スイフトの評価集

スイフトの乗り心地と静粛性は?

スイフトの乗り心地&静粛性は?

2014年の新車販売実績は自動車全体で20位にスイフトは位置しており、走りの質感が違うということで根強いファンがたくさんいらっしゃいます。

スイフトは走行性が非常に高く、乗り心地も良いので長時間に渡って運転していても疲労感は少ないようです。

しかし、個人のブログや教えて!gooでは、「スイフトは乗り心地が固い」「お年寄りには辛いと思う」「乗り心地を良くできれば助かる」「後部座席は乗り心地が悪い」という意見が出回っておりました。

とは言え、スイフトは2013年にマイナーチェンジしており、旧型と比べて燃費が向上して乗り心地も多少は変わっているはずです。

「固い」「悪い」という口コミは数年前の旧型のスイフトに関するものも多かったですし、感覚に左右されるので一概には説明できません。

走行性に関してはかなり高い評価を得ており、雑誌などの評論や試乗レポートでも共通した意見が多くなっております。

小回りが利くので利便性は非常に高いですし、あからさまに他の自動車と比較して乗り心地が悪いわけではなさそうです。

狭い道や駐車場でこの性能が役立ち、ロングランよりも通勤としての利用が適しているのではないでしょうか。

スイフトのタイヤの静粛性について

スイフトの試乗レポートによると、交換用のタイヤのアスペックデシベルは静粛性に関しては少々劣るという意見が出回っておりました。

グリップ性能に関しては悪くないものの、静粛性に関して少々問題があるみたいで、道路の継ぎ目やマンホールなどの段差でも振動が出ます。

しかし、グリップ性能を意識しているタイヤは濡れた路面での排水性も考慮しており、静粛性に関して有効な設計は難しいかもしれません。

それでも、低回転時のエンジンの静粛性はトップクラスなのがスイフトの魅力で、周囲が静かな場所へと足を運んでも一緒です。

スイフトの高速道路での静粛性について

上記でもご説明した通り、スイフトはエンジンに関する静粛性が優れており、高速道路で駆け抜けても静かなところが大きな特徴となっております。

もちろん、一般道路での走行と比較してみると多少はうるさくなっているものの、「ワインディングでの軽快感と高速道路の重厚感のバランスは凄い」とスイフトは評価されておりました。

正に大人の走りを目指しているコンパクトカーと言っても過言ではなく、燃費が良いところもメリットかもしれません。

カタログで表記されている燃費は19.4~26.4km/lなので、同じクラスの車と比べて優れているはずです。

スイフトの乗り心地を決める足回り

スイフトスポーツの足回りのスペックです。

Fブレーキ ベンチレーテッドディスク
Rブレーキ ディスク
Fサスペンション マクファーソンストラット式コイルスプリング
Rサスペンション トーションビーム式コイルスプリング
Fスタビライザー トーション・バー式
タイヤサイズ 195/45R17 81W

スイフトの足回りのスペックです。

Fブレーキ ベンチレーテッドディスク
Rブレーキ ディスク
Fサスペンション マクファーソンストラット式コイルスプリング
Rサスペンション トーションビーム式コイルスプリング
Fスタビライザー トーション・バー式
タイヤサイズ 185/55R16 83V

通常モデルのスイフトとスイフト・スポーツの足回りのスペックは、タイヤサイズ以外は同じですが、ダンパーやバネのセッティングは異なっています。

やはりスイフトスポーツの方は、ある程度スポーツ走行出来るセッティングに振られていて、街乗りでの乗り心地は、固めになっています。

これがワインディングやサーキットに行けば、固めのセッティングがロールを抑えて、気持よく走ることが出来るでしょう。

反対に通常モデルのスイフトのセッティングは、街中で不快にならないような乗り心地のセッティングになっています。ただ乗り心地に振るわけではなく、高速道路でのドライバビリティ向上も兼ね備えたセットになっています。

スイフトの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのスイフト値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がスイフトを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のスイフトの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>スイフト値引き交渉マニュアル

-スイフトの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.