ヴェルファイアの評価集

ヴェルファイアの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

投稿日:

ヴェルファイアの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

国内では最も大きなミニバンであるトヨタの「ヴェルファイア」の購入を検討されている方も多いと思います。

しかし、やっと「ヴェルファイア」を購入することを決めても、豊富なグレードの中から一つに絞るには、価格やリセールバリュー、燃費そして装備など気になるポイントがあると思います。

そこで、ヴェルファイアの人気グレードや売れ筋グレード、装備、オプション、売却時に気になる各グレードのリセールバリューを基にしたおすすめグレードなどを紹介します。是非参考にどうぞ。

この記事の目次

ヴェルファイア の価格が一番安いグレードは?

2.5X・ 2WD・8人乗り 3,354,480円

「ヴェルファイア」で一番安いグレードは「2.5X」です。

最廉価グレードでも必要な装備は十分揃っており、このままでも快適に乗れる内容のお買い得なグレードになります。

では具体的な見積りシュミレーションをしてみましょう。

購入グレードヴェルファイア2.5X 2WD 8人乗り
車両本体価格3,354,480円
装着オプションフロアマット
オプション金額88,560円
諸費用・税金208,557円
車両値引き▲370,000円
オプション値引き(20%)▲17,712円
支払総額3,263,885円

最低限のオプションとしてフロアマットのみを選択しています。

推定する値引きを考慮した支払総額は約326万円になりました。

フロアマットは割高に思えるのですが、ネット通販ならヴェルファイア専用サイズの物が社外品で半額以下で購入できます。

カラーや柄が豊富なので、純正にこだわらなければ、社外品を選んでも良いでしょう。

ハイブリッド車の「X」とは約100万円の差、2.5X4WD車とは249,480円の価格差があり、「ヴェルファイア2.5X 2WD 8人乗り」は最も低予算で購入出来る「ヴェルファイア」となります。

ヴェルファイア2.5X 2WD 8人乗りは他のグレードから省かれれた装備も多い

価格が最も安くお買い得感のある 「ヴェルファイア2.5X」ですが、さすがに最上級ミニバンだけあってもっとも安い「2.5X」であってもミニバンに必要不可欠な装備は標準で装備されています。

しかし、「ヴェルファイア2.5X」を選ぶ前に、他のグレードとの違いを知っておくべきでしょう。

そこで、一つ上のグレードである「2.5Z」との装備の違いを見てみましょう。

一つ上のグレードである「2.5Z」とは約33.8万円の差があります。

・ヴェルファイア2.5Z・2WD・8人乗り3,692,520円

以下に主だった装備の違いをあげてみました。

タイヤ&ホイール

ヴェルファイア2.5Xの16インチアルミホイール
「2.5X」:215/65R16

ヴェルファイア2.5Zの18インチアルミホイール
※ヴェルファイア:toyota.jp
「2.5Z」:235/50R18

「2.5V」以上のグレードのアルミホイールが17インチ「Z」は18インチなのに対し「2.5X」だけは16インチにサイズダウン、見た目の印象がかなり異なり、大きなボディによって余計に貧弱に見えてしまいますが、カーショップなどで社外品をつける予定があれば問題ないでしょう。

ただ、乗り心地は16インチの方が良く感じます。悪く言うと「フワフワ」と感じる人も居るかもしれませんが、路面の段差や高速道路の継ぎ目、路面のうねりをしなやかにいなしてくれます。

エアロパーツ

ヴェルファイア2.5Xのノーマルボディ
「2.5X」

ヴェルファイア2.5Zのエアロボディ
「2.5Z」

スポーツモデルでもある「2.5Z」には、専用エアロパーツ(フロントバンパー+リヤバンパー+サイドマッドガード)が装備されていますが、2.5Xはノーマルボディとなっています。

デザインの好みもありますが、迫力のマスクを選ぶならZ系のグレードとなります。

7人乗り2列目キャプテンシート

ヴェルファイア2.5Xの8人乗りチップアップシート
「2.5X」:8人乗りチップアップシートのみ

ヴェルファイア2.5Zの7人乗り2列目キャプテンシート
「2.5Z」:7人乗り2列目キャプテンシート/8人乗りチップアップシート

2.5Zは2.5Xでは選択できない「7人乗り」を選ぶ事が出来ます。

7人乗り2列目キャプテンシートは、乗員の快適性を高めてくれます。

「2.5X」は8人乗り仕様しか選べませんが、荷物の積載など利便性は8人乗りの方が高いぐらいなので、7人乗りに強いこだわりが無ければ、特に問題は無いでしょう。

ヴェルファイアハイブリッドの一番安いグレードは?

