スズキ車モデルチェンジ推移と予想

スズキ ソリオ モデルチェンジ推移2016年11月29日

投稿日:

スズキニュースリリースより

----------------------

スズキ、ハイブリッドを搭載した
小型乗用車 新型「ソリオ」、「ソリオ バンディット」を発売

スズキ株式会社は、新しく開発したハイブリッドを搭載した小型乗用車 新型「ソリオ」、「ソリオ バンディット」を追加して、11月29日より発売する。

このたび発売する新型「ソリオ」、「ソリオ バンディット」のハイブリッド仕様車は、コンパクトなボディーと広い室内空間を可能にしたソリオ本来の魅力はそのままに、スズキ独自のハイブリッドシステムを搭載し、コンパクトハイトワゴンNo.1※1の低燃費32.0km/L※2と、力強い加速感のある走りを両立した。

新しく開発したハイブリッドは、コンパクトながら瞬間的に大きな力を発揮する駆動用モーター(MGU=Motor Generator Unit)と、軽量コンパクトで伝達効率がよいトランスミッションであるオートギヤシフト(AGS)を組み合わせたスズキ独自のパラレル方式ハイブリッドシステムを採用した。変速時にMGUの駆動力で補うことで、スムーズな加速を実現した。

MGUとAGSの相乗効果により、「燃費性能のさらなる向上」と「加速感のある力強い走り」を両立した。「標準モード」と「エコモード」の2つの走行モードを設定し、発進・加速時などでキビキビとした走りと、EV走行の頻度を高めて燃費優先の走りを使い分けることができる。また、ハイブリッド仕様車はエコをイメージしたブルー基調の専用エクステリアとインテリアを採用した。さらに、全車エコカー減税の免税対象車とした。

「ソリオ」、「ソリオ バンディット」はすでに販売しているマイルドハイブリッド仕様車に加え、低燃費と力強い走りを両立させたハイブリッド仕様車を投入することで、お客様のライフスタイルや使用用途に合わせて選んでいただける、これまでにないコンパクトハイトワゴンを提案する。

ハイブリッド搭載 新型「ソリオ」、「ソリオ バンディット」の主な特長
1.EV走行を実現したスズキ独自のハイブリッドシステム
コンパクトハイトワゴンNo.1※1の低燃費32.0km/L※2を達成

2.2つの走行モードで、キビキビとした走りと、燃費優先の走りを実現

3.エコをイメージした専用エクステリアとインテリア

※1 コンパクトハイトワゴン=総排気量1.5L以下・全高1,600mm以上の2列座席5ドアワゴン。JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)に基づく。2016年11月現在、スズキ調べ。
※2 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値)

ハイブリッド搭載 新型「ソリオ」、「ソリオ バンディット」の特長
1.EV走行を実現したスズキ独自のハイブリッドシステム
コンパクトハイトワゴンNo.1※1の低燃費32.0km/L※2を達成
K12C型デュアルジェット エンジンに、発電も可能な駆動用モーター(MGU)と伝達効率に優れたトランスミッションであるオートギヤシフト(AGS)を組み合わせた、軽量コンパクト、高効率なスズキ独自のパラレル方式ハイブリッドシステムを採用した。

EV走行も可能なハイブリッドシステムを搭載しながら、100V高電圧リチウムイオンバッテリーを荷室床下に格納するなど、ソリオ本来の広い室内空間はそのまま確保した。
走行中に蓄えた100V高電圧リチウムイオンバッテリーの電力をMGUに供給することで、モーターによるアシスト走行に加え、クリープ走行時や約60km/h以下での一定速走行時にはエンジンが自動停止し、EV走行を可能にした。

AGSとMGUを組み合わせることで、加速感のあるキビキビとした走りや、なめらかな変速を実現した。
システム構成要素の軽量コンパクト化を徹底的に追求することにより、全車1,000kg未満の車両重量を達成した。
コンパクトハイトワゴンNo.1※1の低燃費32.0km/L※2を達成し、全車をエコカー減税の免税対象車とした。

2.2つの走行モードでキビキビとした走りと、燃費優先の走りを実現
力強く、キビキビとした走りの「標準モード」と、EV走行の頻度を高めてエコドライブをサポートする「エコモード」を設定。

標準モード、エコモードともに約60km/h以下での一定速走行時のEV走行を可能にした。
【標準モード】
レスポンス良く駆動力が発生し、加速感のあるキビキビとした走りが楽しめる。
【エコモード】
駆動力の発生を抑えたゆるやかな加速と、EV走行の頻度を高めることでいつも通りの運転でもエコドライブをサポートする。

さらに、エコモードでは停車からの発進時、モーターによるクリープ走行を可能にした。停車、発進を繰り返すことの多い渋滞や駐車場などでも、燃料消費を抑え、EV走行のまま静かに移動できる。

3.エコをイメージした専用エクステリアとインテリア
エクステリアデザイン
フロントグリルのスケルトン部に、ブルーメッキを採用。
リヤコンビネーションランプおよびバックランプレンズをブルークリアタイプに変更。
左右フェンダーとバックドアに専用エンブレムを装着。

インテリアデザイン
ブルーメタリック塗装のインパネアッパーガーニッシュ。
青色基調の専用デザインのメーターに、MGUの作動状態を表示するモーターパワーメーターを採用。

販売目標台数(月間) 「ソリオ」、「ソリオ バンディット」シリーズ 合計 3,500台

・価格(消費税込み)

1,917,000-2,062,800円

ソリオのグレード追加

-スズキ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.