シエンタの評価集

シエンタは7人乗り?それとも5人乗り?どれを選ぶのか違いやデメリットを徹底検証!

2022年8月23日にフルモデルチェンジされたシエンタは、先代に設定のあった6人乗りが廃止され、乗車定員は2列シートの5人乗り3列シートの7人乗りの2種類となりました。

どのグレードでも5人乗りと7人乗りが選べるのは、新型シエンタの良い点です。

ここではシエンタの5人乗りと7人乗りそれぞれのメリット・デメリットを比較検証していきますので、購入時の参考にどうぞ。

シエンタの5人乗りのシートアレンジ

ノーマルモード(最大5人乗車)

シエンタ5人乗りの標準状態です。

セカンドシート後方の荷室長は840mmあり、日常ユースならまず荷室スペースに不足はないはず。

フロントシートフラットモード

toyota.jp/sienta

フロントシートのヘッドレストを外し、背もたれを水平に倒すとセカンドシートの座面とつなげられます。

2名乗車時に、PAなどで小休止したい時に便利なモードです。

ハーフラゲージモード(最大3人乗車)

toyota.jp/sienta

6:4分割可倒式のセカンドシートを片側だけチルトダウン (格納) することで、3人乗車しながら長尺の荷物を積めます。

チルトダウンした側の荷室長は2,045mmです。

フラットラゲージモード(最大2人乗車)

toyota.jp/sienta

セカンドシートを両側ともチルトダウンすれば、5人乗りシエンタで最大の荷室スペースが確保できます。

26インチの自転車が2台、前輪を外すことなく積載可能です。

シエンタの7人乗りのシートアレンジ

ノーマルモード(最大7人乗車)

toyota.jp/sienta

7人乗りの基本モードで、この使い方が目当てで7人乗りを選ぶ人がほとんどでしょう。

この状態での荷室長は345mmとミニマムですが、スーパーの買い物等なら十分対応できます。

フロントシートフラットモード

toyota.jp/sienta

5人乗りと同じように、フロントシートとセカンドシートをつなげることができます。

セカンドシートは5人乗りよりも柔らかいので、休憩時の快適性はこちらが上かもしれません。

サードシートアレンジモード(最大5人乗車)

toyota.jp/sienta

サードシートをダイブイン格納すれば、家族4人での小旅行に対応できる荷室スペースが出現。

5人乗りと違いセカンドシートがスライド式になっていて、一番前にスライドさせれば990mmの荷室長 (5人乗りのノーマルモードより150mm長い) が確保できます。

ハーフラゲージモード(最大3人乗車)

toyota.jp/sienta

サードシートを格納すると同時にセカンドシートの片側をタンブル (折り畳み) すれば、3名乗車+長尺物の積載が可能です。

タンブルした側の荷室長は1,525mmで、5人乗りより520mm短くなります。

フラットラゲージモード(最大2人乗車)

toyota.jp/sienta

セカンドシートの両側をタンブルすることで、シエンタ7人乗りの最大荷室スペースが実現。

荷室長が5人乗りより短いため、自転車を積む場合は27インチ1台+20インチ1台が限度となります。

シエンタの5人乗りの小物入れ・収納スペース

デッキアンダートレイ

toyota.jp/sienta

シエンタのハイブリッド5人乗りのみに付く収納です。

荷室のデッキボードをめくるとデッキアンダートレイが現れ、停止表示板などが収納できます。

5人乗りシエンタのメリット・満足点は?

最大の荷物スペースが大きい

toyota.jp/sienta

最大の荷室スペースが実現するフラットラゲージモードにした場合、荷室長は7人乗りの1,525mmに対し、5人乗りは2,045mmと520mmも長い寸法です。

レジャーや引っ越しなどで少しでも多く荷物を積みたい場合、この差は無視できないものとなります。

また長尺物の場合も、7人乗りでは積めなくても5人乗りなら積めるというケースもあるでしょう。

凹凸や隙間のない荷室スペース

toyota.jp/sienta

フラットラゲージモードにした際、5人乗りは凹凸や隙間のない文字通りフラットな荷室スペースが出現します。

使い勝手の面で、これは無視できないメリットです。

7人乗りは凹凸と隙間ができてしまうため、使い勝手が劣ります。

7人乗りシエンタのメリット・満足点は?

セカンドシートがスライドする

toyota.jp/sienta

7人乗りのセカンドシートは前後スライド機構を持っているため、荷物の量に応じて調整が可能です。

サードシートアレンジモードの際にセカンドシートを一番前にスライドさせれば、990mmの荷室長を確保できます。

5人乗りのノーマルモードよりも150mm長く、同じように5人乗車した時により多くの荷物の積載が可能です。

セカンドシートの座り心地が良い

toyota.jp/sienta

7人乗りのセカンドシートは5人乗りと比べて座面と背もたれのクッションが柔らかく、包み込まれるような快適性があります。

シートが沈み込む分サポート性も高く、カーブで体が大きく左右に振られてしまうこともありません。

セカンドシートの快適性を重視するなら、5人乗りよりも7人乗りの方がベターです。

いざという時2名多く人を乗せられる

toyota.jp/sienta

家族が多くなく、普段は乗車定員5名でも問題ない場合でも、時には人を多く乗せなければならないこともあるでしょう。

知人や親族を送迎する必要に迫られた場合など、やはり1人でも多く乗せられた方がベターです。

例えば5~6人のグループが最寄り駅まで鉄道でやって来た時、5人乗りだと自宅まで2往復しなければなりません。

しかし、サードシートが付く7人乗りなら一度に全員を運べるので1往復で済み、時間とガソリン代の節約ができます。

いざという時に備え、7人乗りを選択するのも十分ありです。

5人乗りシエンタのデメリット・欠点は?

