スズキ車モデルチェンジ推移と予想

スズキ スイフト モデルチェンジ推移2004年11月1日

スズキニュースリリースより

-----

スポーティーなデザインと走行性能の
新型コンパクトカー 「スイフト」を発売

スズキ株式会社は、スポーティーで優美なデザインとスポーティーな走行性能を追求した新開発のコンパクトカー新型 「スイフト」を11月1日より全国一斉に発売する。

新型 「スイフト」は「見て力強さを感じ、乗って力強く走るダイナミックコンパクト」をコンセプトに開発、スズキの各国販売網において販売を予定する。開発に当たっては、車のベースとなるプラットフォームを一新し、開発者が欧州でデザインや走行性能を入念に練り上げ、世界戦略車として魅力あふれるスポーティーなコンパクトカーに仕上げた。

生産は、日本、ハンガリー、インド、中国の四ヶ国で行い、日本を皮切りに2004年末までにハンガリーで、2005年春にはインドと中国で生産を開始し、スズキの新型車としては初めて世界四カ国一斉の生産立ち上がりを予定している。

●販売目標台数(月間) 「スイフト」 3,000台

●メーカー希望小売価格(消費税込み)

商品名機種名エンジン駆動・変速機価格(円)※1※2
スイフト1.3XE1.3L
DOHC
2WD・5MT1,013,250☆4
2WD・4AT1,102,500☆4
4WD・5MT1,191,750☆4
4WD・4AT1,281,000☆4
1.3XG1.3L
DOHC
2WD・5MT1,086,750☆4
2WD・4AT1,176,000☆4
4WD・5MT1,265,250☆4
4WD・4AT1,354,500☆4
1.5XS1.5L
DOHC
2WD・4AT1,365,000☆4
4WD・4AT1,543,500☆4

※1 全車、「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定車(☆☆☆☆)
※2 ◎は「グリーン税制」に適合。

新型 「スイフト」の主な商品特長

(1) 力強い走りをイメージさせる安定感のある外観
・ 力強い走りをイメージさせる安定感と優美さを感じさせるスポーティーな外観とした。車体寸法は、全長3,695mm×全幅1,690mm×全高1,510mm(4WDは1,535mm)のコンパクトサイズに、前輪トレッド1,470mm、後輪トレッド1,480mmのワイドトレッドを採用した。さらに、ホイールアーチ、サイドシル、大径タイヤを外側に張り出させ、安定感のあるスタイリングとした。
・ 強くカーブしたフロントウインドーと、前面と側面の窓を連続させて見せるスポーティーな「ラップアラウンドウィンドー」を採用。遠くから見ても一目でわかる個性を演出した。
・ 車体前部の外観は、大型ヘッドランプと、ダイナミックでスタイリッシュなバンパー形状を特長とし、車体後部は、側面からの連続性を強調した、大型リヤコンビネーションランプが特長である。
・ 車体色は、新色のシュプリームレッドパール2(赤)、ガーネットオレンジメタリック(橙)を含む全8色を設定した。

(2) スポーティーで広がり感のある上質な内装
・ インストルメントパネルは、スポーティーで広がり感のあるデザインとし、フロアコンソールにかけて一体感を表現した。また、ダークグレー基調の内装色にオーディオスペースや空調コントロールなどを一体化して配置し、落ち着きのある上質感を表現した。
・ AT車のシフトノブにスポーティーなゲート式を採用した。
・ インストルメントパネルやドア周りにメッキやシルバー色の加飾を効果的に配置して、上質感を表現した。また、専用オーディオとスポーティーで視認性の高い3連メーターを採用した。(1.3XG、1.5XS)
・ 前席シートはホールド性と快適性を両立させた大型のタイプとし、「1.3XG」と「1.5XS」には運転席シートリフターを採用した。

(3) 専用設計の新開発プラットフォームを採用
・ 車のベースとなるプラットフォームを新開発、スポーティーで快適な走行が楽しめる。
・ ステアリングは、ギヤボックスへの取り付け剛性強化や、ピニオンアシスト式モーターの採用によりシャープでキビキビとしたハンドル操作を楽しめる。
・ フロントサスペンションは、L型ロアアームの採用で剛性を高め、安定感と乗り心地を向上させ、リヤサスペンションはトーションビーム式を採用し、コーナーリング時の安定性を向上させた。

(4) 安全性への配慮、防犯性能の向上
・ 軽量衝撃吸収ボディー「TECT」を採用し、運転席・助手席SRSエアバッグ、ABSなどの安全装備を標準設定した。また、「1.5XS」には、メーカーオプションとして、運転席・助手席SRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグをセットで設定した。
・ 室内のピラーとルーフサイドに乗員の頭部への衝撃を軽減する頭部衝撃軽減構造を採用した。
・ ボンネットやフェンダー、ワイパー周辺部などに衝撃吸収構造を採用、万一の時の歩行者の保護にも配慮した。
・ リヤシートには、「ISO FIX対応チャイルドシートアンカー」に加え、さらに安全性に配慮した「チャイルドシートテザーアンカー」を採用した。
・ 不正な複製キーによる車両盗難を防止する、イモビライザーを全車に標準装備した。
・ 窓を破ってドアを開けるとハザードランプとホーン(警笛)で警告するセキュリティアラームシステムを採用した。

(5)エンジン、環境性能
・ 燃費、排ガス性能、振動騒音に対する数多くの改良を行い、走りと静かさを追求した。
・ エンジンは、力強く、扱いやすい1.3L(M13A型)と1.5L(M15A型)の2種類を設定した。
・ 全車、平成17年排出ガス基準75%低減とし、さらに1.5Lの4WD車を除く全機種がグリーン税制に適合、排ガス性能も向上させた。

(6) 便利で快適な機能
・ 全車に、エアコン、パワーステアリング、パワーウインドー、パワードアロック、電磁式バックドアオープナー、電動リモコンドアミラー、キーレスエントリー、チルトステアリングなどの、便利で快適な機能を標準装備した。
・ 4WD車には、運転席・助手席シートヒーター、ヒーテッドドアミラーを装着した。
・ 「1.5XS」には、キーをシリンダーに差し込むことなく、ドアの施錠や解錠、エンジン始動ができる「キーレススタートシステム」、手元でオーディオ操作ができるオーディオコントロールスイッチ付ステアリング(本革巻)を設定した。

2代目スイフト

スズキ スイフトのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-スズキ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.