スズキ車モデルチェンジ推移と予想

スズキ パレット モデルチェンジ推移2012年6月18日

スズキニュースリリースより

----------------------

スズキ、軽乗用車「パレット」シリーズにアイドリングストップシステム搭載車を設定して発売
「パレットSW XS アイドリングストップ」、特別仕様車「パレット ISセレクション」を発売

スズキ株式会社は、軽乗用車「パレット」に、アイドリングストップシステムを搭載した「パレットSW XS アイドリングストップ」を6月18日より発売する。また、使い勝手を高めた特別仕様車「パレット ISセレクション」を6月26日より発売する。

「パレット」は、広々としたゆとりある室内空間と、乗り降りしやすく便利な後席両側スライドドアで好評を得ている軽乗用車である。また、力強さを表現した専用エクステリアや精悍な印象の黒を基調としたインテリアを採用した「パレットSW」もラインアップしている。

今回新たに設定した「パレットSW XS アイドリングストップ」は「パレットSW」の人気機種である「XS」の2WD車をベースに、アイドリングストップシステムを追加して燃費を向上した機種である。

また、特別仕様車「パレット ISセレクション」はアイドリングストップシステムに加え、後席左側のパワースライドドアやフルオートエアコン、撥水加工を施したシート表皮の採用などにより、日常生活での使い勝手を高めた機種である。
アイドリングストップシステムを搭載した「パレットSW XS アイドリングストップ」と特別仕様車「パレット ISセレクション」は、22.2km/L(ベース車に対し+1.4km/L)※1の燃費を実現。環境対応車普及促進税制(エコカー減税)※2に適合している。

※1 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値)。
※2 自動車取得税の減税は平成27年3月31日新車届出、自動車重量税の減税は平成27年4月30日新車届出まで。

特別仕様車「パレット ISセレクション」の主な特長

エクステリア
後席左側に、携帯リモコンのボタンでも開閉できるパワースライドドアを採用した。
外観の質感を高めるフロントメッキグリルを採用した。
バックドアに「IDLING STOP」エンブレムを貼付した。

インテリア
フルオートエアコン[抗アレルゲン+カテキン・エアフィルター付]を採用した。
ブラウンを基調とし、優しい手触りのファブリックシート表皮[撥水加工]とドアトリムクロスを採用した。

燃費

機種名燃料消費率JC08モード走行
(国土交通省審査値)
同ベース車
  • パレットSW XS アイドリングストップ
  • 特別仕様車 パレット ISセレクション
22.2km/L20.8km/L

「パレット」の2WD・NAエンジン(自然吸気エンジン)搭載車は、「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」と「平成27年度燃費基準」を達成、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)の自動車取得税と自動車重量税の50%減税措置を受けることができる。

※3 燃費消費率は定められた試験条件での数値。使用環境(気象・渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なる。

「パレット」、「パレットSW」全車の一部仕様変更を実施

「パレット」、「パレットSW」全車共通の主な仕様変更点
乗り降りの際に便利な乗降グリップを後席両側に採用した。
後席にISOFIX対応のチャイルドシート固定用アンカーを採用した。

「パレット」の主な仕様変更点
インパネ色を、あたたかみのある色合いのブラウンへ変更した。
シート表皮およびドアトリム表皮はベージュ色を基調とし、優しく温かな印象とした。

・価格(消費税込み)

パレット
1,207,500-1,494,150円

パレットSW
1,428,000-1,677,900円

スズキ パレット モデルチェンジ推移2012年6月18日

スズキ スペーシアのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-スズキ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.