トヨタ中古車

ヴィッツのおすすめ中古車情報!安い狙い目とお得な買い時を教えます

更新日:

ヴィッツの中古車情報

ヴィッツの中古車をお得に買うには?

躍動感が凝縮された個性、細部にまで行き届いた快適性。

ここではトヨタの王道コンパクトカー・ヴィッツを中古車でお得に購入したい方に向けて、その「狙い目」や「買い時」を分析・紹介。

皆さんがよりお得にヴィッツの中古車を購入する参考にどうぞ。

お得な中古車をかんたんに探す方法

ガリバーの中古車ご提案サービスなら、希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「維持費が安くて総額100万以内に収まる車を探して」などと言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、何でも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

これが狙い目!お得で格安なヴィッツ中古車の選び方

ヴィッツの中古車は、新車と違って決まった値段がありません。

その時々の市場ニーズや、コンディションや装備(オプションやボディカラー等)といったヴィッツ1台ずつの条件などがからみ合って相場が形成されていきます。

ここではそんな諸条件から、ヴィッツの中古車を割安に購入できる「狙い目」ポイントを紹介していきます。

ホワイトパールとブラック以外のボディカラーを選ぶと、ヴィッツの中古車は割安で買える!

ヴィッツ中古車でお買い得なボディカラーはホワイトパールとブラック以外

ヴィッツのボディカラーは、その中古車相場を大きく左右します。

結論から言うとホワイトパール(※単なるホワイトは別)とブラックだけは、3年落ち以内で10万~20万円ほど高いので、それ以外のカラーが割安の狙い目となります。

もちろん売る時も安くなってしまいますが、ここでは割安に買えることを重視します。

更に、新車購入時は別料金がかかるオプションカラー(※ホワイトパール除く)を選ぶと、中古車相場はほとんど変わらないため、更に割安となります。

(※)ヴィッツの有料カラー(現行モデル。限定カラー除く)
クリアブルークリスタルシャイン、ルミナスイエロー、チェリーパールクリスタルシャイン(すべて32,400円)

ヴィッツの寿命は約25万キロ!過走行のヴィッツ中古車を格安で購入しよう!

ヴィッツの中古車を探す時、誰もが走行距離を気にすると思いますが、走行距離はヴィッツの残り寿命を計る上で重要な指標と言えます。

一般に走行距離が10万キロを超えた「過走行」のヴィッツは敬遠され、売却時の査定相場が下がりますが、逆に考えればそれだけ安く購入できます。

とは言っても、やはり残り寿命は気になるので、業者オークションで過走行ヴィッツを調査したところ、走行距離が20万キロオーバーしているヴィッツが、過去3ヵ月で約300台ほど取引されています。

中には30万キロ以上の車両も10台以上確認出来ますが、流通台数から概ね20万キロ台がヴィッツの寿命と考えられます。

走行距離10万キロのヴィッツの中古車を買っても、少なくとも20万キロまで、メンテによっては20万キロ以上は十分走れるので、値が下がった10万キロ台の中古車を割安で購入するのも一つの選択肢です。

もちろん、乗り方によってヴィッツの残り寿命は大きく変わってきますから、1台1台をよくチェックして、販売店の方からよく状況を聞いて、狙い目のヴィッツを掘り出したいものです。

例)いずれも7年落ち ヴィッツ1.0F(修復歴なし)
走行距離11.1万キロ 支払総額45.0万円
走行距離3.2万キロ 支払総額89.1万円  差額 44.1万円

⇒走行距離10万キロ以上のヴィッツ中古車はこちら

2WDと4WD、どちらのヴィッツ中古車が割安に買える?

ヴィッツには、グレードによって2WD/4WDが設定されています。

ヴィッツのリセールバリューは4WDの方が高いため、より値下げ率の大きな2WDの方が割安で購入できることになります。

ヴィッツの修復歴あり中古車は安いけど買っても大丈夫?

