本革巻きステアリングホイール
インパネガーニッシュ(ダークブルー)
シャトル ハイブリッド Xのインパネガーニッシュ
インパネガーニッシュ(木目調)
シャトル ハイブリッド Zのインパネガーニッシュ
トノカバーなしトノカバー
シャトル ハイブリッド Zのトノカバー
15インチスチールホイール(フルキャップ付)
(15インチアルミはMOP)
シャトル ハイブリッド Xの15インチスチールホイール
専用16インチアルミホイール
シャトル ハイブリッド Zの専用16インチアルミホイール
ナビ装着用スペシャルパック(バックカメラ・ステアリングスイッチなど)&ETC車載器
シャトル ハイブリッド Xのナビ装着用スペシャルパック
同左
LEDヘッドライト
シャトル ハイブリッド XのLEDヘッドライト
同左
衝突軽減ブレーキ(ホンダセンシング)
シャトル ハイブリッド Xの衝突軽減ブレーキ
同左
アダプティブ・クルーズコントロール(ホンダセンシング)同左
マルチユースバケット
シャトル ハイブリッド Xのマルチユースバケット
同左
スマートキー&プッシュスタート同左
オート電動格納式ドアミラー同左
パドルシフト
シャトル ハイブリッド Xのパドルシフト
パドルシフト(ピアノブラック加飾)
振幅感応型ダンパー(フロント/リア)
シャトル ハイブリッド Xの振幅感応型ダンパー
同左

※MOP(メーカーオプション)

シャトルハイブリッドXと、一つ上のグレードのハイブリッドZと比較してみました。

2019年5月10日のマイナーチェンジにより、価格と装備の差が全体的に少し縮まった印象です。

価格はハイブリッドZの方が約18.8万円高いですが、装備の差はシート表皮やステアリングホイール、インパネ加飾や専用アルミホイール、パドルシフトのピアノブラックなど見た目の加飾がメインで、機能的にはほとんど差が見られないため、コスパはハイブリッドXの方が高いと言えるでしょう。

また、ハイブリッドZはホイールがアルミとは言え16インチと大きい分だけ重くなり、カタログ燃費も不利となります。

見た目の高級感にこだわらなければ、約18万円安いシャトルハイブリッドXでも十分かと思います。

シャトル ハイブリッド Xのエクステリア

シャトルハイブリッドのフロント

シャトルハイブリッドのエクステリアです。

フィットのデザインを汲んでいますが、シャトルはよりシャープな顔付きとなっています。

ヘッドライトとフロントグリルのラインがほぼ一直線上に並んでいて、メッキ調のグリルラインがヘッドライトまで伸びていて鋭い目つきが印象的です。

エアロダイナミクスが効いたフロントバンパーの造形も複雑ですが、バンパーに収められるフォグランプのヴェゼルの形も凝っていますね。ヘッドライトのラインに合わせたかのようにシャープに収まっています。

サイドからリアにかけては、ホンダ車らしい変化に富んだキャラクターラインが入っていて、ステーションワゴンの間延びしたサイドを引き締めています。

シャトルハイブリッドXの後ろ姿

シャトルハイブリッドXのリアデザインです。

ホイールはスチールですが、ホイールキャップは凝ったデザインになっており、シャープなシャトルのデザインとマッチしています。

サイドの競りあがったキャラクターラインと、後方に行くにしたがって絞り込まれるガラスエリアとの相乗効果で、リア周りもフロント同様にシャープなイメージとなっています。

リア上部は絞り込まれていますが、バンパーは左右に広がったワイドな造形となっているので、ワゴン車ですが重心が低く見えます。

また、テールレンズのクリア部とレッド部に変化を持たせることにより、スタイリッシュなリアデザインを演出しています。

シャトル ハイブリッド Xのインテリア

シャトルハイブリッドXのインパネ

シャトルハイブリッドXのインテリアです。

インパネ回りで目に付くのは、助手席側のインパネガーニッシュです。ハイブリッドXではブルーダークブルー塗装が施されています。この部分をハイブリッドGの木目に変更したり、アフターパーツやカッティングシートで変えてみても、イメージが変わって面白いかもしれませんね。

インパネ中央のナビスペース周りやシフト周りはピアノブラック塗装で高級感があります。 インパネ部分にはソフトパッドが使われているので、質感は高くなっています。

エアコン吹き出し口もシルバー塗装やつまみにメッキ加飾がされるなど、インテリア全体の質感アップに一役買っています。

シャトルハイブリッドXの内装

シャトルハイブリッドXの内装色はブラックのみとなっています。

ベルトラインより上のピラーから天井に欠けてはベージュとなっており、ブラックの落ち着きと相まって開放的な車内空間を演出します。

ホンダ得意のセンタータンクレイアウトにより車内は広く、特に後席の足元スペースや荷室はクラス最大のスペースとなっています。

シャトルハイブリッドXのシート表皮

シャトルハイブリッドXのシート表皮です。

座面・背面はファブリック生地、その他の部分はプライムスムース(合成皮革)とのコンビシートです。

質感は本革には敵いませんが、合皮でも素材は柔らかく、ファブリックのみのシートよりも見た目の高級感はアップしています。

アイボリーも同様のプライムスムースが使われ、見た目的にも鮮やかで明るい印象です。

シャトル ハイブリッド Xの実燃費は?

