ヴェゼルの評価集

新型ヴェゼルの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

ヴェゼルの人気グレードを比較!

2021年4月23日にフルモデルチェンジされたヴェゼルに注目している人は多いことでしょう。

そんな新型ヴェゼルのグレード選びで迷っている人のために、人気グレードの装備や価格、燃費などを比較していきます。

またリセールバリューから見たおすすめグレードも紹介するので、是非最後まで御覧ください!

 

ヴェゼルの価格が一番安いグレードは?

ヴェゼル 1.5 G (FF) 2,279,200円

ヴェゼルで一番価格の安いグレードは「1.5 G」のFF車です。

一つ上のグレード「1.5 e:HEV X」のFF車は 2,658,700円なので、Gとは約38万円もの価格差があります。

オプションを最低限に留めてこの1.5 Gを注文すれば、最安値でヴェゼルの購入が可能です。

ヴェゼル 1.5 Gは総額いくらで買える?

では実際にヴェゼルの1.5 Gがいくらで買えるのか、シミュレーションしてみましょう。

購入グレードヴェゼル 1.5 G (FF車)
車両本体価格2,279,200円
ディーラーオプションフロアマット
ディーラーオプション金額
30,404円
諸費用・税金
192,600円
▲100,000円
支払総額
2,402,204円

※車両値引きは最新の金額をご確認ください

オプションは最低限必要なフロアマットのみチョイス。

それ以外のオプションは一切付けず、車両からの目標値引きを達成できた場合の支払総額は約240万円となりました。

ヴェゼルの売れ筋グレードは?

ヴェゼル人気グレード

honda.co.jp/VEZEL

ヴェゼル 1.5 e:HEV Z (FF) 2,898,500円

ヴェゼルで一番の売れ筋グレードは「1.5 e:HEV Z」のFF車です。

1.5 e:HEV Zはヴェゼルのハイブリッド車の中間グレードで、価格と装備のバランスが取れていることが人気の的になっています。

人気グレードだけに、リセールバリューにも期待できるでしょう。

ヴェゼル 1.5 e:HEV Zは総額いくらで買える?

売れ筋グレードのヴェゼル 1.5 e:HEV Zが総額いくらで買えるのか、今度は人気オプションを一通り付けてシミュレーションしていみましょう。

購入グレードヴェゼル 1.5 e:HEV Z (FF車)
車両本体価格2,898,500円
メーカーオプションプラチナホワイトパール、ホンダコネクトディスプレー+ETC2.0車載器
メーカーオプション価格262,800円
ディーラーオプションドアバイザー、フロアマット、ドライブレコーダー
ディーラーオプション金額134,112円
諸費用・税金118,500円
車両値引き▲100,000円
オプション値引き(20%)▲21,000円
支払総額3,288,612円

※車両値引きは最新の金額をご確認ください。

ボディカラーは人気の有料色プラチナホワイトパールを選び、オプションはホンダコネクトディスプレー (ナビ機能付) とETC2.0車載器のセット やドライブレコーダーなどを選択。

この条件でヴェゼル 1.5 e:HEV Zを購入する場合、支払総額は約328万円となります。

ヴェゼル 1.5 e:HEV Zの人気装備は?

1.5 e:HEV Zに標準で付く装備のうち、特に人気の高いものを紹介します。

LEDアクティブコーナリングライト

ヴェゼル人気グレード

honda.co.jp/VEZEL

ステアリング操作やウインカー操作に連動して照射範囲を可変する補助ランプで、ヴェゼルでは1.5 e:HEV Zにしか付かない装備です。

交差点の右左折時やカーブで進行方向を照らしてくれるので、夜間に歩行者や自転車などが発見しやすくなります。

ヘッドライトだけでは意外と見えにくい範囲も大きいので、事故リスクを軽減する装備として見逃せません。

オートレベリング機構付LEDヘッドライト

ヴェゼル人気グレード

honda.co.jp/VEZEL

明るさや省エネ性に優れるLEDヘッドライトはヴェゼルの全車に標準装備されますが、オートレベリング機構が付くのは1.5 e:HEV Zだけです。

他のグレードはマニュアルレベリング機構なので、重い荷物を積んでリアが沈んだ時は手動でヘッドライトの光軸を調整する必要があります。

それに対し、オートレベリング機構は自動で光軸を最適に (対向車に眩しくないよう) 調整するので、大変便利です。

 

左右独立温度コントロール式フルオートエアコン

ヴェゼル人気グレード

honda.co.jp/VEZEL

フルオートエアコンが全車に標準装備されるヴェゼルですが、1.5 e:HEV Zに限り左右独立で温度のコントロールが可能です。

人によって暑さ寒さの感覚は異なるので、助手席に人を乗せた場合どちらかが我慢することになりかねません。

しかし左右独立温度コントロール式なら運転席側・助手席側それぞれ個別に温度設定ができるので、二人とも快適にすごせます。

 

