ホンダ中古車

ステップワゴンのおすすめ中古車情報!安い狙い目とお得な買い時を教えます

投稿日:

ステップワゴンの中古車情報

「剛さを秘めた、美しきミニバン。」

大人の満足感を追求する美意識に基づき、力強さをしなやかに洗練させたデザインとスペックを誇るホンダのステップワゴン

ここでは、大人気のステップワゴン中古車をお得に購入するための「狙い目」や「買い時」を、リセールバリュー(残価率)の視点から独自に紹介。

他人とは一味違ったステップワゴンの中古車探しの参考にどうぞ。

お得な中古車をかんたんに探す方法

ガリバーの中古車ご提案サービスなら、希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「維持費が安くて総額100万以内に収まる車を探して」などと言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、何でも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

これが狙い目!お得で格安なステップワゴン中古車の選び方

ステップワゴンの中古車には定価というものがなく、個々の車両状態や年式、走行距離、グレード、ボディカラー、装備品、市場ニーズ等々の諸要素が複雑に絡み合って中古車相場が決められていきます。

ここでは、それらの条件をより多く満たすことで、ステップワゴンの中古車を割安に購入できる「狙い目」を紹介していきます。

ホワイトパールとブラック以外のボディカラーを選ぶと、ステップワゴンの中古車は割安で買える!

ホワイトパール、ブラック以外のステップワゴンの中古車がお買い得

業者オークションでステップワゴンの中古車相場を調査すると、ボディカラーがホワイトパールとブラックのステップワゴン(3年落ち・3万キロ走行の中古車)は、他のカラーに比べて10万~20万円前後高くなっているのがわかります。

中古車販売店は業者オークションからステップワゴンを仕入れているため、ホワイトパールとブラックのステップワゴンをそれだけ高く仕入れ、販売することになります。

ステップワゴンを購入するユーザーから見ればそれだけ割高になってしまいますが、同時にホワイトパールとブラック以外のボディカラーを選べばそれだけ割安に購入できることになります。

なので「なるべく初期費用を抑えたい」「長く乗るからリセールバリューは気にしない」方には、人気2カラーを外したステップワゴンの中古車選びが有利でしょう。

ステップワゴンの寿命は25万キロ!過走行のステップワゴン中古車を格安で購入しよう!

ステップワゴンの中古車オークション取引台数データ(過去3か月間)を見ると、全9,135台中約500台の中古車が走行距離20万キロ超となっています(30万キロ超22台)。

ここまで走り込むと、オイル交換はじめ消耗品や各部パーツ交換などのメンテナンスは必要ですが、20万キロ以上はまだまだ走れる状態と言えます。

業者オークションの出品表を確認すると、走行距離が23万~25万キロを超えた辺りから「エンジンの異音」や「オイル漏れ・にじみ」の車両が多くなってくるため、特に大規模なメンテナンス(エンジン載せ替え等)をしなければ、この辺りがステップワゴンの寿命となるようです。

走行距離が10万キロを超えた過走行のステップワゴンを割安に購入して、10万キロ以上乗りこなすという選択肢も出てきます。

例)
どちらも5年落ちのステップワゴン 2.0スパーダZクールスピリット(修復歴なし)
走行距離10.1万キロ 支払総額98.8万円
走行距離5.0万キロ 支払総額168.3万円
差額69.5万円

⇒走行距離10万キロ以上のステップワゴン中古車はこちら

ステップワゴンの修復歴あり中古車は安いけど買っても大丈夫?

ステップワゴンの中古車価格修復歴ありによるマイナス額
~100万円約10万~20万円
100~200万円約15万~25万円
200万円以上約25万~35万円以上

ステップワゴンの中古車は、修復歴(修復を要するレベルのフレーム損傷)の有無によって10万~35万円以上の差額が生じます。

高年式=相場が高いステップワゴン中古車ほど、修復歴による中古車相場の下落は大きくなります。

当然ステップワゴンの中古車もそれだけ安く買えることになりますが、安物買いの……と言うように、走行中に不具合(例:まっすぐ走れない、走行中の異音、歪んだパネルのすきま風や雨漏り等)が発生するリスクもあります。

だからこそ修復歴のあるステップワゴン中古車は安いのですが、同じ修復歴でも走行にほとんど支障のない箇所もあります。

修復歴とは車体フレームに少しでも損傷があるとついてしまうものですが、正面衝突によるフレーム修正でも、バック駐車時に何かがバンパーに軽く当たり中の金具がトランクパネルを押した、なんてケースでも、どちらも同じ「修復歴」として扱われます。

