シエンタの評価集

シエンタの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

シエンタのグレード選びに際し、価格や装備、燃費等が気になるポイントではないでしょうか?

ここではシエンタの人気グレードを比較するとともに、リセールバリューから見たおすすめグレードを紹介します!

シエンタの一番価格が安いグレードは?

シエンタ X (5人乗り・FF) 1,950,000円

シエンタで一番価格の安いグレードは、ガソリン車Xの5人乗り・FFモデルです。

このXに最小限必要なオプションだけ付けて注文すれば、シエンタが最安値で手に入ります。

シエンタ X (5人乗り・FF) はいくらで買える?

実際にシエンタXがいくらで購入できるのかシミュレーションしてみましょう。

購入グレードシエンタ X (5人乗り・FF)
車両本体価格1,950,000円
ディーラーオプションフロアマット
ディーラーオプション金額
24,750円
諸費用・税金
207,297円
▲100,000円
オプション値引き(20%)▲5,000円
支払総額
2,077,047円

オプションはフロアマットだけに留め、値引きの目標額を達成できた場合、シエンタ Xの支払総額は約207.7万円です。

ナビやETC、ドライブレコーダー等が欲しいなら、純正オプションよりも安価な社外品をネット通販で購入すると良いでしょう。

シエンタの売れ筋グレードは?

toyota.jp/sienta

シエンタ ハイブリッドG (7人乗り・FF) 2,690,000円

シエンタで一番売れているグレードは、ハイブリッドGの7人乗り・FFモデルです。

ハイブリッドの燃費の良さや、価格と装備のバランスの良さ、いざという時に7人乗れることが人気の要因になっています。

シエンタ ハイブリッドG (7人乗り・FF) はいくらで買える?

今度は人気オプションを付けてシエンタ ハイブリッドGがいくらで買えるのかシミュレーションしてみましょう。

購入グレードシエンタ ハイブリッドG (7人乗り・FF)
車両本体価格2,690,000円
メーカーオプションホワイトパールクリスタルシャイン、ディスプレイオーディオプラス
メーカーオプション価格122,100円
ディーラーオプションサイドバイザー、フロアマット
ディーラーオプション金額60,500円
諸費用・税金122,597円
車両値引き▲100,000円
オプション値引き(20%)▲12,000円
支払総額2,883,197円

必要なオプションを一通り付け、値引きの目標額を達成できた場合のシエンタ ハイブリッドGの支払総額は約288.3万円です。

なおシエンタのGグレード以上はドライブレコーダーやETCが標準装備されるので、オプションで選んでいません。

シエンタ ハイブリッドGの人気装備は?

シエンタ ハイブリッドGに付く人気装備について解説します。

デュアルパワースライドドア

toyota.jp/sienta

ドアノブのスイッチを押すだけでスライドドアが解錠&電動オープンするパワースライドドアを両側に装備。

手動式スライドドアのように力を使わずにドアを開閉できるのは、思いの他便利です。

挟み込み防止機構付で、安全性も確保されています。

ディスプレイオーディオ

toyota.jp/sienta

8インチの高精細HD画面のディスプレイオーディオを標準装備。

オーディオビジュアル機能や、Tコネクトを生かしたマイカーサーチやヘルプネット等も備わります。

またスマホと連携することで、ナビアプリを大画面で表示することも可能です。

バックガイドモニター

toyota.jp/sienta

ディスプレイオーディオ画面に車両後方の映像を表示する装備です。

距離目安線、車幅延長線、予想新路線も表示し後退駐車をサポートします。

ブラインドスポットモニター

toyota.jp/sienta

斜め後方の死角から接近する車両を検知し、ドアミラー鏡面のインジケーター点灯でお知らせする装備です。

更にその方向にウインカーを出すとインジケーター点滅で注意を促し、車線変更時の事故防止を支援します。

シエンタの一番価格が高いグレードは?

toyota.jp/sienta

シエンタ ハイブリッドZ E-Four (7人乗り) 3,108,000円

シエンタの中で一番高いグレードはハイブリッドZの4WDモデル、E-Fourの7人乗りです。

シエンタ ハイブリッドZ E-Fourはいくらで買える?

シエンタで一番高いハイブリッドZ E-Fourは実際いくらで買えるのでしょうか?

購入グレードシエンタ ハイブリッドZ E-Four (7人乗り)
車両本体価格3,108,000円
メーカーオプションホワイトパールクリスタルシャイン、ディスプレイオーディオプラス、パノラミックビューモニター、天井サーキュレーター
メーカーオプション価格177,100円
ディーラーオプションサイドバイザー、フロアマット
ディーラーオプション金額60,500円
諸費用・税金122,597円
車両値引き▲100,000円
オプション値引き(20%)▲12,000円
支払総額3,356,197円

メーカーオプションを追加し、値引き目標額を達成できた場合シエンタ ハイブリッドZ E-Fourの支払総額は約335.6万円となりました。

選んでいるオプションの違いもあるものの、一番安いXとは約128万円の価格差があります。

シエンタ ハイブリッドZ E-Fourの人気装備は?

