シエンタの評価集

シエンタは6人乗り?7人乗り?それとも5人乗り?どれを選ぶのか違いやデメリットを徹底検証!

更新日:

シエンタは6人乗り?7人乗り?それとも5人乗り?どれを選ぶのか違いやデメリットを徹底検証!

シエンタの乗車定員は、従来3列シートの6人乗り・7人乗りの2仕様が設定されていましたが、2018年9月11日のマイナーチェンジによって新しく2列シートの5人乗りグレード「ファンベースG」「ファンベースX」が設定されました。

シエンタの選択肢が増えてユーザーとしては嬉しい反面、迷ってしまう方もいるかと思います。

そこで、ここではシエンタの5人乗りと6人乗りと7人乗り、それぞれの長所や短所について比較・分析していきますので、皆さんがシエンタを購入するご参考にどうぞ。

シエンタの5人乗りのシートアレンジ

ノーマルモード(最大5人乗車)

シエンタの5人乗りのシートアレンジ ノーマルモード(最大5人乗車)

toyota.jp/sienta/

文字通り、シエンタの5人乗りグレードの通常状態です。

ラゲージに十分荷物が積めるので、アクティブなドライブが楽しめそうですね。

ハーフラゲージモード(最大3人乗車)

シエンタの5人乗りのシートアレンジ ハーフラゲージモード(最大3人乗車)

toyota.jp/sienta/

サーフボードなど、ちょっと長物を積みたい時は、3人乗車ならセカンドシートを片方倒したハーフラゲージモードで対応できます。

フラットラゲージモード(最大2人乗車)

シエンタの5人乗りのシートアレンジ フラットラゲージモード(最大2人乗車)

toyota.jp/sienta/

自転車などちょっと大がかりなものを積みたい時は、セカンドシートを両方倒したフラットラゲージモードも可能です。

最大限のスペースを、あなたの創意工夫で活用していきましょう。

シエンタの6・7人乗りのシートアレンジ

ノーマルモード(最大6~7人乗車)

シエンタの6・7人乗りのシートアレンジ ノーマルモード(最大6~7人乗車)

toyota.jp/sienta/

こちらは文字通り6人乗り・7人乗りの基本形態。5人乗りに対してラゲージを座席にあてたイメージです。

荷物のスペースを削っているぶん、当然ラゲージ容量は小さめとなっています。

サードシートアレンジモード(最大4~5人乗車)

シエンタの6・7人乗りのシートアレンジ サードシートアレンジモード(最大4~5人乗車)

toyota.jp/sienta/

サードシートをダイブインさせれば、5人乗りのノーマルモードとほぼ同じラゲージ容量が確保できます。

ただし、5人乗りに比べてフラットさでやや引けを取ります。

ハーフラゲージモード(最大3人乗車)

シエンタの6・7人乗りのシートアレンジ ハーフラゲージモード(最大3人乗車)

toyota.jp/sienta/

例えばカーペットなど長い荷物を乗せたい時は、セカンドシートの片方を2回倒して巻き上げることで、フロアに置くことができます。

フラットさ少しでもを確保するため、奥行きは5人乗りに比べて短くなっています。

フラットラゲージモード(最大2人乗車)

シエンタの6・7人乗りのシートアレンジ フラットラゲージモード(最大2人乗車)

toyota.jp/sienta/

セカンドシートを両方とも巻き上げることで、大容量のラゲージスペースを確保できます。

こちらも奥行きは5人乗りに比べて浅いものの、例えば画像のように自転車が走行中に揺れた時でも、セカンドシートがしっかり受け止めてくれる印象です。

シエンタの5人乗りの小物入れ・収納スペース

大型デッキアンダートレイ

大型デッキアンダートレイ

toyota.jp/sienta/

ラゲージフロアの床下にトレイを敷くことで、収納スペースを設けることができます。

ハイブリッドはバッテリーなどが干渉して少し小さくなりますが、ちょっとした車載工具などを入れておくのにも重宝します。

5:5分割デッキボード

5:5分割デッキボード

toyota.jp/sienta/

デッキ(ラゲージフロア)の高さを調節して、背の高い荷物を積んだり、フロアをよりフラットにしたりできます。

シエンタの6・7人乗りの小物入れ・収納スペース

マルチユーストレイ(6人乗り)

