スズキ車モデルチェンジ推移と予想

スズキ ソリオ モデルチェンジ推移2014年2月6日

投稿日:

スズキニュースリリースより

----------------------

スズキ、小型乗用車「ソリオ」シリーズに「レーダーブレーキサポートII装着車」を設定して発売

~ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減システムをクラス初※1搭載~

スズキ株式会社は、小型乗用車「ソリオ」シリーズに、クラス初※1のミリ波レーダー方式による衝突被害軽減システムをはじめとする先進の安全技術を搭載した「レーダーブレーキサポートII装着車」をメーカーオプションで設定※2し、2月6日より発売する。

レーダーブレーキサポートIIは、検知可能距離が長いミリ波レーダーで前方の車両を検知し、前方衝突警報機能、前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能、自動ブレーキ機能の3つの機能により衝突の回避、または衝突時の被害軽減を図るシステムである。

「レーダーブレーキサポートII装着車」は、レーダーブレーキサポートIIに加え、エマージェンシーストップシグナルとESP(R)(X-DJE、S-DJE、特別仕様車BLACK&WHITEII-DJE、BANDIT-DJEは標準装備)を搭載し安全装備を充実させた。さらに、高速走行や長距離運転を補助するクルーズコントロールシステムを採用した。

※1 クラス=コンパクトハイトワゴン(総排気量1.5L以下・全高1,550mm以上の2列座席5ドアワゴン)。2014年2月現在、スズキ調べ。
※2 G、G4、特別仕様車Gリミテッドを除く全機種にメーカーオプション設定。

「レーダーブレーキサポートII装着車」の主な特長

「レーダーブレーキサポートII装着車」は、X、X-DJE、S、S-DJE、特別仕様車BLACK&WHITEII、BLACK&WHITEII-DJE、BANDIT、BANDIT-DJEにメーカーオプション設定した。

先進安全技術の搭載

レーダーブレーキサポートII
ミリ波レーダーにより前方の車両を検知し、衝突の回避、または衝突時の被害軽減を図る。

1.前方衝突警報機能
走行中、前方の車両と急接近し衝突の可能性がある時、ブザー音とメーター内の表示により警報を発し、運転者にブレーキ操作などを促す機能。
*作動可能速度 静止している車両に対して:車速 約5km/h~約80km/h
移動している車両に対して:車速 約5km/h~約100km/h

2.前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
約5km/hから約100km/hで走行中、前方の車両との衝突の可能性が高い時に運転者が強くブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動し制動力を高め、衝突の回避、または衝突時の被害軽減を図る機能。
ブレーキアシスト作動中はブザー音とメーター内の表示により警報も発する。

3.自動ブレーキ機能
約5km/hから約30km/hの低速走行中に、前方の車両との衝突を回避できないと判断した場合に、自動的に強いブレーキをかけ、衝突の回避、または衝突時の被害軽減を図る機能。
自動ブレーキ作動中はブザー音とメーター内の表示により警報も発する。

エマージェンシーストップシグナル
高速走行中の急ブレーキを後続車両に知らせて注意を促す。
急ブレーキを検知した際の車両速度が約55km/h以上の場合、ハザードランプを自動で高速点滅させて後続車両に注意を促す機能。

ESP(R)[車両走行安定補助システム](X-DJE、S-DJE、特別仕様車BLACK&WHITEII-DJE、BANDIT-DJEは標準装備)
各種センサーで走りを監視し、タイヤのスリップや横滑りを抑制。
タイヤがスリップしそうになると、必要に応じて車輪に自動的にブレーキをかけるとともにエンジン出力をコントロールし、車両の安定走行に貢献。

その他装備
約45~100km/hの間で設定が可能なクルーズコントロールシステムを採用。

・価格(消費税込み)

1,583,400-1,940,400円

ソリオのグレード追加

-スズキ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.