スイフトの値引き

総額はいくら?スイフトハイブリッド RSの値引きと総価格をシミュレーション

投稿日:

スイフトハイブリッドRSの値引き&総支払額シミュレーション

新型スイフトのハイブリッドRSの値引き金額と、総額いくらで買えるのか見積もりシミュレーションを掲載しています。

また、スイフトハイブリッドの装備比較やライバル車との装備比較、実燃費、リセールバリューなど、スイフトハイブリッドRSを安く買うための参考にしてください。

売れ筋人気グレードのスイフトハイブリッド RSを他のグレードと比較

グレード名スイフトハイブリッド RSハイブリッド ML
価格比較1,691,280円1,625,400円
MLとの価格差+65,880円
装備比較16インチアルミホイール(切削加工&ブラック塗装)
ハイブリッドRSのアルミホイール
16インチアルミホイール
ハイブリッドMLの16インチアルミホイール
RS専用エアロパーツ
(グリル&フロント・リアバンパー&サイドアンダー・ルーフエンドスポイラー)
RS専用エアロパーツ
ノーマルボディ
ノーマルボディ
リヤフォグランプ
RSのリアフォグランプ
リヤフォグランプなし
本革巻きステアリングホイール
(シルバーステッチ&ガーニッシュ付)
RSの本革巻きステアリングホイール本革巻きステアリングホイール
本革巻きステアリングホイール
シルバーコンソールオーナメント
RSのシルバーコンソール
ノーマルコンソールオーナメント
RS専用ファブリックシート表皮(シルバーステッチ)
RSの専用ファブリックシート
ファブリックシート表皮
エコクールエコクール
リモート電動格納式ドアミラー
リモート電動格納式ドアミラー
リモート電動格納式ドアミラー
自動ブレーキ(MOP)自動ブレーキ(MOP)
スマートキー&プッシュスタートシステム
スマートキー
スマートキー&プッシュスタートシステム
マイルドハイブリッドマイルドハイブリッド

※MOP(メーカーオプション)

スイフトハイブリッドRSとMLの装備比較です。

RSには、切削加工&ブラック塗装されたアルミホイールや専用のエアロパーツ、スポーティなシルバーステッチやシルバー加飾が施されたインテリアなど、ヨーロッパ調のスポーティなモデルです。

ハイブリッドMLはRSよりもコンフォートに振ったモデルで、ノーマルの外観にインテリアもRSと比べると加飾部分が少なく落ち着いた雰囲気となっています。

価格差は65,880円スイフトハイブリッドRSの方が高いですが、上記の装備の違いを考えるとMLと比べれば割安な設定と言えるでしょう。

RS専用にチューニングされたダンパーやタイヤにより、ワインディング等では気持ちの良いコーナリングワークを発揮しますが、乗り心地はMLと比べると固めになるので、その部分を許容できれば、スポーティな味付けが好みなら、MLよりもRSがおススメです。

スイフトハイブリッド RSのエクステリア

エクステリア前面

スイフトハイブリッドRSのエクステリアです。

フロントグリルはRS専用となっており、メッシュ柄に赤いラインが入ってスポーティなデザインです。

フロントバンパーもRS専用で、フォグランプ周りのエッジが効いた形状が開口部をワイドに見せています。さらにフロントアンダーからサイドアンダースポイラーに続くラインが、高速域での清流効果を狙って、スポーティな見た目と機能を両立しています。

エクステリア後面

スイフトハイブリッドRSのリヤスタイルです。

リヤバンパーもRS専用となっており、サイドアンダースポイラーから続くラインと統一感を持たせています。

ナンバープレート下にはリヤフォグランプが設置されていて、視界の悪い状況で自車の位置をアピール出来ます。リヤフォグがこの位置にあると、フォーミュラーカーみたいでカッコいいですね。

ガラスエリアはリヤ全体のボリュームから見ると狭いですが、その分コンパクトカーでありながらもどっしりとした後ろ姿になっています。

ルーフエンドスポイラー下にはハイマウントストップランプが内蔵され、後続車からの視認性を高めています。

スイフトハイブリッド RSのインテリア

インパネ回り

スイフトハイブリッドRSのインテリアです。

メーターはオーソドックスなアナログ形式で、左側にタコメーター、右側にスピードメーターが見やすく配置され、赤と白の配色がスポーティでカッコいいですね。

メーター中央にはハイブリッド車らしいマルチインフォメーションディスプレイが配置され、瞬間燃費や平均燃費、平均車速、時計表示、パワー&トルク表示など、燃費以外にも様々な情報が表示されます。

インパネ中央から助手席側に伸びるシルバーのインパネオーナメントが、オーソドックスでスポーティなインパネのアクセントとなっています。

ダッシュボードやインパネパネルには、特別質感の高い素材は用いられていませんが、かと言って安っぽいイメージでもありません。

操作しやすいステアリングスイッチは良いですが、個人的にはスズキマークの入った大きなホーンボタンは好みではありません・・・もう二回り小さくするか、円形のデザインでない方がいいかなと思います。