トノカバー

ヴェゼル人気グレード

honda.co.jp/VEZEL

ヴェゼルのようなハッチバックタイプの車は、荷室に積んだ荷物が外から丸見えになってしまうのが難点です。

あまり人に見られたくない荷物もあるでしょうし、駐車場で車上荒らしのターゲットになってしまう可能性も。

しかし荷物の目隠しとなるトノカバーが付いていれば、そんな問題も解消します。

 

雨滴検知式フロントワイパー

雨が降り出すとセンサーが雨滴を検知、自動でワイパーが作動する雨滴検知式フロントワイパーも1.5 e:HEV Zだけの装備です。

雨の量に応じてワイパー速度を自動で可変させる機能も付くので、いちいち手動で調整する煩わしさから解放されます。

 

ヴェゼルの価格が一番高いグレードは?

ヴェゼル人気グレード

honda.co.jp/VEZEL

ヴェゼル 1.5 e:HEV PlaY 3,298,900円

ヴェゼルで一番価格の高いグレードは1.5 e:HEV PlaYです。

一番価格の安い1.5 Gと比較して約101万円高い設定となっています。

ヴェゼル 1.5 e:HEV PlaYは総額いくらで買える?

ではヴェゼルの最高グレードの1.5 e:HEV PlaYが総額いくらで買えるのか、シミュレーションしてみましょう。

購入グレードヴェゼル 1.5 e:HEV PlaY
車両本体価格3,298,900円
メーカーオプションサンドカーキパール×ブラック、マルチビューカメラシステム+プレミアムオーディオ
メーカーオプション価格155,100円
装着オプションドアバイザー、フロアマット、ドライブレコーダー
オプション金額106,700円
諸費用・税金118,500円
車両値引き▲ 100,000円
オプション値引き(20%)▲ 21,000円
支払総額3,595,182円

※車両値引きは最新の金額をご確認ください。

1.5 e:HEV PlaYはホンダコネクトディスプレー+ETC2.0車載器が標準装備されるため、メーカーオプションは少し贅沢をしてマルチビューカメラシステム+プレミアムオーディオを選んでいます。

この設定で、ヴェゼル 1.5 e:HEV PlaYの支払総額は約359万円となりました。

ヴェゼル 1.5 e:HEV PlaYの人気装備は?

では、最上級グレード 1.5 e:HEV PlaYにはどんな装備が付くのか見ていきましょう。

e:HEV PlaY専用エクステリア

ヴェゼル人気グレード

honda.co.jp/VEZEL

カラーバーオーナメントの付くフロントグリル、ピューターグレー塗装のフォグライトガーニッシュ、パッションレッド加飾のドアロアーガーニッシュがe:HEV PlaYのエクステリアの特徴。

ちょっとしたアクセントですが、他のグレードにはないお洒落さが感じられます。

 

パノラマルーフ

ヴェゼル人気グレード

honda.co.jp/VEZEL

e:HEV PlaYのハイライトとも言える装備がパノラマルーフです。

後席までカバーする大きなガラスエリアを持ち、車内が明るい雰囲気で満たされます。

このガラスには赤外線や紫外線、日差しを大幅にカットする機能が備わるので、晴れた日でも車内が暑くなったり日焼けしたりする心配がありません。

またプライバシーガラスになっているので、隣の大型車から車内の様子が丸見えになる心配も無用です。

また、いざとなればサンシェードでガラス面を覆うこともできるので、デメリットはほぼないと言えるでしょう。

 

ホンダコネクトディスプレー+ETC2.0車載器

ヴェゼル人気グレード

honda.co.jp/VEZEL

ホンダコネクトディスプレーは、新世代通信システム付のカーナビです。

スマホとの連携機能を使えば、離れた場所からエアコンを起動することもOK。

事故や急病などの緊急時には、オペレーターのサポートを受けることもできます。

フルセグTVやAM / FMチューナー、ブルートゥースなどのAV機能も勿論搭載していますし、ハンズフリー通話も可能です。

ETC2.0車載器もセットになっているので、機能的に申し分ありません。

 

ワイヤレス充電器

ヴェゼル人気グレード

honda.co.jp/VEZEL

ワイヤレス充電規格Qi (チー) に対応したスマホなら、置くだけで充電が可能です。

いちいちケーブルを取り出して接続する煩わしさがないことから、非常に人気の高い装備となっています。

 

後退出庫サポート

ヴェゼル人気グレード

honda.co.jp/VEZEL

バックで出庫する際は、後方左右から接近する車両の確認が容易ではありません。

うかつにバックすると思わぬ事故につながるため、大変気を使うものです。

しかし、後方左右から接近する車両を検知して音と表示で知らせてくれる後退出庫サポートがあれば、そんな不安やリスクを軽減してくれます。

 

ヴェゼルで燃費の一番いいグレードは?

