スイフトの評価集

スイフトの走りと走行性能は?

スイフトの走行性能は?

SUZUKIから販売されているのがスイフト(SWIFT)で、走り具合もルックスもコンパクトカテゴリーの中で指折りの実力を持っております。

「動力性能と環境性能を極限まで進化させる」ということでスイフトは走りに対して一切の妥協をしておらず、レンタカーの中でも人気を得ているのです。

他のメーカーで同じクラスに値するクルマとして、「トヨタのヴィッツ」「日産のマーチ」「マツダのデミオ」「ホンダのフィット」が挙げられます。

これらの有名なクルマに負けず劣らずの走りを見せてくれるのがスイフトで、欧州市場でも高度な操縦安定性を実現している点がメリットなのではないでしょうか。

  • 熱効率を高めてガソリンエンジンの本来の働きを徹底したデュアルジェットエンジンを搭載
  • 出力を下げずに動力エネルギーに変えるクールドEGRシステムの搭載
  • 燃料を効率良く満たすデュアルインジェクションシステムの搭載
  • エンジンと連動させることで軽快な走行性能が得られる副変速機構付CVTを搭載

上記のように、見た目はコンパクトでありながら走行性能を極限まで高めるための機能が備わっている点がスイフトの魅力です。

スイフト4WDの走行性能は?

スイフト4WDはどんな道も走れるほど走行性能が高く、通勤でもドライブでも多種多様な楽しみ方ができます。

クルマに関してあまり知識がない人でも、一度は4WDという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

エンジンの位置と駆動方式によってクルマは「FF」「RR」「MR」「FR」「4WD」に分けられます。

この4WDは4つのタイヤ全てにエンジンのパワーを伝えていると説明するのが分かりやすく、通常のクルマは100馬力を50馬力ずつ2つのタイヤに伝えているのに対して、4WDは25馬力ずつ伝えるのです。

スイフト4WDに限った話ではなく悪路走破性や安定性といった走行性能が大きく高まるのがメリットですが、燃費が悪くコストがかかりやすいのがデメリットとなっております。

スイフトとフィットハイブリッドの走行性能の違いは?

フィットハイブリッドとの走行性能の違い

SUZUKIのスイフトとホンダのフィットの走行性能にどのような違いがあるのか、疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

フィットも人気を得ている車の一つで、少ない燃料で大きなパワーを引き出すために1.5Li-VTECエンジンと高出力のモーターをマッチさせました。

コンパクトな設計を保っている点も魅力で、これはスイフトに関しても同じことが言えます。

走行性能に関してはスイフトの方が上だという意見がありましたが、感覚が支配する問題なので実際にレンタカーで乗り比べて判断するのがベストかもしれません。

スイフトのエンジンスペック

エンジンスペック

メーカー発表のスイフトのエンジンスペックです。

排気量 1200ccエネチャージ
最高出力 67KW[91PS]/6,000rpm
最大トルク 118N・m[12.0kgf・m]/4,400rpm
燃費 26.4km/L(FF) 22.6km/L(4WD)

排気量 1600cc(スイフトスポーツ)
最高出力 100KW[136PS]/6,900rpm
最大トルク 160N・m[16.3kgf・m]/4,400rpm
燃費 14.8km/L(6MT) 15.6km/L(CVT)

1200ccのエネチャージエンジンは、シンプルなメカニズムでそれでいてスイフトの燃費に貢献する省エネエンジンです。

スイフトスポーツに搭載される1600ccエンジンは、特別パワフルではありませんが、NAらしく軽く吹け上がるエンジンで、気持ち良いスポーツ走行を実現するエンジンとなっています。

スイフトの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのスイフト値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がスイフトを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のスイフトの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>スイフト値引き交渉マニュアル

-スイフトの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.