ヴィッツのフレームに一定以上のダメージがあると「修復歴あり」としてその中古車相場が、中古車の価格帯によりますが10万~30万円以上もダウンします。

だからこそ「割安に買える」訳ですが、修復歴≒事故ですから、どんなに安くても安全性に心配があるため、皆さん敬遠しがちです。

それでも10万~30万円も割安なら諦めたくない、という方には「後部」に修復歴のあるヴィッツ中古車を探してみましょう。

(※前および横からのダメージは深刻であることが多く、やめておいた方が無難です)

修復歴は、一定以上のダメージなら、たとえ高速での正面クラッシュでも、バック駐車で軽く当てちゃった程度でも、すべて同じ修復歴として査定相場が下がります。

その修復歴が本当に大丈夫か、買取店でも教えて貰ったり、実際に試乗してみたり、業者オークション利用なら出品表を見せて貰ったりしましょう。

修復歴ありのオークションデータ

※上記のオークションデータは、後部のみの修復(XX=交換済み)で収まっています。

リセールバリューの低いグレードほどヴィッツ中古車を割安に買える

リセールの低いグレード程、ヴィッツ中古車を割安に買える。

ヴィッツのリセールバリューをグレード別に独自調査(※特別仕様車を除く)、その結果をランキングしました。

リセールバリューの低い(ランキングが下の)グレードほど新車価格からの値下がり率が大きいため、割安に購入できることになります。

【ガソリン車】
1位 1.0F Mパッケージ
2位 1.0F
3位 1.0ジュエラ スマートストップパッケージ
4位 1.0Fスマートストップパッケージ
5位 1.0ジュエラ
6位 1.5GRスポーツGR
7位 1.5GRスポーツ
8位 1.3ジュエラ
9位 1.3U
10位 1.3F
11位 1.3Uスポーティパッケージ

【ハイブリッド車】
1位 ハイブリッドGRスポーツ
2位 ハイブリッドF
3位 ハイブリッド ジュエラ
4位 ハイブリッドUスポーティパッケージ
5位 ハイブリッドU

今回の調査では、このような結果となっていました。ガソリン車のリセール傾向は非常に顕著で、1,000㏄>GR系>1,300㏄とキレイな段(クラスごとにかたまり)を構成していました。

一方、ハイブリッド車はGRが突出している以外はほぼ横並びとなっていました。

なので、中古車として割安に購入できる「狙い目」は、ガソリン車なら1,300㏄、ハイブリッド車ならGR以外となります。

中古車からの値引きを成功させるためにしたい事

中古車を安く買うために、一番値引きに効くのが下取り車を高く売る事です。

ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに出す事は、実は一番損をしている可能性があります。

下取り車は決まった買取金額が無いので、複数の買取店に査定してもらい、査定金額を競ってもらわないと高く売れません。

複数の買取店と連絡を取って、査定のアポを取るのはかなりの手間ですが、下記の一括査定サービスなら簡単に出来てしまいます。

そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上高くなることも珍しい事ではありません。いくらで売れるのか、まずは調べてみても良いでしょうね。

ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

愛車の概算価格が分かる

いくらで買える?ヴィッツの中古車相場とおすすめのヴィッツ中古車

2代目ヴィッツのおすすめ中古車と相場

2代目ヴィッツの中古車相場

型式KSP90、SCP90、NCP91、NCP95型
生産2005年2月~2010年12月
マイナーチェンジ2007年8月27日
中古車流通台数1,279台
中心価格帯35万~55万円台
最安価格帯15万~35万円台
最高価格帯70万~90万円台

2005年2月1日のフルモデルチェンジによってプラットフォームを刷新した2代目ヴィッツは、ボディのアップサイジングと衝突安全性の向上など、各種の改良が施されています。

