タントの評価集

タントの内装を徹底評価!インパネ・収納・荷室をチェック

更新日:

タントの内装を徹底評価!インパネ・収納・荷室をチェック

2003年から発売されているダイハツ『タント』

最近では、様々なハイトワゴンが発売され、小さい軽自動車でも走りと実用性を兼ね備えた車種が多くなっています。

2019年にフルモデルチェンジがされ注目を集めているタントですが、内装色や収納・荷室の大きさ、そして使い勝手は実際どのようなものでしょうか。

タント カスタムも含めて詳しく見ていきましょう。

タントの内装の質感は?

タントの内装色

タントの標準の内装色は、「グレー」で統一されています。

どのグレードを選択しても同じ内装色となっています。

ステアリングからフロントパネルまでグレーが使用され、非常に落ち着いた印象を受けます。

シートカラーには、明るいグレーが採用され、グレーとのコントラストが印象的ですね。

 

タント カスタムの内装色

タント カスタムの内装色は、「ブラック」となっています。

ベースグレートのタントとは、かなり違った雰囲気で、外装のエアロボディと相まって引き締まった印象を受けます。

ブラックで統一された内装にシルバー加飾やメッキ加飾が施されるなど、高級感を感じます。

また、シートカラーもブラックとなっているため、インパネやドアトリムなどとの相性もいいです。

タントのシート表皮・デザイン

タントのシート表皮は、ファブリック素材となっています。

少し凹凸のあるザラッとした素材を使用しており、レザーシートのように座面が滑ることなく走行中の運転姿勢をしっかり保つことができます。

また、撥水シートとなっているため、万が一飲み物をこぼしてしまっても手軽にサッと拭き取れるのが便利です。

シートカラーが明るいグレーなので、飲み物をこぼしてしまうとシミになりやすく跡が残り目立ってしまいますが、撥水加工のおかげで車内での飲食も安心してできます。

ただ、サイドサポートの張り出しが少なく、体を支えるホールド感が弱いのが欠点です。

タントはベンチシートを採用しており、助手席への移動がスムーズにできるよう工夫されていることが影響しています。

タント カスタムのシート表皮・デザイン

タント カスタムのシートは、フルファブリックシートと、専用ファブリックシート+ソフトレザー調とのコンビシートの2種類が設定されています。

カスタムRSとカスタムXには、ファブリックとソフトレザー調シートとのコンビネーションシートとなっており、高級感が感じられます。

シートのサイドサポートと座面の一部がソフトレザー調になっているのでメリハリが出て、おしゃれに仕上がっていますね。

カスタム Lは、フルファブリックシートとなっています。

シート色はブラックのため、ブラック内装と相まって全体的に落ち着いた雰囲気にまとまっています。

タントのインパネ

サイド&センターレジスターベゼルとインパネアッパーボックス&助手席インパネトレイ

タントはボディカラーによって内装の加飾に違いがあります。

アイスグリーン、マスタードイエローマイカメタリック、ブルーミンクピンクメタリックを選択した場合は、サイド&センターレジスターベゼルとインパネアッパーボックス&助手席インパネトレイの上部加飾がグリーンになります。

それ以外のボディカラーを選択した場合は、サイドレジスターベゼル、インパネアッパーボックス&助手席インパネトレイの上部加飾はネイビーになり、センターレジスターベゼルはブラックとなります。

エアコン

タントには、オートエアコンとマニュアルエアコンがあります。

オートエアコンは、ボタンひとつで車内の温度を設定することができ、快適な車内環境を作ることができます。

風量の調節などもボタンの操作で行うのが特徴です。

これとは逆にマニュアルエアコンは、つまみを回して温度を調節したり、風量・風向の調節を行うため、細かな温度設定が難しいのが欠点です。

L/カスタムLには、マニュアルエアコンが装備され、それ以外のグレードにはオートエアコンが装備されています。

メーター

タントのメーターはオンダッシュボードタイプのデジタルメーターになります。

メーター位置がステアリングの上にあるので、ステアリングに遮られることなくメーターを確認できます。

また、メーターの高さを抑えることによって、運転視界も十分に確保しています。

メーターの左側にある4.2インチのTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイには、安全・安心に関わるコンテンツやオートエアコンのステータスなど、様々な情報を表示します。

運転中に視線をあまり動かすことなく、様々な情報を確認できるのは疲労軽減にも繋がりますね。

タント カスタムのインパネ

エアコンレジスターノブ&インナードアハンドル

タントカスタムは、エアコンレジスターノブとインナードアハンドルの部分がメッキ加飾となっています。

こうしたワンポイントがあることによって、ブラックの内装がより引き締まって見えますね。

センタークラスターパネル

カスタムRS/カスタムXのセンタークラスターパネルはプレミアムシャインブラック仕上げになっています。

また、シフトの付け根部分にメッキ仕上げのシフトベゼルが付いています。

それ以外のグレードは加飾はなく、艶消しブラックのパネルになります。

ステアリング/シフトノブ

カスタムRSは、本革巻きステアリング、本革巻きシフトノブとなります。

シフトボタンやノブの付け根部分にメッキ加飾が施され、軽自動車とは思えない高級感ある雰囲気になっています。

本革巻きステアリングは、握り心地がよく滑りにくいのが特徴で、走りを重視したRSシリーズには最適ですね。

Ⅹシリーズにはウレタン素材のステアリングが装備されていますが、RSと同様にシルバー加飾がされているので、車内の雰囲気はあまり変わりません。

シフトノブは本革ではありませんがメッキ加飾がなされています。

Lシリーズには加飾のないウレタン素材のステアリングが装備されています。

ウレタンだと本革に比べて手馴染みの良さと握った感触が違います。

タントの収納・荷室の使い勝手は?

