ジェイドのレポート

ストリーム購入記!ストリーム値引きレポート-たくさん

ストリーム アイキャッチ

ストリームの購入データ

契約日
平成20年1月6日
ネーム 年齢 性別
たく/30代前半/男性
商談地
北海道
購入グレード
ストリーム 1.8X 4WD
メーカー
オプション
スタイルエデション、セキュリテイエデション
ディーラー
オプション
他装備付属品
純正ギャザズHDDナビ(アンテナ含)、リアカメラ、スタッドレスタイヤBSレボ2、アルミホイール(社外品)、フロアマット、リモコンエンジンスターターディーラー オプション
オプション総額
568,290円
車庫証明
計上
納車費用
計上
車両本体価格
からの値引き額
308,747円
オプションからの値引き額
163,658円
無料サービス品名と総額
スノーブレード計3本、ガソリン満タン

14,490円

値引き合計額
486,895円ストリーム 値引き合計額
購入総額
(下取り分含まず)
2,575,000円
下取り車
ホンダ ステップワゴン 2.0L 平成16年式 30,738キロ パールホワイト AT
下取り車の価格
1,400,000円
下取り車の売却先
ディーラー (45秒のオンライン無料査定)

値引き交渉レポート!

春に新居に引っ越すことになり、車庫付きなのですが、車高の高いステップワゴンは入らず何か勿体ない気持ちでした。

そして燃費の悪さ、後部片側ドアの不便さなどあってミニバンを検討していたところ、ストリーム、プレマシー、クロスロード、フィールダーなど候補で考えておりました。

たまたま、正月休みで時間を持て余していたところ、ホンダのDMを見て福袋欲しさに行こうか?と言う話しになり、ディーラーへ。

市内に以前ステップワゴンを買ったディーラーに行こうと思ったのですが、先日買った担当者が本社に異動になったため担当者が変わった連絡があったのですが、その担当者からも何も年末のカレンダーも無し、連絡も無しで、このディーラーはもういいということで、ホンダ販売の別の市内のディーラーに行くことに。

ここのディーラーは年始なのか、かなり大勢のお客様で一杯でショールームに入っても誰にも相手にされず、外に展示してあるストリームを家族で中に入ったり物色してました。

雪の降るなか寒くなり、誰も来ないからもう帰ろうと話ししてたとき、営業マンが走ってきてくれました。

「この車の燃費は?」と妻の質問で「このクラスではトップクラスの燃費、街中は・・・。」と説明して頂き、「じゃあ、とりあえずストリーム試乗してみますか?スーパーの試食も食べなきゃ解らないでしょう?」と。

早速みんなでストリームを試乗。ハンドルは私が握りスタート。1.8RSZでした、加速の良さに
「おっ!」とまず感じました。そして低重心のよさなのか、安定した走り。悪くないなっていうのが感想でした。

そして営業マンさんと世間話していると、なんと自分の職場からもこの営業マンさんから買った身近な人が何人かいて驚きました。職場の話しで盛り上がりました。

とりあえず、ストリームの見積もりをだして頂きグレードは1.8ナビエデション4WDにして付属品はマット、エンジンスターター、CPC、スタッドレス(スチール込)、ワンセグチュナーで車両の値引きは計2315000円、「このナビエデションは出たばかりのタイプ」とのことで、そんなに引けないけども、お正月とのことで20万円。

付属品は約28万円で付属品はすべて2割引しますと。そしてお正月用品プレゼントで5万円引きで約12万ちょっと。合計32万円。

下取りにはステップワゴン(16年車)が頑張って140万まで出します。とのこと。

差し引き支払額は端数を切って123万円。正直悪くは無くOKしようかと思いましたが、いきなりで今日は持ち帰って考えると告げる。

営業マンさんは、「明日(日曜日)までの見積もりです。明日まで決めないと無理」と。
要は123万円はお正月プライスらしい。

もちかえり、ストリームのカタログ、オプションカタログ、見積もりをじっくり吟味。
「ナビエデションは出たばかりだから引けない。では、1.8LのXではどうだろうか?」

と作戦を練る。

そして、下取りを買い取りセンターにも依頼。ステップワゴンの評価が本物か知りたかった。

次の日、買い取りセンターの出張査定を受ける。
今なら150万円とのこと。しかし納車(3月)までは150万では出せないとのこと。

しかし買い取りサンはステップが気に入ったようで是非、ウチで!といわれ、一度帰り上司と調整するので待ってくれと。後ほど連絡をもらう約束をした。

昼過ぎ、ディーラーに行く前に連絡あり、145万で頑張りたい。しかし3月下旬までは待てない。その時は代車も用意します。ディーラーの交渉の武器にしようと考えました。

ディーラーに行くと今日もお客でいっぱい。昨日の営業マンさんも接客でしばらく待たされる。
そして交渉へ・・・。

「ナビエデションからXにすると、もう少し頑張れませんか??」とお願いすると、「わかりました」としばらく席をはずれ奥へ。そして見積もりパソコンを真剣にパチパチ。

そして昨日のスタッドレス(スチール込)で14万円の割高な付属品を「友達から調達します」を告げると、「ウチに任せて下さい」とカタログを持ってきた。アルミのカタログだった。
1本2万円。これこれから選んでください。と。

すると、タイヤ、アルミセットで11万でやりますと。大喜びをする。

ディーラーオプションで純正HDDナビ、リアカメラ、冬タイヤ、エンジンスターター、マットをお願いする。

営業マンさんはパソコンを触りながら、唸っている。昨日のナビエデションより高くなってしまうそうだ。営業マンさんは「昨日よりも安く・・・。」とパソコンを叩く。

「どうしてナビエデションから変えたのですか?」との質問。
「ナビエディションは出たばかりだから引けないと言われたからですよ」と告げると笑っていました。

そしてもう一つの理由に、後付ナビの方が私は好みだったのだ。どうもメーカーOPのナビは華やかさというのが無くて好かなかったんです。

そう話していると、すごい数字が・・・。
ストリームから付属品、車両、合計で、約45万円引きになり117万5千円になったのだ。

妻と大喜びする。しかし、よく見てると付属品にスノーブレードが入ってないのだ。

妻が「スノーブレードはあるのですか??」との質問に、営業マンさんは、しまった!って顔。

サービスします。と。そして極めつけにガソリン満タンをお願いすると「内緒ですよ」とOK!
2人で大喜びでした。

そして、契約書の作成中、営業マンさんはこの契約書、みんなに自慢してくださいといわれました。なぜかというと、ブレードのサービス分や下取り車査定料などカットしてもらいストリームから約48万6千円の値引き額になったのだ。

買い取りセンターの下取り145万円は、営業マンさんはここまで頑張ってくれたので言うのはやめてディーラーさんに下取りにしました。

営業マンさんからの一番の印象は「お正月休み、2日間も車屋さんにきて良かったと言って欲しかった」という言葉がなんか感動しました。

帰りも従業員さん、店長さんからも見えなくなるまで見送りして頂き本当にいいディーラーさんでした。お客さんで混んでいるのも営業精神からきてるんだなーってのが感じました。

最後に今日の契約では、昨日の他にセキュリテイパッケージも追加でつけました。

HDDナビ、アルミと昨日の見積もりより、かなり特にさせていただきました。付属品でかなり頑張ってくれたと思います。

ストリームの 納車が楽しみです。長々の長文読んで頂き有り難うございました。

こちらも参考に!ジェイドを安く買う値引き交渉術!

-ジェイドのレポート
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.