スズキ中古車

スイフトのおすすめ中古車情報!安い狙い目とお得な買い時を教えます

スイフトの中古車情報!

他メーカーのコンパクトカーと比べて、スポーティな性格を持つスズキのスイフト

スイフトスポーツをラインナップしている事から、非常にコアなファンが多い車でもあります。

そんなスイフトスポーツの中古車含め、実はお得に買える狙い目や探し方があります。

当サイトでは、中古車販売店が中古車を仕入れるオートオークション相場から、スイフトの中古車が安く買える条件や高く手放すタイミングも含めて、お得な中古車の買い方を紹介します

スイフトの中古車購入にお役立てください。

お得な中古車をかんたんに探す方法

ガリバーの中古車ご提案サービスなら、希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「維持費が安くて総額100万以内に収まる車を探して」などと言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、何でも相談してみるといいでしょうね。

【中古車のガリバー】中古車購入

お得な非公開車両を見てみる

この記事の目次

5秒で確認!スイフトの中古車相場

スイフトの各モデルの中古車相場です。

モデル(生産年月)によって中古車相場が変わるので、後述する買い時や狙い目の中古車を紹介する時の予備知識として確認しておいてください。

現行型スイフト(ZC83S/ZC43S/ZC53S/ZC13S型)スイフトスポーツ(ZC33S型)の中古車相場 2016年12月~販売中

4代目スイフトの中古車相場

80~248万円

3代目スイフト(ZC72S/ZD72S型)スイフトスポーツ(ZC32S型)の中古車相場 2010年9月~2016年11月生産

3代目スイフトの中古車相場

24~198万円

2代目スイフト(ZC11S/ZD11S/ZD21S型)スイフトスポーツ(ZC31S型)の中古車相場 2004年11月~2010年8月生産

2代目スイフトの中古車相場

8~165万円

初代スイフト(HT51S型)スイフトスポーツ(HT81S型)の中古車相場 2000年1月~2004年10月生産

初代スイフトの中古車相場

1~75万円

・近所の中古車販売店を検索

これが狙い目!お得で格安なスイフト中古車の選び方

スイフトの中古車には定価がなく、車のコンディションや年式、走行距離、グレード、カラー、需要などで中古車価格が決まります。

ここでは様々な条件を満たす事で、割安なスイフトの中古車が探せるその”狙い目”を紹介します。

ホワイトパールとブラック以外のボディカラーを選ぶとスイフトの中古車は割安

お得なボディカラー

スイフトの中古車オークション相場を見ると、ホワイトパールとブラックの人気2カラーが安定して高く、その他のカラーは若干落ちてしまいます。

オークションから仕入れる中古車販売店は、人気2カラー以外は若干安く仕入れられるため、その分中古車販売価格は割安となります。

ホワイトパールとブラック以外の色でスイフトの中古車を探すと、割安な購入に繋がります。

特にRSグレードは、色の違いによる価格差が他グレードより大きめなので、RSで白黒を外せば安く買えるでしょう。

スイフトスポーツならボディカラーによる割安感が高い

標準のスイフトよりも、スイフトスポーツの方が、カラーによる買取相場の差が大きいです。

人気で相場が高いのが、やはりホワイトパールとブラックの2色です。

この人気2色に比べて特に相場が安いのがシルバーです。シルバーのスイフトスポーツは、中古車購入ならお得感が高いでしょう。

イメージカラーで流通台数が白黒よりも多いイエローは、人気2色とシルバーのちょうど中間位の相場です。

中古車台数が多いので、ホワイトパールやブラックよりも割安で買える事に加えて、幅広い条件でスイフトスポーツの中古車を探せるでしょう。

