ホンダ車の買取相場

ステップワゴン走行距離による買取額の違い

ステップワゴンの買取査定額を決める要因は、大きく分けて「年式」「グレード」「走行距離」となります。

ここでは走行距離によってステップワゴンの買取金額がどのくらい変わってくるのか?紹介していきます。

ステップワゴンを売る時の参考にどうぞ。

(※日本自動車査定協会の査定基準にそって算出しています)

ステップワゴン

新車から1年落ちのステップワゴン走行距離による買取金額の違い

走行距離1年落ちステップワゴン買取金額の増減
1万キロ0円
2万キロ-4万円
3万キロ-9万円
4万キロ-15万円
5万キロ-21万円
6万キロ-25万円
7万キロ-29万円
8万キロ-33万円
9万キロ-37万円
10万キロ-41万円

新車から1年を経過したステップワゴンの走行距離による買取金額の増減です。

新車から1年で1万キロなら、基本の査定金額に対して走行距離による金額の増減はありません。1年で2万キロ以上いなると、マイナス金額が多くなって行きます。

新車から2年落ちのステップワゴン走行距離による買取金額の違い

走行距離2年落ちステップワゴン買取金額の増減
1万キロ+4万円
2万キロ0円
3万キロ-3万円
4万キロ-8万円
5万キロ-14万円
6万キロ-20万円
7万キロ-24万円
8万キロ-28万円
9万キロ-32万円
10万キロ-36万円

新車から2年を経過したステップワゴンの走行距離による買取金額の増減です。

新車から2年では、1万キロの走行距離で4万円のプラス査定になります。2万キロで増減なし、2年で4万キロ走ると8万円のマイナス査定になります。

新車から3年落ちのステップワゴン走行距離による買取金額の違い

走行距離3年落ちステップワゴン買取金額の増減
1万キロ+7万円
2万キロ+3万円
3万キロ0
4万キロ-2万5千円
5万キロ-7万5千円
6万キロ-12万5千円
7万キロ-16万5千円
8万キロ-20万5千円
9万キロ-24万5千円
10万キロ-28万5千円

新車から3年経ったステップワゴンの走行距離による買取金額の増減です。

3年で3万キロでは、走行距離による買取金額の増減はありません。3年で1万キロなら7万円のプラス査定になります。

3年で6万キロだと12万5千円、基本の査定金額から引かれてしまいます。12万は大きいですね。

新車から4年落ちのステップワゴン走行距離による買取金額の違い

走行距離4年落ちステップワゴン買取金額の増減
1万キロ+10万円
2万キロ+6万円
3万キロ+2万円
4万キロ0円
5万キロ-3万円
6万キロ-8万円
7万キロ-12万5千円
8万キロ-16万5千円
9万キロ-20万円
10万キロ-23万円

新車から4年経ったステップワゴンの走行距離による買取査定額の増減です。

4年で2万キロの走行距離なら6万円のプラス査定になります。4年で2万キロだと月平均で416kmの走行距離になります。ステップワゴンに乗るのが週末メインの人はこの辺りの距離になりそうですね。

新車から5年落ちのステップワゴン走行距離による買取金額の違い

走行距離5年落ちステップワゴン買取金額の増減
1万キロ+10万5千円
2万キロ+7万5千円
3万キロ+3万5千円
4万キロ0円
5万キロ0円
6万キロ-5万円
7万キロ-9万円
8万キロ-13万円
9万キロ-16万円
10万キロ-19万円

新車から5年経ったステップワゴンの走行距離による買取金額の増減です。

5年で4万キロだとマイナスにはなりませんが、プラス査定にもなりません。5年5万キロも同様です。

新車から5年で8万キロ乗ると、10万を超えて13万円のマイナス査定になってしまいます。

新車から6年落ちのステップワゴン走行距離による買取金額の違い

走行距離6年落ちステップワゴン買取金額の増減
1万キロ+10万5千円
2万キロ+8万5千円
3万キロ+4万5千円
4万キロ0円
5万キロ0円
6万キロ-2万5千円
7万キロ-5万5千円
8万キロ-8万5千円
9万キロ-11万円
10万キロ-13万5千円