シャトル ハイブリッド Xの平均実燃費 20.6km/L

シャトル ハイブリッド Xのカタログ燃費は32.4km/L(JC08モード)です。

渋滞を含む街中や市街地でのシャトルハイブリッドXの実燃費は、14~16km/L位です。

流れの良い幹線道路や郊外の道路では、21~24km/Lまで実燃費が伸びるでしょう。高速道路では20~23km/Lの実燃費となります。

季節や運転の仕方によって大きく変動しますが、シャトルハイブリッドの平均実燃費は20.6km/Lで落ち着くでしょう。

シャトル ハイブリッド Xを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

シャトル ハイブリッド Xのライバル車

シャトル ハイブリッド Xカローラフィールダーハイブリッド 1.5インプレッサスポーツ 2.0i-Lアイサイト
2,418,900円2,229,120円2,244,000円
シャトルとの差額189,780円安い174,900円安い
1,500㏄ハイブリッド1,500㏄ハイブリッド2000ccガソリン
15インチスチールホイール(フルキャップ付)15インチスチールホイール(フルキャップ付)17インチアルミホイール
本革巻きステアリングホイールウレタン製ステアリングホイール(高輝度シルバー)本革巻きステアリングホイール
スマートキー&プッシュスタートワイヤレスキースマートキー&プッシュスタート
LEDヘッドランプハロゲンヘッドランプハロゲンヘッドランプ
フルオートエアコン
(プラズマクラスター付)
オートエアコンフルオートエアコン
(左右独立温度調整付)
ナノイーなしナノイーナノイーなし
4スピーカー2スピーカー6スピーカー
オート電動格納式ドアミラー電動格納式ドアミラー電動格納式ドアミラー
(LEDサイドターンランプ付)
自動ブレーキ(ホンダセンシング)自動ブレーキ(トヨタセーフティセンス)自動ブレーキ(アイサイト)
アダプティブ・クルーズコントロールクルーズコントロールなし全車速追従型クルーズコントロール

※MOP(メーカーオプション)
※DOP(ディーラーオプション)

シャトルハイブリッドXの値引き交渉には、ライバル車との競合が有効となります。

ここではトヨタのカローラフィールダーとスバルのインプレッサスポーツをピックアップ。どっちもシャトルハイブリッドXに比べて価格が15万~20万円前後も安くなっているため、これらの車種と迷っていることをディーラーにほのめかします。

ざっとスペックや装備を見比べると、カローラフィールダーは価格相応に装備も見劣りするものの「とにかく安い方がいい、と妻が推している」などと持ちかけ、インプレッサスポーツは価格が安い上に評判の高いアイサイトやよりスポーティに走れるスペックに心惹かれている点などを強調するのも一策です。

カローラフィールダーについてはモデル末期に入っていることもあり、値引きが大きくなっていることも交渉材料に使えます。例えば「フィールダーのハイブリッドが総額○○万円で買える。シャトルハイブリッドXも同じになれば本気で検討したい」とやると良いでしょう。

また、インプレッサスポーツについて言及する時は「インプレッサに試乗して、乗り心地や内装の質感が良くて迷っています。ただハイブリッドも捨てがたいので、インプレッサよりも安くなるならシャトルハイブリッドを本気で検討したい」などと、インプレッサスポーツの値引き条件を伝えると良いでしょう。

シャトル ハイブリッド Xのリセールバリューは?

シャトルハイブリッドXを売る時にいくらで売れるのか、シャトルハイブリッドを購入したら気になる部分ではないでしょうか。

ここでは新車から3年経過後のシャトルハイブリッドXのリセールバリューを紹介します。

※新車から3年経過後のリセールバリュー(1年1万キロ平均の車両)

グレード名新車価格買取相場新車価格に対してのリセールバリュー差額
G177.5万円106.1万円59.7%71.4万円
ハイブリッド211.8万円113.3万円53.4%98.5万円
ハイブリッドX237.4万円135.2万円56.9%102.2万円
ハイブリッドZ255.9万円147.9万円57.7%108.0万円
G 4WD196.9万円122.1万円62.0%74.8万円
ハイブリッド 4WD231.3万円132.7万円57.3%98.6万円
ハイブリッドX 4WD256.9万円144.9万円56.4%112.0万円
ハイブリッドZ 4WD272.1万円148.1万円54.4%124.0万円

ここでは業者オークションでの中古車取引データを基に、シャトルを新車購入してから3年後のリセールバリューを算出しています。

シャトルハイブリッドXは2WD/4WD共に56%台と3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値(50~55%)を若干上回っており、売却/買い替えに有利なグレードとなっています。

全体的な傾向としては、2WDよりも流通台数が少なくかつニーズのある4WDの方がリセールに強く、新車価格の安い廉価グレードほど有利となっています。

シャトルハイブリッドXは、4WDの方がリセールが高いですがその差はわずかなので、リセールのためにあえて4WDを選ぶ必要はなく、雪が多い地域など必要であれば4WDを選んでも損は無いでしょう。

シャトル ハイブリッド Xの値引き後の総支払額は?

