ヴェゼルの値引き

総額はいくら?ヴェゼルRSホンダセンシングの値引きと乗り出し価格をシミュレーション

ホンダが提供する都会派コンパクトSUV・ヴェゼル。その中でも人気の高いヴェゼルRSホンダセンシングは、実際いくらで買えるのでしょうか。

当サイト(クルマを買う!)では、おすすめオプションや値引きも含めたよりリアルな見積もりをシミュレーションしています。

また、他グレードやライバル車とスペックや装備なども比較しているので、新車購入のご参考にどうぞ。

売れ筋人気グレードのヴェゼルRSホンダセンシングを他のグレードと比較

グレード名ヴェゼル RSホンダセンシングヴェゼル ツーリング ホンダセンシング
価格2,520,833円2,956,800円
差額435,967円高い
パワートレイン1,500㏄ガソリン
1,500㏄ガソリン
1,500㏄ガソリンターボ
1,500㏄ガソリンターボ
燃費(JC08モード)20.2 km/L
燃費
17.6 km/L
燃費
装備比較18インチアルミホイール(ブラック塗装)
18インチアルミホイール(ブラック塗装)
18インチアルミホイール(グレー塗装)
18インチアルミホイール(グレー塗装)
衝突軽減ブレーキ(CMBS)
衝突軽減ブレーキ(CMBS)
同左
ACC(アダクティブ・クルーズコントロール)
ACC(アダクティブ・クルーズコントロール)
同左
なしアジャイルハンドリングアシスト
アジャイルハンドリングアシスト
なし前後調節機構付きフロントヘッドレスト
LEDヘッドライト
LEDヘッドライト
同左
運転席&助手席シートヒーター
運転席&助手席シートヒーター
同左
フルオートエアコン(プラズマクラスター技術搭載)
フルオートエアコン(プラズマクラスター技術搭載)
同左
6スピーカー同左
Hondaスマートキーシステム同左
コンビシート&専用インテリア
コンビシート&専用インテリア
ツーリング専用コンビシート&専用インテリア
ツーリング専用コンビシート&専用インテリア
本革巻きステアリングホイール
本革巻きステアリングホイール
同左
本革巻きセレクトレバー
本革巻きセレクトレバー
同左
ステンレス製スポーツペダル
ステンレス製スポーツペダル
同左
防眩ルームミラー同左
電動格納式リモコンドアミラー(クリスタルブラック)
電動格納式リモコンドアミラー(クリスタルブラック)
電動格納式リモコンドアミラー(カラード)
電動格納式リモコンドアミラー(カラード)
なしリバース連動ドアミラー(助手席側)
なしルーフレール
ルーフレール
パフォーマンスロッド同左
パフォーマンスダンパー(RS専用)
パフォーマンスダンパー(RS専用)
パフォーマンスダンパー(ツーリング専用)
パドルシフト
パドルシフト
同左
なし運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート(※MOP)
運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート(※MOP)

※(※MOP):メーカーオプション

ヴェゼルの売れ筋人気グレードのRSを、上級グレードのツーリングと比較してみました。

ターボエンジンを搭載しているだけあってツーリングの方が約42万円高くなっており、装備も価格相応に便利かつ品質も向上していますが、ルーフレールやパワーシートなど、なければないで支障のないものが多い印象です。

また、ターボエンジンだけあって燃費も悪く、ランニングコストを考えるとこちらも経済的に不利となるので、走りにこだわりたいのでなければ、通常のエンジンでも特に問題ないでしょう。

以上を総合すると、普通にドライブを楽しんだり、通勤や買い物、送り迎えなどの日常シーンであれば、RSの方がコスパに優れていると言えます。

ヴェゼルRSホンダセンシングのエクステリア

ヴェゼルRSのフロントフェイスです。

三日月形に伸びあがった鋭い眼光とタフ感を高めるフォグライトのアゴまわり、ロアガーニッシュによって浮き彫りとなる大径18インチアルミホイールの足回りが、SUVならではの力強さを演出します。

