スバル車モデルチェンジ推移と予想

スバル ステラ モデルチェンジ推移2014年12月12日

*以下スバルニュースリリースより

--------------------------

スバル 新型「ステラ」を発売

富士重工業は、スバル ステラをフルモデルチェンジし、本日より発売します。

新型ステラは、先進的で存在感や室内の広さが感じられるフォルムにデザインを一新し、クラスを超えた上質な商品を目指しました。走行性能でも大きく進化し、全方位において商品力を大幅に向上させました。

基本性能では、軽量高剛性ボディの採用、アンダーボディへの最適な補強やサスペンションの見直しなどにより、操縦安定性、静粛性などを向上させ、より快適な乗り心地を実現しました。また、軽自動車初*1となるAT誤後進抑制制御機能の追加などによる安全性の強化や、大型マルチインフォメーションディスプレイの新採用、リヤ独立シートスライドなど、快適性、利便性も向上させました。環境面では、クラストップレベル*2 の燃費性能を実現し、全グレードでエコカー減税「免税」適合車となりました。

ボディカラーは、迫力・存在感を際立たせる2トーンカラーも新たに設定し、ステラ12色、ステラカスタム13色を展開。華やかさや、豊富なバリエーションからお好みで選択いただけるようにしました。また、カスタムにはブルーステッチをあしらった本革&ファブリックシートなどをパッケージにしたプレミアムセレクションも設定し、より高い質感を求められるお客様にも満足いただける商品としました。

*1:2014年11月現在(自社調べ)
*2:全高1,550mm以上の軽乗用車クラス、2014年11月現在(自社調べ)
※ステラは、ダイハツ工業株式会社からのOEM供給です。

【主な商品特徴】

1.デザイン
スバルらしい躍動感(ダイナミック)と塊感(ソリッド)ある造形でクラスを超える存在感と室内の広さを感じさせる先進的フォルムで、「安心と愉しさ」を表現しました。

(1)エクステリア
<全車共通>
•上質な表面処理を施した専用グリルと、開口部にスバル車共通のヘキサゴンモチーフを継承した立体的な造形のバンパーにより、一目でスバルとわかるフロントフェイスデザインとしました。
•スクエアで伸びやかなサイドビューと、対角線に長くダイナミックなウインドゥグラフィックで、先進性、存在感を創出しました。
•フェンダーからリヤバンパー、リヤゲートに連続させた力強く立体的なリヤビューは、ワイド感と安定感のある佇まいにしました。

<ステラ>
•ダークメタリック塗装の大型グリルにメッキを施し、ヘッドランプとの一体感を持たせ上質感のある親しみやすい表情としました。
•リヤコンビネーションランプは、縦型3本の導光線で先進性を演出しました。

<ステラ カスタム>
•奥行き感のあるスモーク調アクリルタイプのフロントグリルを採用し、先進感を表現しました。フォグランプカバーには「L」字のメッキのアクセントを採用し、バンパー下部のスポイラー形状と合わせスポーティで安定感のあるデザインとしました。
•カスタム専用のスポーティなリヤスポイラー&リヤゲートを採用。テールランプも面発光により先進性と質感を向上させました。
•LEDヘッドランプを採用。ランプ゚全体を囲む面発光のLEDクリアランスランプ゚、LEDフォグランプも標準装備としました。

(2)インテリア
<全車共通>
•立体感のあるインストゥルメントパネル/ドアトリム造形や先進的なメーター、上質なシート表皮を採用し、クラスを超えた質感を実現しました。

<ステラ>
•上質で華やかなブラック×ホワイト×グレージュの3トーンのインテリアと、シックで落ち着きのあるブラック×ホワイト×ダークグレーのブラックインテリアセレクションを設定しました。
•大きく見やすい大型メーターにタコメーターを全車標準装備しました。

<ステラ カスタム>
•メーターでは自発光式の大きな2眼メーターに加え、中央には軽自動車初*1となる4.2インチTFTカラー液晶を採用したマルチインフォメーションディスプレイを新設定しました。
•インパネガーニッシュにはカスタム専用としてヘアライン調シルバーを採用し、高級感を演出しました。

