タンクの評価集

タンクの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

アイキャッチ画像

トヨタのコンパクト・トールワゴン「タンク」は、5ナンバーサイズならではの取り回しの良さや、巧みなパッケージングにより実現された広大な室内空間、ユーザー目線に立った装備などが魅力となっています。

そして、雪国に住むユーザーなどのためにしっかりと4WD車も用意されていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを、徹底的に評価します!

タンクの4WDグレードの価格は?

タンク売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は?

当サイトが独自に調査したタンク4WD車の売れ筋グレードは、最も安価な「X」ですが、同グレードの2WD車と比較すると172,800円高価な設定になっています。

タンク 1.0 X 2WD 1,463,400円
タンク 1.0 X 4WD 1,636,200円

タンクの4WDシステムは、「ポルテ/スペイド」や「カローラ アクシオ/フィールダー」などに採用されているものよりもプリミティブな方式です。

にもかかわらず、2WD車との価格差はそれらの車種よりも大きくなっているので、割高感は否めません。

タンクの4WD車と2WD車との仕様の違いは?

ボディスペック

スペック
タンク 1.0 X 2WD
タンク 1.0 X 4WD
全高(mm)1,7351,735
最低地上高(mm)130130
車両重量(kg)1,070
1,130
リア・トレッド(mm)1,4751,445
燃料タンク容量(L)3638

全高や最低地上高などに違いは無いものの、4WD車の方がリア・トレッドが30mm狭い、車両重量が60kg重いといった相違点があります。

また、燃料タンク容量も異なり、4WD車の方が2L大きい38Lタンクとなっています。

パワートレイン&メカニズム

タンク4WD車の場合、2WD車に設定のある1Lターボエンジンを選ぶことができず、1L NAエンジン(型式・スペックは2WD車と共通)が唯一の選択肢となります。

そのほかのメカニズム面では、リア・サスペンションの形式が異なっており、2WD車がトーションビーム式であるのに対し、4WD車にはトレーリングリンク車軸式が採用されています。

タンクのライバル車との価格差は?

タンクの最大のライバルは?

タンクのライバル車のソリオ

※ソリオ:suzuki.co.jp

同クラスのトールワゴンには「ダイハツ・トール」「スズキ・ソリオ」などがありますが、トールは基本的にタンクと同一のクルマなので、実質的にはソリオをライバルにあげるのが妥当でしょう。

タンクX・4WD車の価格は163万6,200円(※北海道地区は165万9,960円)ですが、それと直接競合するソリオのエントリーグレード「G」4WD車の価格は、158万1,120円と5万円以上安く設定されています。

タンク4WDとの仕様・装備の違いは?

エンジンは、タンクが1L直3(最高出力69ps/最大トルク9.4kgm)であるのに対し、ソリオはより強力な1.2L直4(最高出力91ps/最大トルク12.0kgm)を搭載します。

さらに車両重量はタンクの方が160kgも重いので、動力性能は明かにソリオが勝っています。

また、装備面においても、ソリオに標準装備される運転席・助手席シートヒーターがタンクの場合パッケージオプションとなるなど、総じてコストパフォーマンスの面ではライバルに見劣りしてしまいます。

タンク4WD車の実燃費は?

カタログ燃費と実燃費の差は?

タンク4WD車のカタログ燃費(JC08モード)は22.0km/Lですが、当サイトの調査による実燃費は14.7km/Lとなっています。

達成率は66.8%で、カタログ燃費との落差は大きい部類に入ります。

タンクの2WD車との実燃費の差は?

当サイトの調査によるタンク2WD車の実燃費は15.8km/Lなので、それと比較すると4WD車は93%の数値となります。

2WD車との燃費の差が小さいのは、タンク4WDを積極的に選ぶ動機のひとつになるでしょう。

タンクのライバル車との実燃費の差は?

ソリオG・4WD車のカタログ燃費はタンクと同一の22.0km/Lですが、当サイトの調査による実燃費は17.5kmと、タンクを2.8km/Lも上回っています。

パワーウエイトレシオの劣るタンクは、多人数乗車時や坂道などでの燃費の悪化が著しいため、このような結果になったと推測できます。

タンク4WD車の雪道の走行性能は?

タンクの4WDはどんなシステム?

4WDの概要

タンクの4WDの概要図

※タンク:toyota.jp

タンクの4WDシステムには、「Vフレックスフルタイム4WD」と呼ばれる、ビスカスカップリングを用いたパッシブオンデマンド型が採用されています。

電子制御カップリングを用いたアクティブオンデマンド型などと比べ製造コストが掛からないので、価格を抑える必用のある軽自動車などに採用例が多くなっています。

4WDの制御

乾燥路での直進時はほぼ前輪駆動の状態で走行しますが、雪道などの滑り易い路面やコーナーなどで前後輪の回転差が生じると、後輪にも動力が伝達されます。

前後のトルク配分は、路面状況に応じ100:0~50:50の範囲内で自動的に可変されます。

タンク4WDの雪道での実際の走行性能は?

タンク4WDの発進・加速時

同一銘柄のスタッドレスタイヤを履いたタンク・2WD車と比較すると、4WD車はテールが流れて方向性が定まらないようなことが無いので、遥かに安定した発進とその後の加速が行えます。

しかし、システム上前輪がスリップしてから後輪に駆動力が掛かるまでに若干のタイムラグが生じるので、フィーリング面ではどうしても不自然さを感じてしまいます。

また最低地上高が130mmと低い上、エンジンが非力なので深く雪が積もった駐車場からの発進は4WDとは言え苦手です。

タンク4WDの登坂・降坂時

雪の坂道はタンク4WDにとって厳しい?

雪道の登坂時においては、ある程度の勾配があれば常時後輪にも駆動力が配分される状態になるので、パッシブオンデマンド型の欠点が表面化しにくく、安定した走行が可能です。

少なくとも、2WD車のように坂が上り切れずスタックしてしまうことはほとんど無いはずです。

一方、下り坂ではンジンブレーキが効くのは2WD車同様前輪のみになるため、車両重量が重い分むしろ2WD車以上に慎重な運転が望まれます。

下り坂では車間距離に余裕をもって、急ブレーキを避け慎重に運転しましょう。

タンク4WDの通常走行時

特に乾燥路と雪道が交互に現れるような路面では、2WD走行と4WD走行が切り替わる度にやや不自然なフィーリングが生じます。

しかし、それはアクティブオンデマンド型4WD車やフルタイム4WD車と比較した場合に感じる欠点であり、2WD車よりも安全な走行ができることは間違いありません。

ただし、コーナリングは重心位置が高いため得意とは言えないので、雪道でも4WDを過信せず十分減速してからコーナーに進入することが必要です。

タンク4WDのまとめ

タンク4WD車の雪道での走行性能は、4WD車の平均レベルを若干下回っています。

従って過度の期待は禁物ですが、タンク2WD車と比較すれば安全性や心理的な安心感の面で上回るので、決して存在価値が無いわけではありません。

2WD車との燃費の差も小さいので、価格差に納得がいけば購入しても良いでしょうね。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

タンクの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのタンク値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がタンクを限界値引きで購入しています。

今月のタンクの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>タンク値引き交渉マニュアル

-タンクの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2022 All Rights Reserved.