スバル車モデルチェンジ推移と予想

スバル ステラ モデルチェンジ推移2007年11月6日

投稿日:

*以下スバルニュースリリースより

---------------------------

スバル ステラを一部改良

今回の一部改良は、広い室内空間と扱いやすさ、優れた乗り心地と燃費性能を特長とするスバル ステラ に、ラインナップ強化や、仕様・装備の充実、燃費性能の向上、新ボディ色の展開など、さらなる商品 力の強化を図るとともに、市場の要望にきめ細かく対応し、お客様の選択肢を広げたラインナップとし ている。

グレードについては、ステラのベースグレード「L(エル)」に市場要望の多い5速マニュアルミッション仕様車を設定。また、ステラ カスタムに価格を抑えた「G(ジー)」を新たに設定。

新ボディ色としては、ステラ「L(エル)」、「LX(エルエックス)」に「アジュールブルー・パール」を展開。

仕様・装備では、フロントシートを新形状とし、後席の足元スペース拡大を図るほか、助手席アンダートレー、盗難警報装置を全車に標準装備した。また、キーレスでエンジン始動・停止を可能とした新開発のキーレスアクセス&スタート機能を採用。(メーカー装着オプション)

さらに、ステラ カスタム「R(アール)」、「RS(アールエス)」に、14インチアルミホイールを標準装備とするほか、「RS(アールエス)」には、新開発の「ミュージックCDサーバー&ウェルカムサウンドオーディオ」を採用。

NAエンジン全車に燃費性能の向上を施し、2WD車は23.0km/、AWD車は21.5㎞/(2WD車・AWD車ともに、10-15モード燃費)を実現。

【主な改良点】
<全車共通>
フロントシートバックレストを新形状とし、後席膝周りの足元スペース拡大を実現。
(ユーティリティパッケージ付車<助手席>、サイドエアバック付車を除く。)
助手席下にアンダートレーを採用し、収納力を向上。(サイドエアバック付車を除く。)
リモコンキーおよびリモコンユニットで施錠し、それ以外で開錠してドアを開けると、 ホーン間欠吹鳴 とハザードランプ点滅により、周辺へ窃盗などの異常状態を警告する盗難警報装置を設定し、 セキュリティ性能を強化。
NAエンジン車の燃費性能を向上。DOHCスーパーチャージャーエンジン車およびAWD MT車を除き、
国土交通省平成22年燃費基準+20%をクリア。

<ミュージックCDサーバー&ウェルカムサウンドオーディオ>
※「RS」に標準装備、「R」にメーカー装着オプション設定。
【ウェルカムサウンド機能】

運転席のドアを開けて乗車後ドアを閉めると、エンジン始動前までに、あらかじめ設定した曲や音楽、
メッセージなどを最大約15秒間再生しドライバーを出迎え、車に乗ることの楽しさを演出。
音楽やメッセージは、好みに応じて、オーディオCD、AUX端子、マイクを通して録音し、最多6サウンドまで録音可能。
【メモリーチェンジャー機能】

オーディオ本体に、CD6枚分の音楽をメモリー可能。記憶された楽曲をランダムプレイする事が可能。
【MP3/WMA再生機能】

圧縮録音(MP3/WMA方式)されたCDの再生が可能。

<快適装備のメーカー装着オプション主な装備内容>
【新設定 リラックスパック】※「L(MT車)」、「G」を除く全車に設定。

花粉対応フィルター付エアコン
消臭ルーフトリム
UV&IRカットガラス(フロント・フロントドア)

【販売計画】
ステラシリーズ全体 4,000台/月

・価格(消費税込み)

888,300-1,537,200円

ステラの一部改良

-スバル車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.