スイフトの評価集

新型スイフトの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

スイフト 4WDの雪道性能を評価

スズキのコンパクトカー「スイフト」は、クラストップレベルの走行性能や充実した安全装備が魅力です。

販売の主力は2WD車ですが、一部グレードをのぞき4WD車も設定されています。

ここでは、スイフトの4WD車の実燃費や雪道での走行性能を徹底的に評価します!

スイフトの4WDグレードの価格は?

売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は?

当サイトが独自に実施した調査によると、スイフト・4WD車の売れ筋グレードはマイルドハイブリッドシステム搭載の上級グレード「ハイブリッドRS」となっています。

価格を同一グレードの2WD車と比較すると、157,300円高価です。

スイフト ハイブリッド RS 2WD 1,879,900円

スイフト ハイブリッド RS 4WD 2,037,200円

2WD車との価格差は、ライバル車よりもシンプルな4WDシステムを搭載するため、小さい方です。

4WD車と2WD車との仕様の違いは?

スイフト4WD車のボディスペック

スペック
スイフト ハイブリッド RS 2WDスイフト ハイブリッド RS 4WD
全高(mm)1,500
1,525
最低地上高(mm)120145
フロントトレッド(mm)1,4801,475
車両重量(kg)910
970

4WD車は雪道での走破性を向上させるため、全高が2WD車より25mm高められ、結果として全高も25mmアップしています。

また4WD車はフロント・トレッドが5mm狭くなっていますが、サスペンション形式やタイヤに違いはないので、理由は不明です。

そして、4WD車はプロペラシャフトなどの重量がかさむため、車両重量が2WD車より60kg重くなっています。

スイフト4WD車のパワートレイン&メカニズム

フルハイブリッド車のハイブリッドSZや、1.4Lターボエンジンのスイフトスポーツには4WD車の設定がありません。

4WD車が設定されているのは、マイルドハイブリッド車と1.2Lガソリン車です。

4WD車に限りリア・サスペンションにトーション・バー式スタビライザーが装備されるため、コーナリング時の安定性で有利になっています。

スイフト4WD車の装備

4WD車には、座面とシートバックを温めるシートヒーターが運転席のみならず助手席にも装備されるほか、鏡面の凍結を防ぐヒーテッドドアミラーが備わるなど、寒冷地での使用に配慮されています。

ライバル車との価格差は?

スイフト4WD車の最大のライバル車は?

スイフト4WDのライバル車としては、排気量が近い「ホンダ・フィット4WD」をあげるのが妥当でしょう。

スイフトのハイブリッド RSと競合するフィットのグレードは、1.3Lガソリン車の上級グレード「ネス」です。

価格はスイフト・ハイブリッド RSの2,037,200円に対し、フィット・ネスは38,500円高い2,075,700円となっています。

パワートレインの違いは?

スイフト・ハイブリッドRSに搭載されるパワートレインは1.2Lガソリンエンジン+電気モーター、フィット・ネスに搭載されるのは1.3Lガソリンエンジンです。

スペック
スイフト ハイブリッド RS 4WD

フィット ネス 4WD

最高出力(ps)91
98
モーター3.1--
最大トルク(kgm)12.012.0
モーター5.1--
車両重量(kg)970
1,170

エンジンの最高出力はフィットが勝るものの、スイフトにはモーターのアシストがあるうえ車両重量が200kgも軽いので、加速性能はスイフトが優れています。

装備の差は?

スイフトのみに付く主な装備は、以下のとおり。

  • リヤフォグランプ
  • 運転席・助手席シートヒーター
  • 本革巻ステアリングホイール
  • パドルシフト
  • リモート格納ドアミラー

一方、フィットのみに付く主な装備には以下のものがあります。

  • 親水 / ヒーテッドドアミラー
  • PTCヒーター
  • 熱線入りフロントウィンドウ
  • プラズマクラスター搭載フルオートエアコン

それぞれ一長一短があり、トータルでは互角といったところでしょう。

スイフト・4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費の差は?

