スイフトの評価集

新型スイフトの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

スイフトの人気グレード徹底比較

2020年5月にマイナーチェンジしたスズキ・スイフト。

ラインナップが変更されると同時に、安全装備が強化されたのが特徴です。

エンジンは1.2Lのガソリン / マイルドハイブリッド / ハイブリッドの3種類で、1Lターボはカタログ落ちしました。

そのスイフトの中でどのグレードを選べばいいのか?

価格や装備、安全性など、様々なポイントを比較しながらスイフトを紹介します。

スイフトの価格が一番安いグレードは?

スイフト XG スズキセーフティサポート非装着車 1,377,200円

スイフトの中で一番安いグレードは、XGのスズキセーフティサポート非装着車です。

ガソリンエンジン搭載グレードで、受注生産となっています。

このXG スズキセーフティサポート非装着車に最低限のオプションを付けて購入すれば、新車で一番安くスイフトを買う事が出来ます。

ではいくらで買えるのか、シミュレーションしてみましょう。

購入グレードスイフト XG スズキセーフティサポート非装着車
(スターシルバーメタリック)
車両本体価格1,377,200円
装着オプションフロアマット
オプション金額
14,795円
諸費用・税金
157,435円
▲200,000円
支払総額
1,349,430円

オプションは、フロアマットのみとしました。

目標の車両値引きを20万円とすると、支払総額は約135万円となりました。

フロアマットは通販なら半額程度で購入できますので、さらに安くなります。

カーナビは、ディーラーよりもカー用品店などで購入すると安くなる事が多いです。

ナビサイズが200㎜ワイド以外の場合、ディーラーオプションの交換ガーニッシュが必要です。

一つ上のグレードはXG (※スズキセーフティサポート付) で、車両価格はCVT車で1,540,000円です。

エンジンなどはXGと同じなので、主に安全装備の差となっています。

安全性は高くなりますが、支払額は162,800円上がります。

スイフト XG スズキセーフティサポート非装着車は、安全性を割り切ればリーズナブルな価格で乗る事が出来ますね。

スイフトの売れ筋のグレードは?

スイフト人気グレード

suzuki.co.jp/swift

スイフト ハイブリッド MG 1,633,500円

スイフトで一番売れているグレードは、マイルドハイブリッド車のハイブリッド MGです。

市街地や幹線道路などでの優れた燃費性能や、実用上十分な装備が人気の理由になっています。

エコクール、ステータスインフォメーションランプ、アイドリングストップなど、ハイブリッドシステム搭載車ならではの装備も魅力です。

マイルドハイブリッドモデルには、上級グレードのハイブリッド RSもあります。

246,400円高くなりますが、欧州仕様の足回りやエアロパーツなどが装着されるので、走りを重視される方に人気です。

スイフト ハイブリッド MGはいくらで買える?

スイフト ハイブリッド MGが値引きも含めていくらで買えるのか、今度は人気オプションをひととおり付けてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードスイフト ハイブリッド MG
車両本体価格1,633,500円
メーカーオプションピュアホワイトパール
全方位モニター用カメラパッケージ
メーカーオプション価格74,800円
ディーラーオプションドアバイザー
フロアマット
ドライブレコーダー
ETC車載器
ディーラーオプション金額210,595円
諸費用・税金135,435円
車両値引き▲200,000円
オプション値引き(20%)▲42,000円
支払総額1,812,330円

上記の仕様で、スイフト ハイブリッド MGの総支払額は約181万円となりました。

メーカーオプション価格には、特別色ピュアホワイトパールの22,000円も含まれています。

全方位モニター用カメラパッケージを追加しない場合は52,800円安くなります。

およそ180万円で、快適性が高く安全装備も充実したマイルドハイブリッド車が購入できるのは魅力ですね。

スイフト ハイブリッド MGの人気装備は?

ハイブリッド MGに付く装備の中で、特に人気の高いものを紹介しましょう。

ACC (アダプティブクルーズコントロール)

スイフト人気グレード

suzuki.co.jp/swift

先行車と適切な車間距離を保ちながら、自動追従走行する装備です。

全車速追従機能付なので、先行車が減速→停止すれば自車もそれに合わせて減速→停止します。

アクセルやブレーキのペダル操作が不要になり、車間距離を保つために気を張らずに済むので、心身両面で疲労が軽減するのが大きなメリットです。

XGのスズキセーフティサポート非装着車では、この装備も省かれてしまいます。

 

