タンクの値引き

総額はいくら?タンク 1.0 Xの値引きと総価格をシミュレーション

タンクのベースグレードながら売れ筋でもある、タンク1.0Xの値引きを含んだ総価格をシミュレーションしています。

他のグレードとの装備比較やライバル車との比較、デザインや内装、実燃費、リセールバリューなど、タンク1.0X購入の参考にしてみて下さい。

売れ筋人気グレードのタンク 1.0 Xを他のグレードと比較

グレード名タンク 1.0 Xタンク 1.0 G
価格比較1,490,500円1,716,000円
1.0 Gとの価格差-225,500円
装備比較ウレタン製ステアリングホイール
ウレタン製ステアリングホイール
ウレタン製ステアリングホイール(シルバー加飾・ステアリングスイッチ付)
ウレタン製ステアリングホイール(シルバー加飾・ステアリングスイッチ付)
片側パワースライドドア両側パワースライドドア
両側パワースライドドア
アナログメーター
アナログメーター
オプティトロンメーター
オプティトロンメーター
オート電動格納式ドアミラーオート電動格納式ドアミラー(サイドターンランプ付)
アームレストなしフロントセンターアームレスト
助手席シートアンダートレイ
(MOP)
助手席シートアンダートレイ
助手席シートアンダートレイ
後席ステップランプ(助手席側)
後席ステップランプ(助手席側)
後席ステップランプ(運転席・助手席側)
マニュアルエアコン
マニュアルエアコン
オートエアコン/ピアノブラック加飾
オートエアコン/ピアノブラック加飾
定速型クルーズコントロールなし定速型クルーズコントロール
定速型クルーズコントロール
2スピーカー4スピーカー
スマートキー&プッシュスタートスマートキー&プッシュスタート
14インチスチールホイール(樹脂フルキャップ)
14インチスチールホイール(樹脂フルキャップ)
14インチスチールホイール(樹脂フルキャップ)
ハロゲンヘッドランプ
ハロゲンヘッドランプ
ハロゲンヘッドランプ

※MOP(メーカーオプション)

タンク1.0Xと1.0Gとの装備比較です。

タンク1.0Xは1.Gと比べて約22.5万円安いですが、その分1.0Gの方が装備が良くなっています。

まず内装では、1.0Gにはステアリングスイッチとシルバー加飾、オプティトロンメーター、ピアノブラック加飾のセンタークラスターパネルなどが付いているので、質感が1.0Xより高くなっています。

機能的な部分では、1.0Gには両側パワースライドドア、オートエアコン、クルーズコントロール、4スピーカーなどタンク1.0Xには標準で付かない装備が付いています。

両側パワースライドドアはあればとても便利ですが、大きなミニバンほどスライドドアは重くないので片側だけでも十分と考えるユーザーは多いです。

あとは無くても特別実用的に困らない装備なので、初期費用が抑えられるタンク1.0Xがそれなりに売れているのが分かります。

タンク 1.0 Xのエクステリア

タンク 1.0 Xのエクステリア

タンク1.0Xのエクステリアです。

最近のトヨタデザインの流れを汲んだ、大きなバンパーの開口部が目立ちます。

広い開口部と対照的に切れ長なヘッドライトが、大胆かつ繊細なデザインバランスとなっています。

スバルジャスティのカスタムと、ダイハツトールの標準グレードと同系統のフロントマスクです。

タンク1.0Xのリアデザイン

タンク1.0Xのリアデザインです。

ボディは四角に近く四隅が立っており、車内スペースを稼ごうとしているのが分かります。ガラスエリアも広く取られて、この辺りはデザインよりも見切りの良さや視界の良さを優先したデザインですね。