MT(マニュアル)のスイフトは中古車価格が安い

スイフトにはMT(マニュアル)が用意されているグレードが多いですが、AT・CVTと比べると、リセールバリューは低くなっています。

その分、中古車でスイフトのマニュアルを買うと割安となるため、マニュアルの中古車を探しているなら、スイフトはおすすめ出来ます。

ただし「スイフトスポーツ」と「RS」のMT(マニュアル)は高い

スイフトのMT(マニュアル)でも、「スイフトスポーツ」と「RS」のマニュアルは別枠で、CVT・AT(オートマ)よりもリセールバリューが高いです。

やはりスポーツ色の強いスイフトスポーツやRSは、中古車市場でのMT需要が強く、オークション相場も高めとなっています。

この2グレードの中古車なら、マニュアルよりもCVT・ATの方が割安で購入出来るので、マニュアルにこだわりが無ければ、CVT・ATがおすすめとなります。

4WDのリセールは高め、2WDの割安感に注目

スイフトの中古車相場を業者オークションデータで調べてみると、2WDより4WDの方が残る相場の価値が高い事が分かります。

スイフトの4WD中古車は、売る時は高く売れますが、中古で買うにはその分割高となってしまいます。

特に相場が多く残っている高年式・低走行になるほどその差が大きいので、100万円以上の価格帯のスイフト4WDは、中古車では割高感があるので、おすすめし難いのが正直なところです・・・

ただ、中古車価格帯が下がって行けば4WDと2WDの相場の差が縮まってくるので、40万~60万円辺りの価格帯の4WDを狙ってみても良いでしょうね。

反対に2WDは4WDと比べて、中古車購入では割安なので、冬をスタッドレスタイヤやチェーンで乗り切れるなら、2WDのスイフトも視野に入れるとお得な買い物が出来ます。

スイフトの寿命は25万~30万キロ!過走行のスイフト中古車を格安で購入しよう

スイフトの中古車の寿命はどの辺りにあるのでしょうか。

オートオークションで取引されているスイフトの走行距離で推測すると、20万キロ以上走行しているスイフトが、過去3ヵ月で130台ほど取引されています。

20万キロ台後半の中古スイフトも多数あり、そのほとんどが不動車ではない事から、20万キロ台ではまだまだスイフトは現役で走る事が可能でしょう。

30万キロオーバーのスイフトも6台ほど確認できますが、さすがに数が少なくなっています。

20万キロ台後半のスイフトが確認できる事から、スイフトの寿命は25万~30万キロ程度と考えられます。

一般的に10万キロを超えると、その中古車は「過走行車」のイメージが付きます。

その分中古車価格が安くなるのですが、スイフトの寿命が25万キロと考えると、10万キロならまだまだ走れる状態と言えます。

あえて10万キロオーバーの中古スイフトを選択肢に入れる事で、予算内で購入出来る範囲がグッと広がるでしょう。


5年落ち5万キロのスイフト スポーツ(MT)車両価格 119万円
5年落ち10万キロのスイフト スポーツ(MT)車両価格 76万円
差額43万円

過走行のスイフト中古車

⇒走行距離10万キロのスイフト中古車はこちら

スイフトの修復歴あり中古車は安いけど買っても大丈夫?

修復歴ありのスイフトの中古車は、修復歴なしの中古車と比べて、10万~30万円ほど安く買えます。

スイフト標準車の中古車価格修復歴ありによるマイナス額
~50万円約-10万円
50~100万円約-15~20万円
100万円以上約-20~30万円

※スイフトスポーツのマイナス額はさらに大きく、上記に+10万円ほどのイメージ

年式が新しく価値が高い=中古車の価格帯が高いほど、修復歴ありによるマイナス幅は大きくなります。特にスイフトスポーツの修復歴ありと無しでは、マイナス額はさらに大きくなります。

