ヴェゼルの評価集

ヴェゼルでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!

投稿日:

みんなが選ぶヴェゼルの人気オプションとナビは?コレがおススメ!

クーペのスタイリッシュさ、そしてミニバンの快適さを兼ね備えた個性派コンパクト・クロスオーバーSUV「ホンダ ヴェゼル」。

ここでは、ヴェゼルの人気オプションを紹介・コメントしています。

ヴェゼルのメーカーオプション/ディーラーオプションには多彩なラインナップが用意させていますから、その中からより良いものを選んで、ヴェゼルのコスパを最大限に引き出しましょう。

ヴェゼルのおすすめメーカーオプションは?

快適装備のおすすめメーカーオプションは?

ホンダインターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器(ナビゲーション連動)

ホンダインターナビ

ヴェゼルには、オプションとして5種類のナビが用意されていますが、その中でも機能の多さを求めるなら、ホンダインターナビがおすすめです。

ホンダインターナビにはナビ連動式ETCはじめ、後退時の安全確認に効果を発揮する3ビュー切換え式リアワイドカメラや、ハンズフリーテレフォン機能などもついて来ます。

そして、ナビ自体の性能も高く、全国のリアルタイムな交通情報を基に、高精度かつ臨機応変なルート提供、災害情報(豪雨、路面凍結、地震、津波、台風など)のタイムリーな通知など、通信型ならではと言えます。

さらに、リンクアップフリー(通信料ゼロ円)で家計に優しいのも強みとなっており、オプション料金185,400円分の価値は十分にあるでしょう。

インテリアのおすすめメーカーオプションは?

ヴェゼル ハイブリッドZ&RSなら運転席8ウェイパワーシート・助手席4ウェイパワーシート

ヴェゼルの運転席

運転席のスライド/リクライニング/ハイト前・後と、助手席のスライド/リクライニングがスイッチひとつで電動調整できる装備で、上級グレード「ハイブリッドZ」のみにメーカーオプション設定されています。

価格は87,300円と少々贅沢なオプションになりますが、一度使ったら手動式には戻れなくなるほど便利なものなので、この出費を惜しむべきではありません。

ヴェゼルのおすすめディーラーオプションは?

エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

スタイリッシュパッケージ(エクステリアパッケージB)

ヴェゼルのスタイリッシュパッケージ

ヴェゼルのエクステリアを彩るオプションとして、お買い得なパッケージオプションも用意されています。

当サイトのおススメは、ヴェゼルのフロント&リア用ロアガーニッシュがセットになった表記のオプションで、これをヴェゼルに装着することでSUVらしいムードが一層高まり、他のヴェゼルに差を付けることができます。

価格は38,016円で、それぞれを単独で付ける場合よりも4千円程度おトクになっています。

マッドガード

ヴェゼルのマッドガード

ヴェゼルのSUVムードを高めるオプションとして、もう一つおススメしたいのが、マッドガードです。

ヴェゼルのドレスアップ効果のみならず、水跳ねや泥跳ねによる汚れからヴェゼルのボディを守る効果があるので、アクティブに使いこなしたいヴェゼルにピッタリのアクセサリーといえます。

価格はG/X用のブラックが8,640円、ハイブリッド/ハイブリッドX/X用のガンメタリック塗装、ハイブリッドZ用のカラードタイプ、ハイブリッドRS/RS用のクリスタルブラック・パール塗装が15,120円とお手頃になっています。

ライセンスフレーム+ナンバープレートロックボルト

ヴェゼルのライセンスフレーム+ナンバープレートロックボルト

ヴェゼルのエクステリアにスパイシーなアクセントを加えたい場合におススメのアイテムが、フロント/リア用ラインセンスフレームとナンバープレートロックボルトのセットです。

ヴェゼルのナンバープレートを彩るライセンスフレームは、メッキタイプとカラードタイプが用意されているので、好みで選ぶことができます。

また、ヴェゼルのナンバープレートを盗難から守るためのナンバープレートロックボルトも、洒落た外観になっている点が魅力です。

セット価格は9,720円で、単独で付ける場合よりも千円以上おトクになっています。

インテリアのおすすめディーラーオプションは?

セレクトノブ(本革製)

ヴェゼルのセレクトノブ(本革製)

ドライバーズカーとしての性格を持つヴェゼルの場合、是非とも付けたいアイテムに本革製のセレクトノブがあげられます。

ピアノブラック仕上げの標準ノブも決して悪くはないのですが、このオプション品は華美を排したシックな外観や手に馴染む形状、本革ならではの手触りの良さがアドバンテージになっています。

価格も10,800円と手頃なので、皆さんのヴェゼルにも積極的におススメできます。

スポーツペダル(アルミ製)

ヴェゼルのスポーツペダル(アルミ製)

ブラック基調の精悍なヴェゼルのコクピットに華やかさをプラスするアイテムとしておススメなのが、10,800円で付けられるアルミ製のスポーツペダルです。

ブレーキペダルには滑り止めのラバーが貼ってあるので、雨の日などで靴底が濡れている場合でも安心です。

ラゲッジルームハードボード

ヴェゼルのラゲッジルームハードボード

ヴェゼルのラゲッジルームを目隠しするためのカバーで、価格は12,960円です。

ヴェゼルのようなハッチバック車の場合、ラゲッジスペースに積んだ荷物が車外から見えてしまうため、駐車中にヴェゼルが車上荒らしのターゲットになる可能性があります。

それを防ぐための出費と考えれば、安いものです。

安全装備のおすすめディーラーオプションは?

