シエンタの評価集

シエンタの人気色ランキング!人気カラーとおすすめの内装色とマッチするカラーバリエーションも紹介

更新日:

シエンタの人気色ランキング!人気カラー、おすすめカラーを紹介

2018年9月11日にマイナーチェンジが入ったシエンタ。

その新型シエンタのボディカラーは、どの色が多くのユーザーに選ばれている人気のカラーなのか、気になる方もいるでしょう。

当サイト(クルマを買う!)では、シエンタの人気カラーランキングと内装色も絡めたおすすめカラー、色別のリセールランキング、各色のカラーナンバーも紹介します!

シエンタの人気カラーランキングを発表!カラーバリエーションは10色

1位 ホワイトパールクリスタルシャイン※1※2
2位 ブラックマイカ
3位 センシュアルレッドマイカ※1※2
4位 シルバーメタリック
5位 エアーイエロー※2
6位 ラディアントグリーンメタリック(3列シート専用色)※2
7位 ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン※1※2
8位 ブルーメタリック
9位 ベージュ(ファンベース専用色)※2
10位 スーパーホワイトⅡ(車いす仕様車専用色)

※1有料カラー32,400円

※2有料2トーンカラーの設定あり54,000~75,600円

シエンタのカラーサンプル

シエンタのカラーサンプル

シエンタのカラーサンプルは、ディーラーに行けば実際の塗料で塗られたミニカーや、サンプル手帳を見る事が出来ます。

シエンタの各色を紹介!口コミもカラー選びの参考に

シエンタの人気色1位は ホワイトパールクリスタルシャイン

シエンタのホワイトパールクリスタルシャイン
※シエンタ 出典toyota.jp

定番カラーであるホワイトが1位。

こちらはメーカーオプションにて32,400円の追加費用が発生するのですが、それでも一番人気で38%を獲得。

その名の通り真珠のようなやや黄色みのかかった光沢を持つホワイトとなっています。

※もう一つ違うアクセントも

ホワイトパールクリスタルシャインの2トーンカラー
※シエンタ 出典toyota.jp

シエンタは通常のモノトーン10種類の内、6種類に関しては2トーンカラーも設定出来ます。

ホワイトパールもそのうちの一つであり、ルーフにヴィンテージブラウンパールクリスタルシャインをアクセントにすることができます。

シエンタの人気色2位は ブラックマイカ

シエンタの ブラックマイカ
※シエンタ 出典toyota.jp

こちらも定番カラー。

通常のモノトーンではアクセントが黒なので黒一色。比率は16%です。

逆に完全な単色化することによって、アクセント部の存在が薄れて少々マイルドな印象を持ったミニバンとなります。

シエンタの人気色3位は センシュアルレッドマイカ

シエンタのボディカラー・センシュアルレッドマイカ
※シエンタ 出典toyota.jp

女性にも扱い易いコンパクトサイズのミニバンということを反映してか、センシュアルレッドマイカが3位で11%。

色合いはやや淡い印象。光の当たり具合によっては赤と言うよりはオレンジやピンクに見えるかもしれません。

単純に「レッド」「赤」だと普段思っているイメージと重ねると全く違う色に見えてきます。

この色を選択したユーザーは「他のクルマとはまた違う赤」というところに魅力を感じられたのかもしれません。

ちなみに、センシュアルレッドマイカはオプションカラーで、料金は32,400円となります。

センシュアルレッドマイカの2トーンカラー

※2トーンカラー(ブラックマイカのルーフ)だと、こんな感じです。

シエンタの人気色4位は シルバーメタリック

シエンタのシルバーメタリック
※シエンタ 出典toyota.jp

4位は定番のシルバーメタリック。

白は汚れ、黒はキズが目立つ…それに対してシルバーというのはどちらも目立ち難く、手入れのしやすさから選ばれる傾向があるのですが比率は9%で、3位はセンシュアルレッドマイカに譲る結果となりました。

シエンタの人気色5位は エアーイエロー

シエンタのエアーイエロー
※シエンタ 出典toyota.jp

シエンタのイメージカラーでもあるエアーイエロー。

蛍光色の強い色ですが、やはりカタログや公式ページのトップを飾ることもあり、奇抜ながらも5位で比率は8%
ある意味もっともシエンタらしいカラーとも言え、デザインとの相性も良く見えます。