また、クリスタルブラックのドアミラーがRSの特別感を引き出しています(他グレードはボディカラーと同色)。

ヴェゼルRSのリアフェイスは、このようになっています。

ドアノブをCピラーにブラックアウトさせたことでよりスタイリッシュなクーペ調のサイドラインを表現。スマートなフォルムを生み出しています。

リアガラスは大きめにとって視界も確保、表情豊かなバックゲートのプレスラインもヴェゼルならではの個性の一つです。

ヴェゼルRSホンダセンシングのインテリア

ヴェゼルRSのインパネ回りは、このようになっています。

シンプルながら随所にデザイン性の見られる洗練されたデザインに仕上がっており、RS専用インテリアがブラック基調のコクピットをスポーティに演出します。

ホンダの謳うクラフトマンシップを存分に堪能して欲しいものです。

ヴェゼルRSの車内空間です。

シートの座面から背面にかけて入ったラインが走り感を表現。フロアから天井までブラックに統一され、シックな高級感を楽しめます。

シート表皮は職人の手で張り込んだというウルトラスエードで、そのすべやかな光沢と豊かな質感が、上質な座り心地と快適なドライブを請け合います。

ヴェゼルRSホンダセンシングの実燃費は?

ヴェゼルRSの平均実燃費 14.7 km/L

ヴェゼルRSのカタログ燃費は20.2 km/L(JC08モード)となっていますが、それはメーカーが理想的な条件下で出すことのできた理想値で、あまり現実的な数字ではありません。

当サイト(クルマを買う!)で収集したユーザーの実燃費報告では、ヴェゼルRSの平均実燃費は14.7 km/Lとカタログ燃費に対して約72.7%の達成率となっています。

また、ストップ&ゴーの多い市街地や渋滞道路では10~12 km/Lまで落ち込む一方、スムーズな幹線道路だと15~17 km/L、高速道路では 17~19 km/L以上に伸びてくるでしょう。

ヴェゼルRSホンダセンシングを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

ヴェゼルRSホンダセンシングC-HR 1.2G-TスバルXV 2.0i-Sアイサイト
2,520,833円2,653,444円2,700,000円
差額132,611円高い179,167円高い
1,500㏄ガソリン1,200㏄ガソリンターボ2,000㏄ガソリン
20.2 km/L16.4 km/L16.0 km/L
18インチアルミホイール(ブラック塗装)18インチアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装)18インチアルミホイール(切削光輝)
衝突軽減ブレーキ(CMBS)プリクラッシュセーフティプリクラッシュブレーキ
ACC(アダクティブ・クルーズコントロール)レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)低速クルーズコントロール
LEDヘッドライトBi-Beam LEDヘッドランプLEDヘッドランプ
運転席&助手席シートヒーター快適温熱シート(運転席・助手席)なし
フルオートエアコン(プラズマクラスター技術搭載)フルオートエアコン(左右独立温度コントロール・ナノイー)フルオートエアコン(左右独立音調調整機能付)
6スピーカー6スピーカー6スピーカー
シート表皮(ウルトラスエード)シート表皮(上級ファブリック+本革)シート表皮(トリコット+合皮)
本革巻きステアリングホイール本革巻きステアリングホイール本革巻ステアリングホイール
本革巻きセレクトレバー本革巻きシフトノブ本革巻シフトレバー
電動格納式リモコンドアミラーオート電動格納式リモコンカラードドアミラー電動格納式リモコンカラードドアミラー
パフォーマンスダンパー(RS専用)なしなし
パドルシフトなしパドルシフト
サイドカーテンエアバッグシステムSRSカーテンシールドエアバッグSRSカーテンエアバッグ

赤字は有利な装備、黒字は不利な装備

ヴェゼルRSの値引き交渉では、ライバル車と競合させて「このままでは、ライバル車を買われてしまう!」とセールスマンの危機感を高めるのがセオリーです。

ここではトヨタのC-HR 1.2 G-T(以下、C-HR)とスバルのXV 2.0 i-Sアイサイト(以下、XV)をピックアップ。どっちもヴェゼルより高いので、ヴェゼルに価格を近づけさせてから、最後に「ライバル車がここまで値引きしてくれたのだから」と値引きを求める作戦も可能です。

