スペイドの評価集

スペイドの内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

投稿日:

アイキャッチ画像

姉妹車種のポルテ同様、左右非対称のユニークなデザインやユーティリティに優れた室内空間を持つ一方で、独自のフロントマスクの採用によりクールな雰囲気を醸す「トヨタ・スペイド」の内装を徹底紹介します。

グレード展開や内装の仕様は基本的にポルテと共通ながら、色のコーディネイトが一部異なっています。

スペイドの内装の質感は?

スペイドの内装色

G

スペイドGの内装(プラム)

スペイドGの内装(プラム)

スペイドGの内装(フロマージュ)

スペイドGの内装(フロマージュ)

※スペイド:toyota.jp

上の2枚の写真が標準色のプラム、下の2枚の写真が設定色(無料オプション)のフロマージュです。

フロントドアオーナメントの色は、プラムの場合がブラック、フロマージュの場合がプラムとなります。

F

スペイドFの内装色(プラム)

スペイドFの内装色(プラム)

スペイドFの内装色(フロマージュ)

スペイドFの内装色(フロマージュ)

上の2枚の写真が標準色のプラム、下の2枚の写真が設定色のフロマージュです。

フロントドアオーナメントの色は、プラムの場合がブラック、フロマージュの場合がプラムとなります。

Y

スペイドYの内装色(プラム)

スペイドYの内装色(プラム)

色はプラムのみの設定で、フロントドアオーナメントの色はブラックになります。

X

スペイドXの内装(プラム)

スペイドXの内装(プラム)

スペイドXの内装(フロマージュ)

スペイドXの内装(フロマージュ)

上の2枚の写真が標準色のプラム、下の2枚の写真が設定色のフロマージュです。

フロントドアオーナメントの色は、プラムの場合がブラック、フロマージュの場合がプラムとなります。

FクイーンⅢ(特別仕様車)

FクイーンⅢの内装色はブラックです。

色は特別設定色のブラックになります。

スペイドFクイーンⅢのメッキインサイドドアハンドル

スペイドFクイーンⅢのメッキインサイドドアハンドル(助手席)

特別装備としてメーカーオプションの「ドレスアップパッケージ」が標準で付くため、インサイドドアハンドルにメッキ加飾が施されます。

内装はポルテと比較すると色のコーディネイトが異なり、全般的にダークで落ち着いた雰囲気となっています。

一方仕上げはポルテと共通で、ドアトリムにソフトパッドなどは張られておらずプラスチック素材剥き出しで、これといった加飾も施されないので、内装の素材に関してはチープな印象は否めません。

スペイドのシート表皮・デザイン

G

スペイドGのシート表皮(トリコットと起毛タイプのコンビネーション)

どちらの内装色を選んでもシートの色はブラックで、模様も同一になります。

表皮はトリコットと起毛タイプのコンビネーションになります。

前席はセパレートシートで、運転席が快適温熱シート(シートヒーター付)となります。

F

スペイドの撥水処理済みシート表皮(ブラック)

スペイドの撥水処理済みシート表皮(フロマージュ)

上の写真は内装色がプラムの場合で、シートの色はブラック、下の写真は内装色がフロマージュの場合で、シートの色も同一のフロマージュになります。

表皮はいずれも撥水処理が施されたトリコットで、前席はセパレートシートとなります。

Y

スペイドYのシート表皮(撥水処理なしトリコット)

色はプラムで表皮はトリコット(撥水処理無し)、前席はアームレスト付のベンチシートになります。

X

スペイドXのシート

スペイドXのシート表皮(ジャージ)

スペイドXのシート表皮(ジャージ)

どちらの内装色を選んでもシートの色はプラムで、模様も同一になります。

表皮はジャージで、前席はセパレートシートとなります。

FクイーンⅢ(特別仕様車)

ウォッシャブルカバーシート装着時のFクイーンⅢ

スペイドFクイーンⅢのシート表皮

上の写真は、特別装備のウォッシャブルカバーシートを装着した状態です。

下の写真が取り外した状態で、色はブラック、素材は撥水処理が施されたトリコットになります。

前席はセパレートシートとなります。

スペイドの前席の座り心地は、セパレート仕様/ベンチシート仕様ともにクッションの厚さやサポート性に不満は無く、なかなか快適です。

また、後席も可倒式などの機能を備えながらも、前席に遜色ない良好な座り心地を備えている点が評価できます。

スペイドのインパネ

G(フロマージュ仕様)