ハイブリッドX 4,363,200円

ハイブリッド車は、ガソリン車より複雑なハイブリッドシステムを搭載し、さらに全車4WD仕様ということもあり、ガソリンエンジン車より車両価格は高くなります。

そのなかでは「ハイブリッドX」がもっとも安く4,363,200円で、ガソリン車「2.5X」の+1,008,720円となっており、7人乗り仕様も選べるのが「2.5X」との違いです。

ヴェルファイアの最上位グレードは?

ハイブリッドエグゼクティブラウンジZのシート

ハイブリッドエグゼクティブラウンジZ 7,508,160円

ヴェルファイアの最上位グレードは「ハイブリッドエグゼクティブラウンジ 」で、約32.5万円安でガソリン3.5L車にも同グレードがあります。

ではどのくらいの総額になるのか見てみましょう。

購入グレードヴェルファイアハイブリッド エグゼクティブラウンジZ
車両本体価格7,508,160
メーカーオプションホワイトパールクリスタルシャイン、ツインムーンルーフ、スペアタイヤ、寒冷地仕様
メーカーオプション価格187,920円
ディーラーオプションエヴゼクティブフロアマット、サイドバイザー
ディーラーオプション金額175,240円
諸費用・税金119,057円
車両値引き▲230,000円
オプション値引き(20%)▲35,000円
支払総額7,725,377円

総支払額は約772万円となりました。

装備はほとんど標準で付いているので、オプション代金は他グレードより安い傾向ですが、それでも元が高いのでとんでもない金額になっています。

最安値の「2.5X」の見積もりと比べると、実に約322万円の差で、2.5Xがもう一台買えるほどです・・・。

エグゼクティブラウンジを購入する人は、メーカーオプションはフルオプションで購入する人が多いようです。

国産車の中ではレクサスを除いて圧倒的に高い総額ですが、高級輸入車を買う層からは安く感じるのでしょうかね。。まさに規格外のグレードです。

ハイブリッドエグゼクティブラウンジZ で人気の装備は?

最上級グレードである「エグゼクティブラウンジZ」には、およそ考えられるほとんどの装備が標準で付いていますが、やはり圧巻なのはその本革シートを始めとする室内空間でしょう。

その代表的な装備を解説しましょう。

運転席8ウェイパワーシート

ヴェルファイアハイブリッド」エグゼクティブラウンジZのマイコンプリセットドライビングシステム

前後スライド/リクライニング/上下アジャスター/チルトアジャスター)+マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ドアミラー+運転席ポジション)+運転席オートスライドアウェイという全ての機能を持たせた運転席は、後席が優先されがちなミニバンであってもドライバーの疲労軽減と運転する喜びをサポートしてくれます。

プレミアムナッパ本革シート

ヴェルファイアエグゼクティブラウンジZのプレミアムナッパ本革シート

特別な空間であることを感じさせてくれる上質な肌触りのプレミアムナッパ本革シート。エグゼクティブラウンジZはブラックとホワイトから選べ、インテリアカラーも同時に変更されます。

また、エグゼクティブラウンジでは、ブラックとフラクセン(ベージュ)の2色から選べます。

パワーオットマン

ヴェルファイアエグゼクティブラウンジZのパワーオットマン

伸ばした脚をゆったりと受けとめるパワーオットマンは、電動で前後140mmの伸縮調整が可能。助手席と2列目シートに装備されます。

脚を伸ばしてゆったりくつろぐ、これがエグゼクティブラウンジの2列目シートの醍醐味ではないでしょうか。

TコネクトSDナビ+JBLプレミアムサウンド

ヴェルファイアエグゼクティブラウンジZの標準装備(TコネクトSDナビ)

ヴェルファイアエグゼクティブラウンジZの標準装備(JBLプレミアムサウンドシステム)

他グレードでは高額なメーカーオプションとなる、SDナビゲーション+JBLプレミアムサウンドシステムが、エグゼクティブラウンジZでは標準装備となります。

ナビは9.2インチの大画面でタッチパネル、オーディオは17スピーカー(12chアンプ)で高音質を聞かせてくれます。

ヴェルファイアハイブリッドエグゼクティブラウンジZのリヤエンターテインメントシステム

その他リヤシートエンターテインメントシステム(リアモニター)など、一通りのナビ機能やオーディオ機能は備えているので、特に不満はないでしょう。

1つだけ不満と言えば、ナビ画面が9.2インチなので、社外品では11インチが出ている中、小さく感じてしまうかもしれません。

それでも、工場で車両と一緒に作り付けるだけあって、インパネとの一体感は申し分ありません。

ガソリン車で一番高いグレードは?