SRSサイド&カーテンエアバッグ

スイフト人気グレード

suzuki.co.jp/swift

衝突時に乗員を保護するSRSエアバッグは、運転席・助手席のデュアルエアバッグに加え、サイド&カーテンエアバッグも装備。

サイドエアバッグは側面衝突時に前席の乗員の上半身を保護、カーテンエアバッグは側面衝突時に前後席の乗員の頭部を保護します。

交差点で発生することの多い側面衝突事故対策として、欠かせない装備です。

XG スズキセーフティサポート非装着車は、サイド&カーテンエアバッグまで省かれてしまうので不安が残ります。

 

アイドリングストップシステム

マイルドハイブリッド方式のハイブリッド MGは、信号待ちでの無駄なアイドリングを抑えるアイドリングストップシステムを装備。

アイドリングストップシステムが付かないガソリン車MGと比べ燃費が向上するだけでなく、環境にも優しいのがメリットです。

エコクールによりアイドリングストップ中でもエアコンから冷風が出るので、ガソリン代節約と引き換えに夏場に暑い思いをすることもありません。

 

スイフトで一番価格が高いグレードは?

スイフト人気グレード

suzuki.co.jp/swift

スイフト ハイブリッド SZ  2,087,800円

スイフトの中で一番高いグレードは、フルハイブリッド車のハイブリッド SZです。

実際に値引きも含めてハイブリッド SZがいくらで買えるのか、オプションを付けてシミュレーションしてみましょう。

購入グレードスイフト ハイブリッド SZ
車両本体価格2,087,800円
メーカーオプション2トーンルーフ
全方位モニター用カメラパッケージ
メーカーオプション価格96,800円
ディーラーオプションドアバイザー
フロアマット
ドライブレコーダー
ETC車載器
ディーラーオプション金額210,595円
諸費用・税金117,835円
車両値引き▲200,000円
オプション値引き(20%)▲42,000円
支払総額2,271,030円

ボディカラーは、マイナーチェンジで新たに設定された2トーンルーフを選択。

2トーンルーフは特別色なので、メーカーオプションに含まれています。

選択するオプションによって総額は変わりますが、上記の仕様でスイフト ハイブリッド SZの総支払額は約227万円です。

オプションがフロアマットのみのスイフト XG スズキセーフティサポート非装着車と比べ、車両価格だけでも約71万円、総支払額では約92万円高くなりました

スイフト ハイブリッド SZの主な装備は?

このハイブリッド SZには、どんな装備が付いているのでしょうか?

LEDヘッドランプ

スイフト人気グレード

suzuki.co.jp/swift

ハロゲンヘッドランプよりも明るく、消費電力も少ないLEDヘッドランプを搭載。

夜間走行時の安全性が高く、バッテリーの負担も少ないなどメリットばかりです。

また、点灯時に見栄えが良いことも魅力と言えるでしょう。

 

リヤフォグランプ

スイフト人気グレード

suzuki.co.jp/swift

霧などの悪天候時に、後続車に自車の存在をアピールするリヤフォグランプを装備。

視界不良のために追突されてしまう、といったアクシデントを未然に防ぎます。

霧が発生しやすい山道や、田園地帯などで特にメリットを感じるはず。

 

リモート格納ドアミラー

スイフト人気グレード

suzuki.co.jp/swift

ハイブリッドシステムを停止させると自動でドアミラーが格納され、ハイブリッドシステム起動時には自動で元の位置に復帰します。

ドアミラーを格納しないまま車から降りてしまったり、逆にドアミラーを展開しないまま走り出してしまうような失敗がなくなるので、とても便利です。

 

PTCヒーター

エアコン内部を通過する空気を電気で暖めることで、素早く温風を吹き出す装備です。

冬場はエアコンからなかなか暖かい風が出ず、しばらく寒さを我慢しなければなりませんが、PTCヒーターがあればそんな悩みもなくなります。

 

スイフトの燃費が一番良いグレードは?

スイフト人気グレード

suzuki.co.jp/swift

スイフト ハイブリッド SZ  23.0km/L

スイフトで一番燃費の良いグレードは、スイフトで唯一フルハイブリッドシステムを搭載するハイブリッド SZです。

しかし、23.0km/Lという燃費はメーカーが発表したカタログ値であり、ユーザーが走行した燃費と異なる場合がほとんどです。

ユーザーが購入するときに気になるのは、実際に走行した実燃費でしょう。この実燃費はどのくらいなのでしょうか。

搭載との調査によると、スイフト ハイブリッド SZの平均実燃費は、約20km/Lです。

市街地などのゴー・ストップが多い場面では、モーターも使う頻度が高くなるのでハイブリッドシステムによる高燃費の恩恵を受けやすいでしょう。

高速道路などでは、モーターよりエンジンを使う頻度が多くなるので、燃費はガソリン車とあまり変わらなくなる傾向にあります。

スイフト ハイブリッド SZ はガソリン満タンで何キロ走る?

