スイフトの評価集

新型スイフトに欠点・デメリットはあるか?スイフトを徹底評価!

スイフトに欠点はあるか?スイフトを徹底評価!

世界戦略車として設計され、日本国内のみならずヨーロッパでも高い人気を誇るコンパクトカー、「スズキ・スイフト」の欠点といいところを徹底評価します!

ボディタイプは5ドアハッチバックのみの設定で、パワートレインは1L直3ターボエンジン、1.2L直4NAエンジン、マイルドハイブリッドシステム、ハイブリッド(フルハイブリッド)システムの4種類が用意されています。

スイフトを評価!欠点、デメリットはあるか?

スイフトのエクステリアの欠点は?

ライバル車と比べてAピラーが立ったボクシーなフォルムを採用していますが、人によっては「かっこ悪い」と思うこともあるでしょう。

ピラーマウントドアハンドル
※スイフト:suzuki.co.jp

また、後席用ドアハンドルに目立たないピラーマウントタイプを採用している割には、3ドア車のようにスタイリッシュに見えないのも欠点と言えます。

スイフトのインテリアの欠点は?

インパネ回りなど

インパネ回り
※スイフト:suzuki.co.jp

インパネのデザインはあくまでも機能性を重視したもので、色が黒一色であることも手伝って素っ気ない雰囲気になっています。

前席

ペダル回り
※スイフト:suzuki.co.jp

ライバルの「マツダ・デミオ」がコンパクトカーらしからぬ理想的なドライビングポジションを実現しているのと比較すると、スイフトはペダルレイアウトにオフセットがあるのが欠点になります。

後席

後席
※スイフト:suzuki.co.jp

後席のスペースは、レッグスペース、ヘッドクリアランス共にこのクラスの平均以下に留まります。

特に、広さでは定評のある「ホンダ・フィット」や「日産・ノート」と比べると、明かに狭いのが欠点です。

また、シートの座り心地も決して良いとは言えないほか、デザインを優先したアウタードアハンドルの使い勝手が悪いのも欠点にあげられます。

収納&荷室スペース

収納スペースは前席・後席とも決して多い方ではなく、収納の豊富な軽トールワゴン車などから乗り換えると不便さを感じるかもしれません。

荷室
※スイフト:suzuki.co.jp

荷室スペースはライバルと比較して狭い上、6:4分割可倒式リアシートを倒した場合にも段差ができてしまうため、使い勝手も良くありません。

また、開口部の下端の位置が地上から715mmと高いため、積載性もあまり良くありません。

スイフトのパワートレインの欠点は?

「スイフトスポーツ」を別にすると、スイフトのラインナップで最もパワフルな1L直3ターボエンジンは、3気筒ならではの振動が若干気になることや、アイドリングストップ機構が備わらないためカタログ燃費が他のパワートレインに劣るなど、「最上級のパワートレイン」とは言い難い面があるのが残念です。

また、トランスミッションも6速トルコン式ATだけでなく、MT(出来れば6速)の設定が欲しいところです。

スイフトの走行性能の欠点は?

軽量設計が災いしてか低速域での乗り心地はやや粗く、舗装の荒れた路面では快適とは言えません。

特に、ヨーロッパ仕様車と同じセッティングの足回りを持つ「RS」系のグレードにその傾向が強くあります。

スイフトの装備面の欠点は?

全方位モニター
※スイフト:suzuki.co.jp

メーカーオプションの「全方位モニター」を選択した場合、対応可能なナビをディーラーオプションで選ぶ必要があります。

全方位モニター対応ナビ
※スイフト:suzuki.co.jp

ただ同等の機能を持った社外品ナビが純正よりも安く手に入るので、社外品を購入する事でナビの価格を抑えたい人は、メーカーオプションの全方位モニターを付けられない可能性があります。

社外品ナビでも、非推奨でありながら純正の全方位モニターに対応する機種もありますが、社外品ナビにも公式で対応して欲しい所ですね。

スイフトの安全性能の欠点は?

廉価グレードには、SRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグが装備されません。

グレードによって安全性に差を付ける思想は、いただけません。

スイフトのグレード体系・価格面の欠点は?

ハイブリッド?マイルドハイブリッド?

マニアでない一般の人には、ハイブリッドとマイルドハイブリッドの区別が付きにくいはずです。

わざわざ2種類のハイブリッドシステムを用意する必要があるのか、微妙なところです。

また、グレード体系に関しても、パワートレインが4種あるため、グレード選びで分かりづらくなっています。

スイフトを評価!いいところは?

