タンクの評価集

トヨタ タンクの内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

アイキャッチ画像

5ナンバーサイズのボディによる取り回しの良さと、広い室内空間や使い勝手の良さを併せ持ったコンパクト・トールワゴン、「トヨタ・タンク」の内装を徹底的に紹介します。

デザイン・ラインはタンク系(G-T/G S/G/X S/X)とタンクカスタム系(カスタムG-T/カスタムG S/カスタムG)の2系統が用意され、それぞれで異なる内装が備わるほか、タンク系はG系とX系で差別化が図られています。

タンクの内装の質感は?

タンクカスタムの内装色

タンクカスタム系のインテリアは、写真のようにブラックを基調としながらも、フロントドアトリムにブルーのオーナメント表皮が採用されています。

タンクカスタムのドアアームレスト(シルバー加飾)&フロントインサイドドアハンドル(メッキ仕上げ)

タンクカスタムのレジスターノブ(メッキ仕上げ)

さらにドアアームレストにシルバーの加飾が施されるほか、フロントインサイドドアハンドルとレジスターノブがメッキ仕上げとなっており、それらが程よいアクセントになっています。

タンクカスタムのドアトリム上部のフェイクのステッチの拡大画像

また、ドアトリム上部は一見するとステッチ入りのソフトパッドのように見えますが、実際にはステッチ模様の入った一体成型の樹脂パーツとなっています。

しかし、フェイクとはいえ見た目の質感は高く、このクラスとしては上質な雰囲気を醸しています。

タンクの内装色

一方タンク系のインテリアは、同じようにブラック基調となるものの、フロントドアトリムにオーナメント表皮は備わりません。

また、ドアアームレストがシルバー加飾無しのブラウン仕上げとなるほか、ドアハンドルはグレーの樹脂素材となっています。

そのため、上質感やカラーリングのメリハリはタンクカスタム系と比較すると見劣りします。(※写真は次項を参照)

タンクカスタムのシート表皮・デザイン

タンクカスタムのシート表皮

タンクカスタムのシートのヘッドレスト部分の質感

タンクカスタムのシートのショルダー部分の質感

タンクカスタムのシートの座面部分の質感

タンクカスタム系のシートは、撥水加工が施されたファブリック素材となっており、ご覧のように色はブラックでシルバーの格子模様が入っています。

前席の座り心地はやや硬めながら、柔らか過ぎるものよりもむしろ疲れにくいものとなっています。

また、セパレートシートなのである程度のホールド性があり、コーナリング時に体が支えられなくて困る事もありません。

タンクカスタムの後席

一方後席は、ダイブイン機構を採用しているため座面のクッションが薄く、座り心地はあまり上等とは言えません。

そのためロングドライブは厳しいかもしれませんが、ヘッドレストが3人分装備される点は評価できます。

また、6:4の分割可倒式となっているので、荷物を積む場合に便利です。

タンクのシート表皮・デザイン

一方、タンク系のシートは撥水加工無しのファブリック素材となるほか、模様がシルバーのストライプ柄となっています。

ジュースなどをこぼした場合は染み込んでしまうので、小さいお子さんがいる場合は厳しいかもしれません。

その点を除けば基本的な機能性などはタンクカスタムと同等となるものの、廉価グレードのX系には運転席シート上下アジャスターが標準装備されないのが相違点になります。

タンクカスタムのインパネ

タンクカスタムのインパネ

タンクカスタム系は、センタークラスターパネルがシルバー加飾付のピアノブラック塗装となるほか、エアコンサイドレジスターとシフトレバーにシルバー加飾、シフトレバーボタンにメッキ加飾が施されています。

また、インパネ上部は、ドアトリム上部と同様にステッチ風の加飾が施されたソフトパッド風仕上げとなっています。

メーター文字盤の色はブルーで、空調コントロール用の液晶パネルはブラックとなっています。

タンクカスタムの本革巻きステアリング

また、ステアリングホイールは本革巻きで、スポークにシルバーの加飾が施されています。

全体的な雰囲気はコンパクトカーとしてはかなり上質で、シルバーおよびメッキの加飾が程よいアクセントにもなっています。

タンクのインパネ

タンク系のエアコンサイドレジスターがシルバー加飾されている。

一方タンク系は、上級グレードのG-TおよびG系の場合はセンタークラスターがシルバー加飾なしのピアノブラック調となります。

また、シルバー加飾はシフトレバーには施されず、エアコンサイドレジスターのみとなります。

さら廉価グレードのX系では、センタークラスターがピアノフィニッシュ無しのブラック仕上げとなるほか、エアコンサイドレジスターのシルバー加飾やシフトレバーボタンのメッキ加飾もありません。

一方、メーター文字盤の色は全車共通でオレンジとなるほか、空調コントロール用液晶パネルの色もオレンジとなります。

また、ステアリングホイールは全車ウレタン素材で、ステアリングスポークのメッキ加飾が施されるのはG-T/G系のみとなります。

タンク系の全般的な印象は、タンクカスタム系と比較すると質素なものとなります。

ことに価格を抑えたX系の場合は、高級感とは無縁になるのは仕方ないといえるでしょう。

トヨタ・タンクの収納・荷室の使い勝手は?