3.5LエグゼクティブラウンジZ 7人乗り4WD 7,377,480円

ガソリン車でもっとも高いのもハイブリッド車同様に「エグゼクティブラウンジZ」で、3.5Lの4WD車となります。

装備内容もハイブリッドエグゼクティブラウンジZに準じており、V型6気筒3.5Lエンジンのビッグパワーによる圧倒的な動力性能に、最高級の装備を備えたグレードになります。

ヴェルファイアの燃費が一番良いグレードは?

ヴェルファイアの最も燃費がいいグレードのイメージ画像

ヴェルファイア ハイブリッドX JC08モード燃費率19.4㎞/L

「ヴェルファイア」のハイブリッド車は全車「e-Four」と呼ばれる4WDシステムを採用しており、燃費のみのハイブリッドとは異なり2tを軽く超えるヘビー級の車体を、安定して走行させる要素が含まれています。

それでも19.4㎞/Lという低燃費を実現しているのはさすがで、もちろんクラストップの低燃費となっています。

このカタログ値は他車との燃費性能を比較する意味では重要な指針となりますが、実際に走行した場合とは大きく異なるため、ユーザーが気なるのはその実燃費でしょう。

e-燃費」や「みんカラ」で調べてみると「ヴェルファイアハイブリッド」の実際の燃費は平均して11.4㎞/Lです。

平均実燃費なので、渋滞やちょい乗りでは10キロ以下となりますし、幹線道路やバイパス、高速道路では、平均実燃費を上回ります。

2t超の車種で平均燃費が二桁というのは立派と見るか、ハイブリッドであってもここまでかと思うのは、これまで乗っていた車との比較によって変わるでしょう。

ヴェルファイアハイブリッドはガソリン満タンで何キロ走る?

「ヴェルファイアハイブリッド」の燃料タンクは65Lです。

ガソリン残量5Lまで走行したと仮定して計算すると次の様になります。

65-5=60L
60L×11.4㎞/L =684㎞

「ヴェルファイアハイブリッド」が満単で走れる距離はおよそ684㎞ということになります。

この燃費にしては長い距離をは走れる結果となりましたが、これは燃料タンク容量のおかげです。

ただし、実際にはガス欠ギリギリまで我慢することもないので、早めに給油することになるでしょう。

ガソリン車で一番燃費のいいグレードは?

ヴェルファイア2.5X2WD JC08モード燃費率11.6㎞/L

ガソリン車で最も良い燃費であってもハイブリッド車の実燃費程度です。

最軽量グレードでもやはり1,900㎏台という重量は、こと燃費に関しては多くは望めません。

但し、実燃費に関してはこのカタログ燃費との差は少なく、平均で8.5㎞/Lとなります。

ヴェルファイア2.5Xはガソリン満タンで何キロ走る?

ヴェルファイア2.5X2WDの燃料タンク容量は75Lですから、

75-5=70L
70L×8.5㎞/L =595㎞

ヴェルファイア2.5X2WDが満タンで走行できる距離はおよそ595㎞となりました。

ハイブリッド車よりもやや短いという結果になっています。

この距離ですと高速道路を一定の速度で巡行することになるので、実燃費も伸び、ハイブリッドの得意とするストップ&ゴーも最少減となるので、実際にはハイブリッド車と同じぐらいの距離を走れる可能性もあります。

ヴェルファイアの一番燃費が悪いグレードは?

ヴェルファイア3.5 4WD JC08モード燃費率10.4㎞/L

当然のようにV型6気筒3.5Lエンジン車の燃費が最も低いということになります。

マイナーチェンジで新エンジンとなり、燃費は向上していますが、平均実燃費は7.0㎞/Lと言う結果となりました。

ヴェルファイア3.5L 4WDはガソリン満タンで何キロ走る?

75-5=70L
70L×7.0㎞/L =490㎞

満タンで走行できるのは約490㎞となります。

しかもプレミアムガソリン仕様ですから、燃料補給時にはかなりの価格差を生じるはずです。

大迫力のV6エンジンを楽しむためには、それなりの出費を覚悟しなくてはならないようですね。

ヴェルファイアの自動ブレーキのあるグレードは?