スイフトのエクステリアのいいところは?

癖の強いキャラクターラインを排した、プレーンなフォルムは好ましく感じられます。

スイフトのインテリアのいいところは?

インパネ回りなど

いささか色気に欠けるインパネですが、機能性の面では問題は無く、質感も満足できる水準に達しています。

また、Aピラーが立っていることやスカットルの位置(インパネの高さ)が低いことなどから視界が良く、取り回しが容易なのはスイフトのいいところです。

前席

前方の見晴らしが良いので、閉塞感が無いのはいいところです。

収納&荷室スペース

収納スペース
※スイフト:suzuki.co.jp

荷室開口部の幅は、広めに取られています。

スイフトのパワートレインのいいところは?

1L直3ターボエンジンはリッターカーとは思えないパワフルさが、1.2L直4エンジンはスムーズさがメリットです。

一方、マイルドハイブリッドとハイブリッドは、ガソリン車より静粛性が高いことや、モーターのアシストによる発進の力強さが持ち味になります。

4種類のパワートレインで最もおススメ度が高いのはハイブリッドで、燃費の良さに加え、AMTの宿命であるシフトショックをモーターのアシストでカバーし、変速のスムーズさとAMTならではのダイレクト感を両立させている点が特筆できます。

スイフトの走行性能のいいところは?

とにかく車両重量が軽いため、どのパワートレインを搭載するモデルでも活発な加速性能を持つ点は、スイフトのいいところです。

車両重量の軽さはハンドリングにも好影響を与えており、軽快感が感じられると共に、アンダーステアも軽微に抑えられています。

また、可変ギアレシオ・ステアリングの採用により、タイトコーナーでもステアリングを握り変えることなく曲がれるのもスイフトのいいところです。

総じて、国産コンパクトカーの中でもっとも運転の楽しい車と言えるでしょう。

スイフトの装備面のいいところは?

シートヒーター
※スイフト:suzuki.co.jp

全車に運転席シートヒーターとリヤヒーターダクトが、更に4WD車の全車に助手席シートヒーターが標準装備されるなど、冬場の快適性を向上させる装備が付く点は高く評価できます。

また、全車ではないもののアダプティブ・クルーズ・コントロールが標準装備されるのは、このクラスではスイフトだけです。

スイフトの安全性能のいいところは?

デュアルセンサーブレーキサポート
※スイフト:suzuki.co.jp

スイフトに採用されている安全運転支援システムは、単眼カメラとレーザーレーダーを組み合わせた「デュアルセンサーブレーキサポート」ですが、JNCAPの予防安全アセスメントでは71点満点中の63.2点で、最高評価「ASV++」を獲得しています。

スイフトのグレード体系・価格面のいいところは?

1.2Lガソリン車に限られるもののMT車が用意されているのは、AT嫌いの人には嬉しい点でしょう。

また、ヨーロッパのコンパクトカーのような味わいを持った車が、134万3,520円~194万9,400円という価格で買えるのは非常にリーズナブルです。

スイフトの総合評価

エクステリア・デザインは、Aピラーの立ったフォルムや後席用ドアハンドルのデザインなどに好みが分かれそうですが、プレーンな雰囲気には好感が持てます。

インテリアは、インパネのデザインが凡庸であることや、居住性や荷室スペースがクラスの平均以下に留まるなど、今一つの感が否めません。

一方で、視界の良さや取り回しの良さに関しては、クラストップレベルです。

パワートトレインは、どのユニットも完成度は平均点以上ですが、イチ押しはドライバビリティと燃費の優れたハイブリッド(フルハイブリッド)です。

走行性能は、乗り心地よりも操縦安定性に振ったバランスになっています。

そのため、積極的に走りを楽しみたい人には向いていますが、快適性を望む人にはあまり向いていません。

装備面では、シートヒーターが全車に標準装備される点が特に高く評価できます。

一方、安全性能面では、デュアルセンサーブレーキサポートの性能自体は優れているものの、装備されないグレードが設定されている点には疑問符が付きます。

スイフトを総合的に評価すると、居住性や乗り心地よりも、走りの楽しさを追及したい人に向いたコンパクトカーと言えるでしょう。

また、運転がしやすい車でもあるので、免許取りたてのビギナーにも向いています。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

スイフトの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのスイフト値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がスイフトを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のスイフトの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>スイフト値引き交渉マニュアル

-スイフトの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.