マルチユーストレイ(6人乗り)

toyota.jp/sienta/

6人乗りのセカンドシート中央に設けられたオープントレイです。

ちょっとモノを置いておくのにちょうどいい使い勝手です。

デッキサイドトリムポケット

デッキサイドトリムポケット

toyota.jp/sienta/

サードシートの両サイドに装備されたトリムポケットは、ポケット地図やメモ帳程度のものを入れておくのに重宝します。

デッキサイドボトルホルダー&スマホホルダー

デッキサイドボトルホルダー&スマホホルダー

toyota.jp/sienta/

トリムポケットと並んで、ドリンクボトルやスマホの置き場所も用意されています。

3列目シートにもこうした気配りがなされている点も、シエンタらしさと言えます。

5人乗りシエンタのメリット・満足点は?

最大限の荷物積載容量

シエンタ5人乗りの積載容量

toyota.jp/sienta/

シエンタの外郭(サイズ)は5人乗りでも7人でも変わらないので、サードシート部分を最初から荷室にしている5人乗りは、シートアレンジなしのデフォルトで最大限の積載容量を実現します。

もちろん、セカンドシートを倒すことで更なる容量拡大も自由自在ですから、ドライブシーンに応じて、フレキシブルな活用が簡単にできます。

新装備「ユーティリティホール」

シエンタ5人乗りの新装備ユーティリティホール

toyota.jp/sienta/

5人乗りグレード専用の新装備「ユーティリティホール」とは、ラゲッジスペースの左右両壁に設けられた9つずつの穴。

オプションのシステムバーやユーティリティフックの装着により、モノをかけたり吊るしたり、あるいは棚(ラゲッジアッパーボード)をつけたりテーブルを設置したり、さまざまなドライブシーンに活用できるので、お買い物にアウトドアに、その用途が大きく広がります。

6人乗りシエンタのメリット・満足点は?

2列目が広くて快適

シエンタ6人乗りの2列目シート

toyota.jp/sienta/

シエンタの2列目シートはベンチシートとなっており、広くシートを使用することができます。

シート中央には収納スペースが設けられており、アームレストを倒すことで左右独立したシートのようにすることができます。

キャプテンシートのようにシート自体が独立した形状ではありませんが、キャプテンシートよりもシート座面を広くデザインすることができます。

座面が広いため長距離ドライブの際も疲労の軽減になり、より快適に過ごすことができます。

収納が多くて便利

シエンタ6人乗りのマルチユーストレイ

toyota.jp/sienta/

6人乗りの2列目シートの中央には、左右どちらも使える小物スペースが確保されているので重宝します。

ドアサイドなどの収納スペースに加えて、このようなちょっとした収納があるのはいいですね。

6人乗りのシエンタは、収納スペースがしっかりと確保されていますので、ドリンクや小物の置き場所に困ることもないのが好印象です。

後方視界が良い

シエンタ6人乗りのセカンドシート

toyota.jp/sienta/

7人乗りの2列目シートと比較して、6人乗りの場合は後方の視界が良く見やすいのが特徴です。

7人乗りや5人乗りの2列目シートは、中央部分にヘッドレストが装着されています。

運転席からルームミラーを見ると中央のヘッドレストが干渉して、視界が狭くなってしまいます。

6人乗りのシエンタは、2列目シートにヘッドレストがなくスッキリとしたデザインです。

ルームミラーを見た時に、ミラーの中央部分に遮るものがなく、後方確認が容易で運転もしやすいですね。

7人乗りシエンタのメリット・満足点は?