やはり第一印象というのは強いのでしょうか。

エアーイエローの2トーンカラー

※2トーンカラー(ブラックマイカのルーフ)を設定すると、こうなります。

シエンタの人気色6位は ラディアントグリーンメタリック

シエンタのボディカラー・ラディアントグリーンメタリック
※シエンタ 出典toyota.jp

光沢もあり明るさも持ち合わせたラディアントグリーンメタリックが6位。比率は7%。

グリーンと言うこともありエアーイエローよりは落ち着いた印象です。

アクセント部の黒とも相性は悪くありません。

ラディアントグリーンメタリックの2トーンカラー

※ルーフをブラックマイカの2トーンにすることもできます。

シエンタの人気色7位は ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン

シエンタのヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン
※シエンタ 出典toyota.jp

限りなく光沢のある黒に近いブラウン。比率は6%

こちらはメーカーオプション指定のカラー。ホワイトパールと同じで32,400円の追加費用が発生します。

このカラーは光の加減次第で印象が変わります。カタログの写真だと「ブラウン!」とはっきり言えるのですが、実際のクルマを目にすると全然違います。

ある時には紫に近い黒に見え、またある時にはゴールドに近い輝きを放つ、独特な存在感のあるカラーです。

シエンタのボディカラー・ブラウン×ブラック

※ブラックマイカとの2トーンルーフ設定は、このようになります。

シエンタの人気色8位は ブルーメタリック

シエンタのブルーメタリック
※シエンタ 出典toyota.jp

鮮やかな色使いのブルーメタリックが8位。比率は6%で、ブラウンより僅かに下。

シエンタのデザイン的にも色的にも一番スポーティな印象なのですが、やはりミニバンとしての評価をするうえではスポーティさとは相容れないのでしょうか?

個人的にはアクセントの黒とは相性もよく、デザイン的にも受け入易そうにも思えますが……ミニバンで青というイメージがイマイチ想像し難いというのも分かる気がします。

その一方でミニバンとしては比較的コンパクトに収まっているシエンタに、このブルーメタリックによるスポーティで引き締まるイメージがピッタリだと言う声もあります。

シエンタの人気色9位はベージュ

シエンタのボディカラー・ベージュ
※シエンタ 出典toyota.jp

2018年9月11日のマイナーチェンジで登場した5人乗りグレード「ファンベース」のXとGに設定された新カラー。

まだデビューから間もないため、ランキングは9位と振るっていませんが、これからの人気高騰に期待したいボディカラーです。

シルキー&ウォーミィな光沢と色調に、高い品性が感じられます。

シエンタの人気色10位は スーパーホワイトⅡ

シエンタのボディカラー・スーパーホワイトⅡ
※シエンタ 出典toyota.jp

白でありながら、実際にはほとんど目にすることがないというカラー。比率は0%でした。

実際の色合いは純白そのもの。なのに何故0%で、ホワイトパールと何が違うのか?

それはこの色が車いす仕様のシエンタのみに用意されたカラーであるということ。

更にいえば、車いす仕様とする場合にのみ「選択」できるということで、車いす仕様であっても他のカラーを選ぶことも出来ます。

なので、スーパーホワイトⅡが選ばれる確率というのは限りなく低くなるわけです。

単純に色の好みなどで考えても良い色だと言えるだけに、安易に選択できないと言うのは残念です。

迷ったら他の人の意見を参考に!シエンタカラー選びの口コミ

私はパール真珠です。レッドもOKかと。この手の車は明るいカラーの方が車も映えるし良いと思いますよ。

納車はまだですが、今まで白から始まりライトグリーン、シルバー、ライトブルーに続き、今回黒にしました。ただ皆さんの話を聞いていると、黒は傷や埃汚れが目立ち手入れが大変そうですね。

黒や赤の原色系は汚れが目立つので俺はホワイトパールを頼みました。

赤にしました☆スポーツカー的な真っ赤じゃなくて、ちょっと落ち着きのある赤でいいですよ

レッドマイカとブラックマイカを悩みました。ホワイトパールも候補に出しましたが、家内から「シマウマ状態になるから」と却下され、それ以上に手入れが大変なことを覚悟に、一度も購入したことがない黒に挑戦しました。

シルバーは商用車っぽくなる所がデザインでそう見えなくてちょうどいい感じに普通の車ぽいからこれもいいかと。手入れも楽ですしね。

私はエアーイエローで、フロマージュ内装、フロマージュシートにしました。ひたすら明るくがテーマです。

※上記引用元:価格コム

ツイッターでは以下の意見も。

カラー選びの決めては人それぞれですが、家族とも相談しながら後悔のない色を選びたいですね。

シエンタのおすすめカラーは?