例えば、まずスバルのディーラーに行って「XVを買いたいけど、家族はみんなトヨタ派で、ターボでパワーのあるC-HRを推している。このままだと多数決になってしまうので、値段で説得させてほしい」などと持ちかけて、XVの値引きを引き出します。

次はトヨタのディーラーに行って「C-HRを買おうと思っていたが、スバルさんでXVをこれだけ値引きしてくれたので、選択肢に浮上してきて迷っている。あるいはもっと安くて燃費もいいヴェゼルも視野に入れたいと思っている」などとアプローチすることで、C-HRからも値引きをお願いします。

そして、最後にホンダのディーラーでライバル車の見積書を出して「ヴェゼルを本命で考えてきたが、トヨタさんやスバルさんがこれだけの値引きを出してくれたので、正直迷っている。迷いを振り切ってくれる値引きが欲しい」などと切り出して、ヴェゼルの値引きを要求します。

しかし、セールスマンにしてみればこんなアプローチは何度も受けているので、口先だけで言っても本気にして貰えません。

たとえライバル車であろうと、あなたが「値引きさえしてくれれば、欲しかったこの車が買える!」という本気の姿勢を見せることで、セールスマンも値引きで応えてくれるでしょう。

ヴェゼルRSホンダセンシングのリセールバリューは?

ヴェゼルRSを購入したら、売る時の価格も気になるところです。

なので、ヴェゼルの3年落ちリセールバリュー(残価率)をグレード別にまとめました。

グレード名新車価格買取相場リセールバリュー差額
Gホンダセンシング207.5万円117.6万円56.6%89.9万円
Xホンダセンシング216.5万円124.2万円57.3%92.3万円
RSホンダセンシング247.5万円139.4万円56.3%108.1万円
ツーリング ホンダセンシング290.3万円--万円--%--万円
ハイブリッド ホンダセンシング246.0万円137.4万円55.8%108.6万円
ハイブリッドXホンダセンシング253.9万円146.9万円57.8%107.0万円
ハイブリッドZホンダセンシング271.0万円154.2万円56.9%116.8万円
ハイブリッドRSホンダセンシング281.0万円158.1万円56.2%122.9万円
Gホンダセンシング 4WD229.1万円120.7万円52.6%108.4万円
Xホンダセンシング 4WD238.1万円135.3万円56.8%102.8万円
ハイブリッド ホンダセンシング 4WD267.6万円150.5万円56.2%117.1万円
ハイブリッドXホンダセンシング 4WD275.5万円157.7万円57.2%117.8万円
ハイブリッドZホンダセンシング 4WD292.6万円163.3万円55.8%129.3万円

※走行距離1万キロ/年、ボディカラー白&黒、修復歴なし、車両状態は年式相応
※ツーリング ホンダセンシングは追加設定から年数が浅く、3年落ちデータが不十分

全体的なリセールバリューはG 4WDを除いて55~57%台に収まっており、3年落ち普通乗用車の平均値である50~55%を若干上回っていることから、ヴェゼルは売却や買い替えに有利な車種と言えます。

その中で、RSのリセールは若干低めとなっており、価格と装備のバランスがとれたコスパのよいXが有利な傾向が出ています。

とは言っても、全体的なリセール差は3%以内なので、リセール的にはグレードよりもオプション等の方が重要になってくるでしょう。

ヴェゼルRSホンダセンシングの値引き後の支払総額は?