逆に言えば、修復歴ありの高年式・低走行のスイフト中古車は、相場よりもかなり割安で購入出来るでしょう。

しかし、修復歴ありの中古スイフトは、走行中に不具合が出ないか心配だと思います。

真っすぐ走っていても左右どちらかにハンドルを取られたり、ボディからの異音や隙間からの風の侵入、雨漏りや錆びなど、様々な不具合が無いとは言えません。

しかし、修復歴ありのスイフトでも、その内容によっては、不具合が出る可能性が極めて少ない箇所があります。

フロントの大きな事故や横からの衝突で起きた修復歴は敬遠した方が無難ですが、後ろからの軽微な修復歴は、走行にほとんど影響がありません。

車庫入れ中にポールに気付かずリアバンパーをぶつけてしまい、バンパー内部が押されてリアのパネルが僅かに歪んでしまった、なんて場合も修復歴に該当します。

この程度であれば、走行には支障が無いので、相場よりもかなり安ければあえて狙って購入するのも良いかもしれません。

修復歴の内容は、店舗に確認するのはもちろん、オークションから仕入れた車両なら、お店の人からオークションデータを見せてもらい判断しましょう。

修復歴ありのオークションデータ
※上記オークションデータは後方のみの修復(XX=交換済み)で収まっています

スイフトの中古車はスポーツ系より標準車の方が割安感があっておすすめ

割安感のあるスイフトの中古車

スイフトのリセールバリュー(買取相場)をグレード毎に調べると、以下の順位になります。

1位 スイフトスポーツ
2位 スイフトRS系
3位 4WD
4位 上記以外の標準グレード

リセールバリューは、売却時の金額から新車時の価格を割ったパーセンテージです。このリセールバリューが高いほど、売却時に高く売れる事になります。

逆にリセールが悪いグレードほど、中古車では割安に購入出来る事になります。

スイフトでは、スポーティグレードと4WDのリセールが高くなっているので、これら以外の標準グレードの中古車なら割安で購入する事が出来るでしょう。

中古車からの値引きを成功させるためにしたい事

中古車を安く買うために、一番値引きに効くのが下取り車を高く売る事です。

ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに出す事は、実は一番損をしている可能性があります。

下取り車は決まった買取金額が無いので、複数の買取店に査定してもらい、査定金額を競ってもらわないと高く売れません。

複数の買取店と連絡を取って、査定のアポを取るのはかなりの手間ですが、下記の一括査定サービスなら簡単に出来てしまいます。

そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上高くなることも珍しい事ではありません。いくらで売れるのか、まずは調べてみても良いでしょうね。

ネットで愛車の概算価格が分かるナビクル車査定です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

愛車の概算価格が分かる

【予算別】スイフトのおすすめ中古車はコレ!

予算別おすすめスイフト中古車

当サイトの予算別スイフトのおすすめ中古車を紹介します。

30万円以下の激安スイフトの中古車

中古車価格30万円以下のスイフトの中古車流通台数は、以下の通りです。

初代スイフト 53台
2代目スイフト 257台
3代目スイフト 4台
⇒30万円以下の激安スイフトを検索

30万円以下のスイフト中古車で、激安を探すなら2代目スイフトがおすすめです。

初代スイフトでは、走行距離5万キロ以下で支払総額10万円台で見つかりますが、13年以上古い車体の低走行車は、エンジンが良くても周りの補器類が寿命を迎える事もあるので、あまりおすすめ出来ません。

メンテナンスがされてきた車両が前提ですが、年式なりにある程度走っている中古車の方がエンジンの調子がいい事が多いです。

2代目スイフトなら、修復歴なしで走行距離10万キロ前後のスイフト中古車が、総支払額20万円台で探せます。

修復歴ありなら10万キロ以下で複数探せるので、安く買って出来るだけ長く乗って乗り潰す、ならおすすめです。

また、2代目スイフトは輸出相場により過走行(20万キロ以上でもOK)や修復歴ありでも、現行型がフルモデルチェンジしない間(2代目が型落ちしない間)は、5万円前後の買取相場の底値が残っている場合があります。

10万キロ以上走行した2代目スイフトを総額20万円の激安で購入して、現行スイフトがフルモデルチェンジする前に売れば、5万円前後の買取金額が得られる可能性が高いので、距離を多く走る人ならコストパフォーマンスが高い買い方と言えるでしょう。

中古スイフトのお得な売却例

走行10万キロのスイフト1.3XGを20万円で購入

6万キロ乗って3年後に売却

走行16万キロのスイフト1.3XGを4万円で売却!

3年・6万キロ=16万円で乗れてお得!

