シャトルの評価集

シャトルを買うならハイブリッドかガソリン車か?販売の比率や税金、下取り額など違いをがっつり比較!

投稿日:

シャトルを買うならハイブリッドかガソリン車か?徹底比較してみました

5ドアワゴン車であるシャトルの購入を検討している方は、ハイブリット車にするか、またはガソリン車にするか、どちらにしようか迷う方もいるのではないでしょうか。

そこで当サイト(クルマを買う!)では、燃費が良いハイブリッド車にするか、ハイブリッドよりも安く買えて素直な走行性を持つガソリン車にするか、それぞれのメリットやデメリットを比較してみました。

購入検討の参考にどうぞ。

この記事の目次

シャトルハイブリッドとガソリン車の外装の違い

まずシャトルハイブリッドとガソリン車の外装に違いがあるのか見てみましょう。

上の画像がシャトルハイブリッドで、下がガソリン車です。

シャトル ハイブリッド
※シャトル ハイブリッド

シャトル G
※シャトル G

シャトルのフロントフェイスをハイブリッド/ガソリンで見比べましたが、フロントフェンダー上のハイブリッドロゴ意外に違いを見つけられませんでした。

ただし、ハイブリッドの上級グレードはフォグライトが標準装備されているため、ベースグレードやガソリン車にオプション装備していなければ見分けが付きます。

また、ハイブリッドの最上級グレードであるハイブリッドZホンダセンシングにはルーフレールが標準装備されているため、ハイブリッドであることが識別できます。

シャトル ハイブリッド
※シャトル ハイブリッド

シャトル G
※シャトル G

シャトルのリアフェイスを見比べても、テールゲートの右側についているハイブリッドロゴ意外に違いは見つけられません。

シャトルハイブリッドとガソリン車の内装の違い

インテリアの違いを見てみましょう。

シャトルハイブリッドのみに装着される装備を紹介します。

ハイブリッド専用セレクトレバー

シャトルハイブリッド専用セレクトレバー

ハイブリッドのセレクトレバーは、比較的小さく特徴的な形状です。

レバーの形状ですがシフトチェンジはスイッチ感覚に近く、電子式で行われます。

シフトチェンジするときは、レバーを軽く操作するだけです。

レバーを握って右側に動かし、前進する場合はそのまま手前に、バックする場合は奥側へ倒します。

シャトル ガソリン車のセレクトレバー

ガソリン車は、従来のようにボタンを押してレバーを前後方向に動かすタイプとなっています。

電動サーボブレーキシステム

シャトルハイブリッドの電動サーボブレーキシステム

電子制御の内拡式ドラムブレーキで、マイルドかつ高信頼の制動機能に定評があります。

これもハイブリッド車のみの装備となります。

ホンダスマートキーシステム

ホンダスマートキーシステム

画像のようなキーをポケットやバッグに入れておけば、キーを取り出さなくてもドアとリアゲートを開け閉めできます。

また、エンジンのオン・オフも可能です。

キーを出さずに済みますので、荷物などで両手がふさがっている時は、非常に便利です。

ガソリン車は、キーレスエントリーシステムが標準装備となっており、このスマートキーシステムはオプションで選ぶことになります。

Sモードスイッチ

シャトルハイブリッドのSモードスイッチ

スイッチを押すとエンジンとモーターを制御して、伸びやかでパワフルに加速することができます。

遮音/IR&UVカット機能付フロントガラス(ウィンドウ・ドア)

シャトルハイブリッドの遮音/IR&UVカット機能付フロントガラス

ガソリン車のUV(紫外線)のみではなく、IR(赤外線)や音もカットしてくれる高性能ガラスで、より快適な車内空間の確保に寄与しています。

プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコン

シャトルハイブリッドのプラズマクラスター技術搭載フルオートエアコン

空調時に空気清浄や脱臭機能もついているプラズマクラスター技術を搭載しており、快適なドライブに貢献してくれる人気の装備ですが、ハイブリッド車のみ標準装備となっています。

以上のようにシャトルハイブリッドには、グレードによって異なりますが充実した装備が設定されます。

ガソリン車は実用性のある装備が付いていて、ハイブリッドとは主にインテリアの装備で差がありますね。

シャトルハイブリッドとガソリン車の売れ筋グレードは?

