ホンダ車の買取相場

シャトルの買取額が高くなるポイント

シャトルやフィットシャトルハイブリッドの買取金額が高くなる査定ポイントが分かっていれば、買取店に自分のシャトルをアピールする事が出来ますね。

査定する人はプロなのでほとんどの事は判断できますが、中には査定の時に見落としてしまうケースも少なくありません。

新車から乗っていれば分かるポイントとしては、「禁煙車である事」「点検・整備記録簿がある事」「修復歴や事故歴がない事」は、オーナーである自分なら分かるでしょう。

これらの部分を伝えるだけでも、買取側としては安心できるものです。最後にあと数万円アップする時の後押しとなる総合的な判断材料になるでしょう。

その他にもシャトルの買取金額がアップするポイントがあるので紹介しましょう。

シャトルの年式・走行距離と査定金額の関係

シャトルのメーター イメージ
※シャトル 出典honda.co.jp

シャトルの年式は新しいほど、買取金額は高くなります。シャトルは海外の輸出相場が強くないので、ほぼ国内向けの買取相場で査定金額が決まってきます。

国内では新しい年式だったり、少ない走行距離が好まれるので、これらの条件に合えばシャトルやフィットシャトルハイブリッドの高価買取が期待できます。

シャトルの年式が古くても走行距離が短ければ、新しい年式より古い年式の方が高く売れるケースが出てきます。

シャトルの高く売れる人気のグレードはこれ!

シャトルの人気のグレードは、「ハイブリッド X」「ハイブリッド Z」「1.5 G」です。新車価格が高いグレードから買取相場も高くなっています。

ガソリン車のシャトル1.5Gはリセールバリューの割合から見ると、ハイブリッドよりも高いリセールが残っています。

シャトル人気のボディカラーは?ボディカラーで買取金額が変わる!

シャトル
※シャトル 出典honda.co.jp

シャトルの人気のボディカラーは、ホワイトパールとブラックです。この2色なら中古車市場でも長く人気が見込めるので、プラス査定が期待できるでしょう。

その他では、パープルもプラス寄りの査定評価になります。

シャトルの買取金額が高くなる人気の装備はこれだ!

シャトルの人気装備
※シャトル 出典mugen-power.com

シャトルの買取金額にプラス査定される人気の装備は、メーカーオプションの「スマートキー」「あんしんパッケージ」「インターナビ」です。標準装備のグレードもありますが、自動ブレーキが含まれているあんしんパッケージは、プラス査定になります。

ディーラーオプションでは、「エアロキット」「アルミホイール」はプラス査定になるでしょう。その他でも、ホンダ車のカスタマイズメーカーの無限のフルエアロパーツはプラス査定が見込めます。

シャトルを売るならこのタイミングで!シャトルが高く売れる買取の時期

年数が経つにつれてシャトルの買取相場は下落して行きますが、1年の中でシャトルの買取相場が上昇傾向になる時期があります。それらの時期にシャトルを売るタイミングであれば、高価買取が期待できるでしょう。

1月下旬~3月上旬の間

実は1年間の中で3月が一番中古車が売れる時期です。これは、4月から新生活が始まる社会人や学生が中古車を購入するので、3月は中古車の販売台数が伸びてきます。

また、自動車メーカーや中古車店の決算期が3月なので、売り込みに力を入れる時期でもあります。一番売れる3月に合わせてシャトルの中古車を買い取るので、1月下旬~3月上旬は買取相場が上昇します。

5月下旬~7月中

夏のボーナス時期には、中古車販売店などではキャンペーンを展開して、販売に力を入れてきます。ボーナス時期に合わせて5月下旬~7月中はシャトルの買取相場は上昇傾向になるでしょう。

8月下旬~10月上旬

秋商戦と言う言葉がありますが、秋の行楽シーズンや冬の需要に備えて8月下旬~10月上旬の買取相場も悪くありません。9月は自動車メーカーの中間決算期なので、新車への乗り換えで下取り車が増え、ディーラーと買取店との競合により、買取金額の上乗せが期待できます。

この時期はシャトルを売っちゃダメ!

5月の連休明け直後や年末の12月末は、中古車販売が非常に鈍くなるため、買取相場が一時的に下落します。 シャトルを売るならこの時期は避けた方が賢明です。

シャトルを売るならディーラーの下取りか買取店の買取か?

シャトルを売るなら買取店で

シャトルやフィットシャトルハイブリッドを買い替えるならディーラーの下取りが一般的だと思います。実際、車を売る人の約半数はディーラーへ下取りに出しています。

ではディーラーへシャトルを下取りに出すメリットは何でしょうか?

一番のメリットは、「手間が掛からない」事でしょう。新車の購入と同時に手続きが出来るので、面倒がありません。さらに次の車の納車と引き換えにシャトルを引き渡せばいいので、毎日のように車を使う人には外せないメリットでしょう。

では、買取店へシャトルを売るとしたら、そのメリットは何でしょう?それはディーラーよりも高く売れるの一言に尽きます。ディーラーよりも高く売れなければ、買取店へ売る必要はありませんね。

ではどの位高く売れるのかと言うと、買取相場の価格帯にもよりますが、シャトルの価格帯なら数万円~30万円前後は高く売れるケースが多いです。

手続きの手間や納車まで乗っていられるメリットを考えれば、数万円くらいならディーラーへ下取りに出すかもしれません。

しかし10万円以上高く売れるなら、買取店へ売った方がメリットが大きいと思います。場合によっては20万円~30万円以上高く売れる事もあります。

管理人の場合フィットシャトルハイブリッドを買取店へ売却しましたが、ディーラー下取りよりも16万円高く売れました。

(ディーラー査定92万円 買取店の買取額108万円
フィットシャトルハイブリッドの買取店での査定金額

確かにディーラーへ下取りに出すよりも、「買取店に査定してもらう手間」「書類を用意する手間」が増えますが、正直微々たるものです。

買取店へ査定してもらい、契約するまでの時間が多く見て2時間、その後書類を用意して郵送する手間が1時間、合計3時間で16万円も稼げると考えたら、時給換算にしたら5万円以上になります。凄くないですか?(笑)

まあ、そんな単純ではありませんが、わずかな手間で10万円以上もお得になるのです。

反対に買取店へ売る事のデメリットは、納車までシャトルに乗れない事でしょう。買取店と契約したら一般的に2週間程度でシャトルを引き渡すことが条件になります。

フィットシャトルハイブリッドを売った時に管理人がやった方法ですが、ディーラーの下取り金額を納車まで保証してもらいます。そして納車前に買取店へシャトルを売るかもしれない事をディーラーに了承してもらいます。

新車契約時ならまずOKしてくれます。管理人はいつもこの方法ですが、断られた事がありません。

そして納車日に合わせて買取店に査定してもらい、一番高い所へシャトルを売る事が出来ます。もちろんディーラーが一番高ければディーラーへそのまま下取りに出します。

こうすれば納車までシャトルに乗りながら、買取店へ高く売る事が出来るのでおススメの方法ですね。

シャトルを本当に高く売るなら、当サイトのシャトル高価買取りマニュアルをご覧ください。初心者でもかんたんに買取店の買取相場の上限でシャトルを売る管理人のノウハウを紹介しています。

-ホンダ車の買取相場
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.