新車から6年経ったステップワゴンの走行距離による買取金額の増減です。

新車から5年までは年平均1万キロで、買取金額の増減はありませんでしたが、6年になると6万キロでも2万5千円のマイナス査定になってしまいます。

新車から7年落ちのステップワゴン走行距離による買取金額の違い

走行距離7年落ちステップワゴン買取金額の増減
1万キロ+9万円
2万キロ+9万円
3万キロ+5万5千円
4万キロ+1万5千円
5万キロ0円
6万キロ-1万円
7万キロ-4万円
8万キロ-7万円
9万キロ-9万円
10万キロ-11万円

新車から7年落ちのステップワゴンの走行距離による買取金額の増減です。

7年乗って3万キロの走行距離なら、5万5千円のプラス査定です。年平均の走行距離にすると4285kmです。年間で4千キロの走行距離はミニバンではかなり少ない方なので、中々該当する人は少ないのではないでしょうか。

新車から8年落ちのステップワゴン走行距離による買取金額の違い

走行距離8年落ちステップワゴン買取金額の増減
1万キロ+7万5千円
2万キロ+7万5千円
3万キロ+6万円
4万キロ+3万円
5万キロ0円
6万キロ0円
7万キロ-2万5千円
8万キロ-5万5千円
9万キロ-7万5千円
10万キロ-9万5千円

新車から8年乗ったステップワゴンの走行距離による買取金額の増減です。

8年で10万キロ走行すると、9万5千円のマイナス査定になります。走行距離による増減幅は最大でも17万円になるので、高年式と比べると大分増減幅は少なくなってきました。

新車から9年落ちのステップワゴン走行距離による買取金額の違い

走行距離9年落ちステップワゴン買取金額の増減
1万キロ+7万円
2万キロ+7万円
3万キロ+7万円
4万キロ+4万5千円
5万キロ0円
6万キロ0円
7万キロ-1万円
8万キロ-3万円
9万キロ-5万円
10万キロ-7万円

新車から9年落ちのステップワゴンの走行距離による買取金額の増減です。

9年で5万キロと6万キロでは、プラスマイナスゼロ査定です。9年で4万キロなら4万5千円のプラス査定、9年9万キロでは、5万円の減額となります。

新車から10年落ちのステップワゴン走行距離による買取金額の違い

走行距離10年落ちステップワゴン買取金額の増減
1万キロ+7万円
2万キロ+7万円
3万キロ+7万円
4万キロ+4万5千円
5万キロ+1万5千円
6万キロ0円
7万キロ0円
8万キロ-2万円
9万キロ-4万円
10万キロ-6万円

新車から10年経ったステップワゴンの走行距離による買取金額の増減です。

新車から10年ステップワゴンに乗って、5万キロなら1万5千円のプラス査定です。6~7万キロでは増減はなし、8万キロ以降でマイナス査定になり、10年10万キロでは6万円のマイナス査定ですね。

新車から10年以上のステップワゴン走行距離による買取金額の違い

走行距離10年以上のステップワゴン買取金額の増減
1万キロ+7万円
2万キロ+7万円
3万キロ+7万円
4万キロ+4万5千円
5万キロ+1万5千円
6万キロ0円
7万キロ0円
8万キロ-1万5千円
9万キロ-3万5千円
10万キロ-5万5千円

新車から10年以上経ったステップワゴンの走行距離による買取金額の増減です。

新車から10年以上経つと、走行距離による買取金額の増減よりも、その車両自体の状態によって買取金額が左右されるでしょう。

定期的にきちんとメンテナンスされていて、不具合のない状態なら、走行距離が15万キロを超えていても買取金額は付きます。

反対に外装や内装の状態が酷く、修理が必要な車両であれば、走行距離が10万キロ以下でも値が付かないか、付いても数万円と言う場合も出てくるでしょう。

なるべくきれいにステップワゴンを維持して行けば、年数が経っても良い金額で買取ってくれる可能性が高くなります。

ステップワゴンを本当に高く売るなら、当サイトのステップワゴン高価買取りマニュアルをご覧ください。初心者でもかんたんに買取店の買取相場の上限でステップワゴンを売るノウハウを管理人が紹介しています。

-ホンダ車の買取相場
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.