ステップワゴンの評価集

ステップワゴンを買うならハイブリッドかガソリン車か?販売の比率や税金、下取り額など違いをがっつり比較!

ホンダのミディアムクラスのミニバン、ステップワゴンにはハイブリッドのe:HEVとガソリン車が設定されています。

どちらを選んだら良いのか迷っている人は多いのではないでしょうか?

当サイト(クルマを買う!)では、そんな悩みを解消できるようハイブリッドとガソリン車の違いをがっつり比較してみました!

この記事の目次

ステップワゴン ハイブリッドとガソリン車の外装の違い

ステップワゴンのハイブリッドとガソリン車では、外装にどんな違いがあるのか見てみましょう。

ハイブリッドとガソリン車のフロントビューやサイドビューは共通で、区別が付きません。

唯一の違いは、リアビューです。

ハイブリッド honda.co.jp/STEPWGN

ガソリン車 

どちらもスパーダのリアビューですが、上がハイブリッド、下がガソリン車です。

ハイブリッドは赤丸で囲んだ部分に「e:HEV」のエンブレムが付きます。

一方ガソリン車はこの部分にエンブレムは何も付きません。

ここがハイブリッドとガソリン車の外装面の唯一の違いです。

ステップワゴン ハイブリッドとガソリン車の内装の違い

ステップワゴンの内装をハイブリッドとガソリン車で比較すると、前席部分に違いがあります。

ここでまたスパーダ同士でハイブリッドとガソリン車のインパネを比較してみましょう。

ハイブリッド 

ガソリン車

上がハイブリッド、下がガソリン車のインパネですが、センタークラスター部のシフトセレクターに違いがあります。

ハイブリッドがボタン式のエレクトリックギアセレクターなのに対し、ガソリン車は機械式のセレクトレバーです。

ではシート部も含めた画像で比較してみましょう。

ハイブリッド

ガソリン車

上のハイブリッドでは運転席・助手席間にセンターコンソールボックスが備わります。

一方下のガソリン車は、センターコンソールボックスはありません。

減速セレクター(ハイブリッド スパーダ系)

ステアリングポストのパドルを操作することで、減速感を4段階に調整できます。

下り坂で速度を制御したい時などに便利です。

センターコンソールボックス(ハイブリッド)

運転席・助手席間にちょっとした手荷物などを置くのに便利なセンターコンソールボックスが備わります。

パドルシフト(ガソリン車スパーダ系)

ステップワゴンのガソリン車は基本的に無段変速のCVTですが、ステアリングポストのパドルを引くことで7段に区切って変速できます。

ワインディングロードなどでマニュアル車ライクな運転を楽しめる機能です。

ステップワゴン ハイブリッドとガソリン車の売れ筋グレードは?

当サイト独自の調査によると、最も売れているのはハイブリッドでは最上級グレードの「e:HEV スパーダ プレミアムライン」、ガソリン車では中間グレードの「スパーダ 」となっています。

元々高額なハイブリッドでは装備が充実している最上級グレードが求められ、ガソリン車ではコストパフォーマンスの高い中間グレードが求められている傾向です。

ステップワゴン ハイブリッドとガソリン車の維持費を比較

比較項目e:HEV スパーダ (ハイブリッド)スパーダ (ガソリン車)
車両価格3,641,000円3,257,100円
価格差+383,900円
自動車税(7月登録の場合)24,000円20,300円
自動車税性能環境割0円53,200円
自動車重量税0円22,500円
諸費用の差-72,000円
支払総額の差-311,900円
実燃費 ※15.7km/L11.0km/L
ガソリンタンク容量52L52L
使用ガソリンレギュラーレギュラー
ガソリン満タン で残量5Lまで走れる距離738km517km

※実燃費はカタログ燃費×0.8で算出

ハイブリッドとガソリン車の支払総額差311,900円を燃費で埋めるにはどの位掛かる?

年間1万km走行する場合、ステップワゴンのハイブリッドとガソリン車ではどのくらいガソリン代が違うのか計算してみます。

※レギュラーガソリン代=165円 / Lで計算

  • ハイブリッド 15.7km/L
    10000÷15.7≒636.9L
    636.9×165円=105,095円
  • ガソリン車 11.0km/L
    10000÷11≒909.1L
    909.1×165円=150,000円

ステップワゴンで1万km走行すると、ハイブリッドのガソリン代はガソリン車より44,905円安く済みます。

ガソリン車との支払総額差311,900円をガソリン代で埋めようとするなら、

311,900÷44,905≒6.95年

平均的なユーザーは年間1万km程度の走行距離なので、元を取るには約7年掛かる計算になります。

年間2万km走れば3年半程に縮まるので、ステップワゴンをガンガン使う人なら「ハイブリッドの燃費の良さで元を取る」という考え方も有りです。

もし年間1万km以下しか走らない人なら、ハイブリッドを選ぶにあたり燃費以外の理由が必要でしょう。

ステップワゴン ハイブリッドとガソリン車の加速や静粛性、乗り心地の違いは?