ヴェルファイアに標準装備のトヨタセーフティセンスのイメージ画像

・ヴェルファイア 全グレード

ヴェルファイアは、マイナーチェンジされて全グレードにトヨタセーフティセンスが標準装備されました。

自動ブレーキはセーフティセンスに含まれているので、全グレードで自動ブレーキを含む安全装備が備わっている事になります。

プリクラッシュセーフティシステムの内容

ヴェルファイアの自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)は、「昼間は車両・歩行者・自転車運転者」「夜は車両と歩行者」をミリ波レーダーと単眼カメラで検出します。

歩行者や自転車に対しては、約10~80㎞/hで自動ブレーキが作動、車両に対しては約10㎞/hで作動して、衝突回避または被害の軽減をサポートします。

ヴェルファイアのスポーツ/エアロタイプのグレードは?

ヴェルファイアのZシリーズ

ヴェルファイア Zシリーズ

ヴェルファイアは、ガソリン車とハイブリッド車ともに、「Z」が付くグレード名には、専用のエアロパーツが装着されています。

そのため、ヴェルファイアの代名詞と言える迫力あるフロントマスクに仕上がっています。

Zシリーズのエアロ装備内容

・専用エアロパーツ(フロントバンパー+リヤバンパー+サイドマッドガード)

・235/50R18 97Vスチールラジアルタイヤ (18×71/2Jアルミホイール)

また、ディーラーではモデリスタやTRD、純正アクセサリーのエアロキットが豊富に揃っています。

価格はプラスになってしまいますが、好みのエアロを選んでカスタマイズするのも楽しいでしょうね。

ヴェルファイアのモデリスタのエアロ

ヴェルファイアのエコカー減税額が一番多いグレードは?

「ヴェルファイアハイブリッド」のエコカー減税は、自動車重量税100% + 自動車取得税100%+ 自動車グリーン税制概ね75% なので最も車両価格の高い「ハイブリッドエグゼクティブラウンジZ」が取得税減税が最も高く、減税の合計金額が多いことになります。

ハイブリッド車は取得税以外は全て同じで、税制の異なるガソリン車よりも減税額は多くなります。

・自動車重量税 37,500円
・自動車取得税 187,600円
・自動車グリーン税制(登録翌年度) 33,500円
エコカー減税合計 258,600円

ヴェルファイアの売れ筋のグレードは?

ヴェルファイア 2.5 Z Gエディション

ヴェルファイア 2.5 Z Gエディション 4,362,120円

ヴェルファイアの売れ筋グレードは、ガソリン車の2.5L車となります。その中でも台数が出ているのは、「2.5Z Gエディション」です。次いで「2.5Z Aエディション」と続きます。

ヴェルファイア2.5Z Gエディションはいくらで買える?

購入グレードヴェルファイア2.5Z Gエディション
車両本体価格4,362,120円
メーカーオプションホワイトパールクリスタルシャイン、ツインムーンルーフ、3眼LEDヘッドランプ、スペアタイヤ、デジタルインナーミラー+インテリジェントクリアランスソナー、寒冷地仕様
メーカーオプション価格376,920円
ディーラーオプションT-Connectナビ 10インチモデル、ETC2.0ユニット、12.1型後席ディスプレイ、雨滴除去機能付きマルチビューバックガイドモニター、ドライブレコーダー、iPod対応USB/HDMI入力端子、サイドバイザー、フロアマットセット
ディーラーオプション金額687,880円
諸費用・税金234,357円
車両値引き▲230,000円
オプション値引き(20%)▲137,000円
支払総額5,294,277円

※ヴェルファイアの車両値引きは最新をご確認ください

総支払額は約529万円となりました。

リセールの良いホワイトパール、ツインムーンルーフ、3眼LEDをメーカーオプションで付けて、ナビは10インチの大画面モデルとしました。

買取相場から見るヴェルファイアのおすすめグレードは?

ヴェルファイアのリセールバリューのイメージ画像

いつか売却するヴェルファイアの買取相場は、グレードによっても変わります。

ここでは、3年後のヴェルファイアのリセールバリューから見るおすすめのグレードを紹介します。

新車から3年落ちのヴェルファイアのリセールバリューは?