2列目シートに荷物を載せやすい

7人乗りの2列目シートはベンチシートになっているため、気軽に手荷物をシートの上に載せやすくなっています。

シエンタ7人乗りの2列目シート

toyota.jp/sienta/

6人乗りの2列目シートと違い、中央部分に収納スペースがなく座面になっているので、荷物を置いても安定感があります。

また、ドライブで疲れたときはそのまま横になれたり、赤ちゃんのオムツ替えなども広い2列目座面で行えるため、使い勝手がとてもいいです。

多くの人を乗せられる

シエンタ7人乗りのメリット・多くの人を乗せられる

toyota.jp/sienta/

当然ながら、7人乗りシエンタは5人乗り・6人乗りよりも多くの人を乗せられます。

7人で出かけるとき、シエンタが6人乗りだったために2台出さねばならず、ガソリン代も倍近くに……なんて事もあるし、別々に移動するのはちょっと寂しいもの。

やはり1人でも多く乗れることは、乗用車にとって大きなメリットとなります。

そして少人数でも、例えば5人で乗るとき、5人乗りならいっぱいいっぱい、6人乗りだと3列目シートまで使わなければならず、2列目か3列目のどちらかは1人で座ることになって寂しい(かも)です。

しかし、7人乗りなら2列目シートに3人座れば3列目シートは使わずにすむので寂しくないし、3列目シートをたたんで荷室を広げてもよし、思わぬ事態にも柔軟な対応(例:出先で会った人を乗せたり、急に具合が悪くなった人を横にさせたり等)が可能となります。

5人乗り/6人乗りシエンタのデメリット・欠点は?

乗車人数が減る

シエンタ5人乗り・6人乗りのデメリット

toyota.jp/sienta/

当然ですが、7人乗りに比べて、乗車できる人数が減ります。

子供の送り迎えなどで急遽人を多く載せたい時は、5人乗り・6人乗りでは不足する場面も出てくるでしょう。

緊急だからという理由でも定員以上の人数を乗せることはできないので、注意したいですね。

万が一の時に人を多く載せられないのは、欠点と言えば欠点です。

キャプテンシートではない

2列目シートの中央部分にはアームレストが装備されており、キャプテンシートのようにすることができます。

しかし、「キャプテンシートのようにできる」のであって独立した本来のキャプテンシートではありません。

キャプテンシートは独立した一つのシートをなっているためパーソナル性が確保されます。

シエンタの場合はシートがベンチタイプになっており、アームレストで仕切るといったものとなっています。

ゆったりとリラックスして座ることができないのがややデメリットですね。

横移動がしにくい

シエンタ6人乗りのセカンドシート中央・収納

toyota.jp/sienta/

先ほど紹介したとおり、6人乗りの場合は、2列目シートの中央に収納スペースが確保されています。

非常に便利で使い勝手もいいのですが、座った状態で横へ移動する場合は、この収納スペースが邪魔に感じます。

シエンタの2列目シートはベンチシートになっており、横移動がしやすいのが特徴です。

しかし、6人乗りの2列目シートは中央にある収納スペースが邪魔になってしまい、スムーズな移動が困難です。

片側のドアからしか降りられない場合など、反対側のドアへの移動がスムーズに行えません。

小さいお子さんがいる家庭は、横へササっと移動できる方が便利に感じますから、乗降性を重視するのであれば7人乗りの方が良さそうです。

7人乗りシエンタのデメリット・欠点は?

