ジェイドのレポート

ホンダ ストリーム購入記!ストリーム値引きレポート-彩パパさん

ストリーム アイキャッチ

ストリームの購入データ

契約日
2009/01/25
ネーム 年齢 性別
彩パパ/30代後半/男性
商談地
茨城県
購入グレード
ストリーム 1.8 RSZ
メーカー
オプション
なし
ディーラー
オプション
他装備付属品
ドアバイザー、フロアマット(デラックス)、テールゲートスポイラー、カーゴマット(3列目シート用)、ラゲッジカバー
オプション総額
115,080円
車庫証明
計上
納車費用
カット
車両本体価格
からの値引き額
304,780円
オプションからの値引き額
16,750円
無料サービス品名と総額
納車費用

7,350円

値引き合計額
328,880円
購入総額
(下取り分含まず)
2,100,000円
下取り車
日産 スカイライン 2ドア25GTターボ 2500cc 1998年式 63,000キロ 青 MT
下取り車の価格
600,000円
下取り車の売却先
買取店 (45秒のオンライン無料査定)

値引き交渉レポート!

2008年1月

妻が妊娠していることが分かり、ファミリーカーへの乗換えを検討。以前からスカイラインは燃費が悪い、ガソリンがハイオク、MTなので妻には運転困難(実質不可能)、チューニング車のため乗り心地が悪い等妻には不満があったらしい。

2008年1月

買取店に出張査定してもらい、カーステ・カーナビは次の車に使用するので売らないと言う条件で92万の査定を頂き購入意欲に火がつき始める。

2008年3月

ホンダのディーラーを数件廻りストリーム1.8RSZ及び2.0RSZの試乗をし、かなり気に入る。このときディーラーでのスカイラインの査定52万-8万(不人気色)=44万(買取店とこんなに差があるのかと驚く)。

ただし、2008年に新車を購入すると妻の車(ライフ)と新車3年後の車検が同じ年になってしまうので新車購入は2009年にすることにする。(この決断がのちの後悔につながる)

2009年1月12日

ホンダのディーラーA店HPのスタッフ紹介コーナーを見ていたら、なんと以前私の職場に勤めていた後輩の写真が載っているのに気づく(都合よく営業担当)。

早速ホンダA店に行くと、後輩は他のお客さんの接客中。別の営業さんが対応してくれたが、上の空で聞いていると、30分ほどで後輩の接客が終わりこちらに声を掛けてくれた。

この時点でのストリーム グレード2.0RSZ値引き200,000円

しかも日産車には興味が無いらしくスカイラインには食いついてこないので買取店に売ることにする。

2009年1月20日

買取店に自宅まで出張査定に来てもらいスカイラインの査定をしてもらうと、なんと今回の査定44万。これでは2.0RSZどころか1.8RSZも購入できなくなる可能性があるので、妻のホンダライフ(2004/3登録13,000km)の査定をしてもらうと40万。

2台合わせても1年前のスカイラインの査定金額に届かないことにショックを受けつつ『検討します』と言い買取店に帰ってもらう。その後1時間ほどしてから先ほどの買取店からTELがあり、サンルーフ付のスカイラインを探しているお客さんがいるので、ぜひ売ってほしいというので妻とも相談し、結局60万にて売却。

2009年1月24日

以前妻(購入時は婚約者)がライフを購入したホンダB店に行きストリーム1.8RSZ(この時点で2.0RSZは諦め1.8RSZ一本やり)の見積をもらい、念のためライフの査定額を確認すると車を見ていないのではっきりとは言えないが30~40万。

また、ストリームの値引きは19万とのことなので多少強気で『私自身はお宅に義理があるわけではないので、本命はホンダA店(販売会社名は伏せた上で)です。お宅から購入する条件は値引きだけです。また他店でストリームを購入した場合は、ライフを下取りに出さなかったとしても車検は他店(ホンダA店)に出すのでそのことを考慮に入れた上で後日携帯に値引き額をTELしてください』と言い帰宅。

2009年1月25日

スカイラインを購入した日産A店に行きお付き合いでラフェスタ2.0ライダーの見積をもらうがやはり興味が無い。値引き25万(もう少しがんばるといっていた)。

妻に頼まれた買い物を済ませ、後輩のホンダA店にストリーム1.8RSZの見積依頼と念のため妻のライフの査定依頼をしにいく。

ライフの査定42万(ライフを売れば2.0RSZ VSAのオプションに手が届くのだが妻とは軽自動車に慣れているのでいきなりストリームだとぶつけるかもしれないので1年くらいライフとストリームを運転してなれてからライフを手放すと話をしていたので売るに売れない)。

後輩にホンダB店とも交渉中と伝え、2月1日か2月8日には契約をしたいので現段階の値引き額を尋ねると、『私は今月(1月)のノルマをクリアしているのだが営業所全体のノルマが達成できていないので、店長から軽自動車でも良いからあと1~2台営業所全体で1月登録する様言われているので1.8RSZだとメーカーにストックがあるので1月登録可能で値引きも店長に相談しやすいですが』と言うので『この場で即答は出来ないが家に帰って妻と相談すれば今日回答するよ』と元後輩に話すと、しばらく裏に行った後出た回答が値引き28万。家に帰り妻と相談するとかなり好印象。

自宅から日産A店に断りのTELをし、ホンダB店にA店のストリームの値引き金額を伝え(この時点での支払い総額約2,119,000円、TELを切る。

折り返しB店からTELがありストリームの総支払額2,100,000円で契約してくださいといわれたがA店でも同じ金額が出せると思い、いったん保留。

A店にTELをしてB店の条件を伝えると合わせますと言うのでこのあたりが潮時と思い、B店に断りのTELを入れ、その日の夕方自宅にて元後輩のA店とストリームを契約。

インターネットでは目標値引き30万となっていたが、1.8RSZでメーカーオプション無し、ディーラーオプションも(ドアバイザー、フロアマット、テールゲートスポイラー、カーゴマット、ラゲッジカバー)の115,080円と少なく(なんとオーディオレス)下取車も無い状態だったので値引き25万と持込ナビの取付を多少値引きしてくれれば良いほうだなと思っていたので満足しています。

ストリームの納車まで時間が無いので、これからインターネットショップでパイオニアカーナビAVIC-HRZ099・取付キットUA-H72D・フロントカメラND-FC100・バックカメラND-BC30・携帯電話接続ケーブルCD-H15・ビーコンユニットND-B6・オービスロムCNAD-OP02-2・ETCユニットND-ETC5を約25万円にて購入して元後輩のA店で約5万円で取付して貰う予定です。

ちなみにナビの取付費もネットショップに確認したら約5万円でした。

また、全額現金では購入できないので不足分はJ?バンクの自動車ローンを組みました。(金利2.1%)

最後にホンダA店のスタッフには大変無理を聞いていただいて有難うございました。B店の営業さん完全にダシに使ってしまってすみませんでした。でも約束通り今後のライフの車検はA店に切り替えさせて頂きます。

こちらも参考に!ジェイドを安く買う値引き交渉術!

-ジェイドのレポート
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.