タントの評価集

タントの乗り心地と静粛性は?

タントの乗り心地と静粛性は?

「新型タントの乗り心地は良いのか?悪いのか?」と車を購入する前に気になるポイントの一つかもしれません。

馬力があって加速発進に優れていたとしても、あまりにも悪い乗り心地の車には乗りたくないと考えるのが普通です。

ダイハツのタントは軽自動車なのにも関わらずスペースが広く、前でも後ろでも足が伸ばせて乗り心地が良いのが大きな特徴となっております。

小回りが利くので運転しやすいですし、高さもあるので十分な広さを実感できるのではないでしょうか。

カスタムなのかターボなのかによって異なるものの、実際にタントに乗ってみた人の意見をまとめてみたので一度参照しておいてください。

  • 街乗り重視で作られたからなのか乗り心地はかなり良いと感じた
  • 少しシートが柔らかすぎた印象を受けた
  • 運転席や助手席に関しては問題ないものの、後部座席はバタついた感じがどうも気に食わない
  • 「走る」「曲がる」「止まる」が即座にできるので運転している人にとっては乗り心地は良いはず
  • 後部座席は硬さを感じるからファミリー向けの車ではないような気がした
  • シートの形状上、長時間に渡って運転すると節々が痛くなるが短時間なら問題ない
  • コンフォートタイヤで空気圧を減らせば突き上げ感がなくなるから乗りやすくなる
  • 軽自動車として考えるならば乗り心地は良いとは思えない

上記のようにタントの乗り心地に関する口コミでは、良い意見も悪い意見も両方あって分かれておりました。

ダウンサスで車高を落とすことで乗り心地は改善できますが、ローダウンすると悪化しやすいので注意しましょう。

タントの静粛性について

タントの新型は走行性能が大きく上昇しているだけではなく、静粛性も以前よりも向上しているのが大きな特徴となっております。

アクセルを強く踏み込むと高回転に近付き、エンジン音がうるさいと感じるケースは少なくありません。

しかし、新型タントは軽四でありながら普通車に負けない静粛性を持っており、周囲の流れにのって走行するとタイヤが路面を捉える音の方が大きくなります。

「静粛性は圧巻で本当に静かだった」「静かだしスムーズだし問題はない」「静かで良く走ってくれるので素晴らしい」「ヴィッツやデミオよりも静粛性は高い」「以前よりもエンジンの静粛性が改善されたような気がする」という口コミの評価を得ておりました。

ステアリングの操舵感は少し重いと感じるかもしれませんが、走る頼もしさや安心感を受け取れるので男性にも女性にもタントはおすすめです。

タントの乗り心地に効く足回り

足回り

メーカー発表のタント足回りのスペックです。

Fブレーキ ベンチレーテッドディスク
Rブレーキ リーディング・トレーリング
Fサスペンション マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
Rサスペンション トーションビーム式コイルスプリング
Fスタビライザー --
タイヤサイズ 155/65R14

タントのフロントブレーキにはベンチレーテッドディスクが奢られています。通常のディスクブレーキに冷却性能が加わった物で、長い下り坂で発生しやすいブレーキのフェード現象を抑える役割も果たします。

タントの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのタント値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がタントを限界値引きで購入する事に成功しています。

今月のタントの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>タント値引き交渉マニュアル

-タントの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.