新車登録から3年経過後のヴェルファイアの各グレードのリセールバリューです。

グレード名買取相場新車時価格3年後のリセールバリュー
2.5 X

266万円

335.4万円79.3%
2.5 V

337万円

418.5万円80.5%
2.5 Z

330万円

373.5万円

88.3%
2.5 Z Aエディション

343万円

390.5万円

87.8%
2.5 Z Gエディション

389万円

436.2万円

★89.1%
3.5 ZG

431万円

494.7万円

87.1%
3.5 VL

389万円

520.5万円

74.7%
3.5 エグゼクティブラウンジ

458万円

703.4万円

65.1%
3.5 エグゼクティブラウンジ Z

--万円

718.3万円

--%
2.5 X(4WD)

270万円

360.3万円

74.9%
2.5 V(4WD)

--万円

443.4万円

--%
2.5 Z(4WD)

335万円

398.6万円

84.0%
2.5 Z Aエディション(4WD)

330万円

415.4万円

79.4%
2.5 Z Gエディション(4WD)

362万円

461.1万円

78.5%
ハイブリッド X

301万円

440.5万円

68.3%
ハイブリッド V

340万円

497.5万円

68.3%
ハイブリッド V Lエディション

350万円

552.9万円

▽63.3%
ハイブリッド Z

--万円

461.0万円

--%
ハイブリッド ZR

371万円

512.0万円

72.4%
ハイブリッド ZR Gエディション

393万円

567.4万円

69.2%
ハイブリッド エグゼクティブラウンジ

480万円

735.8万円

65.2%
ハイブリッド エグゼクティブラウンジ Z

--万円

750.8万円

--%
3.5 ZG(4WD)

357万円

514.0万円

69.4%
3.5 VL(4WD)

--万円

540.0万円

--%
3.5 エグゼクティブラウンジ(4WD)

486万円

722.7万円

67.2%
3.5 エグゼクティブラウンジ Z(4WD)

--万円

737.7万円

--%

新車から3年経過時のヴェルファイアのリセールバリューです。

相場が抜けているのは3年前当時に存在していないグレードや、オークションの取引台数が極端に少ない又はゼロだったグレードです。

全体の傾向としては、2500ccのガソリン車のリセールが全般的に高く、一番の高リセールは「2.5Z Gエディション」となっています。

2.5ガソリン車でも2WDより4WDのリセールは落ちてしまう傾向です。新車価格は2WDより高いため、4WD売却時の損失額はより大きい物となってしまうでしょう。

3500ccモデルは、グレードによってリセールバリューの変化が大きく、エアロボディのZGが一番の高リセールとなっています。

エグゼクティブラウンジは新車価格が高額なため、相対的に売却額から割り出すリセールバリューは低くなる傾向です。

ガソリン車とハイブリッド車の比較では、ヴェルファイアの場合ガソリン車の方がリセールバリューが高くなっていますね。

リセールバリューから見るヴェルファイアのおすすめグレードは?

リセールバリューから見るヴェルファイアのおすすめグレード
2.5なら
「Z Gエディション」
「Z Aエディション」
「Z Aエディション・ゴールデンアイズⅡ」

3.5なら
「ZG」

ハイブリッドなら
「ZR」

2018年3月時点の新車から3年経過したヴェルファイアのリセールバリューから見るおすすめのグレードは、ガソリン車の「2.5 Z Gエディション」「2.5Z Aエディション」今後出る事が予想される特別仕様車の「2.5Z Aエディション・ゴールデンアイズⅡ」です。

2500ccモデルの2WDなら、どのモデルもリセールバリューは高いですが、特に上記3グレードのリセールが高いです。

国内需要の人気の高さに加えて、ヴェルファイアは海外でも人気があるため、輸出相場が高くなっています。

ヴェルファイアの場合、輸出に強いのは4WDよりも2WDなので、上記の2WDの方が高い買取相場に現れています。

反対にハイブリッドは、輸出相場の恩恵がなく、ガソリン車よりも低いリセールバリューとなっています。

ハイブリッドならではの乗り味や燃費性能に魅力を感じるなら、リセールを気にせずハイブリッドを選ぶと良いでしょうね。

リセールバリューで得するおすすめのカラー&装備は?

ヴェルファイアを売却時に高く売るなら、ボディカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」か「ブラック」をお勧めします。

その他の色と比べて、20万円以上高く売れます。シルバーやグレーと比較するなら、30~40万円以上高く売れるでしょう。

特別塗装色のブラック(バーニング・スパークリング)が2色ありますが、通常の「ブラック」よりもリセールは落ちてしまいます。

ヴェルファイアのツインムーンルーフは売る時にプラス査定になる。

また、ツインムーンルーフはメーカーオプションで12万円弱ですが、売却時には20万円前後プラス査定になるので、リセールを優先するなら付けておきたい装備です。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ヴェルファイアの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのヴェルファイア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェルファイアを限界値引きで購入しています。

今月のヴェルファイアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴェルファイア値引き交渉マニュアル

-ヴェルファイアの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.