ヴェルファイアの評価集

新型ヴェルファイアの内装を徹底評価!インパネ、収納、荷室をチェック

投稿日:

ヴェルファイアの内装を徹底チェック!

姉妹車種の「アルファード」とは一味異なるクールなフロントマスクを備え、アルファードを凌ぐ人気モデルとなっているプレミアムミニバン、「トヨタ・ヴェルファイア」の内装を徹底的に紹介します!

室内の仕様は7人乗りと8人乗りがありますが、このうち7人乗りの2列目シートはエグゼクティブラウンジシート/エグゼクティブパワーシート/リラックスキャプテンシートの3タイプが設定されています。

また、8人乗りの2列目シートには、6:4分割式のチップアップシートが採用されています。

ヴェルファイアの内装の質感は?

ヴェルファイアの内装色

内装色は、フラクセン/ブラック/ブラック&ホワイトの3色が設定されています。

フラクセン
※3.5V/2.5V/XとハイブリッドV Lエディション/V/Xに標準設定、3.5エグゼクティブラウンジとハイブリッド エグゼクティブラウンジに設定あり

ヴェルファイアの内装色(フラクセン )

ヴェルファイアのドアトリム

ヴェルファイアの内装色(フラクセン)

ヴェルファイアの内装色(フラクセン)

ブラック
※3.5エグゼクティブラウンジ/エグゼクティブラウンジZ/2.5L全車とハイブリッドエグゼクティブラウンジ/エグゼクティブラウンジZ/ZR Gエディション/ZR/Zに標準設定

ヴェルファイアの内装色(ブラック)

ブラック&ホワイト
※3.5エグゼクティブラウンジZとハイブリッド エグゼクティブラウンジZに設定あり

ヴェルファイアの内装色(ブラック&ホワイト)

ドアトリムは全車合成皮革張りで、更に2.5X/ZとハイブリッドX/Zを除きステッチ付きとなります。

また、加飾パネルはグレードによって異なります。

3.5エグゼクティブラウンジとハイブリッド エグゼクティブラウンジがブラウンオリーブ・アッシュパール木目調。

3.5エグゼクティブラウンジZとハイブリッド エグゼクティブラウンジZがシルバー木目調。

3.5VL/2.5V/XとハイブリッドV Lエディション/V/Xがメタルブラウンウッド仕上げ。

3.5ZG/2.5Z系とハイブリッドZR系/Zがブラウンウッド仕上げとなります。

ドアトリムの質感はかなり高く、プレミアムモデルに相応しいものとなっています。

ヴェルファイアのシート表皮・デザイン

シート表皮は、以下の4種類があります。

プレミアムナッパ本革
※3.5エグゼクティブラウンジ/エグゼクティブラウンジZとハイブリッド エグゼクティブラウンジ/エグゼクティブラウンジZに標準設定

プレミアムナッパ本革シート表皮(ブラック )

プレミアムナッパ本革シート表皮(ホワイト)

プレミアムナッパ本革シート表皮(フラクセン )

本革
※3.5VLとハイブリッドV Lエディション/ZR Gエディションに標準設定、3.5ZG/2.5Z Gエディションにメーカーオプション設定

本皮シート表皮(ブラック)

本皮シート表皮(フラクセン)

合成皮革
※3.5ZG/2.5V/Z GエディションとハイブリッドV Lエディション/ZRに標準設定

合成皮革シート表皮(ブラック)

合成皮革シート表皮(フラクセン)

ファブリック
※2.5X/Z Aエディション/ZとハイブリッドV/Zに標準設定

ヴェルファイアのファブリックシート表皮(フラクセン)

ヴェルファイアのファブリックシート表皮(ブラック)

上級グレードに設定されるプレミアムナッパ本革シートや本革シートは上質感溢れる一方で、廉価グレードに装備されるファブリックシートは高級感に乏しいのは仕方ないところです。

