ヴェルファイアの評価集

ヴェルファイアは7人乗り?8人乗り?どちらを選ぶか違いやデメリットを徹底検証!

トヨタ・ヴェルファイアの7人乗りと8人乗りのどちらかで迷っている方向けに、7人乗りと8人乗りの違いについてそれぞれ紹介します。

ヴェルファイアは2008年に高級ミニバンとして登場し、全電動パワーシートやアルカンターラを使用した特別仕様など、先進性とラグジュアリー性を兼ね備えた高級ミニバンとして人気です。

そんなヴェルファイアの7人乗りと8人乗りのそれぞれメリット・デメリットを比較し、家族構成にあったおすすめの仕様はどちらなのか?検証します。

この記事の目次

ヴェルファイアの7人乗りのシートアレンジ

ヴェルファイアの7人乗りには、主にセカンドシートの形状によって「助手席スーパーロングスライドシート」と「エグゼクティブラウンジシート」の2種類が設定されており、それぞれに適したシートアレンジが可能です。

助手席スーパーロングスライドシート

助手席スーパーロングスライドシート

toyota.jp/vellfire/

助手席前拡大モード

助手席前拡大モード

toyota.jp/vellfire/

ストレートなネーミングの通り、助手席前のスペースを最大限に拡大しており、パートナーにとってはこれ以上ないリラックス空間を提供できます。

あるいは2列目シートとほとんど横一列に並ぶため、子供の世話や助手席にゲストを座らせて2列目からもてなすなどの応用も利きます。

エクストラロングラゲージモード

エクストラロングラゲージモード

toyota.jp/vellfire/

こちらは逆に助手席と2列目シートを限界まで前にスライドさせ、3列目シートを跳ね上げることで最大2,150mmのロングラゲージ(荷室)をつくれます。

画像では自転車を積んでいますが、他にも色々と使い勝手がよいため、創意工夫で活用したいところです。

ダブルトライアングルモード

ダブルトライアングルモード

toyota.jp/vellfire/

シートを互い違いにスライドさせて、二つの三角形が並んだようになっています。

運転席の後ろに座ったお母さんが子供2人の世話をするような使い方も考えられます。

大人3人リラックスモード

大人3人リラックスモード

toyota.jp/vellfire/

文字通り、助手席と2列目シートをスライド&リクライニングさせることで、大人3人がリラックスできるようアレンジしたものです。

物理的な快感と共に、ヴェルファイアに乗っている満足感も提供できるこれ以上ないおもてなしと言えるでしょう。

エグゼクティブラウンジシート

エグゼクティブラウンジシート

toyota.jp/vellfire/

リヤシートフルフラットモード

リヤシートフルフラットモード

toyota.jp/vellfire/

リヤシートをフルフラットに倒しておけば、後ろで子供たちを寝かせたまま目的地に走り続けるスタイルも可能です。

ロングドライブだと子供たちは飽きて疲れてしまうので、ぐずり予防に目的地まで眠らせてしまいましょう(笑)

フロント・セカンドフルフラットモード

フロント・セカンドフルフラットモード

toyota.jp/vellfire/

こちらは完全にドライブを中断してみんなで休む、車中泊などでより快適なアレンジです。

2列目シートのセンターアームレストがちょっと邪魔ですが、そこは走行中の満足感で我慢しましょう。

スーパーリラックスモード

スーパーリラックスモード

toyota.jp/vellfire/

リラックスキャプテンシートの搭載グレードでは、2列目シートを最大限までスライドさせることで、ゲスト2人にできる限りのリラックス空間を提供。

アームレストがシンプルになるぶんだけ、横方向への伸び伸び感も味わってもらいましょう。

4人乗車+荷室モード

4人乗車+荷室モード

toyota.jp/vellfire/

3列目シートを跳ね上げると荷室が拡大するので、4~5泊くらいの旅行ならじゅうぶんに荷物が積めます。

最大積載モード

最大積載モード

toyota.jp/vellfire/

2列目シートを大人が座れるめいっぱい前へスライドさせると、荷室がもっと広がります。

快適性は少し我慢ですが、荷物を少しでも多く積みたい方には助かる場面があるかもです。

ヴェルファイアの8人乗りのシートアレンジ

ヴェルファイアの8人乗りのシートアレンジ

toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアの8人乗りは、乗員のプラスは当然、7人乗りよりもっとフラットな休息スペースの確保で居住性の向上を実現しています。

