ステップワゴンの評価集

ホンダ ステップワゴンの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

ステップワゴンの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

ホンダのミディアム・ミニバン「ステップワゴン」は、5ナンバーサイズの扱い易いボディサイズや広い室内空間、「わくわくゲート」と呼ばれる独創的かつ便利なテールゲート、予防安全システム「ホンダ センシング」の採用などが魅力となっています。

駆動方式はガソリン車には4WDも設定されていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを徹底的に評価します!

ステップワゴンの4WDグレードの価格は?

ステップワゴンの売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は?

ステップワゴンには標準系とスパーダ系の2つのデザインラインが用意されていますが、当サイトの調査による4WD車の売れ筋グレードは、標準系の中間グレード「G・ホンダ センシング」となっています。

同グレードの2WD車との価格差は、23万7,600円となります。

ステップワゴン 1.5 Gホンダセンシング 2WD 2,661,120円
ステップワゴン 1.5 Gホンダセンシング 4WD 2,898,720円

4WD車の方が装備が充実していることを考慮すれば、24万円近い価格差も妥当なところでしょう。

ステップワゴンの4WD車と2WD車との仕様の違いは?

ボディスペック

スペック
ステップワゴン 1.5 Gホンダセンシング 2WDステップワゴン 1.5 Gホンダセンシング 4WD
全高(mm)1,8401,855
最低地上高(mm)155150
車両重量(kg)1,660
1,740

4WD車はフロアが若干かさ上げされているため、全高も15mm高くなっています。

その一方で、床下に2WD車には無いプロペラシャフトが存在するため、最低地上高は逆に5mm小さくなっています。

また、G・ホンダ センシング同士の車両重量を比較すると、4WD車の方が80kg重くなっています。

ステップワゴンのパワートレイン&メカニズム

パワートレインを比較すると、4WD車は2WD車と異なりハイブリッドの設定が無いほか、CVTの後退減速比が2WD車の5.047に対し2.533となるのが相違点です。

また、リア・サスペンションが2WD車は車軸式でスタビライザー無しあるのに対し、4WD車はド・ディオン式かつスタビライザー付きとなっています。

ステップワゴン4WDの装備

空調システムが2WD車と4WD車で異なっており、前者がフロント・フルオートエアコンディショナー(左右独立温度コントロール式)+リア・マニュアルクーラーであるのに対し、後者には3列目シートまで冷温風を送ることが可能なトリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナーが採用されています。

さらに、4WD車には熱線入りフロントウインドウが採用されるなど、寒冷地での使用に配慮した仕様になっています。

ステップワゴンのライバル車との価格差は?

ステップワゴン4WDの最大のライバルは?

ステップワゴンのライバル車のノア

ステップワゴンとライバル関係にあるミニバンの代表格として、トヨタの「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」3兄弟があげられます。

ここでは、ステップワゴン標準系同様の大人しい外観を持つノアを取り上げて比較しますが、ステップワゴンG・ホンダ センシングと競合するグレードは、同じく中間グレードの「G・7人乗り」が該当するでしょう。

価格はステップワゴンの289万8,720円に対し、ノアは299万1,600円(※北海道地区は305万7,480円)とやや高価になっています。

ライバル車との仕様・装備の違いは?

エンジンは、ステップワゴンの1.5Lターボに対しノアは2L NAと排気量や給気システムが異なりますが、スペックはそれぞれ最高出力150ps/最大トルク20.7kgm、最高出力152ps/最大トルク19.7kgmと互角に近いものとなっています。

一方装備面では、ステップワゴンにはノアに標準装備される運転席・助手席シートヒーターやLEDヘッドランプ、本革巻ステアリングホイールなどが付きませんが、価格差を考慮するとやむを得ないところです。

総合的なコストパフォーマンスは、ほぼ互角と言えるでしょう。

ステップワゴン4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費の差は?

ステップワゴンG・ホンダ センシング7人乗り4WD車のカタログ燃費(JC08モード)は15.4km/Lであるのに対し、当サイトの調査による実燃費は11.3km/Lとなっています。

達成率は73.4%で、カタログ燃費との落差はどちらかと言えば大きい方です。

2WD車と4WD車の実燃費の差は?

当サイトの調査によるステップワゴン2WD車の実燃費11.8km/Lと比較すると、4WD車は0.5km/L劣っています。

カタログ燃費では1.6km/L劣っているのに対し、実燃費はそこまでの差は無いことが分かります。

ライバル車との実燃費の差は?

当サイトの調査によるノアの実燃費は11.8km/Lなので、ステップワゴンと互角です。

カタログ燃費も大差無い(ノアは14.8km/L)なので、妥当なところです。

ステップワゴン4WD車の雪道の走行性能は?

ステップワゴンの4WDはどんなシステム?

ステップワゴン4WDの概要

ステップワゴンの4WDシステムは、「リアルタイム4WD」と呼ばれる、インテリジェント・コントロール・システムを用いたホンダ独自のデュアルポンプ式が採用されています。

ステップワゴン4WDの制御

通常は前輪駆動で走行し、雪道などの滑り易い路面で前後輪に僅かでも回転差が発生すると、小型モーターでポンプを回転させて電子制御クラッチ内の油圧を高め、後輪に動力を伝達する制御を行っています。

ステップワゴンの雪道での実際の走行性能は?

ステップワゴン4WDの発進・加速時

かつてのデュアルポンプ式は、2WDから4WDに切り替わる際にタイムラグがあり、挙動面でも唐突さが否めないものでした。

しかし、ステップワゴンに採用されている最新のシステムは切り替えが瞬時に行われるため、運転していても全く気付かないほど自然なフィーリングが得られています。

また、発進・加速時には前後のトルク配分が連続的に可変されるので、挙動も非常にスムーズです。

ステップワゴン4WDの登坂・降坂時

同じ銘柄のスタッドレスタイヤを履いたステップワゴン2WD車との比較では、登坂能力で大きな差を付けます。

特に、定員乗車時や荷物を満載した時など荷重がリア寄りになった場合は、2WD車はトラクションが低下しスタックの可能性が生じますが、4WD車は難なく登り切ってしまいます。

一方、降坂時は前後輪の回転差が発生せず、エンジンブレーキが前輪のみにしか効かないケースが多いため、走行特性は2WD車と変わりません。

むしろ、2WD車よりも車両重量が重い分、ペダルワークに気を使う必要があります。

ステップワゴン4WDの通常走行時

ステップワゴン4WDの雪道での走りは?

直進時に雪面の情況が変わって2WDと4WDが切り替わっても、それが分からないほど自然なドライバビリティを備えています。

また、コーナリング時には前後輪の回転差を検知して4WD走行となりますが、コーナーの曲率に応じ適切な前後トルク配分が行われるため、安定した旋回が可能です。

ただし、重心位置が高いため基本的にコーナリングは得意ではないので、くれぐれもオーバースピードにならないよう注意が必要です。

ステップワゴン4WDのまとめ

ステップワゴン4WD車の雪道での走行性能は、ミニバンとしては満足できる水準にあります。

最低地上高も150mmとまずまず確保されているので、「生活4駆」としての役目を十分果たしてくれるはずです。

一方燃費性能も、車両重量1.7トンを超えるヘビー級モデルとしては良好であることや、2WD車との差がほとんど無い点が評価できます。

また、装備も充実しているので、降雪地域に在住している方向けのミニバンとして積極的におススメできます。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

ステップワゴンの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのステップワゴン値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がステップワゴンを限界値引きで購入しています。

今月のステップワゴンの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ステップワゴン値引き交渉マニュアル

-ステップワゴンの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.