過去3ヶ月の中古車オートオークションの流通台数からシャトルの売れ筋グレードを調査したところ、ハイブリッドでは「ハイブリッドXホンダセンシング」、ガソリン車は「Gホンダセンシング」がそれぞれ最多流通となっていました。

ガソリン車はこの1グレードしかないので当然ですが、ハイブリッドは価格と装備のコスパが高い中間グレードが選ばれたものと考えられます。

シャトル ハイブリッドの売れ筋は「ハイブリッドXホンダセンシング」

シャトルハイブリッド全638台中「ハイブリッドXホンダセンシング」が280台で約43.8%のシェアを占め、続く「ハイブリッドZホンダセンシング」は182台で約28.5%、残る「ハイブリッド(ベースグレード)」は176台で約27.7%となっています。

シャトル ガソリン車の売れ筋は「G ホンダセンシング」

シャトルのガソリン車は「Gホンダセンシング」1グレードのみ、流通台数は51台となっていました。

シャトルハイブリッドとガソリン車の維持費を比較

比較項目ハイブリッドXホンダセンシングGホンダセンシング(ガソリン車)
価格2,374,920円1,775,520円
価格差+599,400円
自動車取得税
(新車購入時の税金)
0円35,400円
重量税
(新車購入時)
0円16,800円
購入時のエコカー減税を考慮した価格差+547,200円
自動車税
(翌年分)
8,600円34,500円
平均実燃費21.5km/L17.5km/L
ガソリンタンク容量40L40L
ガソリンの種類レギュラーレギュラー
満タンで走れる距離
(5リッター残し)
752.5km612.5km

※実燃費は市街地や幹線道路、高速道路を含んだ平均の実燃費数値です。

ハイブリッド・ガソリン車の価格差547,200円を燃費で埋めるにはどの位掛かる?

レギュラーガソリン140円で計算

  • ハイブリッド 21.5km/L
    10000÷21.5≒465.1リッター
    465.1×140円≒65,114円
  • ガソリン車 17.5km/L
    10000÷17.5≒571.4リッター
    571.4×140円=79,996円

ハイブリッドとガソリン車でそれぞれ10,000km走ると、燃料代に14,882円の差額が出ます。

この差額でガソリン車との新車価格の差547,200円の元を取ろうとすると、

547,200÷14,882≒36.76万kmの走行距離が必要となります。

年間1万キロで約36.7年、2万キロ走行でも約18.3年、3万キロ走行でも約12年以上はかかります。

一般的に、週末に買い物やドライブで乗る程度だと年間走行距離1万キロがいいところなので、ハイブリッドの好燃費でガソリン車との差額を埋めるのはちょっと無理がありそうです。

もっとリアルなシミュレーションをしたい場合は、自分が必要なオプションを加味した支払い総額で計算するといいでしょう。

シャトルハイブリッドとガソリン車の加速や静粛性、乗り心地の違いは?

静粛性、上質な乗り心地はハイブリッド車

シャトルの走行性をハイブリッドとガソリン車で比較したところ、やはり静粛性ではハイブリッドに軍配が上がります。

効率的にパワーを引き出すアトキンソンサイクル採用の1.5L i-VTECエンジンと高出力モーターを組み合わせ、直で太いトルク感が味わえるでしょう。

加えて足回りの改良によってロードノイズや振動伝達、フロント回りのブルブル感が改善され、ことハイブリッドのZとXには振幅感応型ダンパーが装備されていることもあって、上質で快適な乗り心地が魅力です。

自然な加速と軽快な走りはガソリン車

一方で、シャトルのガソリン車は1.5L直噴DOHC i-VTECエンジンの素直で気持ちよい加速の伸び感が特徴。

滑らかな加速と低燃費を兼ね備えたCVTでエンジンの力を損なうことなく駆動させ、そのポテンシャルを引き出しています。

また、ハイブリッドシステムを積まない分だけ車重が軽く、俊敏なコーナリングでスポーティなドライブが楽しめます。

どちらを購入するにしても、ハイブリッド・ガソリン車の両方試乗させてもらって、それぞれの乗り味を体験しておくといいでしょう。

シャトルハイブリッドとガソリン車どちらが売れているか?販売の比率を公開

現行型シャトルは、2015年5月に発売されました。

2015年5月~2019年6月まで当サイト(クルマを買う!)で集計してきたシャトルの販売台数を基に、ハイブリッドとガソリン車のどちらが売れているのか、販売比率をまとめました。

  • シャトル ガソリン車 23,204台 15.6%
  • シャトル ハイブリッド 125,514台 84.4%

ガソリン車は発売当初から実質1グレードしか設定がないこともあり、シャトルユーザーのほとんどがハイブリッドを求めていることが、68.8%の大差からわかります。

シャトルハイブリッドとガソリン車、下取りが高いのはどっち?

