スイフトの評価集

スイフトは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

アイキャッチ画像

スイフトは、軽量ボディによる走行性能の高さや燃費の良さ、充実した安全装備などが魅力になっています。

それに加え、もし運転がしやすければ、理想的なコンパクトカーと言えそうです。

ここでは、スイフトの運転しやすさについて検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、購入を検討されている方は参考にしてみてください。

スイフトの大きさは?ボディサイズをチェック

まず初めに、スイフトの売れ筋グレード「ハイブリッド SG」のボディサイズをチェックしてみましょう。

【スイフト ハイブリッド SG】
全長 3,840mm
全幅 1,695mm
全高 1,500mm

全長が4m前後に達するコンパクトカーが増えている中、3.8mほどの全長は短い部類に属します。

一方、全幅は5ナンバー規格いっぱいのサイズになっていますが、1.7mオーバーが当たり前になっている欧州製コンパクトカーと比べれば、まだ狭い方です。

こうしたコンパクトなサイズゆえ、軽自動車から乗り換えるにも適しています。

軽自動車の代表格としてアルトを選び、サイズを比較してみましょう。

ライバル車・アルト
※アルト 出典suzuki.co.jp

【アルト L】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,475mm

スイフトはアルトと比較すると全長が40cm以上長く、全幅も20cm以上広いディメンションです。

ひと回り以上大きいサイズになるものの、登録車としてはコンパクトなので、乗り換えてもすぐに慣れてしまうでしょう。

不便さを感じるとしても、軽自動車同士でないとすれ違えない狭い路地など、一部のシチュエーションに留まるはずです。

スイフトの小回りは効くか?スイフトの最小回転半径

次に、スイフトの小回り性を検証してみましょう。

スイフトの最小回転半径は4.8mで、アルトの4.2mと比べると60cm大きい数値です。

アルトでは一発でUターンできた道路で切り返しが必要になる、というケースも当然出てくることでしょう。

ただ、他社のコンパクカーには最小回転半径が5mを超える車種もあることを考えれば、スイフトは決して小回りが効かない方ではありません。

スイフトは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

車両の運転感覚

スイフトのフロントの見切りはイマイチ

フロントの見切り
※スイフト 出典suzuki.co.jp

スイフトはボンネットの先端がスラントしたデザインになっているので、運転席からは確認することができません。

ボンネットの手前側は見えるとはいえ、フロントの見切りはイマイチと言わざるを得ないでしょう。

駐車する時や狭い路地で切り返す時などは、フロントバンパーを壁などにぶつけてしまわないよう十分注意が必要です。

また、斜め前方視界の点でも、Aピラー(フロントピラー)が太いことや、ドアミラーがAピラーの付け根に取り付けられていることから、死角が多めになっています。

交差点で右左折する際は、横断歩道上の歩行者を見落とさないよう注意が必要です。

スイフトの車幅の感覚は掴みやすい?

運転席からボンネットの先端が見えると、車幅の感覚も掴みやすくなります。

先ほど述べたように、スイフトの場合はボンネットの手前の方までしか見えませんが、それでも全く見えない車よりは車幅が掴みやすいと言えるでしょう。

また、5ナンバー車のメリットで左右のAピラーが同時に視野に収まることも、車幅を掴む助けになってくれます。

スイフトの後方視界は普通

スイフトのリアウィンドウの面積はそれほど大きくありませんが、後方の確認に困るほど小さいわけではないので、後方視界には及第点が与えられます。

それよりも問題なのは、斜め後方の視界です。

後方の視界
※スイフト 出典suzuki.co.jp

リアドアウィンドウの天地の丈が小さく、Cピラー(リアピラー)が太いため、斜め後方の死角が気になります。

そのため、ボディが小さい割にはバックがしずらく、車線変更の際に目視する場合は、ほかの車両が死角に入ってしまう可能性があるので神経を使います。

スイフトの駐車にはコツがある?

スイフトは視界が特別良いとは言えず、フロント先端部の位置も把握しにくいので、コンパクトカーとしては駐車がしにくい方です。

バックで駐車する場合は、斜め後方の死角に障害物がないかどうかに気をつける必用がありますし、前進駐車の場合も油断するとフロントバンパーを壁などにぶつけてしまうかもしれません。

スイフトで駐車する際のコツは、とにかくボディが小さいからと言って気を緩めずに、サイドミラーをよく確認したり、必要であれば窓ガラスを開けて顔を出しながら直接目視するなど、安全に配慮するようにしましょう。

スイフトの運転で役立つアイテム

全方位モニター用カメラ[フロント/左右サイド/バックカメラ]

フロントの見切りや斜め後方視界がいまひとつであるスイフトの場合、特に駐車をする際に、運転をサポートする何らかのアイテムが欲しくなります。

イチオシは、XGを除く全車にメーカーオプション設定されている「全方位モニター用パッケージ装着車」です。

全方位モニターとは、車両の前後左右4箇所に設置されたカメラの映像を、対応するディーラーオプションナビ(スタンダードプラスモデル/スタンダードモデル/パナソニック製エントリーモデルのいずれか)の画面に表示するアイテムになります。

視点は、以下の3種類の切り替えが可能です。

  • 上から俯瞰した映像と車両前方または後方の映像の2画面を表示する「トップ映像+前方/後方映像」
  • 車両前方または後方の映像をワイドな画角で表示する「前方/後方ワイド映像」
  • 車両側方の映像と前方または後方の映像の2画面を表示する「サイド映像+前方/後方映像」

バックモニター
※スイフト 出典suzuki.co.jp

特に、自車と周辺の情況を把握しやすい「トップ映像+前方/後方映像」は、かなり役立つはずです。

ただし、全方位モニターのみを単独で装着することはできず、フロント2ツィーター&リヤ2スピーカー/ステアリングハンズフリースイッチ/USBソケット/GPSアンテナ/TV用ガラスアンテナ、以上が抱き合わせになったセットオプションになります。

このオプションを付けると価格は66,960円アップしますが、内容からするとむしろリーズナブルと言えるでしょう。

コーナーセンサー(フロント+リヤ)+インジケーター

スイフトの運転に役立つもうひとつのアイテムとして、ディーラーオプションの「コーナーセンサー(フロント+リヤ)+インジケーター」があげられます。

コーナーセンサー
※スイフト 出典suzuki.co.jp

このアイテムは、前後のバンパーのコーナー部に設置された超音波センサーで障害物を検知、約60cm以内に接近すると、電子ブザー音と別置タイプのインジケーター表示でドライバーに注意を促すものです。

このアイテムを装着すれば、駐車や狭い路地での切り返しの際に前後のバンパーを障害物やほかの車などにぶつけてしまうリスクが、大幅に軽減されます。

価格は62,640円とやや高価ですが、付けておけば安心です。

スイフトの運転のしやすさまとめ

スイフトは視界や見切りが優れている方ではないので、ボディサイズがコンパクトな割には、取り回しで運転しにくいと感じるドライバーがいるかもしれません。

ことに駐車時には気を使うので、ドライバーの負担を軽減するためにはここで紹介したアイテムが必須と言えます。

特に運転に自信がない女性の方は、最初から全方位モニターとコーナーセンサー込みでスイフトの購入を検討した方が良いでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

スイフトの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのスイフト値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がスイフトを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のスイフトの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>スイフト値引き交渉マニュアル

-スイフトの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.