発売から年数が経っているため、中古車価格の下落と車両品質のバランスが、相場に絶妙な「こなれ感」を出しています。

ココが変わった!2代目ヴィッツのマイナーチェンジ内容

ココが変わった!2代目ヴィッツのマイナーチェンジ内容

2007年8月27日に実施された2代目ヴィッツのマイナーチェンジにおける主要変更点です。

  • SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグを全車に標準装備
  • フロント(バンパー、グリル、ヘッドランプ)&リア廻り(バンパー、コンビネーションランプ)の意匠変更
  • ターンランプ付ドアミラーを全車に標準装備
  • 新開発の快適温熱シートを運転席に採用(I’ll、U)
  • シフトチェンジにマニュアル感が味わえるパドルシフトをRSに採用
  • RSに1,300㏄グレードを追加設定

2代目ヴィッツ中古車の長所

  • 安さと品質維持のバランス(こなれた相場)
  • 流通台数が多く選択肢が豊富
  • 3代目より丸くて可愛いデザインが好評

2代目ヴィッツが持つ最大の利点は、やはりその安さと車両状態のバランス、そして選択肢を用意する流通台数の多さでしょう。

初代ヴィッツはもっと安い価格帯になってはいるものの、状態の悪い中古車が多く、流通台数も2代目の1/10前後に落ち込んでいるため、あまり満足感のある買い物が出来なさそうです。

また、2代目ヴィッツの特徴として、3代目よりも丸くて可愛いデザインに人気があり、コンパクトカーならではの個性が出ています。

2代目ヴィッツ中古車の短所

  • CVTが不評(特に発進~低速時)
  • Aピラーが死角を作りやすい(視野が悪い)
  • センターメーターが不評

一方で、2代目ヴィッツについてユーザーの声を集めていると、上記のような不満も出ていました。

CVT(無段変速機)の生み出すギクシャクした乗り味を指摘する意見もあり、また、Aピラーの作り出す死角や視線移動が大きなセンターメーター等による安全性を懸念する声も少なからずありました。

こうした違和感は一人ひとり違うものですから、2代目ヴィッツを購入する前に試乗して、キチンと確認するといいでしょう。

2代目ヴィッツのおすすめ中古車

2代目ヴィッツを購入する最大のメリットは、車両状態とのバランスがとれた「安さ」に尽きます。

中古車市場で2代目ヴィッツを探すと、最低価格帯の中でも9年~13年落ち/走行距離3万~10万キロ以下/修復歴なしの各車(1.0B、1.0Fなど廉価グレードが多い)が20万円前後から見つかります。

また、1万キロ以下の低走行車は中心価格帯をちょっと超えた45万~65万円台から手が届くので、年式とのバランスがとれた1台に巡り会えると、お得感もより高まるでしょう。

このように、ニーズや予算に応じた「狙い目」のヴィッツ中古車をじっくりと探していきましょう。

⇒2代目ヴィッツの中古車を検索

現行型(3代目)ヴィッツのおすすめ中古車と相場

3代目ヴィッツの中古車相場

型式KSP130、NHP130、NSP130、NCP131、NSP135型
生産2010年12月~販売中
マイナーチェンジ2014年4月21日(1回目)/2017年1月12日(2回目)
中古車流通台数2,454台
中心価格帯100万~120万円台
最安価格帯35万~55万円台
最高価格帯235万~255万円台

2010年12月の発売から2回のマイナーチェンジによってモデルサイクルを延命してきた現行型(3代目)ヴィッツ。

価格のこなれてきた前期型、安さと品質のバランスがとれた中期型、そしてほぼ新車同様のコンディションながら新車より割安に購入できる後期型という幅広い価格帯が魅力です。