運転席側の収納

インパネアッパーボックス

ステアリングの前方に収納ボックスが装備されています。

画像のように眼鏡ケースが収納できるほどの大きさです。

もちろん眼鏡ケース以外のものを収納することができます。

すぐに手がとどく場所に設置されて、使い勝手もいいですね。

ドアアームレスト

ドアアームレスト部分に小物を収納することができるスペースがあります。

画像のように携帯電話を置いておけますが、ドアを閉める際に掴む部分なので、このスペースに小物を置くと少し邪魔に感じます。

ガムなどの小さいものや、駐車券を一時的に置くスペースとして使用するには最適です。

カップホルダー

運転席の右側に500mlの紙パックが収納できる堀込み式のカップホルダーが装備されています。

格納式のようにスッキリしたデザインではありませんが、紙パックが収まるのはありがたいですね。

フロントドアポケット

ドア部分に収納スペースとボトルホルダーがあります。

ボトルホルダーは、ペットボトルを収納できるほどの大きさがあり、丸くデザインされているため取り出しもスムーズに行えます。

また、ペットボトルの形状にぴったり合うので走行中にガタつくことがないのもいいですね。

収納スペースは、雑誌や本などを収納できます。

横幅もしっかりと確保されているので、使い勝手もいいです。

助手席側の収納

助手席大型インパネトレイ

助手席の前方に収納スペースがあります。

画像のようにティッシュケースが収納できます。

収納部分の手前が少し高くなっており、物を置いても落下することがないようにデザインされています。

フタも付いていないので、サッと手軽に置けるのがいいですね。

グローブボックス

助手席インパネトレイの下にグローブボックスが装備されています。

軽自動車のグローブボックスは、収納力がないように思いますが、タントのそれはしっかりと奥行きが確保され、車検証以外のものも収納することができるようになっています。

カップホルダー

運転席同様に、堀込み式のカップホルダーがあります。

フロントドアポケット

ドア部分に収納スペースがあります。

助手席の収納は、あまり多くないので、このような収納スペースがあると助かります。

後部座席の収納

シートバックテーブル

運転席と助手席のシートの後ろに格納式のシートバックテーブルがあります。

物が落ちにくい設計でタブレットも立てかけられます。

500mlの紙パックを置けるホルダーも付いています。

食事やパソコンなど、様々なことに使用できるので大変便利です。

シートバックポケット

運転席のシートバックにポケットが装備されています。

本やスマホなどを収納できます。

クォータートレイ&ボトルホルダー

後部座席にもボトルホルダーと収納スペースが確保されています。

後部座席は前席と比べると、収納が少ないのでこのようなスペースがあるのはいいですね。

ショッピングフック

助手席のシートバックにショッピングフックが2個装備されています。

タントの荷室のサイズは?どれぐらい積める?

タントの荷室は、開口高1061mm・開口幅1007mmとなっています。

奥行きが同じ大きさの車種と比べるとやや小さく、狭く感じます。

この奥行きでは、あまり多くのものを積むことがでないのが欠点ですね。

ですが、タントは後部座席をスライドさせ、荷室の奥行きを240mm拡大することができます。

後部座席をスライドすることで、荷室の広さを十分に確保することが可能となります。

また、後部座席の肩口にあるレバーを引くことで、荷室からでも簡単にシートを倒すことができます。

シートを倒すことによって、長い荷物や自転車も積むことができます。

レバーを利用して荷室からシートを倒す操作ができるので、後部座席に回り込む手間がなくなるのは非常にいいですね。

画像のようにタントは荷室とシートの間の段差がなく、フラットなスペースを作ることができます。

段差がないおかげで、スペースを無駄にすることなく効率よく積めるのがいいです。

タントは他のハイト系ワゴンと比較して収納が少なく感じます。

助手席アンダートレイや荷室の床下収納がないので、他社と比較すると物足りない感じがします。

タントの内装まとめ

他社のライバル車と比較すると、収納が少なく感じるタントですが、必要最低限の収納スペースはしっかりと確保されています。

また、シートアレンジによって様々な大きさの荷物を積むことができ、特に大きな欠点はありません。

内装に関しても、それぞれのグレードの特徴を生かしたデザインとなっているので、ユーザーの好みに合わせて選べます。

ボディカラーによっても内装の雰囲気が異なっていますので、カタログだけでなく試乗してみるのもいいでしょう。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

タントの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのタント値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がタントを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のタントの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>タント値引き交渉マニュアル

-タントの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.