シャトルの評価集

シャトルの内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

投稿日:

シャトルの内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

持ち味である上質な走りや広い室内空間に加え、安全運転支援システム「ホンダ・センシング」の追加により更に魅力が増したコンパクト・ステーションワゴン、「ホンダ・シャトル」の内装を徹底紹介します。

内装のコーディネイトはグレードによって異なり、全5種類が設定されています。

シャトルの内装の質感は?

シャトルの内装色

G ホンダセンシング/ハイブリッド ホンダセンシング

シャトルのブラックの内装
※シャトル:honda.co.jp

シャトルのブラックの内装
※シャトル:honda.co.jp
内装色はブラックになります。

シャトル G ホンダセンシング/ハイブリッド ホンダセンシングのドアライニングガーニッシュ
※シャトル:honda.co.jp
ドアライニングガーニッシュはメタル塗装仕上げとなります。

ハイブリッドX ホンダセンシング

シャトル ハイブリッドX ホンダセンシングの内装

シャトル ハイブリッドX ホンダセンシングの内装

シャトル ハイブリッドX ホンダセンシングの内装

シャトル ハイブリッドX ホンダセンシングの内装

シャトルのアイボリー内装
※シャトル:honda.co.jp

シャトルのアイボリー内装
※シャトル:honda.co.jp
内装色は上の4枚の写真のブラックと下の2枚の写真のアイボリーが用意されます。

シャトルのドアライニングガーニッシュ

シャトルのドアライニングガーニッシュ
※シャトル:honda.co.jp
ドアライニングガーニッシュはいずれも高輝度シルバー塗装&メタリック塗装仕上げとなります。

ハイブリッドZ ホンダセンシング

シャトルのクラッシーブラックの内装
※シャトル:honda.co.jp

シャトルのクラッシーブラックの内装
※シャトル:honda.co.jp

シャトルのリゾーターブラウンの内装
※シャトル:honda.co.jp

シャトルのリゾーターブラウンの内装
※シャトル:honda.co.jp
内装色は上の2枚の写真のクラッシーブラックと下の2枚の写真のリゾーターブラウンが用意されます。

シャトルのドアライニングガーニッシュ
※シャトル:honda.co.jp

シャトルのドアライニングガーニッシュ
※シャトル:honda.co.jp

いずれもドアライニングガーニッシュは高輝度シルバー塗装&木目調仕上げとなるほか、ドアアームレストパッドが唯一プライムスムース張りとなります。

ドアライニングは全車ソフトパッド仕上げで、インナードアハンドルは全車に高輝度シルバー塗装が施されます。

ステッチなどは施されずシンプルな意匠であるものの、質感は「フィット」と比較すると明らかに優れています。

シャトルのシート表皮・デザイン

G ホンダセンシング/ハイブリッド ホンダセンシング

G ホンダセンシング/ハイブリッド ホンダセンシングのシート表皮デザイン
※シャトル:honda.co.jp

色はブラック、表皮はファブリックとなります。

ハイブリッドX ホンダセンシング

ハイブリッドX ホンダセンシングのシート表皮デザイン

ハイブリッドX ホンダセンシングのシート表皮デザイン

ハイブリッドX ホンダセンシングのシート表皮デザイン

ハイブリッドX ホンダセンシングのシート表皮デザイン
※シャトル:honda.co.jp

色は上の写真のブラックと下の写真のアイボリーが用意されます。

素材は汚れやシワに強いプライムスムースとファブリックのコンビネーションになります。

ハイブリッドZ ホンダセンシング

ハイブリッドZ ホンダセンシングのシート表皮デザイン(クラッシーブラック)
※シャトル:honda.co.jp

ハイブリッドZ ホンダセンシングのシート表皮デザイン(リゾーターブラウン)
※シャトル:honda.co.jp

色は上の写真のクラッシーブラックと、下の写真のリゾーターブラウンが用意されます。

素材はハイブリッドX ホンダセンシングと同じプライムスムース+ファブリックのコンビネーションながら、ダブルステッチが施されるなどワンランク上の仕立てになっています。

シートの座り心地はフロント/リアともに水準以上なので、大きな不満は出ないはずです。

リアはリクライニング機能を持っていますが、可動範囲が小さいのでゆったりくつろぐには物足りなさがあります。

室内スペースのあるシャトルでも後部座席の快適性はミニバンと比べると劣ってしまいます。

シャトルのインパネ

シャトル ハイブリッドZ ホンダセンシングのインパネ
※シャトル:honda.co.jp

写真は最上級グレードのハイブリッドZ ホンダセンシングのもので、このグレードのみ木目調のパネルが奢られ、それ以外のグレードにはメタリック塗装のガーニッシュがあしらわれます。

豪華な雰囲気には欠けるものの、全車インパネにソフトパッドが張られるなど質感は高く、フィットと比較するとワンランク上の仕上がりとなっています。

シャトルの収納・荷室の使い勝手は?