また、2列目シートのデザインは、以下の4タイプがあります。

エグゼクティブラウンジシート
※3.5エグゼクティブラウンジとハイブリッド エグゼクティブラウンジに採用

ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジシート

ロングスライド機構/パワーリクライニング機構/パワーオットマン/快適温熱シート+ベンチレーションシート/集中コントロールスイッチ/格納式テーブルが備わります。

エグゼクティブパワーシート
※3.5VL/ZG/2.5Z GエディションとハイブリッドV Lエディション/ZR Gエディションに採用

ヴェルファイアのエグゼクティブパワーシート

ロングスライド機構/パワーリクライニング機構/パワーオットマンのほか、更に3.5VLには快適温熱シートが備わります。

リラックスキャプテンシート
※2.5V/Z Aエディション/Z7人乗りとハイブリッドV/X7人乗り/ZR/Zに採用

ヴェルファイアのリラックスキャプテンシート

超ロングスライド機構/リクライニング機構/マニュアルオットマンのほか、更に2.5Z Aエディションにはエクストラロングラゲージモードが備わります。

6:4分割チップアップシート
※2.5X/Z8人乗りとハイブリッドZ8人乗りに採用

ヴェルファイアの2列目シート(6:4チップアップシート)
チップアップ/リクライニング機構が備わります。

座り心地の評価は、前席と2列目シートに関してはクッションが厚く快適である上に、サポート性にも優れています。

ことに、エグゼクティブラウンジ系に装備されるエグゼクティブラウンジシートは、飛行機のファーストクラス並みの快適性と言っても過言ではありません。

ヴェルファイアの3列目シート

一方、3列目シートは折り畳み式というハンディがあるためクッションが薄く、前席や2列目シートと比べると座り心地が劣ります。

しかし、さすがにプレミアムモデルだけあり、ある程度長時間の乗車にも耐えられる快適性は確保されています。

ヴェルファイアのインパネ

3.5エグゼクティブラウンジとハイブリッド エグゼクティブラウンジ

ブラック色のヴェルファイアのインパネ(3.5エグゼクティブラウンジとハイブリッド エグゼクティブラウンジ)

フラクセン色のヴェルファイアのインパネ(3.5エグゼクティブラウンジとハイブリッド エグゼクティブラウンジ)

インパネの加飾はブラウンオリーブ・アッシュパール木目調+スパッタリングです。

3.5エグゼクティブラウンジZとハイブリッド エグゼクティブラウンジZ

ヴェルファイアのインパネ(3.5エグゼクティブラウンジZとハイブリッド エグゼクティブラウンジZ)

インパネの加飾はシルバー木目調+スパッタリングです。

3.5VL/2.5VとハイブリッドV Lエディション

ヴェルファイアのインパネ(3.5VL/2.5VとハイブリッドV Lエディション)

インパネの加飾はメタルブラウンウッド+スパッタリングです。

2.5Xとハイブリッド X

ヴェルファイア2.5Xのインパネ

インパネの加飾はメタルブラウンウッド+シルバー塗装です。

3.5ZG/2.5Z GエディションとハイブリッドZR/Z Gエディション

ヴェルファイアのインパネ(3.5ZG/2.5Z Gエディション)・(ハイブリッドZR/Z Gエディション)

インパネの加飾はメタルウッド+スパッタリングです。

2.5Z AエディションとハイブリッドZ

ヴェルファイア2.5ZAエディションとハイブリッドZのインパネ

インパネの加飾はメタルウッド+シルバー塗装です。

ヴェルファイアのインパネの質感は、全グレードに合成皮革が張られるなどプレミアムモデルに相応しい上質感を醸しています。

ただ、センタークラスター部の造形や派手な加飾は好き嫌いが分かれそうです。

ヴェルファイアの収納・荷室の使い勝手は?

ヴェルファイア前席回りの収納

運転席ロアボックス

ヴェルファイアの運転席ロアボックス

ヴェルファイアの運転席ロアボックス

開閉式なので、財布入れとしても使えます。

センターアッパーボックス

ヴェルファイアのセンターアッパーボックス

ヴェルファイアのセンターアッパーボックス(オープン時)

シフトセレクターの横に、スライド式の蓋が付く収納スペースがあります。

センターロアボックス

ヴェルファイアのセンターロアボックス

ヴェルファイアのセンターロアボックス(オープン時)

2.5Z系/Xにはセンタークラスター下部に収納ボックスが備わります。

大型ハイグレードコンソールボックス(※2.5X/Z系とハイブリッドX/Zを除く全車に標準装備)

ヴェルファイアの大型ハイグレードコンソールボックス

アームレストの前部に2個分のカップホルダー(蓋付)と、スマホなどが置ける小物トレイが備わります。

また、アームレストのリッドを開けると、内部がボックスティッシュなど収納も可能な大容量の収納ボックスになっています。

ハイグレードコンソールボックス(※2.5Z Aエディションに標準装備)

ヴェルファイアのハイグレードコンソールボックス

2個分のカップホルダーと、スライド式の蓋と中段トレイが備わる収納ボックスが付きます。

ボックスティッシュが収納出来るなど、十分な容量があります。

スタンダードコンソールボックス(※2.5X/Zに標準装備)

ヴェルファイアのスタンダードコンソールボックス

ヴェルファイアのスタンダードコンソールボックス(オープン時)

ハイグレードコンソールボックスと比べるとチープな造りで、小物入れの蓋や中段トレイも付きません。

しかし、ボックスティッシュが収納出来る容量と2個分のカップホルダーが備わるので、実用性は十分です。

グローブボックス

ヴェルファイアのグローブボックス

ヴェルファイアのグローブボックス(オープン時)

助手席前に備わるグローブボックスは、特に大容量とは言えないものの、車検証や取扱説明書なら問題無く収納出来ます。

また、照明付きなので、夜間に収納した小物を探す際に便利です。

運転席・助手席カップホルダー

ヴェルファイアの運転席・助手席カップホルダー

ヴェルファイアの運転席「・助手席カップホルダー(オープン時)

運転席前と助手席前に、カップ飲料が収納出来るホルダーが備わります。

加飾が施されたスライド式の蓋が付くので、使わない時は外観を損ねません。

フロントドアポケット&ボトルホルダー

フロントドアポケット&ボトルホルダー

斜め上から見たヴェルファイアのフロントドアポケット&ボトルホルダー

左右のフロントドアに備わる収納スペースで、500mlのペットボトルと書類などが収納出来ます。

前席の収納は以上で、一クラス下の「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」と比べると少なめです。