スイフト・ハイブリッドRS・4WD車の燃費性能は、カタログ燃費(WLTCモード)が19.6km/L、当サイトの調査による実燃費は18km/Lとなっています。

実燃費達成率は91.8%で、カタログ燃費との差はかなり小さい方です。

2WD車との実燃費の差は?

当サイトの調査によると、スイフト・ハイブリッドRS・2WD車の実燃費は17.3km/Lです。

カタログ燃費では1.4km/L劣る4WD車が、実燃費では逆に0.7km/L良い数値になっています。

恐らく、4WD車のユーザーは信号の少ない地方在住者が多いなどの理由で、このような結果になったのでしょう。

ライバル車との実燃費の差は?

フィット・ネスの4WD車の実燃費は、販売台数が少ないためか検証データがありません。

そこでカタログ燃費×0.9で計算すると、17×0.9=15.3km/Lという数値が出ました。

仮にフィットがカタログ燃費をマークできたとしても、スイフトの方が1km/L燃費が良いことになります。

スイフト・4WD車の雪道の走行性能は?

スイフトの4WDはどんなシステム?

スイフト4WD車の概要

スイフトに採用されている4WDシステムは、ビスカスカップリングを用いたパッシブオンデマンド式です。

ライバル車は、より高度な電子制御カップリングを用いたアクティブオンデマンド式4WDシステムを採用するケースが多いため、スイフトは見劣りがしてしまいます。

スイフト4WD車の制御

通常はFFで走行し、前輪がスリップして前後輪に回転差が生じると、ビスカスカップリングの働きにより後輪にトルクを伝達し、4WD走行に移行します。

スイフト・4WD車の雪道での実際の走行性能は?

スイフト4WD車の発進・加速時

スイフト・2WD車と比較した場合、アイスバーンなど滑り易い路面での発進・加速時の安定性は、遥かに優れています。

2WD車は、どれほど性能の良いスタッドレスタイヤを履いていたとしても、発進時の盛大なホイールスピンと左右への蛇行は避けられません。

しかし、4WD車はホイールが最小限に抑えられる上、思った通りの方向に進むことができます。

ただし、前輪のスリップ傾向を検知した瞬間に4WD走行に切り替わるアクティブオンデマンド式4WD車と比べると、切り替わる際のタイムラグがやや気になります。

スイフト4WD車の登坂・降坂時

4WD車は滑り易い雪の坂道にも強く、特に途中で一旦停止した後で再発進するようなシチュエーションでは、そのまま身動きができなくなってしまう可能性がある2WD車に大きく差を付けます。

また、一旦4WD走行に移行してしまえば、パッシブオンデマンド式特有の欠点も気になりません。

一方、下り坂では、2WD車と同様に前輪にしかエンジンブレーキが効かないケースが多いため、車両重量が重い分むしろ不利になります。

スイフト4WD車の通常走行時

雪道

乾燥路と雪道が交互に現れる路面状況では、2WDと4WDが度々切り替わりますが、その際は前輪が滑ってからはじめて後輪に駆動力が掛かる、ビスカスカップリング式特有の癖がやや気になります。

しかし、2WD車と比べれば遥かに安心感がありますし、元々のシャシー性能が高いので、コーナリング時もオーバースピードにさえ気を付ければ素直に曲がってくれます。

スイフト・4WDのまとめ

スイフト・4WD車の雪道での走行性能は、4WDシステムがプリミティブであるため、コンパクトカークラスの4WD車の中で平均レベルかそれ以下に留まります。

また、最低地上高は2WD車よりも高められているとはいえ、145mmという数値は余裕十分とは言えません。

しかし、「生活4駆」と割り切って無理な走行をしなければ、十分実用にはなってくれます。

一方、燃費性能はハイブリッド方式だけあって良好で、ガソリン代をあまり気にせず乗り回せるのが嬉しい点です。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

スイフトの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのスイフト値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がスイフトを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のスイフトの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>スイフト値引き交渉マニュアル

-スイフトの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.