静粛性やトルク感のある加速、上質な乗り心地ならハイブリッド車

ステップワゴンのハイブリッドとガソリン車を比較すると、静粛性や加速の力強さ、乗り心地のフラットさではハイブリッドが有利です。

モーターでの走行がメインとなるため、常にエンジンが回っているガソリン車より静かで振動も少なく抑えられています。

また起動と同時に最大トルクを発生するモーターの特性により、発進から力強く加速してくれる点もハイブリッドのメリットです。

更に乗り心地の面でも、ガソリン車より車両重量が100kg重いことがプラスに作用し、より重厚かつ快適な乗り心地を実現しています。

自然な加速と軽快な走りはガソリン車

ガソリン車はモーターを搭載しない分フロント荷重が軽く、ハンドリングが軽快です。

一方動力性能の点では、パワートレインのスペックがハイブリッドに劣る分、実際の加速性能も一歩を譲ります。

しかしガソリン車はターボエンジン特有のパワーの盛り上がりがあり、体感的な気持ち良さはハイブリッド以上です。

ただし乗り心地の点では、振動の大きさも含めハイブリッドのレベルには達していません。

ステップワゴン ハイブリッドとガソリン車どちらが売れているか?販売の比率を公開

現行ステップワゴンは2022年5月に発売されたばかりなので、参考までに先代ステップワゴンのハイブリッドとガソリン車の販売比率を紹介します。

当サイト(クルマを買う!)で2017年9月~2019年6月にかけて集計してきたステップワゴンの販売台数データを基に、ハイブリッドとガソリン車の販売比率をまとめました。

  • ステップワゴン ハイブリッド 41,112台 39.1%
  • ステップワゴン ガソリン車 64,242台 60.9%

1年9カ月のトータルでは、ガソリン車の方がハイブリッドの約1.5倍多く売れています

ステップワゴン ハイブリッドとガソリン車、下取りが高いのはどっち?

ステップワゴンを売却または下取りに出す場合、ハイブリッドとガソリン車ではどちらが有利でしょうか?

2020年業者オークション相場から、それぞれの2年落ち下取り相場を比較してみます。

比較項目スパーダ ハイブリッドG ホンダセンシングスパーダ ホンダセンシング(ガソリン車)
2年後の下取り価格269.4万円(78.6%)244.5万円(83.7%)

※カッコ内は当時の新車価格に対しての残価率です。

ガソリン車の方がハイブリッドより5%ほど高リセールとなっています。

現行ステップワゴンもガソリン車の販売比率が高い傾向があるので、リセールもガソリン車が有利と見て良いでしょう。

ステップワゴン ハイブリッドとガソリン車のメリットは?

グッド

ステップワゴン ハイブリッドの長所・メリットは?

  • ガソリン車より4割ほど燃費がいい
  • モーターメインで走行するため振動・騒音が小さい
  • 中低速トルクが太く発進から力強く良く加速する

ステップワゴン ガソリン車の長所・メリットは?

  • ハイブリッドより車両価格が安い
  • 運転フィーリングが自然で軽快な走りを楽しめる
  • 4WDの設定があるため雪国のユーザーに対応する

ステップワゴン ハイブリッドとガソリン車の欠点・弱点は?

バッド

ステップワゴン ハイブリッドの短所・デメリットは?

  • 燃費の良さでガソリン車との差額を取り戻すのに時間が掛かる
  • 4WDの設定がないので雪国などでは不利
  • 走りの自然さや軽快感でガソリン車に一歩を譲る

ステップワゴン ガソリン車の短所・デメリットは?

  • 燃費が悪くガソリン代が嵩む
  • 振動や騒音がやや大きい
  • 乗り心地がハイブリッドほど良くない

買うならステップワゴン ハイブリッドとガソリン車どっち?

ここまでステップワゴンのハイブリッドとガソリン車の違いや長短・メリットデメリットについて、がっつり比較してきました。

端的に言いますと、価格の安さやリセールバリュー、走りの楽しさを重視するならガソリン車がおススメです。

一方で、ガソリン代を含む維持費の安さや、同乗者にも優しい乗り味を優先するならハイブリッドの選択が良いでしょう。

乗り味については自分自身だけでなく家族の好みもあるので、出来れば家族皆でディーラーに足を運び、両方とも試乗させてもらうことをおススメします。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

ステップワゴンの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイト(クルマを買う!)のステップワゴン値引き交渉マニュアルです。これを見た多くの方がステップワゴンを限界値引きで購入しています。

今月のステップワゴンの値引き動向も随時掲載しているので、ぜひご参考願います。

>>ステップワゴン値引き交渉マニュアル

-ステップワゴンの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.