シエンタのボディカラーは、車いす仕様専用カラーであるスーパーホワイトⅡを除いた、実質9色の中から選ばれることになります。

今回デザインが一新されたシエンタはそのデザインそのものが個性的であり、それに組み合わせるカラーによって印象も変わります。

この印象に関しては人によってそれぞれ好みがあるので、「コレがオススメ!」と言える1台を選ぶのは難しいです。が、、

好みであればどれを選んでも大丈夫でしょう。

その中でも定番カラーであるシルバーをおさえて3位にランクインした「センシュアルレッドマイカ」は、他のクルマとは違う赤という評価ですし、「ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン」も実際に目にすると、一般的なブラウンとは違う印象を受けると言う声もあります。

この2色に関してはカタログなどによる写真ではなく、実車やミニチュア模型にてその色合いを確認したほうが、ボディカラー選びも楽しくなるでしょう。

リセールから見るシエンタのおすすめカラーは?

売る時のことを考えてカラー選びをしても楽しくないとは思いますが「長く乗るつもりが急遽売る(買い替える)事になった」時に、少しでも高く売れれば、それはうれしい事だと思います。

ここでは、カラー別の3年後のリセールバリューを実際の業者オークション相場から平均値を出して、ランキングにしてみました。

順位 カラー名 3年後の下取り相場
(グレードはガソリンのG)
1位 ホワイトパールクリスタルシャイン 148.3万円
2位 ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン 143.3万円
3位 ブラックマイカ 142.3万円
4位 ブルーメタリック 131.7万円
5位 センシュアルレッドマイカ 130.9万円
6位 シルバーメタリック 128.6万円
7位 エアーイエロー 124.3万円
8位 ラディアントグリーンメタリック 119.5万円
-- ベージュ(ファンベース専用カラー) データなし
-- スーパーホワイトⅡ(車いす仕様車専用カラー) データなし

※3年落ち・走行3万キロ前後・修復歴なし(評価点4点以上)・下取り相場は平均値

3年落ちでグレードは最も流通台数が多い「ガソリン車のG」で算出しました。

やはり予想通り、ホワイトパールクリスタルシャインのリセールが一番良い結果となりました。

リセール最優先でシエンタのカラーを選ぶなら、ホワイトパールクリスタルシャインが一番有利です。

3年以内の売却なら、イエローやグリーンと比べて20万円以上高く売れるでしょう。

差はわずかですが、ブラックマイカを抑えてヴィンテージブラウンパールクリスタルシャインがリセール2位となりました。

サンプル台数がブラックは50台以上ありましたが、ブラウンは14台だったので、たまたま高ブレしていた可能性もありますが、それでも14台あればまずまず信憑性の高いデータとなります。

リセールが悪くないブラウンを選んでもいいでしょうね。

なおスーパーホワイトと、マイナーチェンジで追加されたファンベースのベージュは、まだ流通していないのでデータゼロでした。

ベージュはおそらく、4位のブルーと同等くらいのリセールではないかと予想します。

上記データは3年落ちなので、5年10年と長く乗れば、各色のリセール差は徐々に少なくなります。長く乗るならリセールは気にしなくて全然OKでしょう。

シエンタは基本9色に加えてフレックストーン6色という、多彩なボディカラーが選べるクルマです。

オーソドックスなタイプから個性的なタイプまで揃っており、多くの方のニーズに答えられるクルマと言えるでしょうね。

下取り車があるなら相場を調べておく

新車購入のためにディーラーを周るなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るはずです。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高査定が期待できます。1分程度の入力の後、画面上に買取店の概算価格がすぐに表示されます。

