スズキ車モデルチェンジ推移と予想

スズキ スイフト モデルチェンジ推移2007年5月24日

スズキニュースリリースより

-----

「スイフト」シリーズを一部改良
新開発エンジンとCVTを搭載

小型乗用車「スイフト」に新開発のK12B型1.2LエンジンとCVT(自動無段変速機)を搭載するなどの一部改良を施すとともに、質感の高い内外装を採用した新機種「スイフトスタイル」を設定。さらに、「スイフトスポーツ」を一部改良し、5月24日より発売する。

「スイフト」シリーズの主な変更点

(1)新開発のK12B型1.2LエンジンとCVTの搭載

「スイフト」、「スイフトスタイル」の2WD車に、新開発のK12B型1.2LエンジンとCVTを採用し、高い動力性能と20.5km/Lの低燃費を実現した。
K12B型1.2Lエンジンは、ピストンをはじめとする各部の抵抗の低減や、燃焼の均一化など熱効率の改善を施し、高出力、低燃費、排出ガスの抑制に貢献している。
動力の伝達効率に優れたCVTは、ドライブ、スポーツ、ローレンジを持つゲート式を採用した。
新開発の<K12B型>1.2L・DOHC VVTエンジンとCVTの採用により、平成17年排出ガス基準75%低減レベル[☆☆☆☆]、及び平成22年度燃費基準+10%を達成し、グリーン税制に適合している。

(2)便利なリヤシートアレンジと多彩な収納が可能な荷室

座り心地の良い一体式のリヤシートを採用するとともに、リヤシートの背もたれを、ワンアクションで倒せる6:4分割可倒シングルフォールディング式とした。
リヤシート折りたたみ時に、荷室との段差をなくす中折れ式のラゲッジボードを新たに採用したことで、長尺物の積載などにも便利な多彩な収納アレンジを可能にした。

「スイフト」の主な変更点

<エクステリア>

フロントグリル及び前後バンパーのデザインを変更し、より豊かで立体的な外観とした。
被視認性を高めるLEDサイドターンランプ付ドアミラーを採用した。
(「XG Lパッケージ」、「XS」)(「スイフトスタイル」、「スイフトスポーツ」共通)
奥行きがあり、質感の高いデザインのマルチリフレクタータイプのリヤコンビランプを採用した。
15インチアルミホイールに新しいデザインを採用し、洗練された印象とした。
(「XG Lパッケージ」、「XS」)

<快適装備/安全装備>

ドアの施錠・解錠、エンジンスタートに便利な、キーレススタートシステムを標準装備した。
(「XE」を除く)(「スイフトスタイル」、「スイフトスポーツ」共通)
「XS」にSRSカーテンエアバッグ・フロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備した。
2WD車に加え、4WD車に新たにディスチャージヘッドランプ装着車を設定した。
(「XG Lパッケージ」、「XS」)

「スイフトスタイル」の主な特長

「クラッシー&エレガント」をデザインテーマとして開発した、落ち着いたブラウン基調の上質かつ優美なインテリアを採用した。
本革とアルカンターラ※1を使用した専用シート表皮を採用し、高級感を演出した。
本革巻ウッド調のステアリングホイールやシフトノブ、クロームメッキシフトリングなどを採用し、質感を高めた。
専用インパネにシルバー塗装を施したオーディオや、クロームメッキ3連メーターリングを採用した。
エクステリアには、クロームメッキを採用したエレガントで上級感のある専用フロントグリルを装備した。
2WD車に、質感の高い専用デザインの14インチアルミホイールを採用した。
「スイフトスタイル」専用エンブレムを貼付した。

※1 アルカンターラ:スエード調の人工皮革で、家具やインテリア、高級ブランド品の素材として、幅広く世界で愛されている信頼のブランド。商標は東レ株式会社が所有。

「スイフトスポーツ」の主な変更点

MT車の1速から2速への変速比をクロスレシオ化し、最終減速比をローギヤードとすることで加速感を向上させた。
エンジントルクを最適に制御するとともに、4輪ブレーキを独立して制御することで、タイヤのスリップや横滑りを抑止する車両走行安定補助システム[ESP(R)]※2を標準装備した。
メーカーセットオプション車のシートにシャープな印象のグレーを採用し、インテリア全体をモノトーンで統一した。

販売目標台数( 年間 )      「スイフト」全体 52,000台

・価格(消費税込み)

1,102,500-1,680,000円

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

スズキ スイフトのモデルチェンジ推移の一覧と今後の予想

-スズキ車モデルチェンジ推移と予想
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.