運転席・助手席回りの収納

グローブボックス

シャトルのグローブボックス

シャトルのグローブボックス(オープン時)

助手席前に車検証などが収納できるグローブボックスが備わります。

フロントコンソールポケット(LED照明付)

シャトルのフロントコンソールポケット

シャトルのフロントコンソールポケット

センターコンソール左側に、スマホなどが収納できるポケットが備わります。

ドリンクホルダー

シャトルのドリンクホルダー

シャトルのドリンクホルダー
※シャトル:honda.co.jp
センターコンソールに備わる2個分のドリンクホルダーは、ドリンクの種類に応じ深さを2段階に変更できる親切な設計になっています。

大型アームレスト付コンソールボックス

シャトルの大型アームレスト付きコンソールボックス

シャトルの大型アームレスト付きコンソールボックス(オープン時)

ドリンクホルダーの後ろにあるアームレストを引き上げると、タブレットも収納できる大容量のボックスが出現します。

ドライバーズポケット

シャトルのドライバーズポケット

インパネ右下部にポケットが備わりますが、小さ過ぎてガムやライター、ちょっとしたゴミを入れるなどの使い道しか無さそうです。

ボトルホルダー/ドアポケット

シャトルのボトルホルダー&ドアポケット

シャトルのボトルホルダー&ドアポケット

運転席・助手席ドアに、ボトルホルダー付きのポケットが装備されます。

幅が狭いのでペットボトルを置きながらのガイドブック等の収納は困難でしょう。

前席の収納は決して豊富とは言い難く、フィットと比較すると劣る部分があります。

ユーティリティが求められるステーションワゴンとしてはもうひと頑張り欲しいところです。

後席の収納

ボトルホルダー

シャトルの後席ボトルホルダー

シャトルの後席ボトルホルダー

左右の後席用ドアにボトルホルダーが備わります。

前席用ドアと異なりポケットが用意されないのは物足りないところ。

シートバックポケット(助手席)

シャトルの助手席シートバックポケット

助手席のシートバックに、地図や雑誌などを収容できるポケットが備わります。

コートフック

シャトルのコートフック

グラブレールに、ハンガーを掛けられるフックが装備されます。

後席用の収納は、ドリンクホルダーが2本分とシートバックポケットしか用意されず、小物入れやコンビニフックなども装備されないので前席以上に不満が残ります。

シャトルの荷室サイズは?どのくらい積める?

シャトル5名乗車時

シャトルの5名乗車時の荷室

シャトルの5名乗車時の荷室

後席使用時でも570Lの容積があり、9.5型のゴルフバッグが4個収まります。

シャトルのマルチユースバスケット

また、ハイブリッドZ ホンダセンシングとハイブリッドX ホンダセンシングの後席シートバックには、格納式のマルチユースバスケットが備わるので、他の荷物と一緒にしたくない大事な荷物を積む場合に重宝します。

シャトル3名乗車時

シャトルの3名乗車時の荷室

後席をチップアップすれば、高さのある荷物を積むことも可能となります。

2名乗車時

シャトルの2名乗車時の荷室

後席を倒した状態での荷室の容量は1,141L、奥行きは184cmとなります。

シャトルの2名乗車時の荷室

定尺ベニヤを積むことも可能ですが、普通サイズの自転車は写真のように前輪を外さないと積めません。

荷室サイズは5ナンバーサイズのステーションワゴンとしては申し分なく、フロアがほぼフラットになるなど使い勝手にも優れています。

シャトルの開口部フロア高

また、開口部のフロア高が54cmという低床設計になっており、重い荷物の積み下ろしが容易である点も評価できます。

シャトルの内装まとめ

シャトルの内装の質感は、豪華さは無いものの決してチープでなく、満足できる水準にあります。

一方、収納はいささか不足気味で、不便を感じることもありそうです。

荷室サイズはこのクラスのステーションワゴンとしてはトップレベルで、多彩なシートアレンジも含め高評価と言えるでしょう。

ホンダ シャトル

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

シャトルの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのシャトル値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がシャトルを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のシャトルの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>新型シャトル値引き交渉マニュアル

-シャトルの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.