前者パターンのステップワゴンはさすがに遠慮したいですが、後者のステップワゴンなら走行にほとんど影響がないので、それだけで10万~35万円以上も安く購入できるのであれば、修復歴ありでも検討の価値はあるでしょう。

修復歴が走行に影響するかどうかは、その見分け方は販売店のセールスさんに教えて貰うか、オークションから仕入れた中古車なら、オークションの出品データに書いてあるので、見せて貰いましょう。

修復歴ありのオークションデータ

※上記オークションデータは後方のみの修復(XX=交換済み)で収まっています

4WDと2WDでは、どちらのステップワゴン中古車に割安感があるか?

ステップワゴンの査定相場を業者オークションで調査したところ、2WDよりも4WDの方がリセールバリューの高いことがわかりました。

4WDのステップワゴンは雪国や山岳地帯など一定の需要がある一方で、流通台数が少なく高リセールとなるため、中古車の販売価格にもそのまま反映されます。

ステップワゴンの中古車を購入するユーザーの立場から見れば割高になってしまうため、相対的にステップワゴンの2WDには割安感が出ます。

ナビありとナビなし、どっちが割安で購入できる?

ナビは後からでもつけられるため、ステップワゴンのリセールバリューに大きな影響は見られません。

(※ホンダの交通情報サービス「インターナビ」が入っていると若干有利になる傾向が見られます)

ナビありとナビなし、どっちが割安で購入できる?

つまり、中古車価格もナビの有無で大きな影響がないため、ほぼ同価格でナビがついてくるのであれば、ナビがついたステップワゴン中古車の方が割安で購入できることになります。

パワースライドドアは両側or片側or無し、どれが割安に購入できる?

ステップワゴンの後部スライドドアを電動で開閉してくれるパワースライドドアですが、その有無で中古車価格に10万~35万円以上の金額差がついています。

2,000㏄クラスのミニバンでパワースライドドアなし(両側とも手動)なんて言ったら、買い手がつかないかも知れないくらい不人気ですが、逆に購入する立場からすれば「その不便さを我慢すれば10万~35万円以上も割安」とも言えます。

女性や子供、高齢者がいるファミリー層ではなく、若い男性がメインで利用するユーザーにはいいかも知れません。

リセールバリューの低いグレードほど中古車購入では割安に買える

リセールバリューの低いグレード程割安に買える

ステップワゴンのリセールバリュー(中古車価格から新車価格を割った残価率)をグレード別に調査、高い順にまとめました。

1位 スパーダ系
2位 Gグレード系
3位 Bグレード系

高リセールなグレードほど売却価格は高くなる一方、中古車購入時も高くなってしまいますが、逆に低リセールな(ランキング下位の)グレードほど割安に購入できることになります。

ステップワゴンのリセールバリュー傾向は、スポーティなスパーダ系が最も高く、「わくわくゲート」をはじめ快適装備が充実したGグレード系、そして最廉価のBグレード系と続きます。

中古車からの値引きを成功させるためにしたい事

中古車を安く買うために、一番値引きに効くのが下取り車を高く売る事です。

ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに出す事は、実は一番損をしている可能性があります。

下取り車は決まった買取金額が無いので、複数の買取店に査定してもらい、査定金額を競ってもらわないと高く売れません。

複数の買取店と連絡を取って、査定のアポを取るのはかなりの手間ですが、下記の一括査定サービスなら簡単に出来てしまいます。

そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上高くなることも珍しい事ではありません。いくらで売れるのか、まずは調べてみても良いでしょうね。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

愛車の概算価格が分かる

いくらで買える?ステップワゴンの中古車相場とおすすめのステップワゴン中古車

先々代(3代目)ステップワゴンのおすすめ中古車と相場

3代目ステップワゴンの中古車相場

型式RG1、RG2、RG3、RG4型
生産2005年5月~2009年10月
マイナーチェンジ2007年11月1日
5代目ステップワゴン中古車流通台数1,255台
中心価格帯40万~60万円台
最安価格帯15万~30万円台
最高価格帯90万~130万円台

3代目ステップワゴンはホンダ独自の新型プラットフォーム採用により、従来と同等の天井高を保ちながら60㎜の低床化と40㎜の低重心化を実現、運転性を向上させています。

加えて75㎜の全高ダウン、45㎜の全長ダウンによって車内空間にゆとりを保ちながらボディサイズをコンパクト化、取り回しの良さも確保。

それでいてミニバンとしての迫力や解放感を損なわず、歴代モデルの中でも根強い人気と流通台数を誇ります。

ココが変わった!3代目ステップワゴンのマイナーチェンジ内容

ステップワゴン!2007年11月のマイナーチェンジでここが変わった!