また、中古車流通台数も全モデル中最多となっており、安さ重視でも品質重視でも、満足できる1台がきっと見つかることでしょう。

ココが変わった!現行型ヴィッツのマイナーチェンジの内容

ココが変わった!現行型ヴィッツのマイナーチェンジの内容

2014年4月21日のマイナーチェンジでトヨタ独自のキーンルックを採用しました。

2014年4月21日に入った1回目のマイナーチェンジ内容はこちらです。

  • 新開発の1.3ℓエンジン「1NR-FKE」にクールドEGR、VVT-iE等を採用、燃費改善を達成
  • 1.3ℓエンジン車(2WD)に「アイドリングストップ機能を搭載
  • ボディ剛性を高めるスポット溶接の増し打ちや床下補強材の大型化、ショックアブソーバーの改良
  • 吸音&遮音材、制振材の追加による静粛性の向上
  • フロント廻りのデザイン更新(トヨタ独自のキーンルックを表現)
  • リアコンビネーションランプの形状変更によるリアビューのワイド感演出
  • RSのよりスポーティなエクステリアデザイン変更
  • グレード毎にホイールデザインを一新
  • コクピット回り、インパネ等をメッキ&シルバー加飾等によってよりスポーティなデザインに更新
  • 「ルミナスイエロー」はじめ新開発7カラーを採用、全17色
  • インテリアカラーを「ジュエラ」「RS」など、全グレード一新して個性化を強調

2017年1月12日に入った2回目のマイナーチェンジ内容はこちらです。

  • 1.5ℓエンジンのハイブリッド車を追加設定
  • ワイド&ローを意識したエクステリアデザインの更新
  • インテリア加飾をブラックで統一、より洗練された車内空間を創出
  • 新色「クリアブルークリスタルシャイン」と新設定「アバンギャルドブロンズメタリック」を採用
  • シャイニーデコレーションの限定カラーに、ダークブルーマイカとオリーブマイカメタリックを追加
  • 新構造ショックアブソーバーの採用やボディ各部のスポット溶接増し打ちによる剛性強化
  • 従来の「トヨタセーフティセンスC」にヒルスタートアシストコントロールを全車に標準装備
  • 16インチアルミホイールとエアロパーツを装備した「スポーティパッケージ」を新設定

現行型ヴィッツ中古車の長所

  • 幅広い価格帯で多様なニーズに対応
  • 豊富な流通台数
  • スポーティ感の高まったエクステリアに好評

現行型ヴィッツの長所は、先ほど紹介した通りの幅広い価格帯で多様なニーズに応えられること、そして全モデル最多の流通台数が約束する豊富な選択肢。

そして、ユーザーの声をまとめたところ、コンパクトでスポーティに進化してきたエクステリアに、評価の声が上がっていました。

現行型ヴィッツ中古車の短所

  • 低速域のトルク細さは2代目から変わらず
  • 接地感が低く、頼りない走行感
  • 2代目以前の「丸さ」を惜しむ声も

一方で、2代目から指摘されているCVTとエンジンのアンバランスによる低速域でのトルク細さはやはり不満の声が多く、接地感の低さによる走行間の頼りなさを指摘する意見も聞かれました。

また、スポーティになった一方で初代からのコンセプトである「丸さ」を惜しむ声も出ています。

現行型ヴィッツのおすすめ中古車

中古車市場で現行型ヴィッツの流通台数をグレード別に調査したところ、最も流通台数の多かったグレードはヴィッツ1.3F、全体の約16%(約6台に1台)をシェアしていました。

今回はその中から、おすすめ中古車を1台ピックアップしましょう。

1年落ち ヴィッツ1.3F(MC2回目後・最新型)
走行距離0.4万キロ/ブラック/修復歴なし/付属:ナビ、ETC等
支払総額 136.6万円

新車のヴィッツ1.3Fを購入すると、諸費用込みで支払総額が165.1万円となります。

なので、少しだけ年式や走行距離を妥協するだけで、新車に近い最新型ヴィッツ1.3Fがオプション付きで約30万円前後も安く買えることになります。

ところで、ヴィッツを中古車で購入しても、買い替え時の下取り金額は気になると思います。

そこで、上記の現行型ヴィッツを3年&3万キロ乗った後に売却した場合の査定相場をシミュレーションしましょう。

例)1年落ち ヴィッツ1.3F
走行距離0.4万キロ/修復歴なし/支払総額 136.6万円

3年(3万キロ走行)後の査定相場
4年落ち 走行距離3.4万キロ 査定相場 38万~43万円

現行型ヴィッツを中古車で購入し、乗り続けている3年間の中でモデルチェンジが入った(査定相場が大きく下がった)と想定すると、現在の相場でこれだけの金額が残る見通しです。