車内空間

スイフトハイブリッドRSの内装は、ブラックとシルバーで飽きの来ない配色となっています。シンプルが好きな人には満点のインテリアではないでしょうか。

後部座席は広いとは言えませんが、最低限の空間は確保されています。

シート表皮

スイフトハイブリッドRSのシートは、RS専用でシルバーのステッチが入っています。

黒にシルバーステッチはとても映えて見え、スポーティさをアピールできます。座面・背面のシルバー柄が落ち着いた雰囲気の中でも洗練された雰囲気を漂わせています。

スイフトハイブリッド RSの実燃費は?

スイフトハイブリッド RSの平均実燃費 17.8km/L

スイフトハイブリッド RSのカタログ燃費は27.4km/Lです。渋滞が発生する市街地では13~15km/Lまで実燃費は落ち込みます。

信号の少ない郊外の道路や幹線道路では17~19km/L、高速道路では18~20km/Lを超える実燃費も可能です。

スイフトハイブリッド RSを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

ライバル車・デミオとフィット

スイフトハイブリッド RSデミオ 1.5 XDフィットハイブリッド
1,691,280円1,782,000円1,690,000円
デミオに対して
-90,720円
----
フィットに対して
+1,280円
----
1.2ハイブリッド1.5ディーゼルターボ1.5ハイブリッド
専用16インチアルミホイール15インチアルミホイール15インチスチールホイール
本革巻きステアリングホイール
(シルバーステッチ&ガーニッシュ付)
ウレタン製ステアリングホイールウレタン製ステアリングホイール
LEDヘッドランプハロゲンヘッドランプ
(LEDヘッドランプはMOP)
ハロゲンヘッドランプ
フロントドアポケット・助手席シートバックポケットフロントドアポケット・助手席シートバックポケットフロントドアポケット
リモート電動格納式ドアミラー電動格納式ドアミラー電動格納式ドアミラー
(MOP)
スマートキー&プッシュエンジンスタートスマートキー&プッシュエンジンスタートスマートキー&プッシュエンジンスタート
フルオートエアコン(エアフィルター付)フルオートエアコン(MOP)フルオートエアコン(脱臭フィルター付き)
自動ブレーキ(MOP)自動ブレーキ自動ブレーキ
追従型クルーズコントロール
(MOP)
定速型クルーズコントロール
(MOP)
クルーズコントロールなし
2スピーカー6スピーカー2スピーカー
シートヒーター(運転席)フロントシートヒーター
(MOP)
シートヒーターなし

※MOP(メーカーオプション)
※DOP(ディーラーオプション)

スイフトハイブリッドRSとライバル車との装備比較です。

それぞれ標準装備については、勝っているところ、劣っているところがありますが、デミオに対しては約9万円スイフトハイブリッドの方が安いにも関わらず、インチの大きいアルミホイールや本革巻きステアリング、LEDヘッドライトなどが標準なので、割安に感じます。

しかし一番大きな部分では、スイフトの1.2ハイブリッドエンジンに対して、デミオは1.5ディーゼルターボとなっています。

スイフトハイブリッドRSの値引き交渉でデミオを引き合いに出すなら、「パワーとトルクのあるデミオのディーゼルが気になってスイフトと迷っている。価格も重要なので条件次第ではスイフトに決めたい」とデミオと迷っている状況で商談すると良いでしょう。

フィットハイブリッドに対しては、ほぼ同価格となっています。希望のオプションを選んでスイフトハイブリッドRSとフィットハイブリッドの総価格がいい勝負になるように総額を合わせて、「スイフトと同装備のフィットハイブリッドが総額○○万円で買える。それよりも安くなるならスイフトを検討したい」などとやると効果的でしょう。

スイフトハイブリッド RSのリセールバリューは?

スイフトハイブリッドRSを購入するなら、売る時にいくらで売れるかも気になる所ではないでしょうか。

ここでは、3年後のスイフトのリセールバリューから、スイフトハイブリッドRSのリセールバリューを予測してみます。

新車から3年経過後のリセールバリュー(1年1万キロ平均の車両)

グレード名新車価格買取相場新車価格に対してのリセールバリュー差額
RS-DJE160.2万円108万円67.4%52.2万円
XG-DJE143.7万円77万円53.5%66.7万円
XL-DJE152.7万円75万円49.1%77.7万円
RS(4WD)169.7万円127万円74.8%42.7万円
XG-DJE(4WD)162.1万円98万円60.4%64.1万円
XL-DJE(4WD)171.0万円97万円56.7%74.0万円
スポーツ172.8万円127万円73.4%45.8万円