さて、ヴェゼルRSを実際に購入すると、いくら必要になるのでしょうか。

ここでは、オプションに加えて値引き額も含めた支払総額を見積もりシミュレーションしていきます。

オプション無しの最安での新車見積もり

グレード名ヴェゼルRSホンダセンシング
車両本体価格2,520,833円
メーカーオプション価格0円
(MOP品名)--
ディーラーオプション価格0円
(DOP品名)--
諸費用219,360円
目標値引き▲180,000円
オプション値引き--
支払総額2,560,193円

オプションを何一つ選ばず、税金や自賠責などの諸費用と値引きを含めるとヴェゼルRSホンダセンシングは約256.0万円で購入できます。

しかし、このままだとさすがに不都合なので、純正オプションよりも安く買える社外品をネット通販で探してみましょう。

オプション品名社外品純正オプション
フロアマット8,100円27,000円
ドアバイザー5,490円19,440円
ナビゲーション95,256円127,440円
シートカバー15,680円54,000円

※これらの社外品は、楽天市場で購入できます。

比較するとどれも万単位で安くなり、もしこれらすべてを揃えた場合、純正オプションと社外品で10万円以上の差が生じます。

もちろん、買ったものは自分でとりつけるか頼むかする必要がありますが、ヴェゼルの新車を購入するタイミングならディーラーに持ち込んで工賃サービスで取りつけて貰うことも可能です。

浮いた工賃も実質的な値引きと同じなので、これらの社外品も活用していきたいところです。

おすすめオプションを含んだ値引き見積もり

グレード名ヴェゼルRSホンダセンシング
車両本体価格2,520,833円
メーカーオプション価格37,800円
(MOP品名)プラチナホワイト・パール
ディーラーオプション価格239,133円
(DOP品名)フロアマット、ドアバイザー、インターナビ、ETC2.0車載器、ドライブレコーダー
諸費用220,360円
目標値引き▲180,000円
オプション値引き▲47,000円
支払総額2,791,126円

今度は、おすすめオプションをつけたパターンで見積もりシミュレーションを出してみました。

メーカーオプションにはリセール時に有利となるプラチナホワイト・パール(有料カラー)を選び、ディーラーオプションにはナビ、ETC、フロアマット、ドアバイザーの定番4千セットに加えてあおり運転対策のマストアイテム・ドライブレコーダーを選んでいます。

値引きは車両本体に加えてディーラーオプションからも価格の約20%ほど値引きができるので、値引き金額はより多くなります。

これら値引きや諸費用を差し引きして約274.5万円、何もつけなかった場合と比べて約23万円高くなっていますが、それだけの価値ある装備が充実しており、コスパは十分と言えるでしょう。

ヴェゼルRSホンダセンシングの値引き実例は?

ところで皆さんは、ヴェゼルRSをどのくらいの値引きで購入しているのでしょうか?

当サイト(クルマを買う!)に寄せられているヴェゼルRSの実例値引き報告をまとめました。

購入時期グレード値引き総額
2019年3月ヴェゼルRSホンダセンシング23.0万円
2019年3月ヴェゼルRSホンダセンシング31.2万円
2019年3月ヴェゼルRSホンダセンシング18.4万円
2017年9月ヴェゼルRSホンダセンシング32.8万円
2017年3月ヴェゼルRSホンダセンシング27.5万円

※車両本体+オプション値引きも合計した金額です。

値引き総額は25~30万円前後に集中していますが、地方では値引きガードが堅めで、タイミングによっては3月の年度末決算期でも20万円に届かない事例も報告されています。

マイナーチェンジを経たモデル後期に入っているので、このままなら次回のフルモデルチェンジに向かって値引きガードが緩んでいく傾向が予測されます。

狙い目の時期は9~10月の中間決算期や1~3月の年度末決算期、在庫車やセールス目標未達のディーラーマンがいるお店に当たると、限界値引きを狙いやすくなるでしょう。

ヴェゼルの値引き交渉のノウハウはこちら

当サイト(クルマを買う!)で紹介しているヴェゼルの値引き交渉マニュアルです。これを見た多くの方がヴェゼルを限界値引きで購入しています。

今月のヴェゼルの値引き動向も随時更新しているので、ご参考にどうぞ。

>>ヴェゼル値引き交渉マニュアル

 

-ヴェゼルの値引き
-

Copyright© クルマを買う! , 2020 All Rights Reserved.