上記のヴィッツを購入する時、支払総額の136.6万円からいくらかは値引きがあるとは思いますが、売却・下取り時に95万円前後の損失が出ることを考えると、もう少し乗り続けて元を取る選択肢も考えたいところです。

⇒現行型ヴィッツの中古車を検索

ヴィッツの新古車は新車に比べてお得か?

ヴィッツの中古車探しをしていると「新古車」という言葉を目にすると思います。

新古車には色々な定義があるものの、ここでは「走行距離が1,000キロ以下のほぼ新車同様な状態の中古車」を指し、未使用車(走行距離ほぼゼロ)も含めます。

さて、そんなヴィッツの新古車は新車よりもお得に買えるのか、シミュレーションしてみましょう。

新車ヴィッツ新古車ヴィッツ(未使用車)
グレード名1.3F1.3F
車両本体価格1,481,760円1,395,000円
オプションなし有料カラー、ドアバイザー、フロアマット
諸費用169,507円135,000円
新車値引き▲150,000円交渉次第で可
総額(乗り出し価格)1,501,267円1,530,000円

ヴィッツの新車と新古車を比較すると、新車の方が約3万円ほど安くなっていますが、新車には15万円分の値引きがされていたり、新古車には有料カラー、ドアバイザー、フロアマット等のオプションがついていたりするので、このままだと完全にフラットな比較は難しいです。

新車の値引きをゼロにして、新古車と同じオプションを装備した上でどっちが安いか比べてみて、安かった方の見積もりを高かった方のお店に持ち込むのが、値引き交渉のセオリーとなります。

番外として、業者オークションからヴィッツの新古車をオークション代行で購入した場合の総額を見てみましょう。

オークション代行新古車ヴィッツ(当年モデル)
グレード名1.3F
落札価格1,183,000円
オプションなし
消費税94,640円
落札手数料8,640円
オークション代行料32,400円
名義変更料約20,000円
陸送費用約20,000円
総額(乗り出し価格)1,358,680円

オークション代行を利用した場合、新車の支払総額150.1万円を約15万円前後下回る135.8万円で最新型ヴィッツを購入することができます。

ただし、オークション代行は使い慣れないし何だか面倒そうで敷居が高い……と感じる方には、以下のサービスをおすすめします。

ヴィッツの中古車・新古車をお得に買うには?

中古車をお得に買う

中古車でヴィッツを買う最大のメリットは、その購入価格でしょう。

中古車市場の中から吟味して探せば、低走行で程度の良いヴィッツが新車と比べて数十万円安く買える事も珍しくありません。

しかし、そのためには数ある中古車販売店のヴィッツの中古車在庫を1台1台比較して、お得感のある価格で買えるのかどうか、品定めをしないといけません。

また、価格の割に状態が悪い割高のヴィッツが売られていたり、中古車購入では不安な「修復歴あり」の車両も含まれているので、それらの中古車は出来れば避けたいですよね。

程度が良くて、なおかつ割安なヴィッツを見つけるには時間も掛かりますし、さらにヴィッツの中古車相場等をある程度知っていないと、その中古車が本当にお得なのかどうかの判断が出来ません。

そこでおススメのサービスが、以下です。

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。

>>ガリバーのご提案サービスで中古車を探してもらう

【中古車のガリバー】スマホで中古車購入

ヴィッツの新古車・未使用車も探してくれるので、新車よりもお得にヴィッツを買いたい!のであれば、利用してみても良いかもしれません。

-トヨタ中古車
-

Copyright© クルマを買う! , 2019 All Rights Reserved.