シャトルのハイブリッドとガソリン車で、どっちの下取りが高いのか、2019年8月現在の業者オークション相場から3年後と5年後の下取り相場を比較します(走行距離1万キロ前後/年で算出)。

比較項目ハイブリッド ホンダセンシングGホンダセンシング(ガソリン車)
3年後の下取り価格116.8万円(58.5%)106.7万円(62.9%)
5年後の下取り価格64.0万円(32.8%)57.5万円(34.1%)

※カッコ内は当時の新車価格に対しての残価率です

現行シャトルは2015年5月の発売なので、それ以前となる5年落ちデータについては旧モデルとなるフィットシャトル(ハイブリッド:ベースグレード/ガソリン車:15C)で算出しています。

これを見るとガソリン車の方が若干有利な傾向ですが、リセール差は5%以内とごく小さなものに留まっているため、どっちを買っても大差はなく、パワートレインよりもボディカラーや走行距離、車両状態や装備品などの方が大きく影響するでしょう。

シャトルハイブリッドとガソリン車のメリットは?

Good

シャトルハイブリッドのメリットは?

  • ガソリン車よりも燃費が良く、燃料代が少なくなる
  • EV走行中はガソリン車より静か
  • 発進するときの加速が魅力的
  • ハイブリットなのに荷室が大きく、荷物が多く積める

シャトルガソリン車のメリットは?

  • ハイブリッドに比べておよそ30万円~70万円価格が安い
  • ガソリンエンジンならではのスムーズな加速性
  • 比較的燃費が良く、他車種に比べてハイブリッドとの差が大きくない

シャトルハイブリッドとガソリン車の欠点・デメリットは?

Bad

シャトルハイブリッドの欠点・弱点は?

  • ガソリン車に比べて30万円~70万円価格が高い
  • EVでの走行中は音がほとんどしないので、歩行者が気づきにくい
  • 実燃費でガソリン車に大きな差がなく、お得感が薄い

シャトルガソリン車の欠点・弱点は?

  • グレードが1つしかない
  • ハイブリッドに比べて燃費が良くない
  • ハイブリッドに比べて、エンジンの音が大きい

買うならシャトルハイブリッドとガソリン車どっち?

ハイブリッドとガソリン車で迷っている場合、コストを抑えたいならガソリン車がオススメです。

購入から売却までのトータルコストはガソリン車の方が安くなります。

燃費は劣りますが、ハイブリッドよりも購入価格が安く、価格差をガソリン代で埋めるには年間1万キロ走行で36年以上掛かるためです。

これは、ガソリン車の実燃費が比較的良い結果となっていること、新車の価格差が大きい事が影響しているでしょう。

また、ガソリンエンジンのナチュラルな走行フィーリングを楽しむ方も多いです。

ただし、ガソリン車はグレードが一つしかありません。

また、パドルシフトやシートヒーターなどはオプションでも設定がありません。

装備も充実しているとは言いにくいので、ガソリン車の装備で満足できる方限定と言えます。

変わってハイブリッドは、購入費がガソリン車よりも高くなっています。

燃費の恩恵も大きくはないようですが、コストよりハイブリッドシステムが魅力的と思う場合は、ハイブリッドがオススメです。

ガソリン車と違ってグレードも車両価格211.8万~255.9万円までの3タイプが設定されていますので、選択の自由度があります。

装備を重視するならインテリアの装備が充実しているハイブリッドXやハイブリッド Zを検討すると良いでしょう。

ハイブリッドの魅力は、やはり静寂性とモーターによる力強い加速性です。

ガソリン車との差は50万円以上ありますが、この差額をハイブリッドの魅力として優先できるかになりますね。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

シャトルの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのシャトル値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がシャトルを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のシャトルの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>新型シャトル値引き交渉マニュアル

 

-シャトルの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.