50万円台までの格安スイフトの中古車

中古車価格が30万~50万円台までのスイフトの中古車流通台数は以下の通りです。

初代スイフト 29台
2代目スイフト 520台
3代目スイフト 59台
⇒30万~50万円の格安スイフトを検索

30万~50万円台までの予算で、スイフトの中古車をお得に買える狙い目を探ってみましょう。

まず、一番台数が多いのが2代目スイフトの中古車です。

2代目の標準グレードなら、修復歴なしで走行距離5万キロ以下が探せますし、走行距離の他にもカラーやグレードでこだわって探せるほど予算内で選択肢があるので、2代目スイフトの中古車が買い時のタイミングと言えるでしょう。

走行距離が10万キロをオーバーしても良いなら、修復歴なしのスイフトスポーツも予算内に入ります。

マニュアルのスイフトスポーツなら、年数が経っても価値が残りやすいので、数年後の買い替え時も有利になります。

仮に以下の車両を3年間、3万キロ乗ったとして、3年後の買取相場を見てみましょう。(その間相場が下がる要因のフルモデルチェンジが入らないと仮定する)

11年落ち スイフト スポーツ(5MT)
8.8万キロ イエロー 修復歴なし 総支払額49.8万円

3年後の買取相場
14年落ち 11.8万キロで10~20万円

3年後までにスイフトにフルモデルチェンジが入らないと仮定すると、現在の相場から10~20万円の買取金額が期待できます。

もちろん3年以上乗り続けてもいいですが、3年後に買い替えても相応の相場が残るので、その後のカーライフの選択肢が広がります。

かなり多く距離を走るなら3代目スイフトがお得

また、2代目より新しい3代目スイフトも数は少ないながら、この予算内に入る中古車があります。

3代目スイフトの輸出相場による底値は2代目より高いので、距離を多く走る人は狙ってみるのも良いかもしれません、

7年落ち スイフト1.2XG
11.8万キロ レッド 修復歴なし 総支払額37万円

3年間8万キロ乗った後の買取相場
10年落ち 20万キロで15~25万円

現行スイフトがフルモデルチェンジするまでは、3代目スイフトの輸出相場により15~25万円の底値が期待できます。

底値が残っているうちに乗れるだけ乗って3代目スイフトを売れば、かなりのお得感があるでしょう。

また、この価格帯で格安なスイフトスポーツを探しているなら、ある程度台数がある初代の中から探せば、走行距離の少ない格安のスイフトスポーツが探せます。

50万~100万円のおすすめスイフト中古車

中古車価格が50万~100万円のスイフトの中古車流通台数は以下の通りです。

初代スイフト 12台
2代目スイフト 424台
3代目スイフト 742台
4代目スイフト 59台
⇒50万~100万円のスイフト中古車を検索

50万~100万円の価格帯だと、2代目と3代目スイフトの中古車が中心となります。

この予算内でも出来るだけ安く買いたいなら、2代目スイフトがおすすめになります。

標準グレードのスイフトなら、3万キロ前後の低走行車両が予算の下限で購入できます。

2代目スイフトスポーツなら、5万キロ以下の条件でも予算内で多くの中古車から選ぶ事が出来るでしょう。

予算上限まで使ってスイフトの中古車を探すなら、3代目スイフトがおすすめです。

1.2RSなら走行距離5万キロ以下で、1.2XGなら3万キロ以下で良質なスイフトの中古車が探せます。

また、走行距離は10万キロ近くなりますが、3代目スイフトスポーツも予算内です。

スイフトスポーツなら、前述の通りリセールバリューが高いので、仮に数年後に買い替えても下取り金額が期待できます。

4年落ち スイフト スポーツ(6MT)
7.4万キロ ホワイトパール 修復歴なし 総支払額99.9万円

3年・3万キロ乗った後の買取相場
7年落ち 10.4万キロで45~55万円

3年間でスイフトにフルモデルチェンジが入らない前提で、上記の買取相場が残ります。

現行型がフルモデルチェンジされると、3代目スイフトの買取相場も下落するので、モデルチェンジのタイミングで「売却/買い替えor乗り続ける」を一度検討すると良いでしょう。