2007年11月1日に行われたマイナーチェンジの主要な変更点です。

  • 新グレード「ステップワゴン スパーダ」を追加設定
  • フロントグリル、フロントバンパー、リアコンビネーションランプのデザイン更新
  • 新デザインの15インチスチールホイールを採用
  • ボディカラーにルミナスブルー・パール、バスクレッド・パール、ポリッシュドメタル・メタリックを新設定
  • チップアップ&スライド機構の採用で前後シート間のウォークスルーが可能な両側アームレスト付き2列目キャプテンシートをメーカーオプション設定
  • 加飾パネルをブロンズ調に変更、新シート表皮のココア内装を採用
  • アレルフリー高性能脱臭フィルターを標準装備
  • 2,000㏄グレードは燃費12.6㎞/ℓ、平成22年燃費基準+20%を達成

3代目ステップワゴン中古車の長所

  • 低床&低重心による走行性能の高さ
  • 新車時の高い人気から、中古車流通台数も豊富
  • 支払総額30万円台以下の激安中古車が手に入る

3代目ステップワゴンの長所は、何と言ってもその中古車流通台数の多さです。

中古車流通台数が多いほど選択肢が増えるため、好みのステップワゴンを探し出すことができるでしょう。

中心価格帯も40万~60万円台とお手頃なため、コストパフォーマンスに優れた中古車が欲しい人には魅力的です。

3代目ステップワゴン中古車の短所

  • 加速が悪い
  • エンジン音&振動が大きい
  • 乗り心地が硬く、突き上げ感がある

3代目ステップワゴンに関するユーザーの声を調査したところ、加速やエンジン音&振動、乗り心地の硬さに不評がありました。

ただし、すべての3代目ステップワゴンがそうという訳ではないため、中古車の不具合や乗り心地については試乗で確認したり、販売員に状態を詳しく訊いたりなど、一台一台をじっくりと吟味して、納得のいくステップワゴンと巡り会いましょう。

3代目ステップワゴンのおすすめ中古車

3代目ステップワゴンの中古車を選ぶメリットの中でも、最たる魅力は価格の安さでしょう。

15万~30万円台の最安価格帯で販売されている3代目ステップワゴン中古車には走行距離10万キロ前後の中古車も多く、小まめにメンテナンスをすれば10万~15万キロ以上乗り続けることも可能です。

3代目ステップワゴンは走行距離11万~12万キロを超えると廃車となる中古車が多いため、リセールは度外視してとにかく安く購入してとことん乗り倒す、といったニーズにはピッタリの中古車と言えます。

⇒3代目ステップワゴンの中古車を検索

先代(4代目)ステップワゴンのおすすめ中古車と相場

4代目ステップワゴンの中古車相場

型式RK1、RK2型
生産2009年10月~2015年4月
マイナーチェンジ2012年4月5日、5月31日(4WD)
4代目ステップワゴン中古車流通台数1,274台
中心価格帯120万~140万円台
最安価格帯40万~60万円台
最高価格帯230万~260万円台

4代目ステップワゴンは先代から受け継いだ低床&低重心のコンセプトに加え、2.0ℓ i-VTECエンジンとトルクコンバーター付CVTのコンビネーションを採用により、スムーズな走りと燃費性能を両立。

エンジンやトランスミッションを燃費優先で制御してくれる「ECONモード」や「エコアシスト」などの先進機能も注目され、4代目ステップワゴンの中古車流通台数は、先代を抜いて歴代モデル最多となっています。