スペイドGフロマージュ仕様のインパネ(フロマージュ&プラムの2トーン)

色はフロマージュとプラムの2トーンになります。

スペイドGのみの専用加飾(センタークラスターパネルがシルバー塗装)

Gのみの専用加飾として、センタークラスターパネルにシルバー塗装が施されます。

スペイドG標準のインパネ(プラム&ブラックツートン)

一方、標準色の場合は、プラムとブラックの2トーンになります。

FクイーンⅢ(特別仕様車)

スペイドFクイーンⅢのインパネ

色はプラムとブラックの2トーンになります。

スペイドFクイーンⅢのシフトレバーベゼルリング&レジスターリング(メッキ加飾)

前述のようにドレスアップパッケージが標準装備されるため、シフトレバーベゼルリングとレジスターリングにメッキ加飾が施されるなど、カタロググレードよりワンランク上の仕上がりとなっています。

スペイドのインテリアは、ポルテと比較すると色が一部異なるものの、デザインや仕上げなどは基本的に同一となります。

カタロググレードの場合、プラスチッキーでいささか高級感に欠け、同クラスのライバルと比較すると見劣りがします。

しかし、ドレスアップパッケージ装着車およびFクイーンⅢの場合は、幾分見栄えのする内装となります。

スペイドの収納・荷室の使い勝手は?

運転席回りの収納

運転席クッションサイドポケット(G/F/FクイーンⅢに標準装備)

スペイドG/F/FクイーンⅢの運転席クッションサイドポケット

この場所にポケットが備わる車種は珍しく、なかなか気が利いていると言えます。

カードホルダー

スペイドのカードフォルダー

インパネの右下部分にカードホルダーが備わります。

オプションのETC車載器を装着することも可能です。

ドアグリップ

スペイドの運転席ドアグリップ

運転席側のドアグリップ部が小物ポケットを兼ねる珍しい設計で、少しでも収納を増やそうという工夫が感じられます。

運転席ドアポケット&ボトルホルダー

スペイドの運転席ドアポケット&ボトルホルダー

運転席ドアに、500mlのペットボトルが収納できるボトルホルダーと書類などが収納できるドアポケットが備わります。

ポケットが2分割されており、仕分けが出来るのは親切な設計です。

運転席アッパートレイ&小物入れ&ポストカードホルダー

運転席アッパートレイ&小物入れ&ポストカードホルダー

ステリングポスト上部にトレイと小物入れ、およびポストカードホルダーが備わります。

一般的にはデッドスペースになる場所も、有効に活用されています。

チケットホルダー(G/F/FクイーンⅢ/Yに標準装備)

スペイドのチケットホルダー

運転席側のサンバイザーに、便利なチケットホルダーが備わります。

センターマルチボックス(G/F/FクイーンⅢ/Xに標準装備)

スペイドのセンターマルチボックス(オープン時)

スペイドのセンターマルチボックス

センタークラスター下部に、500mlのペットボトルが収納できる格納式のボックスが備わります。

センターマルチボックスはベンチ仕様のYは小物入れになる。

ただし、ベンチシート仕様のYは小物入れとなります。

ベンチシートクッショントレイ(Yに標準装備)

スペイドYに標準装備のベンチシートクッショントレイ

ベンチシートクッショントレイーにはカップホルダーがついている。

ベンチシート仕様のYのみ、運転席・助手席間にカップホルダー付きのトレイが装備され、センターマルチボックスが装備されないデメリットをカバーしています。

助手席回りの収納

助手席アッパートレイ

スペイドの助手席アッパートレイ

スペイドンお助手席アッパートレイ(オープン時)

インパネ上部にリッド付のトレイが備わります。

助手席グローブボックス

スペイドの助手席グローブボックス

スペイドのグローブボックス(オープン時)

ボックスティッシュを下向きにセットすることで、グローブボックス下部からティッシュが1枚ずつ取り出せます。

他の車種ではなかなかお目にかかれない、痒い所に手が届くような親切設計です。

助手席カップホルダー

スペイドの助手席カップホルダ-

助手席カップホルダ-(オープン時)