ヴェゼルで一番燃費のいいグレードは、ハイブリッドの最廉価グレード1.5 e:HEV XのFF車です。

ハイブリッドの中では一番車両重量が軽いことが、燃費のいい理由でしょう。

WLTCモードカタログ燃費は25km/L なので、8掛けとして実燃費で20km/L前後の数値が期待できます。

ヴェゼル 1.5 e:HEV XのFF車はガソリン満タンで何キロ走れる?

ヴェゼルのガソリンタンク容量は40Lで、残量が残り5.3Lになると警告灯が点灯します。

ガソリンが残り6Lになるまで走行したと仮定すると、

40-6=34L
34×20km/L=680km

推定実燃費を基準にすると、ガソリン満タンで約680km走行できる計算になります。

ただ、ハイブリッドの特性で高速走行時の燃費は若干下がる (WLTCモード値で23.9km/L) ので、高速道路を利用する場合は650km程度の航続距離と考えた方がいいでしょう。

ヴェゼルで一番燃費の悪いグレードは?

ヴェゼルで燃費の一番悪いグレードは、ガソリン車1.5 Gの4WD車です。

WLTCモード燃費は15.6km/Lで、実燃費の試算値は約12.5km/L

元々ガソリン車は燃費の点でハイブリッドと比べ不利なうえ、車両重量や走行抵抗の大きい4WDシステムのハンディも加わり、1.5 e:HEV XのFF車の6割程度の数値に留まります。

ヴェゼル 1.5 Gの4WD車はガソリン満タンで何キロ走れる?

先ほどと同じようにガソリン残量が6Lになるまで走行したと仮定すると、

34×12.5km/L=425km

ガソリン満タンで420kmほど走行できる計算になります。

ただし、ガソリン車は高速走行時の燃費がいいので (WLTCモード値で17.3km/Lまで向上) 、高速道路を利用すれば470kmほど走れそうです。

自動ブレーキのあるヴェゼルのグレードは?

ヴェゼルは全車に自動ブレーキ「CMBS」を含む「ホンダセンシング」が標準装備されます。

ヴェゼル人気グレード

honda.co.jp/VEZEL

旧型ヴェゼルではホンダセンシング非装着車も設定されていましたが、新型ヴェゼルでは設定がなくなりました。

ヴェゼルの自動ブレーキは車や歩行者だけでなく、自転車運転者も検知できます。

また新型ヴェゼルにはもうひとつの自動ブレーキとして、壁などの障害物に気づかずにアクセルを踏み込んでしまった場合に作動する「近距離衝突軽減ブレーキ」も装備されました。

ヴェゼル人気グレード

honda.co.jp/VEZEL

 

買取相場から見るヴェゼルのおすすめグレードは?

高く売れるヴェゼルのおすすめグレードは?

ヴェゼルのグレード選びで迷ったら、リセールバリューが高いグレードを選ぶのも良い解決策です。

ここでは旧型ヴェゼルのリセールバリューを基に、新型ヴェゼルの新車購入から3年後のリセールバリューを推測します。

ヴェゼルの3年後のリセールバリューは?

グレード名買取相場新車時価格3年後のリセールバリュー
1.5 G--万円227.9万円--%
1.5 e:HEV X161万円265.8万円60.6%
1.5 e:HEV Z182万円289.8万円62.8%
1.5 e:HEV PlaY--万円329.8万円--%
1.5 G(4WD)156万円249.9万円62.4%
1.5 e:HEV X(4WD)200万円287.8万円69.5%
1.5 e:HEV Z(4WD)204万円311.8万円65.4%

※中古車オートオークション相場調べ(1年1万キロ平均の走行距離)

3年後のリセールバリューが一番高いと予想できるのは、ハイブリッドの廉価グレード1.5e:HEV Xの4WD車です。

全般的な傾向としてはガソリン車よりもハイブリッド、FF車よりも4WD車のリセールバリューが高くなっています。

リセールバリューの高いヴェゼルのボディカラーは?

ヴェゼルを少しでも高く売りたい場合は、ボディカラーはプラチナホワイトパールクリスタルブラックパールの選択がベストです。

2トーンカラーの1.5 e:HEV PlaYの場合は、プラチナホワイトパール×ブラックを選びましょう。

こうしたカラーを選んでおけば、5年以内にヴェゼルを売却する場合、他のカラーと比べ査定額が10万円以上高くなる可能性があります。

 

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

ナビクル車査定 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。

ナビクル車査定(無料)はこちら

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

お得な非公開車両を見てみる

【中古車のガリバー】中古車購入

ヴェゼルの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのヴェゼル値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェゼルを限界値引きで購入しています。

今月のヴェゼルの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴェゼル値引き交渉マニュアル

-ヴェゼルの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2021 All Rights Reserved.