ホンダ車の買取相場

シャトルの走行距離による買取額の違いは?

シャトルの買取査定額を決める要因は、大きく分けて「年式」「グレード」「走行距離」となります。

ここでは走行距離によってシャトルの買取金額がどのくらい変わってくるのか?紹介していきます。

シャトルを売る時の参考にどうぞ。

(※日本自動車査定協会の査定基準にそって算出しています)

シャトル
※シャトル 出典honda.co.jp

新車から1年落ちのシャトル走行距離による買取金額の違い

走行距離1年落ちシャトル買取金額の増減
1万キロ0円
2万キロ-3万5千円
3万キロ-8万円
4万キロ-13万5千円
5万キロ-19万円
6万キロ-22万5千円
7万キロ-26万円
8万キロ-29万5千円
9万キロ-33万5千円
10万キロ-37万円

新車から1年を経過したシャトルの走行距離による買取金額の増減です。

新車から1年で1万キロ走行なら、基準の査定金額に対して増減はありません。1年で3万キロ走行では8万円のマイナス査定です。

新車から2年落ちのシャトル走行距離による買取金額の違い

走行距離2年落ちシャトル買取金額の増減
1万キロ+3万5千円
2万キロ0円
3万キロ-2万5千円
4万キロ-7万円
5万キロ-12万5千円
6万キロ-18万円
7万キロ-21万5千円
8万キロ-25万円
9万キロ-29万円
10万キロ-32万5千円

新車から2年を経過したシャトルの走行距離による買取金額の増減です。

2年落ち1万キロ走行では、3万5千円のプラス査定です。2年で5万キロ走行なら12万5千円がマイナスされます。

新車から3年落ちのシャトル走行距離による買取金額の違い

走行距離3年落ちシャトル買取金額の増減
1万キロ+6万円
2万キロ+2万5千円
3万キロ0
4万キロ-2万円
5万キロ-6万5千円
6万キロ-10万5千円
7万キロ-14万円
8万キロ-17万5千円
9万キロ-21万円
10万キロ-24万円

新車から3年経ったシャトルの走行距離による買取金額の増減です。

3年落ち3万キロでは、プラスマイナスゼロ査定です。3年で2万キロなら2万5千円のプラス査定、3年6万キロでは10万円以上のマイナス査定になります。

新車から4年落ちのシャトル走行距離による買取金額の違い

走行距離4年落ちシャトル買取金額の増減
1万キロ+8万円
2万キロ+5万円
3万キロ+1万5千円
4万キロ0
5万キロ-2万5千円
6万キロ-6万5千円
7万キロ-10万円
8万キロ-13万円
9万キロ-16万円
10万キロ-18万5千円

新車から4年経ったシャトルの走行距離による買取査定額の増減です。

4年落ち1万キロなら8万円のプラス査定です。4年で4万キロなら基準のプラマイゼロ査定、4年で5万キロなら2万5千円がマイナスされます。

新車から5年落ちのシャトル走行距離による買取金額の違い

走行距離5年落ちシャトル買取金額の増減
1万キロ+8万5千円
2万キロ+6万円
3万キロ+3万円
4万キロ0
5万キロ0
6万キロ-4万円
7万キロ-7万円
8万キロ-10万5千円
9万キロ-13万円
10万キロ-15万円

新車から5年経ったシャトルの走行距離による買取金額の増減です。

5年落ちで4万キロならプラスマイナスゼロ査定です。5万キロも同様でプラマイゼロ査定ですね。5年10万キロでは15万円が減額されます。

新車から6年落ちのシャトル走行距離による買取金額の違い

走行距離6年落ちシャトル買取金額の増減
1万キロ+8万5千円
2万キロ+7万円
3万キロ+3万5千円
4万キロ0
5万キロ0
6万キロ-2万円
7万キロ-4万5千円
8万キロ-7万円
9万キロ-9万円
10万キロ-11万円