2.走行性能

•軽量高剛性ボディの採用及びアンダーボディへの最適な補強により高剛性化を実現し、操縦安定性と乗り心地を両立しました。
•サスペンションの特性見直しや剛性アップなどのチューニングを施すことで、スムーズなステアリング操作を可能としました。
•ステアリングスイッチで切り替え可能なパワーモードを採用。パワーモード走行は登坂などで効果を発揮し、レスポンスの良さや軽快な加速を体感できます。また、燃費重視のエコモードにもワンタッチで切り替え可能です。
•ステアリング支持剛性を高め、吸音材の板厚や位置等の見直し、ボディ孔を減らすなどにより、ステアリングからの振動やロードノイズなどを大幅に低減し、静粛性を高めました。
•シートは、骨盤や背中へのフィット感と操舵時のホールド性を両立した新シート構造を採用し、乗り心地を高めました。
•ステアリングレイアウト変更により、ステアリングとドライバーの距離を近づけ、より適した運転姿勢がとれるようにしました。また、ペダルの段差を少し拡げることで操作性を向上しました。

3.安全性能

•スマートアシストの低速域衝突回避支援ブレーキ、AT誤発進抑制制御、先行車発進お知らせ機能という従来の機能に加え、軽自動車初*1となる「AT誤後進抑制制御機能」を新たに追加し、前方だけでなく後方においてもペダルの踏み間違いによる急発進を防ぐなど安全性を一層高めました。(スマートアシスト搭載車全車)
•省電力、長寿命かつ夜間の視認性に優れたLEDランプの設定を拡大しました。
•全車標準装備のデュアルSRSエアバッグに加え、側面からの衝突に備えて、乗員の腰部を保護するSRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)と、乗員の頭部を保護するSRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)をオプションで設定しました。
•急なハンドル操作や滑りやすい路面でのコーナリング時に、エンジン出力やブレーキを自動制御し、車両安定性を確保するVDC[ビークルダイナミクスコントロール]を全車標準としました。

4.燃費性能

•デザイン段階から空力を考慮した設計を行い空力と意匠を両立。フロントアンダースポイラー、リヤタイヤ前スパッツ、スポイラー一体型バッグドアなど、空力改善アイテムの採用などにより、2WD・NA車ではクラストップレベル*2の31.0km/ℓ*3,、2WD・ターボ車では27.4km/ℓ*3,の低燃費を実現し、全車エコカー減税「免税」に適合しました。

5.パッケージ&ユーティリティ/快適装備

•リヤシートは、左右分割でのリクライニングに加えて、スライドも左右分割で調整可能とし、利便性を向上しました。
•軽自動車初*1となる「TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ」をメーター内中央に新設定。運転に関する情報認識や警告、エコ運転支援、スマートアシストの作動状態などを大きな文字、カラーで表示し、見やすさを高めました。また、ステアリングスイッチによる操作で表示の切り替えを可能としました。(カスタム全車に標準装備)
•スーパーUVカット&IRカットガラス(フロントドア)により日焼けだけでなく、車内の温度上昇の防止にも効果をもたらします。(L/L スマートアシストを除く全車に標準装備)
•花粉除去機能、PM2.5に対応したスーパークリーンエアフィルターを採用し、車内空間を快適に保ちます。(L/L スマートアシストを除く全車に標準装備)
•寒い地域での使用に役立つアイテムとして、運転席シートヒーター、フロントウインドゥトップシェード、フロントワイパーデアイサー、ヒーテッドドアミラー、リヤヒーターダクトを装備した「ウォームパック」をオプション設定しました。(セット内容は2WD車、AWD車で異なります)
•蓄冷エバポレーターの採用により実現した、エアコンON時にアイドリングストップ状態でも冷気の送風を可能にするスマートクールによって、車内の快適性を向上しました。(L/L スマートアシストを除く全車に標準装備)

6.パッケージオプション
<ブラックインテリアセレクション>(ステラ全グレードにオプション設定)
•シックで落ち着きのあるブラックインテリアのほか、本革巻ステアリング(GS/GS スマートアシストは標準装備)、メッキインナードアハンドルがセットで装備されます。

<プレミアムセレクション>(ステラ カスタム全グレードにオプション設定)
•ブルーステッチをあしらった本革&ファブリックシートをはじめ、上質さを追求しギャラクシーマーブルインパネガーニッシュ&ドアオーナメントパネル、メッキアウタードアハンドル、カスタムRには専用・黒色塗装の切削アルミホイールを設定し、一層のプレミアム感を創出しました。

*3:JC08 モード燃費値、国土交通省審査値。燃費消費率は定められた試験条件のもとでの数値です。
お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃費消費率は異なります。

【販売計画】

月販2,000台

・価格(消費税込み)

1,134,000-1,717,200円

ステラのフルモデルチェンジ

スバル ステラのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-スバル車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.