新車から3年落ちのスイフトのリセールバリューです。

傾向としては、スポーティグレードのRSと4WD、そしてスポーツグレードのスイフトスポーツのリセールが高い事が分かります。

これを現行型に当てはめると、ハイブリッドMLよりも外観がスポーティなハイブリッドRSの方がリセールバリューは高いでしょう。

ガソリン車でもXGやXLよりも、RSやRStの方がリセールが高くなります。

さらにFFと4WDなら、4WDの方がリセール割合が高くなります。4WDが必要な地域なら価格は高くなりますが、積極的に選んだ方が良いでしょう。

スイフトハイブリッドRS(2WD)のリセールバリューは、3年後で55~65%で推移していくと予測します。

スイフトハイブリッド RSの値引き後の総支払額は?

値引き後の総支払額

スイフトハイブリッド RSの値引き後の総支払額をシミュレーションしてみます。

オプション無し、おすすめオプションありの2パターンの値引き後の新車見積もりを紹介します。

オプション無しの最安でのスイフトハイブリッド RS新車値引き見積もり

グレード名スイフトハイブリッド RS
車両本体価格1,691,280円
(メーカーOP品名)--
メーカーオプション価格0円
(ディーラーOP品名)--
ディーラーオプション価格0円
諸費用112,015円
目標値引き▲140,000円
オプション値引き--
支払総額1,663,295円

オプションを全く付けない状態のスイフトハイブリッド RSの見積もりは、値引きを含んで1,663,295円でした。

目安の目標値引きを達成できれば、諸費用入れても車両本体価格より安く購入できますね。

オプションを全く付けずに乗るのは現実的ではないので、純正オプションよりも安く買える社外品でそろえるといくらになるのか、見てみましょう。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット8,424円(14カラー)14,526円(ジュータン)
ドアバイザー4,980円15,066円(アクリルタイプ)
ナビゲーション78,050円(カロッツェリア楽ナビ7型)184,842円(8インチ)
革調シートカバー17,885円~35,910円

自分でも取り付けできるフロアマットは、一番お手軽にオプション費用を減らせるのでおススメです。

ネット通販なら純正の半額以下で購入できる事もあるので、ディーラーで購入しないでネット通販で購入しても良いでしょう。

ドアバイザーやナビも純正より大幅に安くそろえる事が出来ます。

ただ、ネット通販だと取り付けしてくれる所を別途探さないといけません。自分で取り付け出来ればいいですが、出来ないならディーラーで持ち込み取り付けしてもらうのが良いでしょう。

新車契約時に、用品を持ち込みで取り付けて欲しいと伝えて、「工賃無料や工賃割り引き」を条件に新車契約します。

そうすれば、用品代を安く出来て取り付けもディーラーでしてもらえるので、価格も含めてトータルでお得に出来るでしょう。

上記の社外品は楽天市場で購入できます。

おすすめオプションを含んだスイフトハイブリッド RS新車値引き見積もり

おすすめオプション

グレード名スイフトハイブリッド RS
車両本体価格1,691,280円
(メーカーOP品名)ピュアホワイトパール、セーフティパッケージ、全方位モニター付メモリーナビゲーション
メーカーオプション価格238,680円
(ディーラーOP品名)ナビ対応ETC2.0ユニット、ナビゲーション接続ケーブル、ドライブレコーダー、サイドバイザー、フロアマット(ジュータン)
ディーラーオプション価格112,968円(工賃込み)
諸費用113,315円
目標値引き▲140,000円
オプション値引き▲22,593円
支払総額1,993,650円

おすすめオプションを含んだ、スイフトハイブリッドRSの値引き見積もりシミュレーションです。

ボディカラーは、飽きの来ない人気のホワイトパールを選択して、自動ブレーキや追従型のクルーズコントロールを含むセーフティパッケージ、駐車時に便利な全方位モニター付きのナビゲーションをメーカーオプションで付けています。

ETCは2.0、ドライブレコーダーや定番のディーラーオプションを付けて、値引きと諸費用を入れたスイフトハイブリッドRSの総価格は1,993,650円となりました。

スイフトハイブリッド RSの値引き実例は?

現行型スイフトハイブリッド RSは、どの位の値引きでユーザーが購入してきたのか、当サイトに寄せられる実例値引きを見てみましょう。

購入時期グレード名値引き額
2017年3月スイフト ハイブリッド RS20.6万円

まだ発売されて間もないのでサンプルが少ないですが、スイフトハイブリッドRSのディーラーオプションからの値引きを含めて、20万円を超える実例が報告されています。

スイフトハイブリッドの発売後1年の間は、値引きの総額15万円~25万円辺りで推移していくでしょう。現状では20万円を超えれば特上の条件です。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

スイフトの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのスイフト値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がスイフトを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のスイフトの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>スイフト値引き交渉マニュアル

-スイフトの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.