スズキ車モデルチェンジ推移と予想

スズキ スペーシア モデルチェンジ推移2018年12月20日

スズキニュースリリースより

----------------------

スズキ、新型「スペーシア ギア」を発売
― 広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン ―

スズキ株式会社は、ハイトワゴンタイプの軽乗用車スペーシアに、タフでアクティブなSUVデザインを採用した新型「スペーシア ギア」を12月20日より発売する。

新型「スペーシア ギア」は、「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン」をコンセプトとした、スペーシアの新モデルである。

ベーシックデザインの「スペーシア」、圧倒的な迫力と存在感の「スペーシア カスタム」に加え、軽ハイトワゴンをもっとアクティブに使いたいと考えるお客様に、SUVデザインの新しいスタイルの車として提案する。

エクステリアは、丸型のヘッドランプ、フロントグリル、フロント・リヤバンパー、サイドドアガーニッシュ、ルーフ色などをガンメタリック色に統一した専用装備や、積載に便利なルーフレールの標準装備により、SUVらしいタフでアクティブなデザインとした。

ブラックを基調としたインテリアには、メーターやシートステッチなどにオレンジのアクセントカラーを施し、ツールボックスをモチーフにしたインパネアッパーボックスを採用。タフでアクティブな中にも遊び心が感じられる空間を演出した。

発進時にモーターのみで走行できる※1マイルドハイブリッドを全車に搭載したほか、スリムサーキュレーター、後席両側ワンアクションパワースライドドアなど快適装備を充実させた。さらに、日常だけでなくアウトドアでも水濡れや汚れを気にせず使える、撥水加工を施した専用ファブリックシート、防汚タイプのラゲッジフロアやシートバック背面を採用。後席右側のパーソナルテーブルや、メッシュタイプの助手席シートバックポケットなどを採用し、アクティブライフに役立つ使い勝手の良さを高めた。

前方の車両や歩行者の検知を可能とした衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」に加え、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を全車に標準装備したほか、フロントガラス投影式の「ヘッドアップディスプレイ」をメーカーオプション設定※2し、安全装備を充実させた。

※1 モーターによる走行は、アイドリングストップ後の停車状態からの発進時、ブレーキから足を離してアクセルを踏まなくても車がゆっくりと動き出すクリープ走行(最長10秒間)が可能。
※2 全方位モニター用カメラパッケージとしてメーカーオプション設定。

新型「スペーシア ギア」の主な特長
1.SUVデザインあふれるタフでアクティブな印象のエクステリア
専用フロントバンパー、専用リヤバンパー
LEDヘッドランプ、LEDポジションランプ、LEDフロントフォグランプ
サイドアンダーガーニッシュ[ガンメタリック]
ヘッドランプガーニッシュ[ガンメタリック]
サイドドアガーニッシュ[ガンメタリック]
バックドアガーニッシュ[ガンメタリック]
専用フロントグリル[ガンメタリック&メッキ]
カラードドアハンドル[ガンメタリック]
カラードドアミラー[ガンメタリック]
14インチアルミホイール[ハーフホイールキャップ付]
ルーフレール
ガンメタリック2トーンルーフ(メーカーオプション)
車体色は、新設定のガンメタリック2トーンルーフ5色、モノトーン3色の全8色を設定。

2.タフでアクティブな中にも遊び心が感じられるインテリア
ファブリックシート表皮[撥水加工、オレンジステッチ]
メーターリング、エアコンルーバーリングにオレンジ加飾
インパネカラーパネル[ガンメタリック]
インサイドドアグリップ加飾[シルバー]

3.アウトドアやレジャーでの使い勝手に優れたユーティリティ
パーソナルテーブル[ドリンクホルダー2個、ショッピングフック3個、折りたたみ格納式](後席右側)
助手席シートバックポケット[2段、メッシュタイプ]
防汚タイプラゲッジフロア
運転席シートヒーター、助手席シートヒーター

販売目標台数(月間) 「スペーシア ギア」 2,000台

・価格(消費税込み)

スペーシアギア
1,614,600-1,813,320円

スズキ スペーシア モデルチェンジ推移2018年12月20日

 

特別仕様車を安く買うスペーシア新車値引き交渉術

スズキ スペーシアのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-スズキ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.