100万円以上のおすすめスイフト中古車

中古車価格が100万円以上のスイフトの中古車流通台数は以下の通りです。

2代目スイフト 34台
3代目スイフト 670台
4代目スイフト 932台
⇒100万円以上のスイフト中古車を検索

100万円以上の予算になると、現行型のXGの未使用車が110万円前後で買えるため、3代目の低価格帯のグレードを選ぶメリットは少なくなります。

100万円以上の予算の中で、出来るだけ安く程度の良いスイフトの中古車を探すなら、4代目現行型のスイフトがおすすめです。

4代目スイフトのXGなら1万キロ以下の条件で、110万円以下から探せます。

100万円以上の予算でグレード等条件に拘りたいなら、3代目スイフトで幅広く選ぶことが出来るでしょう。

3代目スイフトの「1.2RS」の中古車なら、2万~5万キロの走行距離で、総支払額100万円で探せます。

また、3代目スイフトスポーツなら、100万円台前半で5万キロ以下の中古車が探せます。

あまり予算を多く取ると、新車のスイフトが買えてしまうので、新車まで行かない価格帯でお得感のあるスイフトの中古車を購入したいですね。

スイフトの新古車は新車に比べてお得か?

新古車とは、明確な定義はありませんが、概ね走行距離が1000キロ以下の新車に近い中古車と言う意味合いです。

中には走行距離がほぼゼロキロの未使用車もありますが、ここでは新古車に含めて解説します。

では、中古車販売店で売られているスイフトの新古車は、新車よりもお得に買えるのでしょうか?シミュレーションしてみました。

新車スイフト新古車スイフト(未使用車)
グレード名1.2XG1.2XG
車両本体価格1,343,520円1,198,000円
オプションなしメモリーナビ、フロアマット、ドライブレコーダー、サイドバイザー
諸費用166,165円184,000円
新車値引き▲150,000円交渉次第で可
総額
(乗り出し価格)
1,359,685円1,382,000円

新車のスイフトと新古車を比較すると、新古車の方が約2万円ほど高くなりましたが、ナビやドライブレコーダー、マット、バイザーが含まれている事を考慮すると、新古車の方がお得感があります。

実際に購入するなら、新車のスイフトに新古車と同等のオプションを付けて、値引きも含めた総額で新古車と比較すると、損得勘定がしやすいでしょう。

仮に新車の方が安くなったとしても、新車の総額を新古車の販売店へ伝えて競合させれば、スイフトの新古車がさらに安くなる可能性が高いです。

番外として、業者オークションからスイフトの新古車をオークション代行で購入した場合の総額を見てみましょう。

オークション代行新古車スイフト(未使用車)
グレード名1.2XG
落札価格885,000円
オプションなし
消費税70,800円
落札手数料8,640円
オークション代行料32,400円
名義変更料約20,000円
陸送費用約20,000円
総額(乗り出し価格)1,036,840円

新車のスイフトの135.9万円に対して、オークション代行で購入すると、約32万円安い103.6万円で買う事が出来ます。

決算後の4月に調査したため、スイフトの未使用車が多くオークションに流れており、相場も安くなっています。

値引きを含んだ新車よりも、さらに30万円以上安く買えるなら、オークション代行でスイフトの新古車購入もアリですね。

中古車販売店で売られているスイフトの新古車も、上記の相場で仕入れている事が予想されるので、総支払額を見ると値引きの余地がありそうです。

スイフトの中古車・新古車をお得に買うには?

スイフトの中古車を買いたい!

中古車でスイフトを買う最大のメリットは、その購入価格でしょう。

中古車市場の中から吟味して探せば、低走行で程度の良いスイフトが新車と比べて数十万円安く買える事も珍しくありません。

しかし、そのためには数ある中古車販売店のスイフトの中古車在庫を1台1台比較して、お得感のある価格で買えるのかどうか、品定めをしないといけません。

また、価格の割に状態が悪い割高のスイフトが売られていたり、中古車購入では不安な「修復歴あり」の車両も含まれているので、それらの中古車は出来れば避けたいですよね。

程度が良くて、なおかつ割安なスイフトを見つけるには時間も掛かりますし、さらにスイフトの中古車相場等をある程度知っていないと、その中古車が本当にお得なのかどうかの判断が出来ません。

そこでおススメのサービスが、以下です。

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

車種が決まっていなくても「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

【中古車のガリバー】中古車購入

お得な非公開車両を見てみる

スイフトの新古車・未使用車も探してくれるので、新車よりもお得にスイフトを買いたい!のであれば、利用してみても良いかもしれません。

-スズキ中古車
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.