新車から6年経ったシャトルの走行距離による買取金額の増減です。

新車から6年落ち6万キロでは、2万円が減額査定されます。新車から6年を経過すると年間1万キロ平均の走行距離でも、基準査定からマイナスされてしまいます。

新車から7年落ちのシャトル走行距離による買取金額の違い

走行距離7年落ちシャトル買取金額の増減
1万キロ+7万円
2万キロ+7万円
3万キロ+4万5千円
4万キロ+1万円
5万キロ0円
6万キロ-1万円
7万キロ-3万円
8万キロ-5万5千円
9万キロ-7万円
10万キロ-9万円

新車から7年落ちのシャトルの走行距離による買取金額の増減です。

7年落ち2万キロなら7万円がプラス査定されます。これは、年間の平均走行距離が2857㎞です。月々では238㎞の走行距離になります。週末の買い物やたまの遠出位の距離でしょうか。この位の使用頻度なら、7年経っても7万円のプラス査定が見込めますね。

新車から8年落ちのシャトル走行距離による買取金額の違い

走行距離8年落ちシャトル買取金額の増減
1万キロ+6万円
2万キロ+6万円
3万キロ+5万円
4万キロ+2万5千円
5万キロ0円
6万キロ0円
7万キロ-2万円
8万キロ-4万5千円
9万キロ-6万円
10万キロ-7万5千円

新車から8年乗ったシャトルの走行距離による買取金額の増減です。

8年落ち8万キロ走行では、4万5千円のマイナス査定です。8年落ちでプラス査定になるには、5万キロ以下の走行距離が条件となります。

新車から9年落ちのシャトル走行距離による買取金額の違い

走行距離9年落ちシャトル買取金額の増減
1万キロ+5万5千円
2万キロ+5万5千円
3万キロ+5万5千円
4万キロ+3万5千円
5万キロ0円
6万キロ0円
7万キロ-2万円
8万キロ-2万5千円
9万キロ-4万円
10万キロ-5万5千円

新車から9年落ちのシャトルの走行距離による買取金額の増減です。

新車から9年6万キロでは、プラスマイナスゼロ査定です。9年で4万キロ走行なら3万5千円が増額されます。

新車から10年落ちのシャトル走行距離による買取金額の違い

走行距離10年落ちシャトル買取金額の増減
1万キロ+5万5千円
2万キロ+5万5千円
3万キロ+5万5千円
4万キロ+3万5千円
5万キロ+1万円
6万キロ0円
7万キロ0円
8万キロ-1万5千円
9万キロ-3万円
10万キロ-5万円

新車から10年経ったシャトルの走行距離による買取金額の増減です。

10年落ち10万キロでは、5万円のマイナス査定になります。10年で3万キロなら5万5千円のプラス査定です。

新車から10年以上のシャトル走行距離による買取金額の違い

走行距離10年超えシャトル買取金額の増減
1万キロ+5万5千円
2万キロ+5万5千円
3万キロ+5万5千円
4万キロ+3万5千円
5万キロ+1万円
6万キロ0円
7万キロ0円
8万キロ-1万円
9万キロ-3万円
10万キロ-4万5千円

新車から10年以上経ったシャトルの走行距離による買取金額の増減です。

新車から10年以上経過したシャトルの走行距離が6万キロなら、基準の査定金額に対して増減はありません。

10年以上経過していると、走行距離も重要な査定評価の要素ですが、各々の車体の状態も査定評価に大きく影響してきます。

走行距離が短くても車体がボコボコでは、査定評価は高くありません。海外の需要があれば買取金額が付きますが、現状ではシャトルの輸出相場は不透明です。

走行距離だけでなく、車体や機関も良好な状態を維持して行けば、10年以上経過しても買取金額が付くでしょう。

シャトルを本当に高く売るなら、当サイトのシャトル高価買取りマニュアルをご覧ください。初心者でもかんたんに買取店の買取相場の上限でシャトルを売る管理人のノウハウを紹介しています。

-ホンダ車の買取相場
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.