シャトル ハイブリッド X

シャトル ハイブリッド Xの値引き後の総支払額をシミュレーションしてみます。

オプション無し、おすすめオプションありの2パターンの値引き後の新車見積もりを紹介します。

オプション無しの最安でのシャトル ハイブリッド X新車値引き見積もり

グレード名シャトル ハイブリッド X
車両本体価格2,418,900円
(メーカーOP品名)--
メーカーオプション価格0円
(ディーラーOP品名)--
ディーラーオプション価格0円
諸費用125,190円
目標値引き▲120,000円
オプション値引き--
支払総額2,424,090円

オプションを全く付けない状態のシャトル ハイブリッド Xの見積もりは、値引きを含んで2,424,090円でした。

目安の目標値引きを達成できれば、ほぼ車両本体価格トントンで購入できますね。

オプションなしと言っても、フロアマット位は欲しいので、マットも含めて純正オプションよりも安く買える社外品はいくらで買えるのか?調べてみました。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット8,424円(20カラー)22,680円(スタンダードタイプ)
ドアバイザー5,980円16,200円
ナビゲーション89,999円(カロッツェリア楽ナビ7型)205,200円(8インチ)
シートカバー22,680円(革調)54,000円(フルタイプ・合皮)

フロアマットやドアバイザーは、社外品の方が純正品よりも半値以上安く購入できる事が分かりました。

ナビも純正にこだわらなければ、かなり安く購入できます。

ただ、フロアマットは自分でも簡単に取り付け出来ますが、ドアバイザーやナビは、自分で付けようとすると多少ハードルが上がってしまいます。

そこでおススメの方法は、シャトルハイブリッドXの新車契約の時に、社外品を持ち込みで取り付けてもらう事を条件に契約する事です。

値引き交渉と同様に、持ち込み取り付けで工賃無料や割引で契約できれば、その分お得にシャトルハイブリッドのオプションを付けられる事になります。

新車契約時にしか工賃無料やサービスは通らないと思って良いので、交渉を頑張ってみましょう。

上記の社外品は楽天市場で購入できます。

おすすめオプションを含んだシャトル ハイブリッド X新車値引き見積もり

シャトル ハイブリッド X

グレード名シャトル ハイブリッド X
車両本体価格2,418,900円
(メーカーOP品名)プラチナホワイト・パール、Hondaインターナビ+リンクアップフリー+ETC等
メーカーオプション価格216,000円
(ディーラーOP品名)ドアバイザー、ドライブレコーダー(フロント/リア)、フロアマット
ディーラーオプション価格147,457円(工賃込み)
諸費用125,190円
目標値引き▲120,000円
オプション値引き▲29,000円(ディーラーオプションの約20%)
支払総額2,758,547円

シャトルハイブリッドXのおすすめオプションを含んだ、新車値引き見積もりです。

ボディカラーには人気のプラチナホワイト・パールを選択、リセール時も有利になるでしょう。

他にもHondaインターナビやETC車載器、ドライブレコーダーといった快適装備や定番のドアバイザー&フロアマットなどもつけています。

以上のおすすめオプションと諸費用を含んだシャトルハイブリッドXは、約271万円となりました。

シャトル ハイブリッド Xの値引き実例は?

現行型シャトル ハイブリッド Xは、どの位の値引きでユーザーが購入してきたのか、当サイトに寄せられる実例値引きを見てみましょう。

購入時期グレード名値引き額
2019年4月シャトル ハイブリッドX20.0万円
2019年4月シャトル ハイブリッド X15.0万円
2019年3月シャトル ハイブリッド X18.0万円
2019年1月シャトル ハイブリッド X20.6万円
2018年7月シャトル ハイブリッドX(4WD)19.1万円
2017年10月シャトル ハイブリッド X28.0万円
2017年10月シャトル ハイブリッド X21.8万円
2017年10月シャトル ハイブリッド X20.4万円
2017年3月シャトル ハイブリッド X22.1万円
2016年12月シャトル ハイブリッド X15.2万円
2015年12月シャトル ハイブリッド X17.0万円
2015年11月シャトル ハイブリッド X(4WD)30.5万円
2015年9月シャトル ハイブリッド X7.0万円
2015年8月シャトル ハイブリッド X14.4万円

シャトルハイブリッドXの値引き額は、オプションからの値引きを含めて、10万円台後半から20万円を超える値引きが一般的になっています。

2019年5月のマイナーチェンジ直前には20万円を突破する値引きも見られたものの、マイナーチェンジ直後はガードが締まりがちです。

しかし徐々に緩んでくるので、中間&年度末決算期やライバル車のモデルチェンジなど時期的タイミングを活かしたり、オプションを多くつけることで値引きを増やしたりなど、お得にシャトルを購入したいところです。

また、傾向としては地方よりも大都市部の方が値引きガードが緩めとなっています。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


シャトルの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのシャトル値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がシャトルを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のシャトルの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>新型シャトル値引き交渉マニュアル

-シャトルの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.