エアコンレジスターリング前にカップホルダーが装備されます。

助手席ドアボトルホルダー&インパネロアポケット

スペイドの助手席ドアボトルホルダー&インパネロアポケット

スライドドア下部に、ボトルホルダーと小物類を収納できるポケットが装備されます。

助手席買い物フック

スペイドの助手席買い物フック

センタークラスター左側の助手席足元部分に、コンビニ袋やエコバッグなどを掛けられるフックが備わります。

後席回りの収納

アンブレラホルダー(SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ非装着車)

スペイドのアンブレラホルダー

スライドドア後部に、傘を2本まで収納できるホルダーが備わります。

濡れた傘は置き場に困るものですが、そんな悩みからも開放されます。

しかし、安全上是非とも欲しいオプションのSRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグを装着した場合、小物入れになってしまう点は残念です。

リヤ左席クォータートリムポケット&カップホルダー

スペイドのリヤ左側クォータートリムポケット&カップホルダー

助手席側のリヤクォータートリムに、500mlのペットボトルも収納できるカップホルダーと、書類などが収納できるポケットが用意されます。

運転席シートバック買い物フック(G/F/FクイーンⅡ/Yに標準装備)

スペイドの運転席シートバック買い物フック

運転席のシートバックに、コンビニ袋やエコバッグなどが掛けられるフックが装備されます。

助手席シートバック買い物フック(テーブル状態)

スペイドの助手席シートバック買い物フック

助手席を倒してテーブル状態にした場合、2箇所ある買い物フックが利用できるようになります。

リヤ右側ドアポケット&ボトルホルダー

スペイドのリア右側ドアポケット&ボトルホルダー

運転席側のリヤドアに、500mlのペットボトルが収納できるホルダーと、A4/B5サイズの書類が収納できるポケットが備わります。

運転席シートバックティッシュポケット(G/F/FクイーンⅡ/Yに標準装備)

スペイドG/F/FクイーンⅡ/Yに標準装備の運転席シートバックティッシュポケット

運転席のシートバックにボックスティッシュを収納できる上、ティッシュを1枚ずつ取り出せる親切設計になっています。

以上、スペイドには収納スペースが大変豊富に用意されており、ミニバンも顔負けと言えます。

特に、他の車種には見られない気の利いた収納が備わる点は高く評価できます。

スペイドの荷室サイズは?どのくらい積める?

テールゲートの開口部

スペイドの荷室

開口部の大きさは十分でフロアも比較的低いので、荷物の積み下ろしは容易です。

2WD車の荷室(5名乗車時)

スペイド2WDの荷室

4WD車の荷室(5名乗車時)

スペイド4WDの荷室

全長が4m未満で全幅も5ナンバー枠に収まっているクルマなので、4~5名乗車時の荷室スペースは決して広くはありません。

しかし、日常的な買い物や二泊程度の小旅行なら、まず十分でしょう。

4WD車はドライブシャフトがある分フロアが高くなりますが、気にするほどのデメリットは無いと言えます。

ロングラゲージモード(※Xのリヤシートは一体可倒式)

スペイドのシートバリエーション(ロングラゲージモード)

トールラゲージモード(G/F/FクイーンⅢ/Yの2WD車)

スペイドのシートバリエーション(トールラゲージモード)

ビッグスペースモード(G/F/FクイーンⅢ/Yの2WD車)

スペイドのシートバリエーション(ビッグスペースモード)

Xを除く2WD車は多彩なシートアレンジを実現しており、用途に応じた使いこなしが出来るのが魅力です。

一方、4WD車はこの恩恵に預かれず、一般的なコンパクトカー並みの使い勝手となります。

スペイドの内装まとめ

スペイドの内装まとめ

内装はポルテよりもシックな雰囲気ですが、高級感に乏しい点はポルテと共通です。

質感が上がっている最近の軽ハイトワゴンなどと比較しても、見劣りがしてしまいます。

一方収納に関しては、豊富に用意されていることと気の利いた設計が行われていることに関しては比類がなく、満点が与えられます。

荷室スペースはこのクラスの平均的なものですが、2WD車の場合は多彩なシートアレンジが魅力になります。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

スペイドの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのスペイド値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がスペイドを限界値引きで購入しています。

今月のスペイドの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>スペイド値引き交渉マニュアル

-スペイドの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.