リヤシートフルフラットモード

リヤシートフルフラットモード

toyota.jp/vellfire/

基本的には7人乗りのそれと同じですが、真ん中のスペースがフラットになっているぶん、より身体が休まりそうです。

フロント・セカンドフルフラットモード

フロント・セカンドフルフラットモード

toyota.jp/vellfire/

こちらは車中泊向け、7人乗りよりも凹凸がないぶん身体の疲れもよりとれるでしょう。

5人乗車+荷室モード

5人乗車+荷室モード

toyota.jp/vellfire/

荷物の積載量は7人乗りと同じですが、乗員に1人余裕が出るぶん、使い勝手の幅が広がります。

あるいは同じ4人乗車でも、センターアームレストをしまえば横幅がゆったりとして、快適に乗れます。

最大積載モード

最大積載モード

toyota.jp/vellfire/

こちらは2列目シートを収納してしまうため、7人乗りでのアレンジと容量や使い勝手は同じになります。

ヴェルファイアの7人乗りの小物入れ・収納スペース

ヴェルファイアの7人乗りグレードの中でも、エグゼクティブラウンジシートに専用装備されている小物入れや収納スペースを紹介します。

コンソールリヤエンドボックス

コンソールリヤエンドボックス

toyota.jp/vellfire/

前列のコンソールボックス背面にエンドボックス(収納スペース)が設けられ、上段には350ml缶が一本、下段には500mlペットボトル二本程度の収納力があります。

シルバー杢目調の加飾がクールでスタイリッシュな車内の演出に一役買っています。

カップホルダー

カップホルダー

toyota.jp/vellfire/

2列目シートのセンターアームレストには、手元にちょうどいいカップホルダーが1個ずつ装備されています。

使わない時は完全格納しておけるので、スタイリッシュなムードを損ないません。

ファイルホルダー

ファイルホルダー

toyota.jp/vellfire/

2列目シートの側面に備えられたファイルホルダーはA4サイズの書類やパンフを入れておけるので、案件のアイディア出しや、楽しかった映画の余韻に浸るなど、あると意外に活用できる装備です。

携帯・スマホホルダー(充電用コンセント付)

携帯・スマホホルダー(充電用コンセント付)

toyota.jp/vellfire/

2列目シートの膝元にケータイやスマホを置いておけるスペースを用意、いつでも使えるように充電対策もバッチリです。

こうした細やかな気遣いも、高級車ならではと言えるでしょう。

格納式テーブル

格納式テーブル

toyota.jp/vellfire/

2列目シートのセンターアームレストには、出し入れ可能なミニテーブルも用意されているので、ちょっとモノを置いたりメモしたりに重宝します。

走行中は使いにくいですが、それでもメモ帳を手に持ったり膝で書いたりに比べれば、使い勝手は雲泥の差です。

ヴェルファイアの8人乗りの小物入れ・収納スペース

8人乗りの2列目シート・センターアームレスト

ヴェルファイアの8人乗りは、フラットな2列目シートがその特徴です。

8人の時はしまっておき、7人の時に出せるセンターアームレストには、カップホルダーが2個ついています。

ヴェルファイアの7人乗りのメリット・満足点は?

最高級の快適性を持つエグゼクティブパワーシート

ヴェルファイアのエグゼクティブパワーシート

ヴェルファイアのエグゼクティブパワーシート

ヴェルファイアの7人乗りの一部グレードに設定される「エグゼクティブパワーシート」は、最大500mmもの前後スライドに加えて、電動でのリクライニング操作とオットマンの出し入れが行えます。

ヴェルファイアのサイドテーブル

ヴェルファイアのカップホルダー

またシート間から折り畳み式で登場するサイドテーブルや随所に配置されるカップホルダーには煌びやかで上品さのある木目調のパネル装飾を施しています。

なおこのシートは、「ハイブリッド V Lエディション」「ハイブリッド ZR Gエディション」「ZA Gエディション」「ZGエディション」に標準装備されます。

標準グレードでも上質さを持つリラックスキャプテンシート

上記以外のグレードに装備される2列目シートも非常に豪華です。

ヴェルファイアのリラックスキャプテンシート
※ヴェルファイア:toyota.jp

「リラックスキャプテンシート」は前後スライドが最大830mmという長いスライド量を誇り、3列目シートを格納させることなくゆったりとくつろげる車内空間が生まれます。