ココが変わった!4代目ステップワゴンのマイナーチェンジの内容

ステップワゴンの2012年4月のマイナーチェンジでの変更点

2012年4月5日に行われたマイナーチェンジの主な変更点は、こちらです。

  • 新開発CVTやアイドリングストップシステムの採用
  • JC08モード燃費が15.0㎞/ℓ(Gグレード)、14.8㎞/ℓ(スパーダ)に向上
  • 1列目シートにウォークスルー可能な折りたたみ式センターテーブルを装備
  • 2列目キャプテンシート(両側アームレスト付き)をタイプ別メーカーオプションに設定
  • リンクアップフリー対応のホンダ インターナビ&ETC車載器を設定
  • VSA(車両挙動安定化制御システム)を全タイプに標準装備
  • 坂道発進時の後退を防ぎ、スムーズな発進をサポートするヒルアシスト機能を全タイプ標準装備
  • 前席に3点式ELRシートベルト&ヘッドレストを全タイプに標準装備
  • フロントグリル&フロントバンパー、LEDリアコンビネーションランプ等の採用
  • コクピット周りにウォーム系シルバーやダークグレーを配して、更なる高級感を演出
  • 「G・Eセレクション」「G・インターナビセレクション」「G・コンフォートセレクション」を新設定
  • 新デザインのLEDアクセサリーランプ内蔵フロントグリルやエアロフォルム・バンパー(前後)などを採用し、より精悍なエクステリアに(スパーダ)
  • プロジェクタータイプのディスチャージHIDヘッドライトを採用(スパーダ)
  • コクピット周りのシルバー塗装にクール系&高輝度などの変化をつけて、特別感を演出
  • 「Z・インターナビセレクション」「Z・クールスピリット」を新設定(スパーダ)
  • 深みのあるダーククロームメッキ加飾など、よりシャープで存在感のあるエクステリアに(スパーダZクールスピリット)
  • 専用スウェード調ファブリック&グランスムースの表皮を採用したコンビシート(スパーダZクールスピリット)
  • 本革巻きステアリングホイール、本革巻きセレクトレバー、専用17インチアルミホイールを採用(スパーダZクールスピリット)

2012年5月31日に行われたマイナーチェンジ(4WD)の主な変更点は、こちらです。

  • 新開発CVTやアイドリングストップシステムを全タイプに採用

4代目ステップワゴン中古車の長所

  • 3代目から継承している低床&低重心のプラットフォーム
  • 3代目以上の中古車流通台数=より広がる選択肢
  • 「ECONモード」等の先進機能による優れた燃費性能

3代目よりも距離数やコンディションが良好な中古車が多く、選択肢も3代目以上に豊富なので、今が買い時となっています。

「ECONモード」などの先進機能によって燃費性能が向上している点も、4代目の魅力的と言えます。

4代目ステップワゴン中古車の短所

  • ECONモードだと加速が悪い
  • CVTのノッキング、低速域でのフィーリングが悪い
  • 乗り心地が悪く、突き上げ感がある

4代目ステップワゴンの短所として、「ECONモード」などの先進機能によって燃費性能が向上した反面、加速などの走行性が犠牲になっている、というユーザーの声が多く出ていました。

また、CVTのノッキングに対する不満も多く、ECUを更新しても改善されなかったという報告があります。

そして、乗り心地の硬さや路面の凹凸を拾った時の突き上げ感にも不評も出ています。

4代目ステップワゴンのおすすめ中古車

4代目ステップワゴンで最も流通台数の多いグレードは2.0スパーダZで、4代目ステップワゴン全体の約1/4を占めています。

格安の2.0スパーダZ中古車を狙うなら、走行距離を13万~15万キロまで妥協すれば支払総額50万~60万円台から見つけることが出来ます。

また、走行距離5万キロ以下の中古車として買い時の狙い目2.0スパーダZが欲しいなら、130万円台から見つかります。

4代目ステップワゴンは輸出相場による底値がある(※普通に乗れる限り、海外ニーズによって5万~15万円前後の査定相場が残っている)ため、距離を多く走る人はあえて過走行のステップワゴンを購入して、底値で売却する手もあります。

例)
8年落ち ステップワゴン 2.0スパーダZ
走行距離13.9万キロ 修復歴なし 支払総額 65万円

3年間で10万キロ乗って売却した場合
売却時 11年落ち 走行距離23.9万キロ……査定相場 11万円

普通に考えると、走行距離23万キロ超のステップワゴンなんて一発で廃車のイメージですが、4代目ステップワゴンの場合、普通に乗れる状態をキープできれば23万キロ超でもこれだけの底値が残ります。

ただし、現行型ステップワゴンにフルモデルチェンジが入ると、4代目ステップワゴンの輸出相場が底値を割ってしまうおそれもあるため、それまでに乗れるだけ乗って底値が残っている内に売却すれば、最大限のコストパフォーマンスが期待できます。