乗車人数が2名少ない

7人乗りと比べて乗車定員が2名少ないため、ピープルムーバーとして使う場合に制約が出てしまいます。

一人でも多く人を乗せたいシーンでは、乗車定員が5名というのは厳しいでしょう。

折角のミニバンなのにコンパクトカーと同じ人数しか乗せられないのは、無視できない欠点と言えるかもしれません。

セカンドシートの座り心地が劣る

toyota.jp/sienta

シエンタのセカンドシートの折り畳み機構は7人乗りがタンブル、5人乗りがチルトダウンという違いがあります。

その影響か、5人乗りのセカンドシートの座面と背もたれは硬めで、座り心地が7人乗りほど良くありません。

またクッションが硬い分サポート性も劣り、カーブでは体が左右に振られてしまいます。

特に山道走行も含むロングドライブでは、疲労につながるマイナスポイントです。

5名乗車時の荷室長が短い

toyota.jp/sienta

シエンタ5人乗りのセカンドシートは固定式なので、荷物の量に応じて荷室スペースを調整することができません。

ノーマルモード時の荷室長は840mmで、7人乗りのセカンドシートを一番前にスライドさせた時より150mm短い数値です。

その分積める荷物の量が少ないので、家族4人で旅行に出かける際などに影響が出る可能性もあります。

7人乗りシエンタのデメリット・欠点は?

最大の荷室スペースが小さい

toyota.jp/sienta

シエンタ7人乗りで最大の荷室スペースが得られるのはフラットラゲージモードです。

しかしその際の荷室長は1,525mmで、5人乗りよりも520mmも短い長さしか得られません。

これは折り畳んだセカンドシートが場所を取ってしまうからです。

引っ越しなどで少しでも多くの荷物を積みたい場合、この点は大きなハンディになり得ます。

フラットラゲージモード時に凹凸と隙間ができる

toyota.jp/sienta

シエンタ7人乗りはフラットラゲージモードにした時に、画像のように凹凸や大きな隙間ができてしまいます。

荷物を積む際に凹凸は邪魔になりますし、隙間から物が下に落ちてしまうこともあるでしょう。

この欠点を解消するオプションとしてラゲージボードが用意されていますが、11,000円の出費となります。

まともな荷室の使い勝手を実現するためのラゲージボードは、標準装備で良かったのではないでしょうか。

価格が高い

シエンタの同一グレード同士の5人乗りと7人乗りの価格を比較すると、7人乗りは4万円高額です。

シートが多く付いているので価格が高いのは当然なのですが、この価格差が気になる人もいると思います。

いざという時2人余計に人を乗せられることに4万円を出せるかどうかは、迷いどころかもしれません。

シエンタの5人乗り:7人乗りの販売比率は?

シエンタの5人乗りと7人乗りはどちらが売れているのでしょうか?

参考のために、当サイト(クルマを買う!)で調査した先代シエンタの販売比率を記載します。

  • シエンタ 5人乗り 55台 6.5%
  • シエンタ 7人乗り 785台 93.5%

先代シエンタでは7人乗りが圧倒的に多く売れていました。

しかし新型シエンタでは、ここまで差が付くことはないでしょう。

家族構成別のオススメ乗車人員数は?

独身者やディンクス、小学生以下の子供が1~2人いる夫婦

独身車やディンクス (子供を持たない夫婦)、小学生以下の子供が1~2人いる若夫婦など1~4人の小家族なら、5人乗りで十分対応できるでしょう。

5人乗りはセカンドシートの座り心地がイマイチですが、独身者やディンクスはそもそも後席はあまり使わないはず。

また小学生以下の小さな子供ならチャイルドシートに座るので、セカンドシートの硬さは問題になりません。

このような家族構成なら、2名乗車時に荷物がたくさん積める上、荷室がフラットな5人乗りの方が何かと使い勝手がいいでしょう。

よほど付き合いの多い場合を除き、いざという時に7人乗れないことも大きな問題にならないはずです。

下の子が中学生以上の4~5人家族

下の子が中学生以上の4~5人家族が5人乗りを選んでしまうと、硬いセカンドシートを常用することになります。

また5名フル乗車時はセカンドシートに3人座ることになり、5ナンバーサイズのシエンタの場合かなり窮屈です。

その点7人乗りならセカンドシートの座り心地が良いですし、サードシートも併用することで窮屈さを避けることができます。

7人乗りのサードシートは見た目ほど座り心地は悪くなく、必要なスペースが確保されているので実用性十分です。

このような理由で、7人乗りをおススメします。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

シエンタの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのシエンタ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がシエンタを限界値引きで購入しています。

今月のシエンタの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>シエンタ値引き交渉マニュアル

-シエンタの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.