かんたん車査定ガイドの概算相場

シエンタのカラーナンバー(カラーコード)はこちら

カラー名 カラーナンバー(コード)
ホワイトパールクリスタルシャイン 070
ブラックマイカ 209
センシュアルレッドマイカ 3T3
シルバーメタリック 1F7
エアーイエロー 5B6
ラディアントグリーンメタリック 6W9
ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン 4X4
ブルーメタリック 8T7
ベージュ(ファンベース専用カラー) 4V6
スーパーホワイトⅡ(車いす仕様車専用カラー) 040

カラーナンバーが記載されている場所はココ

シエンタのカラーナンバーは、車体に付いているコーションプレートを見ても分かります。

コーションプレートとは、一般的に以下の情報が打刻されたプレートの事です。

  • モデル型式
  • エンジン形式
  • 車体番号
  • 外装色(カラーナンバー)
  • 内装色
  • トランスミッション形式
  • 製造工場

トヨタ コーションプレート

コーションプレートの位置は、メーカーや車種によって異なりますが、シエンタの場合は助手席側のセンターピラーにあります。

シエンタ助手席側

助手席のドアを開けたら、中にある柱の赤丸部分にプレートがあります。

そのプレートを見れば、カラーナンバーが分かるようになっています。

シエンタの内装色に合うボディカラーはコレ

シエンタの内装カラーは5通り

以下、シエンタのガソリン車・ハイブリッド車共通の内装カラーです。

クエロ内装カラー ブラック×ブラック

シエンタ内装ブラック 6人/7人乗り

シエンタCuero(クエロ)の内装カラー、ブラックです。

シート表皮は、サイドとヘッドレストが黒の合成皮革、座面・背面が茶色系のスエード調、ドアトリムもスエード調となっています。

ホワイトパールにも合いますし、深みのあるセンシュアルレッドマイカと組み合わせれば、重厚なイメージにもなりそうです。

G内装カラー ブラック×ブラック

シエンタGの内装 ブラック×ブラック

シエンタGの内装カラー、ブラック×ブラックです。

シート表皮とドアトリムに上級ファブリックが採用されているので、座面と背面の色味が若干うすいグレーに見えて、2トーンのように見えます。

どのカラーも似合いますが、鮮やかなエアーイエローとの組み合わせが、イエローがより映えて見えるでしょう。

G内装カラー フロマージュ×ダークブラウン

シエンタG内装 フロマージュ×ダークブラウン

シエンタGの内装カラー、フロマージュ×ダークブラウンです。

明るいベージュとシックなダークブラウンとのコントラストが鮮やかですね。

シートのダークブラウンと合わせて、ボディカラーもヴィンテージブラウンパールクリスタルシャインを組み合わせるのも良さそうです。

X内装カラー ブラック×ブラック

シエンタX内装 ブラック×ブラック

シエンタXの内装カラー、ブラック×ブラックです。

シート表にに上級ファブリックを採用したGよりも色味が周囲の黒と同化して、ブラック1色のように見えます。

どのボディカラーにも合う内装色ですね。

X内装カラー フロマージュ×フロマージュ

シエンタX内装 フロマージュ×フロマージュ

シエンタXの内装カラー、フロマージュ×フロマージュです。

シートもインパネ下やドアパネルと同色のフロマージュなので、車内が明るく見えます。

ボディカラーは、白・黒が合う事はもちろん、薄いグリーンやブルーも合いそうですね。

ファンベースG内装カラー ブラック×ブラック

シエンタX内装 ファンベースGブラック×ブラック

5人乗りのシエンタ ファンベースの内装カラー、ブラック×ブラックです。

ファンベースは、GとXでシート表皮の違いはありますが、ブラックの組み合わせのみです。

ボディカラーは、潔くホワイトパールクリスタルシャインかブラックマイカはもちろん合いますし、ブルーメタリックを組み合わせれば、海へ山へ行動的なイメージになりそうです。

2018年9月のマイナーチェンジで廃止されたボディカラー

レッドマイカメタリック

レッドマイカメタリック

グリーンマイカメタリック

グリーンマイカメタリック

スーパーホワイト

スーパーホワイト

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

公式ページに実際に高く売れた事例がたくさん紹介されています。

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

公式サイトにオークションで高く売れた実例が載っています。

シエンタの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのシエンタ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がシエンタを限界値引きで購入しています。

今月のシエンタの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>シエンタ値引き交渉マニュアル

 

 

-シエンタの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.