運転席・助手席回りの収納

ドリンクホルダー

タンクのインパネ回りのドリンクホルダー

タンクのインパネ回りのドリンクホルダー(紙パック収納時)

タンクのインパネ回りのドリンクホルダー(閉じた状態でスマホ収納可能)

左右のエアコンサイドレジスターの前に、回転式のドリンクホルダーが備わります。

ペットボトルや缶飲料のみならず、500mLの紙パックも収容できるほか、閉じた状態ではスマートフォンを収納できる優れモノとなっています。

また、左右のフロントドアにも500mLのペットボトルを1本収納できるボトルホルダーが備わるので、ドリンク類の置き場に困ることはまずないでしょう。

スマホ等が置けるような箇所

タンク助手席のオープントレイ

タンクのセンタークラスターポケット

タンクのドアアームレストポケット

助手席前のオープントレイ、センタークラスターのポケット、ドアアームレストのポケットと、スマホやガラケーなどの置き場には事欠かないので、複数持ちの方でも安心です。

BOXティッシュが置けるような箇所

タンクのセンターフロアトレイ

運転席と助手席の間のセンターフロアトレイに収まりそうです。

その他便利だと思う収納箇所、メーカーが推している収納箇所

タンクのフロントドアポケット

フロントドアには、書類などを収容できるドアポケットが備わります。

タンクのグローブボックス

タンクのグローブボックス(オープン時)

そのほか、助手席前には勿論開閉式のグローブボックスが備わるので、こちらにも小物類の収納が可能です。

タンクのセンターダストボックス

タンクのセンターダストボックス(オープン時)

また、センタークラスター下部に500mLのペットボトルが4本収容できる着脱式センターダストボックスが備わるのも大変便利で、これならわざわざカー用品店などでゴミ箱を手に入れる必要もなさそうです。

後席の収納

ドリンクホルダー

左右のリアドア後部のデッキサイドに、ドリンクや書類などが収納できるポケットが備わります。

これなら、後席の乗員も持ち物の置き場に困ることはないでしょう。

その他便利だと思う収納箇所、メーカーが推している収納箇所

タンクの助手席側買い物フック

助手席側のインパネと左右のデッキサイドに、コンビニ袋やエコバッグなどを引っ掛けられる買い物フックが備わるので、買った荷物を膝に抱える必要はありません。

タンクの助手席シートバックポケット

また、助手席のシートバックに書類を収納できるポケットが備わるのも便利です。

トヨタ・タンクの荷室サイズは?どのくらい積める?

リアシートを畳まない状態での荷室サイズは、スーツケースが4個収納できる程度のものです。

それでも軽トールワゴンよりは広く、買い物や小旅行程度なら荷物の置き場に困ることはないはずです。

一方、リアシートをダイブインした場合は、自転車を2台収容できる広大なスペースが生まれます。

ただ、開口部がやや狭くフロアも高めなので、重い荷物や大きな荷物の積み下ろしは少々骨が折れるかもしれません。

タンクの内装まとめ

タンクの内装まとめ

内装の質感はこのクラスとしては上等で、特にタンクカスタム系は高級かつクールな仕上げが魅力です。

一方タンク系も、高級感では劣るものの決して仕上げが雑という訳ではないので、こちらも大きな不満は感じないはずです。

収納スペースは非常に豊富で、一般的なコンパクトカーを明らかに上回っています。

荷室スペースもボディサイズを考えれば上々で、この面でも大きな問題はないでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

そんな時は低走行の新古車や未使用車がおススメです。

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

ナビクル中古車なら、全国約40万台の中古車を掲載しているグーネットから無料で探してくれるので、様々なニーズに合ったお買い得な中古車が見つかるでしょう。

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を紹介してくれます。

ナビクル中古車販売はこちら

タンクの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのタンク値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がタンクを限界値引きで購入しています。

今月のタンクの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>タンク値引き交渉マニュアル

-タンクの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.