しかし、特に物の置き場に困る事は無いはずです。

ヴェルファイア2列目シート回りの収納

運転席・助手席ボードタイプ・シートバックポケット(※3.5L全車/2.5V/Z GエディションとX/Zを除くハイブリッド全車に標準装備)

ヴェルファイアのシートバックポケット

ハードな素材で出来たシートバックポケットです。

運転席・助手席シートバックポケット&買い物フック(※2.5X/Z AエディションとハイブリッドX/Zに標準装備)

ヴェルファイアのシートバック買い物フック

ソフトな素材で出来たシートバックポケットと、コンビニ袋などが下げられるフックが備わります。

スライドドアボトルホルダー

ヴェルファイアのスライドドアボトルホルダー

左右のスライドドアに備わり、500mlのペットボトルが収納出来ます。

カップホルダー(※3.5エグゼクティブラウンジとハイブリッド エグゼクティブラウンジに標準装備)

ヴェルファイアの2列目シートの収納(カップホルダー )

両席のアームレスト部に備わり、使わない時は蓋を閉じておけるので美観を損ねません。

携帯・スマホホルダー(※3.5エグゼクティブラウンジとハイブリッド エグゼクティブラウンジに標準装備)

ヴェルファイアの2列目シートの収納(携帯・スマホホルダー)

アームレスト部に備わるポケットで、携帯やスマホが収納出来ると同時に、AC100Vのアクセサリーソケットにより充電する事が可能です。

ファイルホルダー(※3.5エグゼクティブラウンジとハイブリッド エグゼクティブラウンジに標準装備)

ヴェルファイアの2列目シートの収納(ファイルホルダー)

アームレスト部横に備わる書類入れで、「物落ち防止スペーサー」の効果で中にペンなどを落としてしまっても前方に滑り落ちて来る仕掛けになっています。

2列目シートの収納は以上で、小物の置き場に困るのが難点です。

ヴェルファイア3列目シート回りの収納

ボトルホルダー&トレイ&運転席側リアクォータートリムサイドボックス

ヴェルファイアの3列目シート回りの収納

運転席側のリアクォータートリムには、500mlのペットボトル2本が収納出来るボトルホルダーと、上下2段の収納スペースが備わります。

ヴェルファイアの3列目シート助手席側の収納

一方、助手席側のリアクォータートリムには、500mlのペットボトル1本が収納出来るボトルホルダーと、上段のみの収納スペースが備わります。

3列目シートの収納は、2列目シートよりもむしろ充実したものとなっています。

ヴェルファイアの荷室サイズは?どのくらい積める?

ヴェルファイアの荷室

背の高い大型ミニバンだけあり、開口部の高さは1,190mmと十分です。また、荷室のフロアがフラットなのも美点です。

4人/5人乗車+荷室モード

ヴェルファイア7人乗りのシートアレンジ(4人5人乗車&荷室モード)

ヴェルファイア8人乗りのシートアレンジ(4人5人乗車&荷室モード)

上の写真が7人乗り、下の写真が8人乗りです。3列目シートを畳み2列目シートを一番後ろにスライドすると、荷室長は1,260mm確保出来ます。

格納した3列目シートがかさばってしまう点が少し残念ですが、それでも十分なスペースが確保されています。

最大積載モード

ヴェルファイア7人乗り最大積載モード

ヴェルファイア8人乗りのシートアレンジ(最大積載モード )

上の写真が7人乗り、下の写真が8人乗りです。

7人乗りの場合、3列目シートを畳み2列目シートを一番前にスライドすると、荷室長は1,780mm確保出来ます。

一方、8人乗りの場合は写真のように2列目シートがチップアップ出来るので、荷室長は7人乗りよりも長い2,025mmあります。

エクストラロングラゲージモード(※リラックスキャプテンシート仕様車のみ)

ヴェルファイアのシートアレンジ(エクストラロングラゲージモード)

超ロングスラード機構が備わる2列目リラックスキャプテンシート仕様車の場合、一番前までスライドすれば2,150mmの荷室長を確保出来ます。

ヴェルファイアの内装まとめ

ヴェルファイア

内装色は3色用意されているので、多くのユーザーの好みに対応するはずです。

シートの座り心地は、前席と2列目シートはプレミアムモルに相応しいもので、3列目シートも格納式としては十分な快適性が確保されています。

また、質感の面でもプレミアムモデルらしい上質感がありますが、ややオーバーデコレーション気味とも言えます。

収納スペースは、前席と3列目シートに関しては十分ですが、2列目シートは小物の置き場に困ります。

荷室に関しては、さすがにボディが大きいたけあり、十分なスペースを持っています。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ヴェルファイアの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのヴェルファイア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェルファイアを限界値引きで購入しています。

今月のヴェルファイアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴェルファイア値引き交渉マニュアル

-ヴェルファイアの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.