スイフトの燃料タンクは37Lです。ガソリン残量5Lまで走行したと仮定すると、32Lで走行できる距離は、

37L-5L=32L
32L×実燃費20km/L=640km

スイフト ハイブリッド SZは、満タンでおよそ640km走る計算になります。

高速道路なら、無給油で東京~大阪間を走行できる計算です。

スイフトの燃費が一番悪いグレードは?

スイフト XG (スズキセーフティサポート非装着車含む)の4WD車 18.8km/L

スイフトの中で一番燃費の悪いグレードは、スズキセーフティサポート非装着車を含むXGの4WD車です。

アイドリングストップシステムを搭載していないことや、4WDは車両重量が重いことが燃費の悪い要因になっています。

スイフト XGの平均実燃費は、約15km/Lです。

スイフト XGのガソリン満タンで走れる走行距離は?

スイフト XGも、ガソリンタンクは37Lです。

タンク内に5L残すまで走行した場合、

32L×15km/L=480㎞

スイフト XGは、ガソリン満タンで約480km走れる計算です。

スイフトの自動ブレーキのあるグレードは?

スイフトの自動ブレーキ

suzuki.co.jp/car/swift/

自動ブレーキはデュアルセンサーブレーキサポートと呼ばれ、XG スズキセーフティサポート非装着車を除く全グレードに標準装備されています。

フロントガラスに設置されたカメラとレーザーレーダーを使い、車や歩行者を検知します。

しかし気候や道路状況などによっては作動しない場合もあるので、過信は禁物です。

 

スイフトのスポーツ/エアロタイプのグレードは?

スイフト人気グレード

suzuki.co.jp/swift

スイフトの中で、スポーツタイプやエアロパーツを装着したグレードは、RS / ハイブリッドRSです。

スイフト RS (2WD・MT車) 1,782,000円
スイフト RS (2WD・CVT車) 1,786,400円
スイフト RS (4WD・CVT車) 1,943,700円
スイフト ハイブリッド RS 1,879,900円

RSとハイブリッド RSには、走りを高める以下の装備が付きます。

  • 車の上下動を抑える欧州チューニング ショックアブソーバー
  • 操作応答性とグリップ力が優れる欧州チューニング タイヤ
  • 直進安定性や操舵感を重視した欧州チューニング 電動パワーステアリングコントローラー

また、スズキのホームページではスイフトとは別車種扱いになっていますが、スイフトスポーツの存在も忘れてはなりません。

スイフト人気グレード

suzuki.co.jp/swift

スイフトスポーツ (6MT車)  2,017,400円
スイフトスポーツ (6AT車)   2,088,900円

パワフルな1.4Lターボエンジンによる加速性能と、ワイドトレッドを生かしたコーナリング性能は圧倒的です。

性能をスイフトRSやスイフト ハイブリッド RSと比較すると、2ランクくらい上になっています。

 

買取相場から見るスイフトのおすすめグレードは?

グレードによって、数年後のスイフトの買取相場は変わります。

ここでは、3年後のスイフトのリセールバリューから見るおすすめのグレードを紹介します。

新車から3年落ちのスイフトのリセールバリューは?

新車登録から3年経過後のスイフトの各グレードのリセールバリューです。

グレード名買取相場新車時価格3年後のリセールバリュー
XG52万円154.0万円33.7%
ハイブリッド MG74万円163.3万円45.2%
RS91万円178.2万円51.0%
ハイブリッド RS86万円187.9万円45.7%
ハイブリッド MG (4WD)87万円179.0万円48.6%
ハイブリッド RS (4WD)107万円203.7万円52.5%
スイフトスポーツ127万円201.7万円62.9%

新車から3年経過時のスイフトのリセールバリューです。

スイフトのリセールバリューの傾向は、スイフトスポーツやRSの「スポーツ系」のリセールが高いです。この両グレードならATよりもMTの方が、5%前後リセールが良くなるでしょう。

FFと4WDでは、4WDの方がリセールバリューが高くなっています。

リセールバリューから見るスイフトのおすすめグレードは?

新車から3年経過したスイフトのリセールバリューから見るおすすめのグレードは、「ハイブリッド RS」と「RS」です。

スポーツ系が好みで予算が許すなら、スイフトスポーツがベスト

XGはリセールが低いので、乗りつぶす覚悟がないなら避けた方がいいでしょう。

また、4WDのリセールが高いので、必要な地域なら4WDを選んで損はありません。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

スイフトの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのスイフト値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がスイフトを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のスイフトの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>スイフト値引き交渉マニュアル

-スイフトの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.