またシートをスライドさせたりする際はシート横にあるレバーを動かすだけという簡単操作で、前後だけでなくシートを中央寄りに横へスライドさせることも可能です。

この他にもマニュアルオットマンや無段階調整式アームレストなども装備され、リラックス空間を演出します。

専用グレードまで存在するほど!幅広いグレードや専用装備品の多さ

ヴェルファイアはグレードを装備品によって分けているため、非常にバリエーションに富んだグレードです。

その大半のグレードは7人乗りのものばかりで、7人乗りしか用意されない特別仕様車まで存在するほどです。

また、折りたたみ式サイドテーブルや助手席スーパーロングスライドシートなど、7人乗り仕様でしか装備されない専用装備品が数多くあり、バリエーションに富んでいます。

ヴェルファイアの8人乗りのメリット・満足点は?

ワンタッチ式6:4チップアップシート装備

ヴェルファイアのワンタッチ式6:4チップアップシート

8人乗り仕様のヴェルファイアは、チップアップ機構を備えた6:4分割ベンチシートを採用し、ワンタッチで座面を上げることが可能です。

最大720mmのロングスライドを誇り、8人乗りながらも窮屈さを感じさせない広々とした車内空間が完成します。

ヴェルファイアの広々としたラゲッジスペース

toyota.jp/vellfire/

またチップアップと前方スライドを組み合わせれば、3列目シートへ楽々乗りこむこともできるうえに、2列目シートを前面へ折りたたみ3列目シートを格納すれば、7人乗りには無い広々としたラゲッジスペースも登場します。

車両価格は、7人乗り仕様よりもお得

ヴェルファイアの8人乗り仕様は、7人乗り仕様よりも構造はシンプルで、8人乗りの専用装備品もさほど多くはないため、車両価格は7人乗りよりも4.1万円お得になっています。

ヴェルファイアの7人乗りの欠点・デメリットは?

車両価格は7人乗りのほうが高価

ヴェルファイアの7人乗り仕様は、様々な専用装備品や複雑な機構を持つ装備品等を搭載しているため、車両価格は7人乗り仕様のほうが高めです。

ベースグレードである「2.5 Z」で比べると、8人乗り仕様が税込3,537,491円なのに対し、7人乗り仕様が税込3,578,727円となっています。

ディーラーオプション品や値引き等で差異が異なる場合がありますが、あくまで目安として覚えておきましょう。

3列目シートへの「ウォークスルー」は場合によっては不可能

ヴェルファイア7人乗り8人乗り

ミニバンを選ぶうえで欠かせないポイントの一つとして、前席と後席を行き来できる「ウォークスルー」機能です。

ヴェルファイアの7人乗り仕様は不可能ではありませんが、「サイドテーブル」の収納したときの幅もあり、比較的狭く、大人一人がギリギリ通れるスペースです。

さらにハイブリッド仕様や上位グレードになると、前席がインパネ一体型のセンターコンソール仕様になるため、後席へのウォークスルーは不可能になります。

その点を含めて、慎重にグレードを選択しましょう。

荷室は8人乗りに比べてスペースが小さい

ヴェルファイアの荷室スペース

toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアの荷室スペース

7人乗り仕様は、サードシートを格納して、2列目シートを最前列にスライドさせても、8人乗りのセカンドシートをチップアップ格納した場合と比較して、荷室スペースの奥行きは少なくなってしまいます。

長尺な物や家財道具などを積む場合は、8人乗りの方が有利で使い勝手が良いでしょう。

ヴェルファイアの8人乗りの欠点・デメリットは?