3列目シートへのアクセスがやや面倒

シエンタのシートは、ウォークスルーではないので、車内から3列目シートへアクセスすることができません。

シエンタの3列目への乗車イメージ図

toyota.jp/sienta/

外から2列目シートをスライドさせて倒してから、3列目に乗り込まなければならないため、やや面倒に感じます。

特に雨の日や荷物を多く持っている時などは、不便に感じてしまうでしょう。

この欠点は7人乗りだけでなく、6人乗りの場合にも言えます。

3列目シートの座り心地が悪い

シエンタの3列目シートの居住性は悪い

toyota.jp/sienta/

シエンタはコンパクトミニバンであるため、3列目シートの居住性が悪いです。

後方のスペースが少ないため、無理やり3列目シートをつけている感じがします。

実際に座ってみると非常に窮屈で、膝が2列目シートの背もたれに当たります。

小さいお子さんであれば、余裕を持って座ることができますが、大人がフル乗車するには厳しいですね。

また、3列目シートに座った状態で、長距離ドライブなども体やお尻が痛くなるので要注意です。

シエンタの5人乗り:6人乗り:7人乗りの販売比率は?

シエンタは5人乗り(ファンベース)と6人乗り(4WD)と7人乗りの、どれが一番売れているのでしょうか?

当サイト(クルマを買う!)で業者オークションを調査したところ、以下の販売比率となっていました。

  • シエンタ 5人乗り 55台 5.1%
  • シエンタ 6人乗り 235台 21.8%
  • シエンタ 7人乗り 785台 73.1%

シエンタは7人乗りが最も多く売れていることがわかります。

5人乗り(ファンベース)はデビューから年数が浅く、2WDと4WDの需要比がそのまま反映されています。

家族構成別のオススメ乗車人員数は?

独身や夫婦、親子など大人と中学生以上が2~4人以内の家族

シエンタの5人乗りシート

toyota.jp/sienta/

独身や夫婦、親子など、大人と中学生以上の子供だけで構成される2~4人以内の家族であれば、5人乗りが扱いやすくていいでしょう。

大人が5人フル乗車だとさすがに窮屈ですが、夫婦と子供2人程度であれば、ゆったりと乗れる上に荷物もたくさん積めるので、普段の送り迎えなどはもちろん、買い出しや旅行などにもお手頃サイズとなります。

乳幼児がいる3~4人家族

4人までの家族であれば、6人乗りで十分に対応できます。

シエンタ6人乗り

toyota.jp/sienta/

乳幼児のチャイルドシートを2列目に装着し、着替えやオムツ替えなどは3列目シートで行ったりと、用途に合わせてシートを使い分けることができます。

また、4人までであれば、3列目シートを格納して荷室を広く使用しても、全員乗車できます。

家族での旅行にもしっかりと対応できますから、乳幼児がいる3~4人家族の方は6人乗りのシエンタがオススメです。

下の子が小学生以上の5~6人家族

下の子が小学生以上の5~6人家族は、非常に悩むところですね。

乗車人数で見れば6人乗りでも対応可能ですが、子供の友達や習い事・部活の送り迎えなどで、人を多く載せる機会が多ければ7人乗りを選択した方が楽でしょう。

子供が小さくてシートに余裕があっても定員以上の人を乗せることはできないので(12歳までの子供は1.5人計算)、多く人を乗せられる方が安心ですね。

また、ゆったりと広く車内を使いたい場合は、6人乗りでも問題ありません。

ライフスタイルや使用環境などを考慮して選択しましょう。

子供と祖父母がいる5~6人家族

子供と祖父母がいる5~6人家族は、7人乗りがオススメです。

シエンタ 7人乗り

toyota.jp/sienta/

フル乗車した時に6人乗りの場合では非常に窮屈に感じますし、お年寄りが長時間3列目シートに座るのは難しいと思います。

3列目シートの足元は非常に狭く、乗り心地もあまりよくありません。

また3列目シートへのアクセスもしにくいので、お年寄りがいるご家庭は、少しゆとりのある7人乗りの方が使い勝手がいいです。

7人乗りの方が2列目シート間の移動もスムーズにできますし、乗り降りもしやすいことを考えると、人数が多い場合は断然7人乗りがおススメですね。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

シエンタの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのシエンタ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がシエンタを限界値引きで購入しています。

今月のシエンタの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>シエンタ値引き交渉マニュアル

 

-シエンタの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.