リアワイドカメラシステム

ヴェゼルの「ナビ装着用スペシャルパッケージ」装着車で、かつ対応するギャザズナビをチョイスした場合に付けられるオプションのひとつに、「リアワイドカメラシステム」があります。

ヴェゼルのリアワイドカメラシステム

ヴェゼルのリアワイドカメラシステム

セレクトノブを「R」に入れると自動で画面がカメラ映像に切り替わり、標準的な「ノーマルビュー」、約180度の視野角が得られる「ワイドビュー」、真上から俯瞰した映像を表示する「トップダウンビュー」の3つの表示で駐車をサポートしてくれます。

25,920円とそれほど高くない上、後述する安全装備が追加できるので、非常におススメできます。

リアカメラdeあんしんプラス2(ダブルビュー)

前述のリアワイドカメラシステムにプラスできるヴェゼルのオプションに、「リアカメラdeあんしんプラス2」と呼ばれるものがあります。

ヴェゼルのリアカメラdeあんしんプラス2(ダブルビュー)

これは、ヴェゼルのリアワイドカメラシステムによって危険回避をサポートするシステムで、「後退出庫サポート」「後方死角サポート」「車線キープサポート」「後退駐車サポート」の4機能からなっています。

「後退出庫サポート」……文字通り、ヴェゼルの後退出庫時に後方より接近する車両や歩行者などを検知、ディスプレイ表示とアラームによって注意を促します。

「後方死角サポート」……ヴェゼルの走行中、斜め後方に車両がいる車線方向へウィンカーを出すと、アラームで注意を促すものです。

「車線キープサポート」……ヴェゼルの運転中、ウィンカーを出さずに車線をまたぐと「ふらつき(逸脱)」と判断、アラームによって注意を促してくれるものです。

「後退駐車サポート」……ヴェゼルを後入れ駐車する時、ヴェゼル後方の駐車枠を検知して、ヴェゼルの進路と駐車枠とのズレをガイドラインの色でお知らせ。ヴェゼルのタイヤ角度(目安)も確認可能です。

ヴェゼルに標準装備されているホンダの安全運転支援システム「ホンダセンシング」にこのオプションを加えることで、ヴェゼルの予防安全対策はより万全となることでしょう。

この充実機能で価格は25,920円とコストパフォーマンスが高いため、是非ともヴェゼルにつけておきたいところです。

ナビのおすすめディーラーオプションは?

スタンダード インターナビ

ヴェゼルのスタンダード インターナビ

前述の「リアカメラでdeあんしんプラス」をヴェゼルに付けるためには、ナビは5機種のうち上位の3機種「8インチ プレミアム インターナビ」「スタンダード インターナビ」「ベーシック インターナビ」のいずれかを選択する必要があります。

これらの中で当サイトがヴェゼルにおススメするのは、165,240円のスタンダード インターナビです。

3万円以上高い8インチ プレミアム インターナビと比較しても、画面サイズが1インチ小さい以外は機能面でほぼ遜色がないので、お買い得感があります。

また、2万8千円ほど安いベーシック インターナビと比べると、後席会話サポート機能やスマホとの連携機能が付くなど、価格差相応に充実した機能を持っています。

ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも……

コーナーポールよりもフロントカメラシステムがおススメ

ヴェゼルのコーナーポール

ヴェゼルは運転席からボンネットの先端が見えないので、狭い路地や駐車場での取り回しは少し気を使います。

その対策としてディーラーオプションのコーナーポール(28,620円)をヴェゼルに付ける手もありますが、固定式であるためヴェゼルのスタイリングが台無しになってしまうのが難点です。

ヴェゼルのフロントカメラシステム

それよりも、メーカーオプションナビ/ギャザズナビ装着車に付けられて、ヴェゼルの外観を損ねない「フロントカメラシステム」(43,740円)をおススメします。

下取り車があるなら、さらに新車が安く買える

新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。

もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。

実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。

何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。

そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。

反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。

この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。

ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。

そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「かんたん車査定ガイド」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。

かんたん車査定ガイド 概算価格

この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。

そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。

かんたん車査定ガイドの買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。

ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。

どちらに売るにしろ、かんたん車査定ガイドはオススメできます。

かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大5000社の買取店から入札を受けられます。

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

5000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

ユーカーパックの査定(無料)はこちら

ヴェゼルの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイトのヴェゼル値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェゼルを限界値引きで購入しています。

今月のヴェゼルの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

>>ヴェゼル値引き交渉マニュアル

-ヴェゼルの評価集
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.