機能性を優先したデザインですが、ガラス下のベルトラインやサイドのリアに伸びるキャラクターラインに変化を加えて凹凸を作り、デザインに躍動感を持たせています。

テールランプは縦型ですが、リアガラス下のサイドに張り出した鋭角なデザインがリアハッチの鋭角なラインと合わせて、リアのアクセントになっています。

タンク 1.0 Xのインテリア

タンク 1.0 Xのインテリア

タンク1.0Xのインテリアです。

機能性を優先したシンプルなデザインのインパネですね。メーターは1眼式でアナログのスピードメーターが表示されます。右側にはガソリンの残量計が表示されます。

インパネ中央にはマルチインフォメーションディスプレイが設置され、外気温や時計、メンテナンス情報など様々な情報が表示されます。

ベースグレードなので、上位グレードのようなピアノブラックやメッキ等の加飾は無く、助手席オープントレイのオレンジアクセント以外は、シンプルな仕上がりです。

タンク1.0Xの内装色

タンク1.0Xの内装色は汚れの目立たないブラックのみです。

天井が高く、リアシートのレッグスペースも広いので、小さなお子さんが居るファミリーにも思い切り使い倒せる車内空間です。

タンク1.0Xのシート表皮はファブリック

タンク1.0Xのシート表皮はファブリックです。

適度な柔軟性と通気性が確保されており、長距離ドライブも問題なくこなせるでしょう。

タンク 1.0 Xの実燃費は?

タンク 1.0 Xの平均実燃費 15.8km/L

タンク 1.0 Xのカタログ燃費は24.6km/Lです。

渋滞が発生するような市街地の実燃費は10-12km/Lまで落ちるようです。

車の流れが良い幹線道路や信号の少ない郊外の道路では15-17km/L、 高速道路では17-19km/Lまで伸びてきます。

タンク 1.0 Xを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

ソリオ 1.2 G

タンク 1.0 Xソリオ 1.2 G
1,490,500円1,486,100円
ソリオに対して
+4,400円
--
1000cc1200cc
リアサンシェード(格納式)リアサンシェードなし
サイドバイザー
(DOP)
サイド兼用サンバイザー
運転席・助手席シートヒーター
(MOP)
運転席シートヒーター
オート電動格納式ドアミラー電動格納式ドアミラー
2スピーカー2スピーカー
片側パワースライドドア片側パワースライドドア
スマートキー&プッシュスタートスマートキー&プッシュスタート
14インチスチールホイール14インチスチールホイール

※MOP(メーカーオプション)
※DOP(ディーラーオプション)

タンク1.0Xの値引き交渉で有効なライバル車は、ソリオ1.2Gです。

ソリオに対抗するためにタンク他のコンパクトカーを出してきたので、セールスさんが気になるライバル車もソリオでしょう。

ソリオ1.2Gに対して、価格は約4千円高いです。細かい装備に違いはありますが概ね同等の装備と言って良いでしょう。

ただ、ソリオはタンク1.0Xの1000ccに対して、排気量が200cc大きい1200ccです。わずか200ccでも出足や加速で差が出るので、タンク1.0Xの値引き交渉ではここを指摘しましょう。

「価格はほとんど同じだが、ソリオの方がエンジンの排気量が大きいのでどちらにするか迷っている。予算もあるのでもしソリオより安くなるなら、タンクに決めたい」などと交渉すると良いでしょう。

もしソリオとの競合にセールスさんが乗ってこなかったら、姉妹車のトヨタルーミーやダイハツトール、スバルジャスティと競合させましょう。

タンク 1.0 Xのリセールバリューは?

タンク 1.0 X

タンク1.0Xを購入したら、売却時にいくらで売れるのか気になるのではないでしょうか。ここでは、タンク1.0Xのリセールバリューを予測したいと思います。

※新車から3年経過後のリセールバリュー(1年1万キロ平均の車両)

グレード名新車価格買取相場新車価格に対してのリセールバリュー差額
万円万円万円
万円万円万円
万円万円万円
万円万円万円

タンクは発売後まだ間もないので、中古車相場が安定して出ていません。

そこで同系統のスズキソリオのリセールバリューから予測してみましょう。

ソリオでリセールが高いグレードは、外観にエアロが付いているスポーティグレードのソリオバンディットです。次いで標準モデルとなります。

駆動方式では、2WDモデルよりも4WDモデルの方が、リセールが高いですね。

ソリオ以外の車種でも、輸出に強い車種は4WDよりも2WDの方がリセールが高いケースがありますが、タンクはソリオと同様に国内需要がメインとなります。

国内で人気なのは、エアロ等が付いたカスタムモデルや中古車の玉数が少ない4WD、ホワイトパールやブラックの人気色、低走行距離、修復歴なし、綺麗な内外装などです。

これらをタンクに当てはめ、リセールが高い順にグレードを並べると、

カスタムG>カスタムGT>1.0G>1.0GT=1.0X

となります。(スマートアシスト付きも含む)それぞれ4WDがあれば、4WDの方がリセール割合が高くなります。

あくまで予想ですが、ソリオのベースグレードの1.2Gのリセールを見ると、タンクでも以上のリセールが妥当かと思います。

1.0X(FF)で、5年後のリセールバリューは新車価格に対して45-55%の間位になるでしょう。

ただ、タンク1.0Xの新車価格は他のグレードと比べて安いので、売却時の損失額(新車価格との差額)は少なくなります。

そこを踏まえれば、1.0Xでも他のグレードと比較して特別損が大きいグレードではないでしょう。

タンク 1.0 Xの値引き後の総支払額は?