最上級グレードのハイブリッドZには、以下の人気装備が付きます。

ハンズフリーデュアルパワースライドドア

toyota.jp/sienta

ハイブリッドZには、更に高機能なパワースライドドアが両側に付きます。

足先をスライドドア下部に差し出すだけでオープンするので、荷物で両手が塞がっていても問題ありません。

また子供を抱いたまま乗り込む際にも便利です。

アダプティブハイビームシステム

夜間にハイビームで走行中、対向車や先行車を検知すると自動でヘッドランプの照射範囲を調整。

ロービームに切り替えることなく相手への眩しさを緩和します。

ハイビームのまま路肩の視界を確保できるのは、安全運転の面で大きなメリットと言えるでしょう。

停止保持機能付レーダークルーズコントロール

先行車と適切な車間距離を保ちながら自動追従走行するレーダークルーズコントロールは、高速走行時の疲労軽減や追突事故防止に効果があります。

更にハイブリッドZでは、渋滞で先行車に合わせて停止した後に自動で停止し続ける機能も装備。

自分でブレーキペダルを踏み続ける必要がなく、ドライバーの操作により再発進した後もそのまま自動追従走行を開始します。

エレクトロシフトマチック

toyota.jp/sienta

軽い操作でシフトレバーのポジションが切り替えられるエレクトロシフトマチックを採用。

力を使わずスマートに操作できることは、思っている以上にメリットがあります。

シエンタの一番燃費が良いグレードは?

シエンタ ハイブリッドX (5人乗り・FF) 28.8km/L

シエンタで一番燃費が良いグレードは、ハイブリッドXの5人乗り・FFモデルです。

実燃費はカタログ値の8掛け程度なので、

28.8×0.8≒23km/L

シエンタ ハイブリッドXの5人乗りFF車の実燃費は約23km/Lと推測できます。

シエンタ ハイブリッドXはガソリン満タンで何キロ走る?

シエンタの燃料タンクは40Lです。

ガソリン残量5.2Lで残量警告灯が点灯するので、ガソリン残量6Lまで走行すると仮定すると、

40-6=34L
34L×23km/L=782㎞

シエンタ ハイブリッドXの5人乗りFF車は、ガソリン満タンでおよそ780㎞走れる計算になります。

高速道路で東京から岡山まで走ってまだ残量があるので、かなりの航続距離です。

シエンタの一番燃費が悪いグレードは?

シエンタ ガソリン車7人乗り全グレード 18.3km/L

シエンタで一番燃費の悪いのは、ガソリン車の7人乗り全グレードです。

やはりガソリンエンジンはハイブリッドシステムと比べ燃費が悪い上、7人乗りは5人乗りよりも車両重量が重いため燃費は不利になります。

シエンタ ガソリン車7人乗りのガソリン満タンで走れる走行距離は?

シエンタのガソリン車7人乗りの実燃費を先ほどと同じように計算すると、

18.3×0.8≒14.6km/L

34L×14.6km/L=496㎞

シエンタ ガソリン車7人乗りがガソリン満タンで走れる距離は、およそ500㎞です。

高速道路で東京から神戸までノンストップで走れる計算なので、まず十分と言えるでしょう。

自動ブレーキのあるグレードは?

シエンタは全車にプリクラッシュセーフティと呼ばれる自動ブレーキが標準装備されます。

性能面では昼夜の歩行者や自転車運転者、昼間の自動二輪車も検知できる優れモノです。

両側パワースライドドアが標準装備のグレードは?

両側にパワースライドドアが標準装備されるシエンタのグレードは、X / ハイブリッドXを除く全グレードです。

X / ハイブリッドXは助手席側のみパワースライドドアで、運転席側はオプションでパワースライドドアを付けることもできません。

シエンタのスポーツ/エアロタイプのグレードは?

toyota.jp/sienta

シエンタにはスポーツタイプやエアロタイプのグレードは設定されていません。

しかし、ディーラーオプションのモデリスタのエアロパーツを装着することでスポーティーに仕上げることができます。

価格はフロントスポイラー、サイドスカート、リヤスパッツのセットで171,600円 (塗装済) です。

やや高額ですが、高速安定性向上やリセールアップが望めるので付ける価値は十分あります。

査定相場から見るシエンタのおすすめグレードは?

買う前から手放す時のことを考えるのは気が早いかもしれませんが、売却時の損失を少しでも減らそうという考え方もあります。

その場合、リセールバリュー=残価率の高いグレードを選びたいものです。

ハイブリッドとガソリン車、どちらが売る時に高くなる?

先代シエンタのリセールバリューを見ると、ハイブリッドよりもガソリン車の方が残価率が高くなっています。

新型シエンタでも、恐らく同じような傾向になるでしょう。

リセールバリューで選ぶシエンタのおすすめグレード

リセールバリュー重視で選ぶなら、ガソリン車の中間グレードGがおすすめです。

予算に余裕があるなら、上級グレードのZを選ぶのもいいでしょう。

シエンタ売却時にプラス査定になるお勧めオプション

シエンタの売却時にプラス査定になるオプションは、モデリスタのエアロパーツです。

また画面サイズや機能性がアップするディスプレイオーディオプラスも、元は取れないまでも査定額アップが望めます。

ボディカラーでリセールアップが望めるのは、ホワイトパールクリスタルシャインとブラックです。

特にホワイトパールクリスタルシャインは、他のカラーより数万円~10万円以上の査定アップが望めるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

シエンタの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのシエンタ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がシエンタを限界値引きで購入しています。

今月のシエンタの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>シエンタ値引き交渉マニュアル

-シエンタの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.