⇒4代目ステップワゴンの中古車を検索

現行型(5代目)ステップワゴンのおすすめ中古車と相場

5代目ステップワゴンの中古車相場

型式RP1、RP2、RP3型
生産2015年4月~販売中
マイナーチェンジ2017年9月28日
5代目ステップワゴン中古車流通台数754台
中心価格帯200万~250万円台
最安価格帯165万~195万円台
最高価格帯270万~315万円台

ステップワゴンの代名詞とも言える「わくわくゲート」が採用された5代目ステップワゴン。

新開発の直噴1.5ℓVTECターボエンジンを搭載、マイナーチェンジ後からはハイブリッド車も設定され、より魅力的に生まれ変わりました。

また、メーカーオプションとしてホンダの安全運転支援システム「ホンダセンシング」を搭載、安全・安心なドライブをサポートしてくれます。

ココが変わった!5代目ステップワゴンのマイナーチェンジの内容

ステップワゴンの2017年9月のマイナーチェンジでの変更点のピックアップ

2017年9月28日に行われたマイナーチェンジの主な変更点は、こちらです。

  • スパーダのフロントグリル、テールゲートスポイラーを専用デザインに刷新
  • スパーダにハイブリッド車を設定、ホンダ4輪車で「WLTCモード」燃費認可
  • ホンダの安全運転支援システム「ホンダセンシング」に更なる機能充実
  • ハイブリッド車に渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロールを搭載
  • 国交省が普及推進する安全運転サポート車「サポカーSワイド」(スパーダ、モデューロX)、「サポカーSベーシック+」(その他)に適合

5代目ステップワゴン中古車の長所

  • わくわくゲートが結構便利
  • クラス最大級の室内空間
  • ホンダセンシングの安心感
  • スパーダと標準グレードの個性特化

ユーザーの声をまとめると、わくわくゲートに対する評価が圧倒的に多くなっていました。

なかなかテールゲートを全開にできるスペースのない都市部では非常に重宝しているようで、こうした細かなアイディアをカタチにするのがホンダの真骨頂と言えるでしょう。

加えて、クラス最大級の室内空間(居住性)や、ホンダセンシングの安心感など、さらなる快適・安全面の追求も評価が高くなっています。

また、スパーダはよりスポーティで精悍に、標準グレードはよりナチュラルで温和に、ユーザーのニーズに合わせた個性の特化が進んでいるのも特徴的です。

5代目ステップワゴン中古車の短所

  • シートが硬く、突き上げ感がある
  • セカンド&サードシートの乗り心地が悪い
  • わくわくゲートが重い&縦ラインに違和感

一方、5代目ステップワゴンの短所として、乗り心地の悪さとテールゲートの重さ&縦ラインの違和感などが挙げられます。

特にタテとヨコの2方向に開閉できるわくわくゲートは、構造が複雑になる分パーツも多く組み込まれて重くなるため、縦方向への手動での開閉は女性や高齢者にはしんどいかも知れません。

また、テールゲートをヨコに開く関係上、どうしてもリアガラスに縦ラインが入ってしまい、後方視認時に邪魔だという声もあり、中古車購入時には使い勝手をチェックしてみるなど、実際に買って大丈夫か確認するといいでしょう。

5代目ステップワゴンのおすすめ中古車

5代目ステップワゴンは、2015年4月のフルモデルチェンジから年数の浅い現行型とあって中古車価格もあまり下がっていませんが、人気の車種だけあって中古車流通量も多いため、新車より安く現行型ステップワゴンに乗りたい方にはおすすめと言えます。