タンク 1.0 Xの値引き後の総支払額は?

タンク 1.0 Xの値引き後の総支払額をシミュレーションしてみます。

オプション無し、おすすめオプションありの2パターンの値引き後の新車見積もりを紹介します。

オプション無しの最安でのタンク 1.0 X新車値引き見積もり

グレード名タンク 1.0 X
車両本体価格1,490,500円
(メーカーOP品名)--
メーカーオプション価格0円
(ディーラーOP品名)--
ディーラーオプション価格0円
諸費用167,787円
目標値引き▲130,000円
オプション値引き--
支払総額1,528,287円

オプションを全く付けない状態のタンク 1.0 Xの見積もりは、値引きを含んで1,528,287円でした。

オプションなしでは、不便もあるので純正オプションより安く買える社外品を調べてみました。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット9,180円(14カラー)27,000円(デラックスタイプ)
ドアバイザー8,980円19,440円(RVワイドタイプ)
ナビゲーション78,960円(カロッツェリア楽ナビ7型)159,300円(7インチ)
革調シートカバー13,800円~48,600円

フロアマットやドアバイザーは純正よりも半額以下で買えてしまいます。

フロアマットは自分でも簡単に付けられるので、ネット通販で買えばお手軽にマット代を節約できます。

その他自分では付けられない物は、ディーラーに持ち込んで付けてもらうと良いでしょう。

普通に持ち込みだと工賃を取られるので、おススメは新車の契約時に持ち込み工賃無料か割り引きを条件に契約する事です。

新車の値引き交渉と一緒に工賃サービスを条件に含めれば、成功すればオプション代をかなり節約できるでしょう。値引き交渉と一緒に頑張ってみて下さい。

上記の社外品は楽天市場で購入できます。

おすすめオプションを含んだタンク 1.0 X新車値引き見積もり

おすすめオプションを含んだタンク 1.0 X新車値引き見積もり

グレード名タンク 1.0 X
車両本体価格1,490,500円
(メーカーOP品名)パールホワイトⅢ、ナビレディパッケージ(バックカメラ・ステアリングスイッチ)、寒冷地仕様
メーカーオプション価格85,320円
(ディーラーOP品名)T-Connectナビ、ETC2.0ユニット・ビルトインタイプ(ナビ連動タイプ)、カメラ一体型ドライブレコーダー、サイドバイザー(RVワイドタイプ)、フロアマット(デラックスタイプ)
ディーラーオプション価格262,143円(工賃込み)
諸費用167,787円
目標値引き▲130,000円
オプション値引き▲52,428円
支払総額1,823,322円

メーカーオプションには、下取り時にプラス査定が期待できるパールホワイト、バックカメラとステアリングスイッチが入ったナビレディパッケージ、寒い日でもすぐに温風が出てくるPTCヒーターを含んだ寒冷地仕様を選んでいます。

ディーラーオプションでは、Tコネクトナビ、交通情報が見れて高速料金が若干安くなるETC2.0、もしもの時に映像を残せるドライブレコーダーなどを選択しました。

以上のオプションと諸費用、新車値引き、オプションからの値引き、すべてを含んだタンク1.0Xの総価格は、1,823,322円となりました。

ディーラーオプションを社外品で検討すれば、総価格はまだ下げられるでしょう。

タンク 1.0 Xの値引き実例は?

現行型タンク 1.0 Xは、どの位の値引きでユーザーが購入してきたのか、当サイトに寄せられる実例値引きを見てみましょう。

購入時期グレード名値引き額
2017年3月タンク カスタム G-T11.2万円
2017年2月タンク カスタム G-T15.9万円
2016年12月タンク 1.0 X S8.2万円

タンクは発売後まだ間もないので、新車値引きは渋いです。

今後徐々に拡大して、オプションからの値引きを含めて20万円前後は可能になるでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

タンクの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのタンク値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がタンクを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のタンクの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>タンク値引き交渉マニュアル

-タンクの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.