「ヴェルファイア 8人乗り」を選択できるグレードは少なめ

様々な豪華装備を誇り、特別仕様車含めグレードも豊富にそろえるヴェルファイア。

しかしながら数あるグレードの中で8人乗り仕様を選択可能なグレードは、「ハイブリッド X」「2.5 V」「2.5 X」「2.5 Z」のFFもしくは4WD仕様しか用意されていません。

圧倒的なパワーと加速力を誇る3.5Lエンジン搭載車には用意されていませんので、注意が必要です。

シートアレンジのパターンが乏しめ

8人乗り仕様の2列目シートは6:4に分割できる一体型シートを採用しています。

7人乗りの個別型キャプテンシートとは異なり、簡単な操作で素早くなおかつ簡単に格納・展開ができるのが特徴です。

しかしながら、座面が一体型であるがゆえに、シートアレンジは7人乗りと比べて乏しくなってしまうのが弱点です。

セカンドシートの快適性が劣る

やはり7人乗りのセカンドシートと比べると、8人乗りのベンチシートでは、乗車時の快適性に差が出てしまいます。

ベンチシートは大人3人でも座れて、横に広く使えて子供のオムツ替えや着替え、場合によっては荷物を積む場合でもフラットなので重宝しますが、乗車時の快適性はそれぞれが独立したシートの7人乗りと比べると劣ってしまいます。

使い勝手を取るか、快適性を取るかですね。

ヴェルファイアの7人乗り・8人乗りの販売比率は?

ヴェルファイアの7人乗りと8人乗りは、どちらがより多く売れているのでしょうか?

当サイト(クルマを買う!)で業者オークションを調査してきたので、それぞれの販売比率をまとめました。

  • ヴェルファイア 7人乗り 2,957台 80.7%
  • ヴェルファイア 8人乗り 704台 19.3%

圧倒的に7人乗りの方が多く売れていますね。8人乗りに対してざっと4.2倍と言う売れ行きでした。

たくさん人が乗れたり、フラットで快適性が高かったり、ミニバンとしては8人乗りが有利ですが、やっぱり高級感あふれるヴェルファイアには、ゆったりスペースを使える7人乗りの方が人気みたいです。

ヴェルファイアの家族構成別のおススメ乗車人員数は?

乳幼児がいる3~4人家族

ヴェルファイアの8人乗り

toyota.jp/vellfire/

比較的少人数ですと7人乗り仕様でも十分満足できますが、費用が安い8人乗り仕様をおススメします。

乳幼児が多い家族ですと様々な出費が多いはずなので、車を購入する費用を少しでも抑えたいと考えるはずです。

実際にサイドリフトアップシートを除けば、8人乗りしか設定の無いヴェルファイア2.5Xは良く売れています。

車両価格の安さのほかにも、小さな子供が居ると何かと使い勝手が良いフラットなセカンドシート、シンプルで簡単なワンタッチ操作を可能にしている点も合わせて、8人乗り仕様をおススメします。

下の子が小学生以上の3~4人家族

ヴェルファイアの7人乗り

toyota.jp/vellfire/

子供がある程度育つと自分自身のパーソナルスペースを欲しがる傾向があるので、個別にシートを隔てられる7人乗り仕様をおススメします。

Zグレードに標準装備されている「リラックスキャプテンシート」でも、シートの両端に用意されているひじ掛けや快適で上品さを味わえるオットマンが標準装備されるなど、ゆったりくつろげる車内環境が出来上がっており、大人も子供も満足できるのではないかと考えます。

子供と祖父母が居る5~6人家族

比較的人数の多い家族になると、7人乗り仕様か8人乗り仕様のどちらが良いか非常に困ると思います。

孫世代から祖父母までの誰もがゆったりとした快適性と最高級ミニバンとしての乗り味を体感できるものを求めるのであれば、2列目シートのクオリティをはじめとした、細部にまでとことん突き詰めた7人乗り仕様をおススメします。

また、最大8人の人員を乗せる機会が多かったり、荷物の積み下ろしの機会が多かったりする場合、素早くワンタッチでシートを折りたためたり広いラゲッジスペースがあっという間に現れる、8人乗り仕様をおススメします。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

ガリバーの無料スマホアプリで査定

取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ「ガリバーオート」が簡単です。

アプリをダウンロードして、車の写真を撮る→質問欄に記入すると、その場でおおよその査定額をAIが答えてくれます(もちろん無料)。

ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。


ヴェルファイアの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイト(クルマを買う!)のヴェルファイア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェルファイアを限界値引きで購入しています。

今月のヴェルファイアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴェルファイア値引き交渉マニュアル

-ヴェルファイアの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.