5代目ステップワゴンの中古車で流通量が多いのはスポーティグレード「1.5スパーダ」で、流通量全体の約17%を占めています。

一方ハイブリッド車では「2.0スパーダ ハイブリッドG EXホンダセンシング」の流通量が多く、こちらも全体の約17%を占めていました。

流通台数が多ければ、それだけ選択肢が増えるので、価格はもちろん走行距離や車両の状態、装備などをじっくり比較検討しながらステップワゴン中古車を探せます。

ところでステップワゴンを中古車で購入しても、買い替え時の下取り金額はもちろん気になるところ。

そこで、以下の現行型ステップワゴンを中古車で購入し、3年間&3万キロ乗った後に売却した場合の査定相場をシミュレーションしてみましょう。

例)3年落ち ステップワゴン 1.5スパーダ
走行距離3.0万キロ ホワイトパール 修復歴なし 支払総額 258.7万円

3年(3万キロ走行)後の査定相場
6年落ち 走行距離6.0万キロ 査定相場 125万~135万円

ステップワゴンを中古車で購入、乗っている内にフルモデルチェンジ(査定相場が大きく下がる要因)が入ったと仮定すると、現在の相場で上記の査定相場が残ります。

上のステップワゴンを購入する時、支払総額258.7万円から多少の値引きは期待できるでしょうが、売却or下取り時の損失額が100万円以上になることを考えると、もう少し乗り続けて元を取る事も視野に入れたいところです。

⇒現行型ステップワゴンの中古車を検索

ステップワゴンの新古車は新車に比べてお得か?

新古車とは、明確な定義はありませんが、概ね走行距離が1000キロ以下の新車に近い中古車と言う意味合いです。

中には走行距離がほぼゼロキロの未使用車もありますが、ここでは新古車に含めて解説します。

では、中古車販売店で売られているステップワゴンの新古車は、新車よりもお得に買えるのでしょうか?シミュレーションしてみましょう。

新車ステップワゴン新古車ステップワゴン(未使用車)
グレード名1.5スパーダ ホンダセンシング1.5スパーダ ホンダセンシング
車両本体価格2,890,080円2,578,000円
オプションなしホワイトパール(有料カラー)、バックカメラ、ETC2.0
諸費用197,140円150,000円
新車値引き▲270,000円交渉次第で可
総額
(乗り出し価格)
2,817,220円2,728,000円

ステップワゴンの新車と新古車を比較すると、新古車の方が約9万円安くなっていました。

しかも、新古車の方はホワイトパール(有料カラー)とバックカメラ、ETC2.0がついており、これらを新車のステップワゴンに備え付ければ差額はもっと広がります。

他にもナビやドアバイザー、フロアマット等も欲しいところですから、本腰を入れて検討するのであれば、新車と新古車それぞれに同等のオプションをつけ、値引き額も差し引いた総額を比較するといいでしょう。

その上で安くなった方の総額(見積もり)を高かった方のお店へ持ち込んで値引き交渉に臨めば、更なる値引きのチャンスが出てきます。

番外として、業者オークションからステップワゴンの新古車をオークション代行で購入した場合の総額を見てみましょう。

オークション代行新古車ステップワゴン(当年モデル・MC後)
グレード名1.5スパーダ ホンダセンシング
落札価格2,465,000円
オプションなし
消費税197,200円
落札手数料8,640円
オークション代行料32,400円
名義変更料約20,000円
陸送費用約20,000円
総額(乗り出し価格)2,743,240円

新車のステップワゴンの総額281.7万円に対して、オークション代行で当年モデル・走行距離1000キロ未満・マイナーチェンジ後の1.5スパーダ ホンダセンシングを購入すると、約7万円安い274.3万円で購入出来ます。

最新型のステップワゴンが新車でこれだけ安く買えるなら、オークションでステップワゴンの新古車を探してみても良いかもしれないですね。

とは言ってもオークション代行は仕組みも分からず何となく敷居が高い……という方には、下記のサービスがおすすめです。

ステップワゴンの中古車・新古車をお得に買うには?

中古車をお得に買う

中古車でステップワゴンを買う最大のメリットは、その購入価格でしょう。

中古車市場の中から吟味して探せば、低走行で程度の良いステップワゴンが新車と比べて数十万円安く買える事も珍しくありません。

しかし、そのためには数ある中古車販売店のステップワゴンの中古車在庫を1台1台比較して、お得感のある価格で買えるのかどうか、品定めをしないといけません。

また、価格の割に状態が悪い割高のステップワゴンが売られていたり、中古車購入では不安な「修復歴あり」の車両も含まれているので、それらの中古車は出来れば避けたいですよね。

程度が良くて、なおかつ割安なステップワゴンを見つけるには時間も掛かりますし、さらにステップワゴンの中古車相場等をある程度知っていないと、その中古車が本当にお得なのかどうかの判断が出来ません。

そこでおススメのサービスが、以下です。

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

ステップワゴンの新古車・未使用車も探してくれるので、新車よりもお得にステップワゴンを買いたい!のであれば、利用してみても良いかもしれません。

-ホンダ中古車
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.